先生。お疲れさまです。
お忙しいところすみません。「第3」またお願いします(笑)。

<回答>

了解です。

50代女性。施術歴8年目

。1年3ヶ月前から遠隔施術対応へ
「久しぶりやなぁ。なんか変わったことなかった?」と尋ねると
「1週間前車を買い替えて、今まではミッション車に乗ってたんだけど、オートマ車になって、どう座ったらいいかクッションあてたりはずしたりいろいろやってるけどおさまりが悪くって、左足の置き場もなんか変でそれから左膝がものすごく痛くなっちゃった」とのこと。


「普段の生活では痛くないん?ちょっといろいろ身体全体動かしてみて~?」と尋ねると

左膝の中全体が重たい感じだけど痛くはない。それ以外は目が見えにくいくらいとのこと。

一通り遠隔施術の流れ(美容は習ってないので美容以外)冬~春へのトライアングル


自分が先生に遠隔でここしばらくやってもらってる左腎、右腎からの冷えとり。
「どう?気になるところ全部言ってみて」と尋ねると
「左膝、痛みは無いけどすごく重くてイヤ、目はあいてきた」とのこと
「膝は前と後ろとどっちが嫌なん?」
「両方、膝の中も重たくってイヤな感じ」
膝前後から定触。「どんな?」
「足は車に乗ってみないとわからないなぁ」と彼女
ってことで、駐車場まで2、3分とのことで車に乗って確認してもらうことに。

<回答>

遠隔施術の動診確認で徒歩2~3分の駐車場にまで行ってクルマに乗って「効果確認」・・・爆笑。

如何にもオッコらしい「徹底ぶり」だ。つまり、それぐらいの動診をしてもらっても、出す「結果」に十分な「確信」がある!

 

普通なら、「コレで様子見ておいてね。」だもんなぁ。

何の確信もなくそんな動診させられたら患者さんはたまったもんじゃない。。。

 

しかもこの方、、、「膝」が悪いんだよね?

 

ある意味、「怖い先生」だ。


電話をかけなおし、車に乗った状態を確認してもらうと
「痛いです・・・膝の中からサラも裏もかなり痛い、あと太ももの全体も痛い」との。

<回答>

お気の毒に。

いや、動診が「どうとか?こうとか?」ではなくて、気楽なはずの遠隔施術の動診で「振り回されてる」のが少しだけお気の毒です。


再度膝前後と、ふともも前後に定触。どちらも
「痛いですねぇ、かわりません。」とのこと。


「あ、ちょっと待ってな、こっちでやってみるわ、ごめんけど一回車から降りてくれる」と伝え

<回答>

うんうん、振り回す振り回す(笑)。

膝を痛がってる方の遠隔施術でどんだけ空間移動させてんの?


ミッション車の運転の時についた骨盤、股関節のズレ、運転中の身体の癖などを修正

<回答>

そうそう、「そういう事」が出来る。し、まずは「そういう事」から狙っていけばいい。

ちゃんとスジを追い始めてる。


子宮、卵巣それぞれ椎の修正、骨盤、股関節との調和をとり車に乗ってみてもらう。
「は・ん・あ?・・痛くない・・・・痛くないです!」

<回答>

うん?オッコ先生は、最初から「この絵」をイメージしてるから、わざわざクルマまで行かせてそこで動診をしてもらってる。

当然、ここに至るまでの「過程」ではやるべきことをやらないとね。


車から降りてもらっていろいろ動いてもらい、どこも無いとのことで、かぎろい


「あるんなら全部言うとき、遠慮しなや」車外で体をいろいろ動かしてもらって動診。

<回答>

そうそう、全部言っておいてください。


再度車に乗って確認してもらう
「座ったままいろいろ動かしてみて違和感やら痛みやらあったら遠慮なく言いや」
「あ?もう普通に乗れてる、おさまった感じ。座って身体移動させてもなにも無い、からだ凄く軽~い」と彼女。

<回答>

「おさまった感じ」。

さっきの重さも実は間違いなく「改善の現象」だもんね。

だから次は軽くなる(笑)。

ああいう変化が出た以上、当然の帰結だと思うよ。

8年前の初診時からご本人さんの希望通り2週間~3週間に一度の対面施術で対応してきました。
当時彼女は、旦那さんと離婚を決意し別居状態、高齢のご両親と3人暮らし。
同居するご両親に対して幼少期からの許せなさ、不満や反発をずっと抱えてました。

<回答>

なるほど。


それでもご両親を最後は自分が看取りたいと苦しんでました。
自分自身に自信がもてない状態。「頭を良くしてほしい!」が彼女の口癖でした。

<回答>

せつない願望だよね。


5年前職場が変わってからは、「仕事を覚えれない、よく間違える」といつも焦ってました。


時間の中でたくさん話も聞いて、たくさん話もして、幼少期からの現在までのいろんな感情の排泄、酷い排泄痛やら自発動など繰り返していくうちに、3年くらい前から「頭を良くしてほしい!」の発言は消えてました。

