天王星の下で |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

九州では各地で豪雨のため、浸水被害などが発生し、心よりお見舞い申し上げます。

前年の西日本豪雨の時に被害が出ていた地域が再び、というような報道もあり……

再起しようとしているところへ、このような災害被害が追い打ちをかけるというのは、本当にお辛いことだと思います。

 

岡山でも今回、県北部などを中心に、相当な降雨があったようですが、昨年の被災地にまた被害が及ぶというようなことはなかったようです。

 

山の中にある自宅の近隣も、車で走った感じでは、崖崩れなども発生しておらず、そこは安堵いたしました。

車が通行できなくなると、孤立してしまうような集落ですから。

 

 

参院選ですが……

もちろん、私も投票はいたしております。

 

今年、そしてここしばらくのホロスコープの動きを見ていると、与党や政府に一種の閉塞感というか、頭を打っているような印象がある(ただ、堅調という印象は強かった)。

その一方、逆に野党に有利な状況にも見えなかった。

 

結果的には、そのようなところに落ち着いたのかも知れません。

(この種のことは事前観測していても、書かないようにしています=特定の政党支持者からご意見が寄せられることもありますので)

 

投票率が伸びなかったという情報を聞いた段階で、ああ、やっぱりそういう感じなのかな、という予感は抱いておりました。

 

今年の日本は、天王星の影響が強いと申し上げているのですが、天王星ならば、政変とか政界の改変が起きるのでは、と思うかたもいらっしゃるかもしれないのですが、それとこれとはちょっと違った見方が必要です。

 

もちろん天王星が日本の目覚めや改変に繋がっているのは間違いないのですが、一番大きな制度的なものとしては、新旧天皇陛下の御代替わりであり、改元ですからね。

 

そして、国民や国家としての目覚め。

 

こうして、一年後のオリンピック・パラリンピックへとつながっていくわけですが、こういう時期はいろいろと内外で起きてくるのが普通です。

 

実際、対外的にはかなり大きな方針転換も起きていますし。

 

どうなっていくのか。

 

ホロスコープと共に見つめていきます。

 

 

☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら

☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