景気はともあれ、未来は…… |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


テーマ:

日本経済の基調判断が「悪化」となりました。

過去に幾度か、経済の停滞、後退などがこの時期に起きるのではないかということは、書いたことがあります。

私は2018年ごろには、それが顕著になるのではないかとみていました。

内閣府の認識(公表)としては、それが今年になっただけなのではないかと、あらためて思います。

 

こういった悪化の要因が、日本国内というよりも外的な要因が関係するのではないか、というようなことにも触れたことがあります。

実際、中国の成長の失速や米中の経済戦争なども、この判断が生じた背景にはあるようですね。

 

私の見ているのは、ホロスコープなので、その時期、スケジュールのようなものは変わりません。

日本に関しては数枚のチャートを参考していますが、そのうちの1枚のチャートでは、

2018年~2020年 経済的な障害 停滞

2020年~2021年 湯水のような財の動き 浪費 不正な金銭

といった傾向があります。

 

とくに18年~20年の障害や停滞を重く見ていたわけです。

今年の消費増税もこの中に入っているわけで、予定通り引き上げが行われれば、そのことが落とす影響も含まれているだろうと。

(引き上げが良いとか悪いとかいう議論は、ここではいたしません)

 

この日本の障害が、天皇陛下の退位、新天皇陛下の即位といった大きな動きによって、いくらか緩和されるのではないかということも、どこかの記事に書いた記憶があります。

 

また外国人旅行客は、今後も前提としては増える傾向にあり、それはしばらく続く。

それが日本経済の停滞の緩和材料にもなるのではないかと。

 

 

しかし、私は未来を悲観はしておりません。

 

たとえば1枚目のチャートでは、2022年あたりから日本は非常に発展的な運勢に入ります。

2枚目のチャートでは、今年と来年に良い転換が起き(改元も含まれていると思われる)、2024年から発展的な運勢を迎えるような流れです。

 

どちらのチャートでも、ここ数年の内に長周期の運勢の切り替えが行われます。

1枚目は2023年の、たぶん夏頃。

2枚目は2024年の、たぶん節分頃。

この2枚のチャートは、それぞれ異なる根拠から作成しておりますが、この別々なチャートのどちらでも、ざっくり似たような傾向や時期を持っていることは、かなり驚くべきことです。

 

こういう一致は、そうそう起きない。

逆に言えば、どちらのチャートにも意味があるのだろうと思えます。

 

こういった節目を迎え、発展的な運勢を迎える。

これは経済だけの側面では決してないと考えていますが、この物質的世界における国家という容れ物のスケールを考えると、経済的な側面に大きな好影響があるだろうということは、当然含まれています。

 

今は山の峠越え。

ちょっと厳しい局面には来ました。

 

でも、想像を超える未来が待っているはず。

希望を捨てず、できることを誠心誠意、行っていきましょう。

 

 

※ 2枚のチャートが有効な限り、この観測が翻されることはありません。これが覆されるのはよほどの事態のはずなので、たぶんこの未来は変わらないと判断しています。

 

 

☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら

☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ

 

zephyrさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