<回答>

「アタマをよくして欲しい!」・・・と、その方に言わせていた「ストレス」が随分と浄化されてきたんだよ。


この頃から新入社員さんの指導をしたり、いろいろ職場の同僚、部下の相談に乗るようになってきてました。

<回答>

「写し鏡」だね。オッコ先生にしてもらったように、周囲の人にし始めてる。


少しづつ仕事に対して自分に対しての自信を持ち始めてこられたこの頃から月1施術現在に至る。

遠隔後時間があったので、少し話をすることに。


先月まで誤嚥性肺炎でちょこちょこ遠隔させていただいていたお父さんの容態の確認をすると調子がいいとのこと。

<回答>

親娘で診てもらってるなら、上で書いていたような家庭内の問題も随分と和らいでいるんだね。


ここ1年半くらい前からは、どこの家庭でもあるような口喧嘩?程度はあるものの、ご両親ともいい関係に変わってきています。

<回答>

よく頑張ってるよ、オッコ先生。


職場の部署の異動があって、覚えることがたくさんあって大変だけど、今のところ問題ないとのこと。

<回答>

大丈夫!もうアタマは大丈夫ですよ。


「おっしゃ。ほなまた来月な!お父さんたちにでもなんかあったら、また遠慮なくメールいれときや」で終了。

<回答>

そういうフォローアップがあるという安心感が「患者さんの支え」になる。

オッコ先生は、そこをいつもわきまえてて24時間体制の患者さんシフトを敷いている。

今日はこの方の実家から離れて一人暮らし中の娘さんの月1遠隔施術日でした。
中学生の頃から定期的にみさせてもらってる娘さんも今年23歳になりました(笑)。

<回答>

そういう家族の歴史と関わるような「お付き合い」も、全人格的にかかわる施術を誠実に行ってきた成果だよね。

 

結局は「刹那」をつないで、「一生のお付き合い」を目指していくような「決意」が術者には必要なんだよなぁ。

 

オッコ先生は、それを誰とでも実践してる。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

先生いつもありがとうございます手お願い
右腕が上がらない患者さんの3回目の遠隔施術リポートです。


60代女性
今回も1週間後の施術です。

<回答>

たしか北海道の方だよね?

一回目以降、いいペースで遠隔依頼があるんだね。


2回の施術で右腕は大体上まで上がるようになったけど、上げる途中から右肩が痛くなるそうです。


それに何もしなくても痛くて湿布を貼ることも。


前まであった背中の痛みはなくなったそうです。

<回答>

間違いなく初回の遠隔施術で改善を実感したから継続して受けてもらってるんだよ。


あとは子どもの頃からの肩こりです。(でも時々、肩が柔らかいと感じる時もあるそうです)


右肩の痛みと肩こりを診ていくことに。


前回と同じく、スマホはスピーカーにしてどこかに置いたままで施術開始。


今回も「症状が治っても治らなくても関係なく、私が今練れる最高の気をギフトします。」と患者さんに宣言してから。


丹田から順に心肺、眉間、後頭骨、仙椎に定触
ここで一度動診。


何もしない時の右肩の痛みは和らぐが、右腕を上げた時の右肩の痛みはある。


美容施術後、臓器だけで陰陽五行太極図
右肩の内側があったかくなるが、右腕を上げた時の痛みはまだある。


肩こりは変わらない。


農家さんで腕を使う仕事なので、右手首を私の両手で包み込むように6呼吸。


右腕をあげたら、さっきよりも肩のひっかかりがなくなる。

<回答>

このスジ、前回リポートでも使ってたよね?

で、同じように変化が出てた。

内踝・外踝から肩関節の鉄板筋をここでは応用してるんだよね?読んでるメンバーは注意するように。


今度は右肩関節を包み込むように6呼吸。
右腕を上げたら、さっきより上がり、右肩の痛みも少なくなった。ひっかかりはなくなった。

<回答>

直で右肩関節もコレで狙えるけど・・・

ここは頸椎調整かな?

肩関節定触ではなくて、頸椎調整からの肩関節の調整のスジ?

メンバーはここも注意して。


今度は両肩甲骨に9呼吸。


右腕を上げるとさっきより右肩が痛くなる。

<回答>

いい変化だ。

上手くつないでる。


冬のトライアングルを作ってあるので、両腎温補9呼吸。
右腕は上まで上がり、痛みもなくなってきた。

<回答>

そうなって行くよね。

「冬のトライアングル」~「腎温補法」は「季節対応」の手筋でもあり、「冷え」の手筋でもある。

ミッキー先生はどっちで効かせに行ったんだろう(笑)?


子どもの時に背中を強打していると言われたので、頸椎から尾椎までブロック


右腕はすっと上がるようになったが、今度は右腕の前側の筋?が痛いと言われる。


その痛い筋に椎の修正
右腕を上げるとコキっと音が出た。

<回答>

いいね。


筋がほぐれたかなと思い、もう一度同じところに椎の修正
右腕はすっと上がり、右肩の痛みも1回目の施術前を10とすると、今は2までになったと言われました。

<回答>

しっかりと遠隔を繰り返す中で改善を深めてる。

慌てることはないからじっくりと「必要な時間」と「手筈」を端折らずに踏んでいく事だよ。


ので、右腕はここまでにして、今度は子どもの頃からの肩こりをみようと、三層修正

<回答>

こういうところで「三層修正」ね。

つまり情報層の修正。基本的にはストレス系の症状への対応でよく使う技術だけど、悪くない選択だと思うよ。


肩はバンバンのまま。
50年前からの肩こりなので、八方位一周を10年にして5周。

<回答>

ここは「三層修正」を「八方位の修正」で行った?という事?

なら、「第一層」「第二層」「第三層」に対して「八方位修正」をかけたのかな?


肩はバンバンのまま。

<回答>

と、するなら「三層修正」は「八方位」ではなく、もっと単純な手筋での開放がよかったかも。

「50年前から」と「症状が古い」という観念にとらわれて、無意識に軽妙さを避けた。。。重厚に扱うほうを無意識に選択した。

むしろ「古い」からこそもっと軽妙に「三層修正」を使ってみたらどうだったんだろう?

