ロシアン・マフィアは怖いの巻



http://alternativereport1.seesaa.net/article/51794083.html  





                マーク・リッチ

クリックすると新しいウィンドウで開きます



AD

Ⅹファイル

テーマ:
オルタナティブ通信とネット上の記事より抜粋し、整理。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/53124144.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/52974277.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/52976780.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/51794083.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/52322145.html

http://shimaborder.blog109.fc2.com/page-1.html

帝王マークリッチ

AD

追加情報 『気になるある噂』




【ブログ記事】



1月27日は某一流ホテル:フレンチレストラン有名シェフが集まり、合同パーティーが開催される予定。


1名さまン万円のパーティーでそれでも、キャンセル待ちは山ほどいるという。。。

   

この方は、愛媛県のVIPからのご招待で、ご友人と一緒に出席するご予定でした。



・・・しかし。。。



1月24日以降、房総・関東地区に大きな地震が来る・・ということで悩んでいたところ…



友人から電話があり、しかるべき情報筋から地震の信憑性があるので行くのをやめましょうとのこと。


この方は、政財界のかなりの著名人、海外メディア、学者などからの情報が集まってくるとのこと。



。。。北大の教授のブログはなぜ閉鎖されたのでしょう?

巨大な権力がそうさせた・・とのうわさです。。

    では・・・なぜ?そうしなくてはならなかったのでしょうか?



   

来るべき、災害に備え、「食料」(水や野菜ジュース、インスタントラーメン、缶詰)

 ・・・それは、地震のためではありません。



地震により、福島原発4号機が破壊すると、170キロがチェリノブイリ並の

 「強制移住区域」になり、250キロは「非難区域」となります。



250キロとは、なぜなんでしょう?か?

横須賀基地のギリギリの範囲であり、

今、横須賀の住居棟は、誰もいないそうです。。



皆様、危機感を持ち、来るべき災害に備えましょう。。。



懐中電池は必ず!ラジオ。。。

動産はまとめて置き、すぐに持ち出せるように。。。



私も父のBED脇に靴を用意しました。

父が直ぐに逃げられるよう、コートも脇においています。

BAGは「もち手タイプ」ではなく、ポシェット系もしく、リュック系が良いですね。。

災害のときは、電話が通じないので、、、、



 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::









AD

メルマガ第9号
『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』






お詫び

つい1週間ほど前の新春ワクワクキャンペーンの後に
送信事故がありました。
たもぎの会社がお客様へのメ-ル同時一斉送信を
ホ-ムペ-ジ制作会社に委託しておりますが、
ホ-ムペ-ジの社員が、誤った操作をしてしまい、
一部のお客様に、たもぎの顧客の全アドレスと共に
配信してしまいました。
中には、メルマガ購読者の方もおられたようです。

これは、大変重大な送信事故です。
問題のホ-ムペ-ジ会社は、打ち切る事に決定しました。
苦情も何軒も参っております。
中には、配信停止を要望されて、会員記録とアドレスの
全削除を訴えて来られた方もおられました。
大変申し訳ありません。
幾重にも平に平にお詫び申し上げます。

小さなホ-ムペ-ジ会社が手作業でメ-ル同時一斉送信を行って
いるとこういった大変重大な間違いも起こり得ると聞きました。

5月から、私のメルマガは、新しいサイトに移行します。
日本でも信用のある有名な大手の会社と契約しました。
メ-ル同時一斉送信は、自動的に機械が行い、
今回のような絶対にあってはならない送信事故は、
決して起こらないと考えています。

また、たもぎの会社も新たにその会社と契約したそうです。
次回からは、今回のような送信事故は決して起きないと信じています。

委託した会社が起こした事故とはいえ、委託したたもぎの会社
にも大きな責任が御座います。
但し、今回のような事故は、たもぎの会社に対する
大変な営業妨害であると思います。
場合によっては、会社としてもホ-ムペ-ジ会社に対し、
法的手段を講じることも考えておられるそうです。

ご迷惑をおかけした皆様に、心よりお詫び申し上げます。
次回からは、絶対にこのような事故は起こしません。
皆様、本当に申し訳ありませんでした。





前書き

今年の春に、警察内部でかなりの人事異動があったそうです。
私には、今後に向けて取り締まり強化の大目的があったと
睨んでいます。
政治的に都合の悪い人間が標的になると思いますが、
その取り締まりの中身が問題です。

ハニ-トラップあり、デッチ挙げあり、秘密保護法による
こじつけありの何でもありの世の中になるでしょう。
無論、今までも結構やっていた訳ですが、これからは、
堂々と軒並み検挙する警察国家になると予想されます。

だが、全てが合法的にやって来ると思ったら
大きな勘違いです。
非合法で動く連中が大幅に増えると思います。
その活動には、要所々にカルト警察官をあてがいます。
警察内部の人事異動は、その目的もあると考えられます。

カルト警察官といっても、普通の真面目な警察官には、
何のことか、さっぱり分からないでしょう。
この連中は、警察だけではなく、自衛隊にも公安にも
秘密の組織を持っています。

