復職も思うようにいかなくなったので、「何か新しいことを始めてみよう」と思い、急遽思い立って、ドメインを取って、こんなブログを始めてみました。

▼「@associee のモノ語りブログ」
http://associee.net



自分のネーミングセンスに、突っ込みを入れながらですが、細々とやっております。

このブログでやりたいことというのは、
★自分で、「WordPress」をどこまでカスタマイズできるのか?
★これまで会社で培ってきたノウハウが、どこまで通用するのか?
ということです。

でも、まだまだだなあと思っています。
手探り状態ですが、更新しながらも、少しずつ手直ししていくのが楽しいです。
お見苦しい点もあるかと思いますが、気長に見守ってやってください。

せっかくアメブロでも、お友達が増えているので、これはこれで、続けていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いしますね。

AD
なかなか復職のきっかけがつかめなくて、少し焦り気味なアソシエです。

焦っても仕方が無いんですが、だんだん「働く」という気持ちがなくなっていくのではないかと、怖くなるんですね。

どうしたら復職出来るのかわからなくて、会社の産業カウンセラーさんや、主治医さんに、
「私、働けると思うんです!」
と、アピールするんですけど、どちらからも「まだ、働ける状態じゃないと思うよ」と、言われてしまいます。
困ったものですね。


そんなある日、病院の帰りに、少し落ち込み気味に、会社の近くを歩いていたら、人混みの中から、会社の先輩が私を見つけて、声をかけてくれました。
最近、自分のゴースト度(存在感がない、影が薄い)が増して来ているような気がしていたので、人混みの中から、私を見つけてくださって、とても嬉しかったです。
少しですが、立ち話も出来ました。

その先輩とは、Facebookでも繋がっています。
私は、彼女を含む、私が大切に思っている人たちが、元気にしていらっしゃるか気になるし、私自身もその方々に忘れられたくないので、「友達」とお呼びするのは、失礼かもしれないんですけど、繋がってくれていることがありがたくて、その先輩に直に
「繋がってくださっていて、安心するんです。ありがとうございます!」
と、お礼を言えたことが嬉しかったです。
一気にテンションが上がってしまって、話してるうちに、ぽろぽろ涙が出てしまって、ちょっと恥ずかしかったですけど。
(お医者さまや、産業カウンセラーさんが、「まだちょっと…」と言うのは、こんな風になるからかもしれませんね)

優しい先輩は、「わかるわかるー。私も休暇中とか、会社のニュースとか入ってこなかったら、不安になるもんー。^_^ 」と、言ってくれました。

同じ職場にはなったことはないんですけど、新入社員の頃から、彼女の笑顔に癒されているアソシエです。

本当にありがたかったです。
早く、復職したいなあ、と切に思うアソシエなのでした。

AD
休職する前のこと、休職してからのことを振り返ってみると、胸が傷むアソシエです。

よく「他人は変えられないが、自分は変えられる」という言葉を聞きます。
また、「今の自分は、これまでの自分の選択の結果だ」とも。

それらの言葉を聞くと、「一体、自分の何が悪かったのだろう?」と、考えるんですが、「これだ!」というのが見つからないんですよね。

例えば、上司Aと上司Bがいたとして、Aの方が上役で、Bの方が私の直属の部下だったとして。
Bさんは、私の発案などにも協力的で、応援してくれる立場でした。
私も何事も相談して、独走しないように、部の方針に沿うような企画を考え、それなりに成果も上がっていました。(もちろん、それもちゃんと報告していました)
Aさんは、どちらかというと、Bさんのことを信頼して、任せていたような感じでした。
そんなある日、Bさんが異動し、Aさんが我々に対しても、積極的に関わるようになりました。
そうなるとAさんは、いきなり「Bさんがやっていたことは、すべて忘れろ」と、我々に言いました。
特に私に対しては、「実は今まで、お前のことは気に入らなかった。これまでは、好き勝手にさせていたけど、そうはさせないからな」と言いました。

私にとっては、とても心外な言葉でした。
「好き勝手なことをやっている」なんて、微塵も思ってなかったからです。
インターネットやデジモノを、仕事として扱っている私が、気に入らなかったそうです。
会議にiPadを持ち込んだりしていたのが、気に入らなかったそうです。
申請している業務用のパソコンを買ってもらえなかったため、私物のiPadを持ち込んでいたのですが、それすら持ち込み禁止と言われました。
理由は、「他のみんなは、手書きでメモをしているから。お前だけみんなと違うこと(iPadでメモ)をしているから」と言われました。

ものすごいスピードで変わって行くインターネットやモバイルの世界です。
私としては、会社のWeb担当として、情報収集に務めたり、勉強したり、努力をして来たつもりなのですが、Aさんからは、「好き勝手なことをしている」と思われていたのですね。

ここで、「他人は変わらないが、自分は変えられる」という考えから導き出す答えとしては、「Webの仕事を大幅に減らす」なのですが、たくさんあるWeb仕事の需要に対して、「出来ません」と断り続けないといけないのですね。

あと、「異動、もしくは転職する」という選択肢もありますね。
上司Aさんが私のことを気に入らないのだったら、むしろ転出してほしいくらいだったのですが、何故なんでしょうね。不思議です。

そんなこんなで、ゴタゴタしているときに、私は休職してしまいました。
職務を放り出すような形で、休んでしまい、たくさんの方に迷惑をかけてしまいました。

そして私は、「今、この状態が私の選択の結果だとしたら、こうならないようにするには、私は一体どうしたらよかったんだろうか?」と、考えていますが、答えはまだ出ていません。

多分、すべての人に喜ばれるようにするのは、無理だと思うんです。
これまで放ったらかしにしていて、いきなり「お前のことをずっと気に入らなかった」と言う人に、喜んでもらおうとしていた私。
でも、その気持ちは、受け取ってもらえてなかったみたいです。
そんなとき、どうしたらよかったんでしょうね。

世の中の動きに目を閉じ、耳を塞いで、Aさんに気に入られるように働く?
それとも、わかってもらえるように、説得を試みる?

どちらにしても、難しそうです。
AD

何も出来ない人

「甘えたこと言ってるなあ」と思われるかもしれません。

「休職中だから、そんなこと言ってるんだ」と思われるかもしれません。

最近、よく考えるんです。

「私はいったい、何をしたいんだろう? 何が出来るんだろう?」と。

私の友人に、自営業の人が多いからかもしれませんが、自力でバリバリ道を切り開いていっている姿を見て、すごいなあと思うのです。

そんな姿を見て、感嘆して、応援するしか出来ない自分が歯がゆくてならないのです。

「歯がゆい」と思っているのは、心の奥底で、「自分にはもっと何かが出来るはず」と思っているのだということはわかるのですが、その「何か」がずっと見つけられないでいます。
もしかしたら、そんな風に思っているのは、「思い上がり」かもしれないとさえ思うのです。

「何が何でも、何かしないといけない」という方からしてみれば、甘えであり、寝言でもあるということは、わかってはいるのですが。

でも、自分に問わずにはいられないのです。

「私はいったい、何をしたいんだろう? 何が出来るんだろう?」と。