 

クリアしないとダメなのは「場の問題」ね?


時間も30分経っていたので、今日はこれまでと思い、最後に最新かぎろひ


次回はもう一度肩こりと思ったら、「今度の時は右膝裏の静脈瘤と喘息をみてください。」と‥‥。

<回答>

遠隔患者さんからの「おねだり」。。。

間違いなく診てもらってるところに改善を感じるから「じゃあ、次は!」という感覚になってるんだと思うよ。

間違いなく「信頼関係」は築けてきてるよ。


これからの1週間の時間クスリで、肩こり少し楽になってくれないかなあと思ってます。(時々肩が柔らかいと感じることがあるそうなので)
以上リポートです。

<回答>

あ。そんなふうに思わなくてもいい。自分で言ってるじゃん?

「改善しようとしまいとお構いなしに、自分の最高をギフトします!」って笑笑。

 

毎回の遠隔で公言通りそれをしたなら、別に慌てて症状が改善しなくてもいい。むしろその分「丁寧に」「様々を配慮した」「きめ細かい施術」をギフト出来る。


先生次回も頑張ってみます!

<回答>

ミッキー先生が好んで口にする「遠隔施術前の宣言」通りに🌈✨

患者さんには伝わるハズだよ。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

富山射水市の

盛光美希子先生

りりぃふらわぁクリックまで

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

先生今日(4月15日)は大変お世話になり、

ありがとうございました🙏🙏🙇‍♀️🙇‍♀️

 

今日(4月15日)はRENのメンバーの結願で比叡山に巡礼にいかれていた先生、そんな最中と知りながらも、すがる思いでSOS LINEをしてしまい💦💦申し訳ございませんでした🙇‍♀️

 

「先生お力をお貸し下さい😭パスポートとキャッシュカード一式がないんです😭

泥棒に入られたかも💦💦💦💦

落ち着け落ち着け!と自分に言い聞かせながら、家中探し回ったけど無いし、移動した記憶も全くないんです💦」

<回答>

あ?これ、もらったLINEの「そのままコピペ」だね?

もう完全にテンパってて、ちょっと取り乱してたよなぁ。。。可哀そうに。。。

 

子供達にLINEしたら

「多分お母さんだよ!」と言うけれど、ネットで色々しらべたら、迷わず口座止めて、警察に連絡!と書いてある💦

<回答>

ハニー先生は、こういう状況が大いに苦手なんだよなぁ。。。

まぁ、普通はだれでも気が動転するよね。

 

口座を止めて、警察にもTELした💦

「キャッシュカードとパスポートが無いんです💦」

「どこでなくされましたか?」

「家です💦」

「家の中で紛失ですか?」

「泥棒かもしれないし💦💦何処かにしまって分からなくなったのかもしれないんですが💦💦」

「ん??ご家族がどこかにしまわれてしまった?って事ですか?」

「いやぁ、私です💦」

「え?お若そうですが💦」

<回答>

「お若そうなのにお気の毒です。」、か?・・・シャレの効く警官だなぁ。。。爆

「そうなんです💦私が記憶がないんです」

<回答>

なんかそう切り返したら益々「お気の毒さ」が増す感じだ。。。

 

「そうですかあ💦でも、家の中で失くした場合は、紛失届けは出せないんですよ、現場検証に行かせますよ!」

「あ💦💦泥棒かもしれないんですが、数パーセントは犯人は私かもしれないので💦それはちよっと待ってください💦」

<回答>

その言い方も緊急事態な割に「シャレ」が効いてる?というより、これが妖精ハニーの「天然」か?

 

「ガラスが割られてるとか侵入の痕跡は無いんですか?」

「ないんです💦もしもパスポートが悪用された時の事を考えると、届け出を出しておいた方が良い!とネットに書いてあったので連絡したんですが💦」

「そうですかあ、何も物色しないでピンポイントでそれだけを盗むという事は考えにくいんですがね💦それに、紛失場所を自宅には出来ないので、もしかしたらご自身で持ち出したかもしれない!という事にして、紛失場所を自宅周辺!という事にして紛失届を出しますか?」

<回答>

わぁ~、、、めちゃくちゃ親切な警官さんだ。。。いい人に当たってる!

 

「あ💦それでお願いします💦💦」

 

なんか自分で今書いてても、お騒がせな奴ですね💦

<回答>

いや、「その時」は、はた目にも気の毒なぐらいテンバってたもんな?事が終わった「今」だと冷静にそれが分かるんだよ。

(なんてアタシって「痛いヤツ」なんだろう?)って。

 

一通り手続きを済ませ、

もう一度家中を探し回ったが見つからず💦

<回答>

LINEの後、叡山からの荒木先生のクルマの中から電話したんだけど、

「もうどこを探してもないんですって!!!」って思いのたけをこっちにぶつけてきそうだったもんね💖

 

やっぱ泥棒⁉️と思って怖くなり💦

<回答>

うんうん、めっちゃ恐れてた。。。まぁ、そりゃそうだよね。で、最近はそういう「手口」もあると聞いてる。静かに入って通帳と印鑑を持って出て、引き下ろして、ご丁寧にまた元通りに戻す・・・そうすることで発覚しない、または発覚を遅らせることが出来る。

で、色々と聞いてみてもそのケースにはどうにも当てはまらない。つまり、その場合「合いかぎを作る」事が必須なんだよ。だから、家の誰かがカギを落としたんじゃないか、とも思ったけどそうでもないらしい。。。

 

でも、子供達からは、お母さんだよ!