ある時期を境に、自衛官や警察官に多くの自殺者が
出るようになりました。
自衛隊員は首吊り自殺。
警察官は拳銃による短銃自殺。
その多くが、自殺ではなく、暗殺によるものです。
やっているのは、カルト自衛官であり、カルト警察官です。

123便墜落の時に、まだ未明の時に、真っ先にかけつけて
散乱したミサイルの証拠隠滅を図り、まだたくさんの生き残り
の乗客を証拠隠滅の為に殺害し、火炎放射器で焼き殺したのも
カルト自衛官です。
別名・パイナップル・ブリゲイズと呼ばれている
"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"の存在があります。

彼らは、123便墜落の時に、救出を急ぐ本物の自衛官達と
銃撃戦を展開しています。

NHK速報の
「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」

JAL123便墜落事故・自衛隊員への銃撃・
更に連続自殺⇒パイナップル・ブリゲイズ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11327337215.html




自衛隊の中には、「日本国家乗っ取り」=クーデター部隊の
存在があるといわれており、日本版FEMAがこれに該当し、

陸上自衛隊幕僚監部調査部調査第2課調査別室、
通称「調別」である。

パイナップル・ブリゲイズというのは、この中の日本人暗殺部隊
という事になるのだろうか!?

そして、警察には、ゼロ班という組織図には載っていない
組織があります。

オウム真理教は、CIA>統一協会>オウム真理教といった具合に
CIA配下の末端の組織でした。
当時の警察庁長官であった国松警察庁長官は、カルト公安の
出身者ではなく、刑事肌の出身でした。
国松長官は、オウムの闇を徹底的に暴き、徹底捜査を命じました。
ほどほどにしておくようにとのカルト警察幹部の忠告を無視した
為に、銃撃され暗殺を仕掛けられました。
実際に指示したのは、カルト公安の幹部であると云われています。

カルト公安は、同じ警察といっても全くの別物です。
CIA直属の組織と云ってもよいと思います。
東京地検特捜部もCIA直属で、アメリカ帰りの人間で
なければ、決して幹部にはなれません。
愛国心を捨てきれない政治家を潰すことが最大の任務です。
同時に、東京地検特捜部の幹部の多くが創価学会員です。
そして、警察庁長官の椅子は、カルト公安の指定席です。

統一協会も創価学会も朝鮮半島の宗教です。
CIAは、日本支配に、在日系や部落といった
マイノリティを利用しているのです。
愛国心が芽生えたら、大変都合が悪いからでしょう。
芸能人の7割が在日系だというのも頷けます。
純粋な日本人は、徹底的に虐げられています。

ところで、こういった在日系の人の一部は、日本国内において
非公然、非合法の活動をしています。
しかし、CIAがバックにいるので、
彼等が取り締まられることはありません。

今日は、非公然、非合法の活動が主題です。
皆さんは、この日本に暗殺組織があることは既に、ご存知です。
しかし、暗殺組織といっても、直ぐに、右から左へと
簡単に人員養成出来るものではありません。

自衛隊や公安内部に、養成機関があるのです。
今日は、公安内部に絞って進めます。

今からご紹介する話は、警察内部の告発と考えられます。
何度も読み直しましたが、内部のことを詳しく知っていなければ
決して知り得ない記述がたくさんあり、信用に足ると判断しました。

ただ、女性に取っては、かなり不快な部分もあり、
私としてもかなり迷ったのですが、熟慮の末、やはり、
真相を知らせるべきだと判断するに到りました。

以下の記事は、何度も削除されていますが、
かろうじて、キャッシュで残されている部分を見つけました。
読者の皆さんが、そこにアクセスするのは危険と判断し、
敢て、リンクは致しません。
悪しからず。

恐らく、以下の記事に登場する人物の多くは、やはり、
在日系である可能性が大です。
日本人に対して、何でも出来る人間を養成する訳ですから。
無論、暗殺も例外ではありません。
中川昭一元財務大臣やその他の有力政治家もたくさん暗殺されました。

尚、一言、警告をしておきます。
もし、読者に警察関係や司法に近い人がいたとしても、
この件を決して調べようとしてはいけません。
直ぐに、嗅ぎ付けられて消されてしまいます。

以下の記事を書いた本人も、今は生きていない可能性が極めて高い。
恐らく、警察関係者・・・
女性は、見ないほうがいいかもしれません。

人間の性的本能につけ込み、それを利用して鬼畜の道へと導く。
一旦、その道に入ってしまうと、自身も犯罪者となり、
決して裏切らない工作員の誕生です。
彼らは、日本の闇のシンジケ-トの一因となります。
バックにCIAと配下のカルト検察官・警察官の大物が
ついているので怖いもの無しで何でもやれる犯罪者が出来上がります。
都合の悪い大物政治家や著名人の暗殺は彼等が請け負うことになります。

