最大の肩すかしと魂の変容 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

たいがいのことは、ホロスコープは語ってくれます。

しかし、すごく大きな肩すかしを食らったことがあります。

 

1997年11月~2000年10月。

この世紀末の約3年間、私はほぼ考え得る限り、人生上で最高の導きを得る時期でした。

普通に考えたら、幸運なことが起きます。

仕事がうまく行きます。

独身であれば、決定的と言えるほどの婚期。

 

当時、私は商業作家として凋落していて、なんとか復活を遂げたいと思っていました。

しかし、それは届きませんでしたし、叶いませんでした。

 

ホテルで必死に働きながら、かろうじて入る少ない執筆の仕事をこなす毎日。

占星術はまだプロとしては行っていませんでした。

 

この3年間のことは、ホロスコープ上観測していて、私はどんな状況であろうとも、ここでは絶対! 好転するんだ!

と思っていましたし、信じていました。

 

 

momokaphotoさんによる写真ACからの写真 

 

ところがところが。

 

過ぎ去ってみれば、なにもなかった。(笑)

 

これは、私の人生での「最大級の肩すかし」でした。

 

これは普通はあり得ない現象。

 

もっとも狙いがそもそも違ったのでしょうね。

人間には誰でも好機が巡ってくるタイミングがあるのですが、当時の私は「昔の道」に戻ろうとしていた。

 

が、違ったんですよね。たぶん。

戻っちゃいけなかった。

戻るとしてもそのルートじゃなかった。

 

とはいえ、通常はそこで別な道への何かが示されたり、出会いがあったりするもの。

それすらなかった。

 

なぜそうなってしまったのか?

 

以前に背負っていた作家としての肩書きが、やはり相当に重いものだったので、それを「外す」ことがなかなかできなかった。

それは私にとって、次のプロセスを迎えるための障害になっていて、おかしなたとえですが、一種、持病みたいな状態だったのだと思う。

 

もし私が勇気を持って、もっと前に別な道へ踏み出していたら、この世紀末の3年間に今現在へと至る扉が早めに開いたのかも知れない。

 

今現在に至る扉を自分で開いたのは、2005年のことだから、この世紀末の導きの時期の5年後。

 

ここからなお、5年を要しました。

その間に、私は「最後のあがき」ともいうべき、極限的な努力をしました。

複数の仕事を掛け持ちしながら、毎日睡眠時間は4.5時間。

メッチャ寒い冬の未明であっても起きて執筆、食後、仕事へ。

帰宅後、執筆。

夕方から深夜までホテル。

深夜に帰宅、食事、執筆。

というサイクルで、数年を過ごしました。

 

この時の努力が極限的なもので、しかも報われなかった。

 

この時期、厳しい運勢とは認識していましたが、当時の私は知らなかった別なある非常に強いマイナーアスペクトを刺激する時期で、「容赦ない結果」をもたらしました。

 

これで、ある意味、燃え尽きたというのかあきらめたのですね。

 

この体験は必要だったのでしょう。

 

ここまであがかないとダメだったのかな~?

 

もっと早くと言っても5~7年程度、早くに扉を開くことができていたら……

 

でも、当時の私には無理だったんですよね。

 

 

しかし。

 

世紀末の3年間。

何もなかったと言いましたが、霊的な導きというのは実感する出来事がありました。

 ↓

1999年に起きたこと

 

確かにこの世的(実利的で現実的)には何もなかった。

 

しかし、あのときのことは忘れないし、いつまでもいつまでも、あのときの感電したような体験は色あせない。

 

あれだったんだろうな、と思うのです。

私の世紀末3年間の、メインイベントは。

 

何も起きなかったが、起きたのは精神の中だった。

あのときに、ひょっとして魂に何かが植え付けられたのかも。

 

スピ鈍なので、わかりませんが。(笑)

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