家に帰ったら一緒に探そう!と連絡が来るものの、自分で移動した記憶は全く無いから💦💦それがまた恐怖💦

<回答>

何度も言ってたなぁ・・・「自分が、怖い。。。」って。

 

もうそこに一点集中して、それが「泥棒説」の根拠になってた。。。

確かに理論的にはそうなるけど、「泥棒説」は理論が立たない・・・まさに二律背反だ。REN空術の得意なヤツね👍

記憶が無い事もまた違う意味で怖くなっていた💦💦

<回答>

ホントにビビってたよね、ハニー。。。もう半泣き半乱れ状態。。。

 

名探偵コナンになって必死に推理をしてみた、

玄関の鍵穴見てもこじ開けた形成は無い💦もし針金か何かで上手く開けて侵入したとしても、逃げる時は鍵を開けて行くはず。

<回答>

イヤそこはせんせーも考えたけど即却下だよ。。。つまり、合い鍵を持たないと成り立たないんだよ?

でも、家に誰もいなくて鍵が空いてた!なんて事は子供に確認しても今まで一度もなかった💦💦

と頭をグルグル回らせて考えまくっていた💦💦

<回答>

ホント、可哀そうだったよ。。。最大限の「お気の毒状態」。

励ます言葉が「見つからない」。。。

 

夕飯も作れずボーッとして居たら、帰宅された先生からLINE頂き

「今帰宅して遠隔中だから見つかるよ!居間にあるよ、居間の写真送って!」と言われて動画を送った!

 

そして数分後、昼間何度も何度も確認したけどもう一度引き出しを確認したくなって確認したら、

あった!!!!!!

ちゃんと袋に入れて纏めて入ってた!

先生めちゃ凄い!!!!!

生きた心地がしなかった1日💦💦

もう感謝しかないです💦

先生本当にありがとうございました🙏🙏🙇‍♀️🙇‍♀️🤲🤲

 

名探偵コナンは先生でした💕

自分は毛利小五郎か?💦💦

先生には、「袋に入れてない?」とも確認されてたし💦

先生の類推洞察通り、居間にあったし!

<回答>

『「袋」に入ってる。布か?それか「紙袋」、とにかく探せ!』

と、何でそんなこと言ってんだろう?と思いながら・・・確かに言ってたわ、せんせー。。。

いや、見つかったのは知ってたけど「袋に入ってた」って状況は今ここ読んで知ってプチ驚いてる。。。

 

もう二度と「クチゴタエ」す・ん・な・よ💖せんせーを崇めよ。。。爆

そうそう、「居間の動画をすぐ送れ!」と言って180度の画像を送らせたんだよ笑笑。

で、遠隔しながら何度も動画を再生して、絶対にある。で、色々とアドバイスしてたんだよなぁ爆。で「ありましたぁ💖💖💖💖💖💖」のLINEが飛び込んできた(笑)。

 

で、呼吸困難な小2女児も電話口で「もう全然大丈夫~!」っていってるし、お母さんも独り言のように「え?え・・・?凄、ナニ?呼吸してもゼイゼイが聞こえない?アンタ、ちょっと吸ってごらん?吐いて~!ええ?ホント?え?あ、やっぱ聞こえない!」

(って、おいおい。。。それで朝から緊急遠隔泣きついたんだろう???なぜに驚く?もっとエグイのいろいろ助けてるじゃん???)

まぁ、お母さんには「春で空気が汚れてるから、注意して様子見ておかしいと思ったらちょっと続けないとダメだよ。」とアドバイスはしておいた。まぁ、「せんせーとお話したぁ~い」で、一週間に何度も・・・しかもなぜか・・・風呂上りノーパン状態を狙ってるのか?というようなタイミングで電話が来る「年長組さんと二年生」。。。特に年長組さんはもうせんせーと話すのが大好きで仕方ないって感じ💖せんせーって昔からこういう「若い子」たちになぜか好かれるんだよ。。。

(もうちょっとお姉さんになっても好きでいてくれるのかなぁ。。。)

 

明日、警察に電話して謝罪します🙏🙇‍♀️

 

先生にも感謝感謝🙇‍♀️🙏です。

<回答>

もう一人「大切な人」を忘れてるぞ!

ハニーが「無実の罪」を着せた「架空の泥棒さん」にも謝れッ!

 

せんせーにはもう返しきれない恩を頂きっぱなしです🙏

<回答>

言ったな。言ったよな?絶対に忘れるなよ。。。

 

で、一夜明け

本当にお騒がせな奴だったと猛省しております💦

 

早速、貴重品はちょいと小細工して場所を変更し、子供達に確認してもらいました💦💦

 

そして、警察にも朝一で謝罪のTELしました🙇‍♀️🙏

優しい警察官さんで「見つかって良かったですね^ ^」って💦

「いやいや本当にお騒がせして申し訳ございませんでした💦」と謝罪しました。

<回答>

うんうん。こういう対応では「二重に」イヤな想いをする事も多い。いい警官さんに当たって良かったよ!

そして、罪をなすりつけようとした架空の泥棒さんにも謝りました🙇‍♀️🙏😅

<回答>

一同、合掌🙏

 

こう言う人騒がせなお年寄り居ますよね💦

お年寄りにはまだ数十年はあるから、もう少し脳トレ頑張らないと💦💦

<回答>

「数十年」・・・。いくつだ、ハニー???