世界中で、戦争ばかりを毎回のように引き起こし、
殺人テロ事件や暗殺を無数にやって来たCIAが指導している
のが、公安カルト組織の真の正体です。
ですから、以下の記事も格別驚くものではありません。

今現在、世界で起きているテロ事件のほとんどは
CIA、モサド、MI6が関与しています。
日本でも、過去にたくさんの暗殺や事件が起こっていますが
それが事件になることは皆無です。
政治家、検察、警察の中枢はCIAカルトの人物によって
支配されているのです。
マスコミも同様です。
殺人やレイプなんて、なんとも思っていない連中が相手です。
先ず、その事を是非、知っておいて下さい。


警視庁公安部上尾分室 Ⅱ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11160614439.html





増税して貢がないと国債を格下げされる by与謝野財務大臣



一体誰に貢いで、誰に格下げされるのか ?



lllpuplll 新聞なんか読むな^^ . 様の記事より



与謝野馨は何者か?  この記事の転載開始



『その時、財務省は与謝野氏を使って政策金融改革の骨抜きしよう
としたため、私は与謝野氏と大臣室でしばしば議論した。

与謝野氏は「政策通」といわれるが、私の説明に対して
政策論は一切なかった。

財務省の具体的な担当者の名前をあげ、そのいうとおりにせよと、およそ
経済財政担当大臣らしかぬ発言をしたので強く印象に残っている。』
(高橋洋一さん)

(以上、現代ビジネスさま
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1915?page=2 より抜粋)


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


wantonの判り易過ぎる売国講座


記事の中の担当者っていうのが非常に気になるところですね。


財務大臣っていうのは、操り人形にしか過ぎないって事でいいんでしょうか。


担当者っていうのが財務大臣を影から糸で操っているわけですね。


でその担当者に指令を下しているのがアメリカって事でいいわけですね。


日本から800兆円も盗んでおいて、日本に金が無くなったら今度は増税して貢げと。


そうか、そのために与謝野氏を財務大臣に就けたのですね、アメリカの指令で。


徹底的にむしりとろうというわけですね、さすがアメリカ様 クラッカー 。


この際、再びあの御方に登場していただくしかありませんね。




              クリックすると新しいウィンドウで開きます







turffan

「国債の格下げは増税への催促だ」とバカな発言をした与謝野。

日本経済が良くなる方策も取っていないのに増税などしたら更なるデフレスパイラルに陥る

のがなぜ分からないのか。何の対策もせずTPPで資産を米に献上しようとしている現政権は

何を考えているのか。まずは景気回復策を優先せよ。


小沢一郎④~陸山会事件の虚構~



一匹狼 様の記事より転載  2011-01-29 17:55:42





1.29朝日記事より引用

小沢一郎、民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、検察審査会の

「起訴議決」を受けて検察官役に指定された弁護士が、週明けに政治資金規制法違反

(虚偽記載)罪で小沢氏を東京地裁に起訴する方針を固めたことが分かった。

31日を軸に調整するとみられる。

小沢氏が起訴されるのは、衆院議員石川知裕被告(37)ら元秘書3人=同法違反罪で起訴

=と共謀し、陸山会が都内の土地04年に約3億5千万で購入したのに、

05年分の政治資金収支報告書に支出を記載した。
土地購入の原資となった小沢氏からの借入金4億円を04年分の報告書に記載しなかった

-などとする内容。


無理矢理に強制起訴に持ち込んで裁判が維持できると思ってるのだろうか。

それとも最高裁までいって有罪をむしり取ってやろうというのか。

虚偽記載?


平成16年10月の時点で、世田谷深沢の土地はまだ小沢に所有権があった。10.5に小沢は

土地の売買契約を結ぶ。この時点では小沢個人のもの。
10.29 陸山会への所有権移転請求権仮登記をし、正式に陸山会の所有になったのが、

平成17年1月7日なのである。

この1月7日を正式に報告書に記載するのは、至って普通の事であり、違法なものではない。
「期ズレ」が生じたのは、この土地が「農地」だったため農業委員会の許可が必要となってくる。
この許可が出るまでに多少時間がかかってしまっただけである。これは珍しい事ではないという。

4億円を報告しなかった?

