目アジア各国のお酒と食べものや面白い話、流行、時事問題などのホットな情報から奥深い歴史の話など、皆様と共にアジアな関係を築いていきますクラッカー

http://bazarasu.jp/index.html
合格こちらもご覧下さい合格

アジアのお酒と食べ物のことなら-BAZARASU-

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月10日

イラン絵本展

テーマ:Persia
長年に亘りイランの絵本を日本に紹介されている愛甲さんから
葉書が届いた。

イラン絵本作家ニーム・マン・ブーグの原画展だ。

年に数回、色んな場所で開催されている。

今回は、去年も訪れた原宿の絵本Cafeで。

タバコニストには嬉しい会場(笑)。

イランの絵本作家ニーム・マン・ブーグの原画以外にも
飾られてる作品があるから、

他の作品が混じってると思う。

清志朗の詩も飾ってある。

これらがイランの絵本だ。

今度また一冊を記事にして紹介しよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年12月09日

謡の稽古とワンから その3

テーマ:日本伝統芸能
ここは千駄ヶ谷。
国立能楽堂。

何年か前に、ここで謡の発表をしたことがある。


気持ちよかったあ。

へたくそだったけどね(笑)。

こういうのやってた。

宇和島と伊達家?

その謎は、他の能楽関係HPより以下。

「伊達宇和島家は、伊達正宗の庶長子・秀宗が
宇和郡十万石に入部したことにより始まったとされる。

秀宗は伊達正宗の長男だったが、正宗の正妻・愛姫が
産んだ嫡子・忠宗が仙台藩伊達家の家督を相続したため、
大阪冬の陣参陣の功として徳川家康から与えられた伊予
宇和島十万石の初代藩主となったという。」

なるほど。

見応えのある展示会だった。


で、一人カラオケ謡稽古の続き(笑)。

能は、一見すると動きの無い演劇に見える。

蝸牛のような間延びした動作・所作。

リズム感の不規則な囃し方。

意味不明で大あくびをしているような謡い方(笑)。

だから、観客の大方は寝てる(笑)。

ふざけるんじゃねえよ!(笑)

能ほど内に秘めた凄まじいエネルギーを
爆発寸前で秘して現さない芸能は無い。

接して漏らさずの日本最高のロック芸術だ(笑)。

バカみたいに叫んでるだけのロッカーは、「粋」の欠片もねえんだぜ!(笑)

さて、休憩終わったから謡お。

完。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年12月08日

謡の稽古とワンから その2

テーマ:日本伝統芸能
能の稽古を始めて8年目。
これまで稽古してきた謡本。


俺が稽古している流儀は、日本最古の金春流。

他流儀に比べて男っぽい謡と言われている。

師匠は、重要無形文化財 金春流シテ方 山中 一馬氏。

師匠の方針は、「能は謡八割、舞二割」。

ということで、八年間謡一筋。

いつになったら舞えるやら(笑)。


謡の自己練は一人カラオケBOXで。

休憩中に好きなカラオケを流して一服。

残念ながら、カラオケに俺の好きな歌は滅多に無い。

歌が好きなだけに、唄いたい歌が無いとストレスが溜まる。

カラオケに行って、ストレスが溜まるタイプです(笑)。

さてと、一服したら

カラオケシステムをサイレントにして、

再び謡の稽古。

一時間も謡うと、

ヘトヘトです(笑)。

つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016年12月07日

謡の稽古とワンから その1

テーマ:日本伝統芸能
新しい謡稽古が始まった。
刀匠 三条小鍛冶宗近の話。

時は平安中期。


一条天皇の夢のお告げに物語は始まる。

宗近の氏神、稲荷大明神の化身が
前シテで少年の姿で登場する。

後シテは、狐の姿になった稲荷大明神だ。


一条天皇の夢のお告げに絡む命によって、

小鍛冶宗近は、稲荷大明神を相槌に、剣を鍛え上げる。

そして、見事に名剣「小狐丸」は出来上がった、というお話。


独りカラオケBOXで稽古する。

10分も稽古すると、疲れる(笑)。

休憩には、好きな曲をカラオケで流す。

歌うわけじゃない。

こんな曲歌ったら、尚更疲れる(笑)。


演奏だけでもヘビーだ。

若き血潮が蘇り、溢れ出す。

1972年の名曲(笑)。

勿論、発売当時は発禁(笑)。

つづく。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016年12月06日

銀杏

テーマ:自然
最近は快晴の日が増えてきた。
我が家から富士山がくっきりと見える。

有難うございます。


外苑前の銀杏並木。

ちと遅かった。

外人客が一杯。

アジア系が圧倒的。

欧米人には珍しくないかもしれないな。

上の方は殆ど葉が落ちている。

それでも凄い人だ。

先月の11月6日、明治神宮外苑広場での
アートイベントで火災が発生し、男児(5歳)が亡くなった。

今でも献花が絶えない。

だから、今年20回目を迎えるいちょう祭りは中止となった。


ここは我が家のご近所、長命寺の大銀杏。

秋は、瞬く間に過ぎ去って行った。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。