 

昨日は、いっそパスポートを失くした記憶すら忘れてしまわないと、ずっと気にしながら残りの一生を過ごすのもしんどいわあ💦と訳分からない事も考えテンパリながらも、・・・

<回答>

凄く追い詰められて、逃避的合理化、いわゆる「そうだ!いっそ無かったことにしてしまおう作戦」に走りそうになったんだなぁ。

 

先生に流して頂き、心の底では安心感をずっと感じて居られました💕

ああ言う時って、自分のエネルギー乱れまくってて見つかるものも見つからなくなりますもんね💦

<回答>

4ヶ月前に・・・2年ぶりに・・・

      いろいろあったけど

     「再入会」してて、、、ホントによかったなぁ???

 

って、全然関係ないかッ?

 

「再入会」なんかしてなかったとしてもハニーなら速攻で泣きついて間違いなくせんせーに助けてもらってるか!!!

 

比叡山から帰宅されるなりLINEくださり、

「今遠隔してるから探してみ!今なら見つかるで〜!居間に絶対あるから動画撮って送ってみ!」って言われ、

「ここは?ここは?」と確認されると1人で探していた時よりも断然冷静に確認出来る自分が居ました。

<回答>

まぁ、そういう「小間使いの為のせんせー」でもある。

「せんせーの取説」的には合格だ。

 

で、いつも通り「電話口の患者さん」「メンバーズ」それに今回は「迷えるハニー」に送りながらの捜索活動。。。

「電話口の患者さん」もいつも通り。「迷えるハニー」のレスキューも完了。

なら、間違いなく友人帳越しに「メンバーズ」にも流れてるよ。

 

そして、何度も何度も見た引き出しを、もう一度確認したくなったあの不思議な感覚!!!!

素晴らしく感動と感謝です💕

 

RENの仲間が比叡山でREN[西国巡礼が結願するお参りからのエネルギーも頂き感謝です。

 

先生に「お前はリスか?」と言うギャグを言われても意味すら分からず💦

 

「ギャグの説明」をしてもらっても、笑いたいけど笑えないくらいテンパりながらも💦心和みました🙏

<回答>

せんせーのギャグ🐿で笑ってる場合じゃなかったもんなぁ。。。

 

先生って本当に凄い💕です。

いつも教えて頂いている、「場の結び方」「最高のギフト」の精神を今回も教えて頂きました。

 

今回頂いた「ギフト」や「場の結び方」は患者様との寄り添い方💕にも繋がり、

それは、施術中だけの事ではなく日常の在り方で実践しないとです🙏🙇‍♀️💕

「REN空術は施術法じゃない」

「REN空術は所作じゃない」

「REN空術は生き方そのもの」

 

改めて、感謝の気持ちで会員ブログの赤ペン先生を読み返し、敢えて日々の「所作」から整えたいと思いました😊❤️

 

先生

本当にありがとうございました🙏🙇‍♀️❤️

<回答>

うんうん、引き続き励みなさい。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

千葉県我孫子の

渡部純子先生

 「自然療法院 ハーモニー」

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

 

千葉県我孫子市

ココロとカラタの温活整体院

自然療法院ハーモニー

 

#REN空術

#我孫子市

#柏市

#取手市

#肩凝り

#腰痛

#不定愁訴

#妊活

#黄土よもぎ蒸し

<回答>

こういうのがよくわからないんだけど、何かの「おなじない」か?これは?

オッコさんお名前出してもらえてありがとうございます❗
みんなでバーベキューした日が懐かしいです

<回答>
バーベキュー!やった!やった!オッコがバカほど「最高級焼肉」買って来てくれてた。めっちゃくちゃ豪華なバーベキュー爆笑。

連れて行ったウチのなーちゃんもまだ保育園だった。。。


北陸もやっぱり熱いですねー😁

<回答>
北陸は最近REN的には「常夏」というより「熱帯」だね。。。

(なんでこんなに北陸ばっか?)という感じだ。

兵庫県は神戸市で施術させていただいてるお久しぶりのjazzyです
なかなかこちらには出れずですがなんとかやっております😅

<回答>
ジャッジは仕事も家事もこなすイクメンパパだからなぁ。。。

で、私たちとは違ってまっとうな会社員だからね。

でも、週末だけ受けられる施術に魅せられて研修希望者まで何人か抱えてる。。。まぁ、そういう施術をしてる「週末施術家さん」だよね。

細々と施術をさせていただいており
先日常連様の妹さんをご紹介下さりついでに常連様も施術の対面2施術を行いました。

<回答>
素晴らしい。。。(でも、いつ休むんだ?)

(あ。施術できる時間が憩いのひと時であり、至福の時間?)

妹さんは40代女性で数年来の重度の耳鳴りで二度手術をされてるとのこと。


その耳鳴りが少しでも改善されればと藁をもすがる思いで色々な施術を受けられている施術ジプシーの方です。

<回答>
なるほど。。。それなら「耳鳴り」・・・は、冷たい言い方をするけど、今回は置いておきなさい。。。。。。。

 

で、それ以外に「今回やるべき事!!」を行いなさい。

ソッチが出来るかどうかだよ?

 

そこがこの方の初回施術の生命線だ。


そんな妹さんにお姉さんはどのような施術か説明をされておらずとにかく受けてみてと勧めて下さったそうです。

<回答>

笑笑・・・まぁ、おねぇさんのほうも「説明不明」だったんだよ(笑)。
で、「うだうだいうより受けて見なさいッ!」
という感じかな?