小沢が土地購入資金4億を金融機関から借り、陸山会に貸した。陸山会は全て小沢に返済している。

しかもこの4億貸付はきちんと報告されてるそうだ。そもそも小沢個人のポケットマネーで購入された

ものは政治資金規制法の対象ではなく、小沢個人と陸山会小沢がごちゃ混ぜになってしまっている。

水谷建設


水谷建設元会長の水谷功氏の証言では、平成16.10と平成17.5春、赤坂全日空ホテル この喫茶

ロビーで石川氏、大久保氏に5千万ずつ計1億を現金で手渡した。胆沢ダム受注の謝礼だったという。

世田谷土地購入が3億5千万で、小沢が貸したのが4億。その差額が、水谷からもらった5千万で

あるに違いない。そんな予断と決め付けが生んだ冤罪なのである。

水谷証言が事実ならば、小沢氏らは収賄罪で逮捕されるべきである。

だが、この水谷氏はとんだ食わせ物であった。
石川氏は水谷氏とは会ったことすらないという。

検察は、とにかく小沢を犯罪者に仕立て上げて、政治生命を奪ってやりたくて仕方がなかった。
なぜか、霞ヶ関官僚の利権を小沢一郎に壊されたくはなかったからである。

そこへ水谷氏の胡散臭い証言にまでも喜んで飛び付いてしまったのが、検察の大チョンボであった。

水谷氏は、佐藤栄佐久前福島県知事の「収賄事件」でも自身の罪を軽くしてもらうために、検察に

言われるままに証言したという「前科」のある曰く付きの人物である。

佐藤前知事は無罪になり、冤罪だったことが明らかになった。

大久保氏の取り調べ調書の証拠申請を検察は取り下げた。そりゃそうせざるを得ないだろう。
それを担当していたのがあの「前田元検事」なのだから。

小沢一郎を証人喚問したところで何になるというのか。

水谷氏も参考人招致しなけれは何も分からないだろう。
水谷氏を引っ張り出せば、逆に小沢強制起訴のデタラメがバレてしまうからである。

小沢一郎を陥れたくて仕方のない連中。
米国CIA、霞ヶ関官僚、検察、自民党、反小沢民主党議員、大マスゴミ、創価公明党等の合作に

よる虚構なのである。

根拠の無いことを無理矢理事件にして、気に食わない人物を袋叩き、イジメをやっている。

検察にとってみれば、例え小沢を有罪にできなくとも、「事件」にして、マスゴミに取り上げてもらった

だけで十分目的は果たせたのではないか。
小沢は悪党というイメージを流布する事が出来た。
小沢首相誕生をつぶすことも出来たのである。


菅がイカサマで首相になったことは次の機会で論じたい。



関連記事


小沢一郎①


小沢一郎②~腐ったマスゴミ~


小沢一郎③~仕組まれた検察審査会~



オレはこう思う(日常生活から政治まで)-20110129175006.jpg オレはこう思う(日常生活から政治まで)-20110129175138.jpg



親子劇場のワンパク通信より~無意味な日本核武装論




無意味な日本核武装論



北朝鮮等に対抗し、日本が核武装を行った場合、日本は当然、NPT核拡散防止条約から脱退


せざるを得なくなる。日本が残留を望んでも、世界が、それを許さない。NTP違反になるためである。

NPTから脱退した場合、どこの国も日本にウラン等の販売を禁じられ、日本の原子力発電所は


全て止まる。日本人は全てのオフィス 、家庭で1日の数時間以上、停電する事態を受け入れなく


てはならない。停電を受け入れる事と核武装は、リンクしている。

また一度、核武装すれば、その後は核物質の輸入 が禁止されるため、核兵器の最新鋭化、


新規開発が不可能になり、時間の経過と共に、日本は、核抑止力の「無い」使い物にならない


古い核兵器を持っているだけの国になる。

日本の核武装は、日本の核武装解除を意味する。

核武装を主張する人間達は、北朝鮮・中国 への反発の余り、現実政治・リアルポリティクスが見え


なくなっている。

核武装論には、勝ち目の無い日米開戦に突入した第二次世界大戦 前の日本人の「体質」、


リアルポリティクスに無知な「世間知らず」の体質が、明確に見て取れる。

「勝ち目のある」戦略を立てなくては、北朝鮮核ミサイル 問題等、解決はしない。

なお、日本の持つ電子プリント基板特許 の輸出を止めると、ターゲット にされた全ての国の大部分の


