ネイタルはトランジットを切り取ったもの(木山神社発参拝) |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

 

― the field for the study of astrology and original novels ―

作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として
 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています

 

ご訪問ありがとうございます 🌟
 
スケジュールや天候の関係で、2日ぶりのジョギング。

 

 
荒神様のところの銀杏の木の上で、鳥たちがきれいな声を響かせていました。

 

 

 

 

鷺が飛び立つのも見られました。

 

 

 

このところのゼファーの日常。

母 「今日はなにするん?」

息子 「今晩、なに?」

二人にそれぞれ尋ねられるのが、微妙にイラッむかっとくるゼファーなのです。(笑)

私もそこまで、人格ができておりませんので。

 

母だけならまだしも、休養中とは言え、息子がずっと家にいて、台所をのぞき込んできて、毎日毎回、同じことを尋ねてくるというのが、

まあ、なんとなく、ね。

 

大局的には、こういう日常があること自体、幸せだとは思っています。

 

今日は、二人がお昼、食することができるものが用意できていて、

かつ!

奥さんが休みだったので、ちょっとここのところ行きたかったところに。

 

インプレッサで高速へ。

奥さんもだいぶ、アイサイト・ツーリングアシストが使い慣れてきた。

 

真庭のPA お食事処「花水木」でお昼にしました。

食券を買う、コンパクトな食堂なのですが、

食券を買うときに、操作の順番が違っていて、何度やってもお金が返ってくる。(笑)

 

後ろに他のお客さんが来たので、「どうぞ」とお先に購入してもらってから、二人のをようやく正しい手順で買うことができた。

 

そうしたら!

 

 
なんと、99番と100番。
なんと、キリのいい数字になっちゃったゾ。

 

 

有名なホルモンうどん。

ちゃんとしたのを食べるのは、これがほぼ初めてに近いかも。

前にちょっとだけあるのですが、地元で食したことがなかった。

 

ホルモンの風味がうどんやソースにほのかに広がり、

またソースも私たちがよく使う「お好みソース」とかではなく、

醤油の風味もあるし、いろいろ複雑。 

いや、十分においしい。

 

これが先に来たので、二人でシェアしながら食べていました。

 

 
そうしましたら、来ました。
コロコロステーキ丼。
 
これ、肉食動物の息子が喜ぶやつなんですが。
 
なんと、こういう企画があったらしく。

 

 

なんか中国地方のSAやPAで、それぞれオリジナルの丼を提供し、

それを食べ歩きしてカードを集め、カードを集めたら景品が当たるという、

そういう企画の、今日が最終日!

 

いやいや!

今日中に食べ歩いてカード集めるとか、無理! 絶対無理!!

 

なのですが、こういう企画があるくらいだから、食べてみようと思ったわけです。

(企画終了後も同じメニューがあるのかどうかは知りません)

 

 
しかし、お肉はがっつり!
ニンニクも。
 
タレをかけ回していただきます♡
 
これが、結構うまい。
肉はちょっと硬めというか、しっかりしています。
今、左の奥歯を治療中なので、右側だけで噛んでいたら、ちょっと疲れてきましたが、
私、あまり脂ギッシュなとろとろの肉より、赤身の噛み応えがあるほうが好きなので、これは当たりでした。
 
これも、もちろんシェア。
そして、PAを出たら、すぐにもう落合で高速を降ります。
たどり着いたのは……
 
 
木山神社!

もう、長いこと来てみたかったのです。

 

 

すごく立派な鳥居と社殿の神社で。

ここには、kira*kiraさんご夫妻も月参りされているとか。

 

須佐之男命を祭神とされているので、前から来たかったんですよ。

 

 

拝殿を中心に渡り廊下がある作り。

あたりには、重厚な〝気〟が漂っています。

この雰囲気は、なんとなくですが、松江の熊野大社に似ている感じがします。

メッチャ、好き~~~。

 

 

拝殿の中の提灯がすごい。

圧倒的。

 

 
かと思えば、賽銭箱のところに猫の置物が。

 

 
はたと気づけば、狛犬さんのところにも!
(本物の猫っぽいですが、置物です)

 

 

こちらの狛犬さんのところにはいませんが……

 

 

天満宮のところにいる!