いつもジャッジがそのおねぇさんに「いいREN空術」を続けてる証拠だよ。

ウチも紹介でしか新患さんは来ないけど・・・みんなそう言われてやってくる。。。

『「とにかく受けて来い!」と言われました。』

ソレって術者は結構困るんだよね・・・。

 

今日も新患さん、「とにかく行ってこい、と言われました。」

三月末から苦しんでたギックリ腰。

対面なのに指一本触れずに診終えたら・・・驚きと喜びの入り混じったなんとも名状しがたい素敵な表情をされてたよ。


色々お話させてもらい施術中何かお話したいことがあれば遠慮なくおっしゃってもらって大丈夫ですよ、と説明し今一番楽な姿勢が座っている状態とのことで座り施術開始。

<回答>

REN空術。患者さんの姿勢は問わないからね。

座位でのスタートは、初回ならとても妥当な選択だと思うよ。

そう言えば・・・今日の新患さんもずっと座位だったわ。。。


耳鳴り以外に気になるところが無いか動診

<回答>

そうだよ。むしろ、さっきも言ったけどこの初回は「耳鳴り」は触らない。冷たく聞こえるかもしれないけど問診を聞けば触るべきではない。それ「以外」を念入りに対応しなさい。

でなければ・・・いくら「お姉さんの紹介」だとしても「続かない」のは明白だよ?


首を後ろに倒すと右首の後ろに嫌な痛みがあり
まずどのような施術なのかをわかってもらうため右肺に定触からL1ストレス消去
<回答>

いきなり初めての患者さんにこの瞬間非接触の選択・・・「いぶし銀」の筋だなぁ。。。

で、これでいい。丹力込めて、いきなりの情報修正で。


首の動診すると痛くないと何度も首を後ろに😅

<回答>

爆笑。

やっぱりちゃんと決めて来るんだ。最近、こういう場所ではとんと姿を見ないジャッジだけど、ちゃんと陰で鍛錬は続けてたね。


あまり無理しないように言いましたが😅
100%あった痛みが5%とのこと😅

<回答>
パチパチパチッ👏


こちらがビックリしすぎて思わずごごごごパー?!って言ってしまいました😅

<回答>
ふふふ。。。初回の患者さんの前で「おどけて見せてるジャッジ」。なんか目に浮かぶ。。。

 

この痛みも長いこと悩まされてたようで枕を変えたり色々と試されていたようでした。

<回答>

それをファーストの「L1(数十秒?いや十数秒?)」で改善したなら、この妹さんはとても驚いているはずだよ。

 

耳鳴りの状況は変わらず。

<回答>

むしろ変えようとしないほうがいい。

この初回は「それ以外」を。


胃、丹田、だん中、眉間を流し心肺捻転から心肺生命律動の調整
耳鳴りの確認を行うも変化なし。

<回答>
いい選択をしてる。耳鳴りを「狙ってる!」のは分かるけど、初回としては幅のある選択でゆっくり反応を見ていくという感じかな?


耳鳴りの状況は朝が一番マシで夜になるにつれてひどくなるとのこと。

<回答>
あ?なら、次回があるなら「休息」をテーマに施術を組み立てればいい。


冬~春のトライアングル
頭を含める上半身に太極図を貼りL231
肩首のセブンから確認するも状況変わらず。


お顔を見ると少し右目が開いたように見えたので若干すっきりはされたようでお顔が晴れたように見えました。

<回答>
うんうん、耳や目、鼻などの感覚器の時には頭の感じも覚えておいてもらって、施術途中に頭の重だるさなどの感じもチェックしていくと「場」が築きやすいよ。
とにかく今回は患者さんに「主訴以外」での改善をどれほど感じてもらえるか?だよ。


一旦別の動診もしようと立座りをしてもらいました。

<回答>
そういう目線の転換はとても大切だ。

するとめちゃくちゃ立つのが楽とのこと。

<回答>
な、ちゃんと効果は出てる。耳鳴りに届いてなくてもちゃんと効果は入ってる。で、それを当の患者さんが実感することが今後の追い風になるよ。初回の要点はそこだね。


最後に肝を臓器捻転~腎の臓器捻転で状況確認すると頭がぞわぞわして感じが変わったけど耳鳴りは変わらずでした。

<回答>
ナニかは届いた。

今回はこれにて終了とさせてもらいました。

<回答>

追い込み過ぎてはダメだからね。とてもいい選択だと思うよ。


もし帰ってから何か変化があれば(良くも悪くも)連絡をしてもらうようにお伝えしました。

<回答>
アフターケアも万全だ。

翌日の朝ご連絡があり頭痛があり薬を飲んで楽になったとのこと。
痛みが悪化するようでしたらまたご連絡をとお話ししましたが連絡はありません。


いつもなら主訴の変化が無いことに焦りがあったりしましたが治せない前提で進めていたため終わることができました。

<回答>

ちゃんと「治すなの原理」を守れるようになってきてる。


で、主訴以外を診たことがよかったんだよ。こういう組み立てはいろいろと応用できる。
とにかくどんな症状でも「一回で」はNGだと教えてるもんね。大切なのは「時間をつなぐ感覚」。時間がつながるから未来において改善する可能性も高くなる。
「一発屋の施術」はREN空術では禁忌だよ。
またこの妹さんもファンになってもらえるといいね。

長文お付き合いありがとうございました🙇

<回答>
でも「リポート」は「一発屋」でいいからまた出て来てね。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

 

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

お久しぶりの臨床です(^ω^)

40代 女性

人間関係のストレスが溜まり溜まっている状態。
仕事、家事、育児の疲労もあり。
身体症状は、腰痛と両肩の痛み、張りです。

まずは臓器全身捻転から。リピーターさんなので、受ける側も慣れた感じですぴかぴか
<回答>

去年の夏?秋?の入会後、まだ一回も現実には会ったことのないまだ見ぬユッキー先生。

つまりオンライン研究会でのパソコン画面上だけの認識。

 

もうリピーターさんがついてるの?