兵器が使用不可能になる。戦闘機も、ミサイルも、戦艦も、戦車も動かなくなる(当然、日本は米軍、


NATO軍、中国軍、ロシア 軍等々の動きを麻痺・崩壊させる目的で、こうした軍組織をターゲット


すべきである・・・注1)。

日本にしか製造出来ない1m当たり80tの荷重に耐え得る鉄道 用レールの輸出を止めると、


北朝鮮と中国ロシアを結ぶ「物流の要」=鉄道が崩壊する。

日本の小松製作所にしか製造出来ない小型のパワーシャベル、ブルドーザーの輸出を止めると、


北朝鮮の生命線=核ミサイル開発の資金 源である地下資源の開発が全面的に止まり、ターゲット


にされた国の全ての資源開発・建設工事・軍事施設の建設が不可能になる。


中国は万博開催が不可能になる。ロシアは、ソチ・オリンピック開催が不可能になる。

日本にしか製造出来ない、ステルス 戦闘機用のステルス機能を持つ塗料の輸出を止めると、


米軍の戦略の要であるステルス戦闘爆撃機の製造が不可能になる。

日本しか持たない原子力発電所建設技術の輸出を止めると、世界中が電力不足で悲鳴を上げる。

日本しか持たない原子力発電所の原子炉内部の「透視を行う」非破壊検査装置の輸出を止めると、


現在、動いている世界中の全ての原子力発電所がメンテナンス 不可能になり、稼動停止 となり、


ミサイル原料 プルトニウムの産出が止まる。


戦闘機・核ミサイル用の、ジェット 燃料を、世界中で圧倒的に生産量の少ない軽質油から製造する


技術は世界各国が持っているが、質の悪い、圧倒的に生産量の多い重質油からジェット燃料を製造


する技術は日本しか持っていない。日本が重質油原料ジェット燃料の輸出・製造を止めると、


世界中で航空機・戦闘機・核ミサイル用の燃料が圧倒的に不足する。

ウラン鉱山の開発が止まり、原子力発電所からプルトニウムが製造されなくなり、核ミサイル


電気系統が麻痺し、核ミサイル用のジェット燃料が不足し、核ミサイル工場・発射台等の建設工事


が不可能になり、どのようにして、ミサイルを「発射するのか?」



注1・・・日本の持つ、こうした「外交交渉上の技術的資源=他国の軍隊全てを崩壊させる能力」を


認識した場合、「軍隊も核兵器も持たず、しかも他国から攻められ属国になる事は無い」と想定する


日本国憲法の「恐るべき平和ボケ・観念性」が、実は、「計らずも」、極めて精緻な外交交渉上の


リアル・ポリティクスに裏付けられている事が判明する結果になる。他国の軍隊を崩壊させ、機能不全


に陥らせる事が可能であれば、「軍隊も核兵器も持たず、しかも他国から攻められ属国になる事は


無い」と想定する日本国憲法は、極めて正しいリアル・ポリティクスを踏まえている事になる。逆に、


「軍隊も核兵器も持たず、しかも他国から攻められ属国になる事は無い」と想定する日本国憲法を、


現実離れした観念論として改憲論を唱える人間達が、外交交渉と、その材料と言う物について


全く無知な「白痴」と「世間知らず」を自白し、


さらに兵器マニアと戦争ゴッコ好きの幼児 性を自白する結果になる。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



wanton : 上に書かれている事は、現実的に可能な事とそうでない事が混ざってあるのかもしれません


が、知っておいて損はないと思います。それよりも何よりも核武装を画策し始めた途端に世界から


経済封鎖を食らい、1ヶ月と持ちますまい。現実的に日本の核武装は絶望的であると申し上げておき


ます。アメリカ・中国・ロシア・EU・韓国などが猛烈に反対しているのに、それでも尚且つ核武装の実現


を主張しているのは、よっぽど日本国民を馬鹿にした連中か、本人そのものが馬鹿なのか、


どちらかですね。更にそれを承知で主張している勢力は、それを餌にして、勢力に取り込むのが真の


狙いかと思います。そういった大手サイトはアジアの分断目的の排外主義を煽るのが真の狙いです。


こういったサイトの背後には、某国の関与が常に取り沙汰されています。


そのような事さえも分からない人間が、あまりにも多過ぎるようであります。







             




       





悲しみと悔しさと絶望の涙の果てに、怒りの弾丸を放つ !