 

 
お使いが狐の稲荷様のところにも猫の置物がありました。
どれも、メッチャかわいい。
どれもすごくリアル。
 
猫が好きな宮司さんなのかな? とか思い、社務所で御朱印をいただいていると……
どうも、この神社では〝公式招き猫〟がいらっしゃる!
 
御朱印ができあがるまでの時間、お話を聞いていたら、その〝公式招き猫〟さんが社務所の窓辺の寝床に入ってきて、丸くなった!
 
その公式招き猫のことを知った参拝者のあるかたが、ご好意で猫の置物をご奉納なさったとか。

 

 

今日は曇天で、時折、県北は雨もぱらつくような天候でしたが、帰る頃には空が明るくなっていました。

 

社務所のところに、招き猫のおみくじがあったので、二度目、引きました。

一度目は拝殿前で引いて、「小吉」だったのですが。

この招き猫のおみくじは、「大吉」!

 

 

招き猫は、我が家の玄関に鎮座。
かわいい。
 
本当に福を招いてくれそう。
 
 
ところで。
数日前のことなのですが。
 
あるかたの鑑定をしていて、
「おや、これって同じだよな」と思ったのです。
何が同じかというと、私と同じ、なのです。
 
同じあるホロスコープ特徴が、ある時期に発生する。
発生する時期は異なります。
 
しかし、この人生の間に、ある傾向は同じように発生するわけです。
 
まったく馬鹿みたいな話なのですが。
それを検証していて、「あっ!」と気づいたのです。
 
きわめて、当たり前の話なのですが。
そうなって当然。
というのは、ある条件を満たしているから。
 
なぜ、そうなるのかというのも、考えてみれば、きわめて当たり前で、
今までこのことに思い至らなかったのがおかしい
というくらい、

超絶、当たり前すぎること。

 

これは個人の人生プロセスと、ある程度の幅のある〝世代〟の持つ傾向とか、世界や人類の動きとリンクする解釈なのですが。

個人と世界のシンクロニシティを表現するものとも言えそうです。

 

そういうことを、今さらのように発見する不思議。

ていうか、これを今まで提言している人、いないの!?

いてもいいような気がするけど……

 

占星術で扱うホロスコープは、大別して3種あります。

ネイタル(出生図)

プログレス(進行)

トランジット(経過)

の三つです。

 

このうち、ネイタルとトランジットに、すごく大きな断絶があったのです。

私の意識の中で。

多くの占星術研究家も、同様かも知れません。

あまりにも専門的になるので、その断絶については、ここでは説明できません。

 

しかし、そうではない。

 

結論から言うと、

ネイタルはトランジットのある瞬間を切り取ったものである

ということで、そのトランジットの一部を仮託された私たちは、その運勢を背負って、この地上に生きているということ。

 

それはそうなんじゃない?

と思われるかも知れません。

 

ですが、そういう表面的な理解じゃないのです。

深いところの理解。

 

これに気づけた自分を褒めたいのですが、

気づいてしまったら、こんな単純なことに、今までなぜ気づかなかったのか、という

逆説的な〝責め〟さえ感じてしまうくらい。

単純な原理。

 

 

この記事と同様です。

 

よく分からないけど。

なんか、最近、やたらと気づく。

発見する。

 

これはもう。

〝上〟の存在が、なにかとなにかを繋いでくださっているのだと思います。

人間とか、あるいは脳内のシナプスとか。

 

感謝しかございません。

 

 

 

・コメントは現在、受付けておりません。

・毎月の12星座占いを読む前に

 → 新12星座占いの取説とデーカン

・ホロスコープによる予測を読む前に

 → 観測記事を読むときの注意点

・ブログ内の小説を読まれる方へ

 → ブログ小説について

・2015年7月~2017年8月中旬までの記事

 → bloggerのZEPHYRに収録

ZEPHYRのツイッター

プライバシーポリシー

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓


人気ブログランキング