 


大腸から小腸、膀胱、生殖器、腎臓、胃といつも通りに揺すっていきます。

<回答>

なんか手慣れたもんだね・・・?

対面研究会で手取り足取りの直接指導はまだ受けてないのに。。。

 

まぁ、長岡の山内先生から受けた研修が素晴らしかったんだよね。

 

それに物怖じしない性格もいい方向に影響してると思ってる。積極的に周りに声をかけて施術を体験してもらってるみたいだしね。


胃の所で少し揺れに違和感を感じましたが、直ぐにいつもの揺れに。

<回答>

え?なんでこの段階でそんなことまで分かってしまうんだ???

ユッキーって筋のいい資質を持っている?

 

というか、いつも真剣に施術をしてる成果かな?

とにかく成長が「早い」。。。


心臓と肺へ。



揺れない…。
全く揺れない…。

<回答>

おいおい。。。心臓と肺の感覚って。。。

消化器と違って認識は難しいぞ。。。あ?

常連さんということで「比較」が出来るのか!

と、してもよく鍛錬してるよ。

 

常連さんと言えども流される施術をしているなら決して気づかない感覚だよ。

私「ねぇねぇ、最近心臓が痛くなったり息苦しくなったりしない?」
と、質問する。

<回答>

ユッキー先生って、そんな感じで話してくるよなぁ(笑)。

彼女「えっ?!なんでわかった??最近動悸がするんだよね。」

あー、やはりか。と思いました。

<回答>

素直に・・・凄いわ。爆

うっかり(生意気なヤツめ!)って思ってしまった。。。

 

でも、ユッキー先生の真剣さが分かって喜んでるよ。

リポートもしばらくぶりで、どうしてるのかなってちょっと心配してたしな。

そこで、春だし、子供たちの卒業、入学、進級でお母さんは大忙しの時期だから春の疲れ?はたまた、冬の雪かき地獄?と思い、冬と春の疲れを抜く。

<回答>

この前の研究会で聞いた「季節対応」だな。

って、これがやれるのか?半年ほどでまだ技術群は全然足らんハズだぞ?

まぁ、オンラインでデモでの変化は見てるから・・・「やれる」というなら「やれる条件」は満たしてるけど・・・。。。

んー。
揺れない…。

夏?
もしや夏なの?

と思い、夏の疲れを抜く。が、やはり揺れない。

<回答>

ちょっと待て。この展開って。。。

でも心臓だしなぁ…
で、心肺生命律動調整

<回答>

おいおい💦

うん。少し揺れるようになったぴかぴか

<回答>

Cで「陰陽五行」の基礎と応用はうけてるんだったっけ?

この季節の判断の仕方はそれを受けてるよね?でないと発想しないはず。

でも、実際の自分の施術でコレをつなげる余裕は、、、この段階で普通はないけどね。。。

 

まぁ、ユッキーらしいと言えばユッキーらしい。。。


陰の定触と思いながら3呼吸。私の任督脈を巡らせてからギフト。

揺れましたぴかぴか綺麗に(^ω^)

<回答>

「陰の定触」?「任督脈を回す呼吸(つまりS)」?

基本からかなり段階の高い応用まで・・・習ったテキスト内容を一気に詰め込んでるな💦

で、心肺の状態を変えてきた(笑)。

次は椅子施術。

肩という事で、頚椎1から胸椎12までをブロック。腰椎1から尾椎4までをブロック。そのふたつをブロック

<回答>

おもしろいなぁ(笑)。

 

ブロックまで組めるんだ。。。本番で使うには勇気がいる情報修正の技術だよ。

つまり、技術に信頼がなければ怖くて使えない。いわゆるガチガチの一般常識からしたら「ろくでもない発想」だ。

 

「まずは術者がそれを受け入れることだよ。」と、教えてるところまでは、平気で受け入れてるんだよな。

ユッキーがいかにREN空術が好きなのかが分かるよ。

得意の頚椎7、両肩関節、両股関節と尾仙関節で亀甲ループを指示してスクリーンで肩の痛みと腰痛に関する痛みの原因を順番に切っていく。

<回答>

何で今の時点で「ループが得意」なんて言えるんだろう?

爆笑。

まずはとにかく一度「会ってから」にしてもらいたい・・・と、あきれて喜んでる。


①臓器に関わるもの

ほぼ変わらず。

②筋骨格系に関わるもの

少し和らぐ。

③ストレスに関わるもの

ここで、腰痛が左大腿側面に流れるのが分かって、そこが痛む。

<回答>

何で分かるんだ、そんなこと?

まぁ、ストレスをここからどう対応していくかだけど?

左手首から定触で、私の中で練った気を彼女の左手首から左足先へと、彼女の身体を黒く見ながらクリアな気を通して押し出すイメージ。

左大腿の痛みがまたすーっと流れるのがわかったらしく、それが足先で停滞していると。

<回答>

あ?