あるハリウッドの映画を思い出した。映画の題名は忘れてしまった。その映画はアメリカの


南部で実際に起こった殺人事件と裁判を題材にして製作されたと記憶しています。


ある10代の黒人の女性がレイプされたあげくに殺されたが、その父親の黒人男性が、


犯人と思われる3人の男性をライフルによって射殺したのである。その黒人男性は当然


逮捕され、裁判になった。その裁判には何らかの圧力がかかり陪審員の男女は全員


白人が召集された。裁判の結果は、裁判が始まった時点で既に明らかであった。


有罪でしかも極刑の死刑が申し渡されるのは確実で、そして事実そうなった。


被告人はこの判決を不服として上告した。その裁判を担当したのが、この映画の主人公


となる弁護士であった。しかしその裁判でも状況は一方的に不利な方へと流れていった。


この裁判においても有罪確定が決定的であった。もう万策は尽きたかに思えた最終弁論


の時のいよいよ最後に、この弁護士は陪審員の前で静かに話し始めたのである。



― 『 陪審員の皆さん、最後に少しだけお願いがあります。今から私がお話することを


ちょっと目を閉じたままで聞いていただきたいのです。


 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



ある一人の少女が帰宅途中、閑静な林の小道を歩いていたのですが、町のならず者の


3人に引き止められてからかわれました。それだけではなく、林の奥のほうまで引っ張って


いかれ、泣き叫んで激しく抵抗するのを3人がかりで押さえつけ、3人でよってたかったて


レイプしたあげく、殴ったりして激しい暴行を加えた末に、鋭利なナイフで全身を切り刻んだ


のです。そしてそのあと、男たちから小便までかけられたのです。最後には哀れにも、その


少女は橋からゴミのように投げ捨てられて無念に息を引き取ったのです。


投げ捨てられたその少女に近づいて良く見ると、


それは無残で哀れな白人の少女の姿だった。』



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



下された陪審員の評決は、全員無罪だった。



もし自分がこの可愛そうな少女の父親だったと仮定したら、一体どうしたであろうか。


恐らくは、犯人と断定された時点で拳銃の引き金を引くと思う。


そしてありったけの全弾を犯人にぶちこむだろう。


良いも悪いもない。


裁判で罪に問われ尚且つ、極刑になるかもしれないという計算などは存在しない。


宗教の教えに背くだの道徳や倫理観だのも一切関係ない。


もはや、そうする意外にない自分の姿がそこにあるだけだ。


それが今の自分の立っている次元なのだと思うのです。


ただ、その次元というものも変わり得るものだとは承知しているのですが。


マザー・テレサさんが、この少女の父親だとしたら、果たしてどうしたであろうかとも


想いもするのですが


マザー・テレサさんの位置する次元は究極の愛の次元に魂が存在するのではないか。


私とマザー・テレサさんとでは、明らかに住む次元に違いがあるように思うのです。


そこにはただ、


マザー・テレサさんを尊敬し、自分も出来れば近づきたいと願う己の姿があるだけです。



ある一人の女性が、タチの悪いヤクザな男を熱愛したとしても、周りの人間が絶対良くない


と諭したとしても、その愛する気持ちというものは、決して変える事など出来ないのです。


では一体どうすれば良いのかは、永遠の謎と秘密に包まれているのかもしれません。



半年くらい前に、ある女性のブログの方と、悩みとかストレスについて話した事があります。


その女性の方のコメントは、とてもシンプルなものでした。


『 喜怒哀楽や悩みがあって当然、人間だもの ! 』























  この世界の秘密  ~ある一人の女性の記事より




           INNER FOREST 様の記事より



       【この世界の秘密 】2011-01-27 09:30:17



テーマ:心理学


■ボブ・ドイル(トレーナー)

「抵抗するものが消えない理由は、抵抗していると

『いやだ、私はこんなものは欲しくない。今の様なひどい気持ちになるから』

と言っているに等しいからです。


 そういう時のあなたは

『この気持ちが本当に嫌いだ』

という強い感情を放射しているのです。
 すると、嫌いなものがあなたを追いかけてきます」
 何かに抵抗するということは、既に送られてきた現実の映像を変えようとしていることなのです。
これは意味のない努力です。
 
自分の心の内に入り、あなたの思考や感情で新しい映像を作り、新しいシグナルを放射する
ことが大切です。


 あなたがすでに現れたものに抵抗すると、結局、あなたの嫌いな映像に多くのエネルギーや
パワーを注ぎ込むことになり、それらをもっと引き寄せてしまうのです。

 実際嫌なものはものすごい勢いであなたを追いかけてきます。するとそれらの出来事や状況は
さらに悪化するだけです。

 それが「宇宙の法則」だからです。






■ジャック・キャンフィールド
(『絶対に成功を呼ぶ25の法則(小学館)』『こころのチキンスープ(ダイヤモンド社)』著者)

 「反戦運動をすると戦争をさらに増大させます。麻薬撲滅運動も実際に麻薬を増加させました。

それは、

私達が望まないもの、麻薬に焦点を合わせたからです。」




■リーサ・ニコルズ
(個人啓蒙家、CEO)

「人々は何かを本当に消滅させたければ、それに焦点を合わせなければならないと信じているの

です。しかし、そうした特定の問題に全てのエネルギーを注ぎ込むよりは、
『信頼』、『愛』、『豊かな生活』、『教育』、あるいは『平和』に焦点を合わせたほうが、

遥かに意味があるのです。」



…以上は、昨年暮れから改めて読み直している
リンダ・バーン著「ザ・シークレット」(角川書店)、そのサブタイトルである
「この世界の秘密」からの一部抜粋である。


 唐突ではあるが、私は単なる一フィギュアスケートファンである。
 3歳の頃に見たジャネット・リンの笑顔に見惚れて以来のファンである。

 だからこそここ3年程は、私はフィギュアスケート競技の在り方に不快感を持って見てきた。
 ある時期から我が国の女子選手を貶め、ある特定の選手有利に改正されてきた不公正なルール、
それにより、この競技が、アスリートの極限に挑む競演としては、もはや葬られつつある事を嗅ぎ取っ

ていた。

 また一事が万事で、マスメディアやジャーナリストまでがかなり我が国の選手に苦難を与える事に

加担している事も明快にわかった。

 彼らは後だしジャンケンで2002FIFAワールドカップの日韓共催に無理矢理こぎつけた人間がトップ

である大手広告代理店や、彼と同じ出自で名誉会長を務める、橋本聖子氏でさえ頭の上がらぬ

スケート連盟のただの御用聞きである。

おかげで、札幌五輪以来見てきたフィギュアスケート競技そのものへの関心はすっかりなくなった。
今年の世界選手権以降は、海外のUSTREAM放送で、勝ち負けに関係なく自分の美的感覚と好み

のみを頼りに、愉しく堪能させていただく事に決めている。



だが、これら一連の出来事こそが、自分自身にとっては、我が国の真の危機に気付かせるきっかけ

にもなったのも事実である。

そのような訳で、前回五輪の金メダリストを始め、傍若無人な振る舞いを展開してくれた御仁には

ある意味においては感謝もしているのだ。

 また、彼らに媚びへつらい、欲に目が眩み、人としての在り方のみならず、
国の名誉をも売り飛ばした我が国の関係者達にも同様の思いである。


 これは厭味でも何でもない今の私の率直な気持ちである。


 それとともにかねてから私は、「アンチ○○」や、罵詈雑言のみで終わるだけでは何も解決しない

とも思っている。

ここ数年、様々なブログや日記を通じ、私は様々な事を学ばせていただいた。

 新聞、テレビをほとんど見なくなった私に、様々な情報を下さったブロガー様達に感謝する。


ただ、悲しい事に、一部のブログや日記の主が、最終的に心と体を病み、閉鎖せざるを得ない状況

に追い込まれた事例も数多く見てきた。


 多くのネガティブな情報やそれに伴うネガティブな思いが、他のネガティブな思いを集めてしまい、

そのストレスが、結果的には心と体を蝕んでしまったのだろうと思う。


 しかしだからと言って誤解なさらないでいただきたいのである。


 彼らとは対照的に、完全に無知や無関心と化す態度はもっと良くない、と、私は思っている。


 一例を挙げると、年末の海外旅行の渡航先のナンバー1は韓国であった。

 旅行なさった方には改めて問いたい。

 マザー・テレサは言った。
「愛の反対語は、『無関心』である」と。



 無関心にならず、知るべき事は知り、そのうえでいかに義憤や偏見に駆られる事なく、
客観的に状況を見据えたうえで未来を考えるか。
 この事は、これから生きていくうえにおける心の鍛練として、とても大切な事であると思う。


 ただ怒りに任せるのではなく、
「どうすれば良くなるのか」を常に考えるのだ。



 「ザ・シークレット」では、マザー・テレサの次のような言葉も引用されている。


■ジャック・キャンフィールド

「マザー・テレサは聡明でした。彼女は

『戦争反対の集会には出席しません。
平和のための集会を開くのでしたら、私を招待して下さい』

と言っていました。
彼女は『秘密』を理解していたのです。
彼女がこの世で為し遂げた事を見て下さい」



 あなたなら、愛と無関心、どちらを選ぶのだろうか。


 そして不都合な事実を知ってしまった時にどのように感じ、どのように思考し、

行動する事を選びとるのだろうか。


私たちは「感情」「思考」「行動」この全てを選び取る事が出来る尊い存在なのである。




       クリックすると新しいウィンドウで開きます


















 あなたがたは、ソウル近郊で口蹄疫により、豚が大量に殺処分されている状況をわかった上で

渡航なさったのだろうか。

口蹄疫という病が、いかに一国の経済において打撃と損失を与えるかについて、

考えた事はおありだろうか。

 口蹄疫という病が、いかに簡単に感染しやすいものかはご存じであろうか。

 そして、昨年4月に発生した宮崎の口蹄疫により、およそ40年かけて開発した種牛を

(感染していないにも関わらず)

殺処分された農家の方の無念さに、どれだけ関心を持っていらしたのだろうか。

 それらの事にきちんと関心を持たれたうえで、出来得る限り最大の防御策を取られ、

渡航なさったのであれば、何も申し上げる事はない。

 ただ、その事がわかれば、渡航にかかる費用を丸ごと韓国の畜産農家への義援金に充てる、

という選択肢さえあったかも知れないのだ。

 相手は反日教育を国民に施している国家である。荒唐無稽に思われるかも知れない。
 「感謝」以上に難しいのは「ゆるす」事である、と思うのはこのような場面なのである。

小沢殺しは米国の謀略だった フラッシュ記事




▼「 小沢殺しは米国の謀略だった。菅首相はオバマの犬。

ウィキリークスが暴露した外交機密 文書!」フラッシュ記事


ツイッターより収集 


銀座の善蔵ブログ 様よりの情報拡散希望につき



フラッシュ2011.2.8号掲載記事より転載

米国からにらまれた政権は長続きできない

「今回の内部告発により、米政府が(当時首相の)鳩山首相ではなく、すでに菅氏を交渉相手にして


いたという事実が明らかになったことは非常に大き い」

元外交官で評論家の天木直利は言う。内部告発サイト「ウィキリークス」による外交機密公電の暴露


は、1月20日に行われた菅直人首相(64)初の

外交方針演説の背景にあるカラクリを、見事に透かして見せたのである。

ウィキリークス公開文書によれば、駐韓米国大使館が昨年2月に本国宛に送信した外交光電には、


米キャンベル国務次官補と韓国・金星ファン外交安保

首席補佐官(当時)の会談内容が次のように報告された。

<キャンベル氏は、菅直人財務省と岡田克也外相といった主要人物に直接、働きかけることが重要


だと指摘し、金氏も同意した>

つまり、時の首相を差し置いて、別の人間と話せと。民主党を分断し、親米政権を打ち立てたい米政府


の意図は明らかだ。さらに唖然とするのは、キャ ンベル=金会談の前日に、


キャンベル氏と小沢一郎氏(68)の会談が行われていたという事実だ。小沢会談を受けて、


”小沢斬り”のシナリオが密かに書か れたということなのか。

その後に起こったことは、まさに米国の狙い通りだった。当時の鳩山(首相)-小沢(幹事長)ラインは


追われるように去り、米国が名指しした菅(首相)-岡田(幹事長)ラインへ。


そして小沢氏排除と対米追従への舵きり。

「鳩山首相が口にした『対等な日米関係』『東アジア共同体』というフレーズに米政府が拒否反応を


見せたんです。鳩山政権が同盟相手の米国を外して中国よりになる可能性を恐れた。


小沢氏となると、早くからに日中関係を『二等辺三角形』と公言。日本からみて米国と中国は等距離


にあるというも の。

幹事長時代に民主党議員など総勢600人を引き連れて北京に向かい、米国の反感を買っています」

(政治記者)

米国からにらまれた政権は決して長続きしないと、元共同通信社ワシントン支局長で名古屋大学


特任教授の春名幹男氏は次のように話す。


「田中角栄も、鳩山さんの祖父・鳩山一郎もそうだった。アメリカからにらまれたり、アメリカと冷淡な


関係になると、政権が長期化しないのは明らか ですよ。

逆に、長期政権になった佐藤栄作とか中曽根康弘、小泉純一郎らは、みんな対米関係は良かった

んですよ」

自分の権力維持が最優先といわれる菅首相がこうした例に学んで、対米従属のポチ路線に急変した


としても何ら不思議はない。20日の外交方針演説で は、真っ先に日米基軸優先を主張。国内農業に


大打撃を与えるといわれるTPP(環太平洋パートナーシップ)にも積極姿勢を見せ、


まさに自民党も真っ青 の対米従属だ。

「外交のことなど知らない菅氏を米政府は簡単に騙せる。自己保身と、さらなる(米国の)歓心を買う


ためにも、TPPや普天間基地問題などで、米政 府の意図を達成しようと遮二無二になっている。


それが現在の菅首相の実像。全く100%バカ者です」(前出・天木氏)

そのバカ者に「脱・小沢」の旗を振られて、昨年9月の代表選に敗れて以降、現在に至る小沢氏の


凋落ぶりは言わずもがなだ。米国による謀略から始 まった「小沢殺し」の立役者である菅首相は


米国側に懸命にシッポをフルが、実は見下されているのだという。

「ワシントンは終始一貫して『菅はスチュピッド(バカ)』と言っているし、最近のオバマ大統領は菅氏に


ついて『彼と話としてもプラスにならない』 と言っている。米石斧は管政権には当事者能力がないと


判断。CIAも首相の素性などを調べて、政権基盤はなく短命政権と考えて、次の有力者をさがし


ている状況」(別の政治部記者)

いったい日本はどうなる。もし民主党代表選で小沢氏がが勝っていれば、・・・小沢氏寄りの某民主党


関係者は言う。

「小沢氏とアメリカとのパイプはじつはあるんです。自民党幹事長時代に築かれたCIAや軍部などの


人脈は続いているようだ。普天間の件も、小沢氏 なら交渉が好転したという見方がある」

いまさら小沢待望論がでること自体、管政権への失望へのあらわれだ。激震の通常国会が始まっている。


(終わり)

(転載貼り付け終了)



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



wanton


わたしの日頃の記事を読んでおられる方には、平凡で退屈な記事に思えるかもしれませんね。


この写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)が、国内で初めて大きく報じたという事くらいしか意味を


見出せないですが、この週刊誌の背後には何かあるのでしょうか。このようなアメリカに楯突いた


ような記事はなかなか掲載出来ないものですが、むしろ記事内容よりもその事のほうが気になり


ますね。まあやはりウィキリークス公開文書の影響はやはり大きいと見るべきなのか。


世間一般に既に公開された情報というものは、掲載しやすいという事なのかもしれません。


私がここ最近、国内政治の現場をほとんど記事にしないのも、全く面白くないからです。


この記事を掲載された方は、どうやら小沢支持者の方のようですが、もし仮にものすごく運良く


小沢総理が誕生したとしても、野党から架空の政治資金疑惑などを楯にとり、国会審議にも


応じず、空転につぐ空転から解散総選挙に即座に追い込まれるだけのような気がしています。


小沢支持者の方には申し訳ないですが、どう転んでもイバラの道しか残されていないように


思います。正直、今現在は良い展望は全く見えてきません。


悪いほうの展望はいくらでも考えられそうです。


世界の動きを見極めながら、国内政治の行方を見守りたいと思います。


そして大事な事は、その都度記事にしていこうと考えています。


私か゛常日頃流している情報というものは、


世界と日本の動きを知る良い判断材料になるはずであります。