分かる、というのは患者さんのほうね。つまり、患者さんの感想。それなら分かる(笑)。

もう一度
同じ定触で抜けて痛みが無くなる。

<回答>

うんうん。手慣れてるね。

次は肩の痛みにかかります☆
ブロックを組んだ頚椎から胸椎に歪みを出します。L2で切る。変わらず。

五行太極図で彼女にとって一番いい太極図を描いて入れる。少ーし軽くなる。

気球封印法で、痛みを集めて燃やして戻す。
余り変わらず。

んー。なんだろ?


と、ここで。昔飼っていた猫ちゃんが、最期辛い亡くなり方をしていた話を思い出し…

<回答>

いいところをいいタイミングで気づいたよ。

その時の彼女のつらさ、悲しさ、不安、彼女のご両親のその思いを硬膜からL2で切る。
かなり軽くなる。え?なに?となっている。

<回答>

ここはさっきの<回答>で「ここからどうストレスに対応するかだな?」と予測した通りだ。

で、「基本のストレス消去」を飛び越して・・・ここでは「三膜調整」でストレス消去を試みた訳だ。患者さんの驚き方から見ても、いかに効いたかは類推にかたくない。

でも、ここで「三膜調整のストレス消去」を選択して来るとは・・・ただの「ビギナーREN空術師」ではないな、ユッキー先生は。

さらに、その時の猫ちゃんが感じた痛みや恐怖、不安や家族が心配して自分(猫ちゃん)を見ている悲しさを当時の猫ちゃんを思いながらL2で切る。

すると、痛みが無くなる。

<回答>

こういう発想。まさにREN空術を活かす「場」をちゃんと学んでる。

オンライン研究会でちゃんと学んでるよ。

そこで、上に書いたことを説明すると、猫ちゃんを引っ張ってしまったのか…と複雑な表情。
引っ張ってしまったのではなく、REN空術では時間軸がないことを説明し、ここは私の解釈だけども当時のその時の猫ちゃんの心が、今の彼女に乗っているのではないかと思ったことを伝える。

<回答>

そうなんだよ。ストレスを浄化するためにストレスが生まれる可能性は術者はよく理解しておく必要がある。

場合によってはすべての説明を控えることも大切なんだよ。そういうのも愛情なんだよ(笑)。

でも、ユッキーはとてもよく理解をし始めてるし、間違いなくパフォーマンスのレベルを上げて来てるよ。

新たな家族として、また猫ちゃんを迎えようとしている彼女たちが辛く悲しい思いを二度としないで済むように、期待やワクワクよりも、当時の辛さが少し大きかったのかもしれないと私の解釈をお伝えして、終了しました。

<回答>

そうだね。繊細な部分だからな。

こういう経験から「やるべき事」と「やるべきでない事」の峻別や「話すべき事」と「話すべきではない事」の峻別が出来るようになってくるよ。

 

とにかくこの技術に出会ってまだ半年だもんね。すべての現象に高揚して臨めばいいよ。



ここからは違うレポートですが、家のネコさんの下痢がまた続いていたので、消化器系をL2、L3で切り定触

翌日には元のいいうんちうんちぴかぴか

ネコにもバッチリ入ってます(^ω^)

長くなりましたが、久しぶりのレポートでしたぴかぴか

<回答>

最後はユッキーらしい「〆」だなぁ。

 

で、この人は常連さんなんだよね。

これからもどんどん多くの人をみていけばいい。人を変え施術を変える中で当然結果も揺れる。

でも、そういう経験を積み重ねる中で、結果が安定して来るよ。

 

誰に対してもこの常連さんのような対応が出来るようになってくる。

 

秋には対面で会えるといいね👍

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

新潟県上越市の

坂西由記先生

「ヒーリングサロン 自然療法院 そらいろ」

 

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

先生、お疲れさまです。

先日は第3ブログにリポートアップしてくださりありがとうございました。
<赤ペン回答>めっちゃ嬉しかったです。

<回答>

第五百十六話ね。

久しぶりの<回答>ゲットだったもんね。

<回答>を喜ぶメンバーは、伸びるメンバーだよ(笑)。



まだ4ヶ月半ですが、RENに戻ってきて本当に良かったって心から思ってます!

<回答>

そう思ってもらえてるなら何よりだよ。

で、「出戻りハニー」とふたりで、新年から随分と盛り上げてくれてるのにも感謝してる。


会と離れてる5年間ひとりでやっていて、ある時期から頭打ちにあってました。

<回答>

復帰後何度かこのフレーズを聞いたけど、なかなか言えない素直な感想だと思う。

で、「戻ってくる」という行動は想像以上の決意と丹力がいるからなぁ。。。「目的意識」が薄弱だと絶対に出来ない選択だしね。

 

単純に凄いことだと思うよ?


あれこれ自分で考えていろいろできることは全部やってはみてたけど、
「もう少し患者さんたちに対して何かできることはないか?」
「どうしたら今以上に患者さんたちに喜んでもらえて幸せになってもらえるか?」
いろいろ考えても、何をやればいいのか、だんだんわからなくなっていました。

<回答>

誠実すぎるが故の悶絶だよね。。。

オッコ先生も、ウチのメンバーに多いタイプだよ(笑)。

自分が変われない、成長できないから患者さんたちに提供できることにも限界が来た。


それに気がついてから、ひとり悶々としてました。

<回答>

365日、無休。

ホームページも看板もない院で、毎日一体何施術をこなしてるんだ?というぐらいに患者さんからの信頼の厚いオッコ先生が?

限界を感じて悶々としてた?

 

つまり、その充実の日常においてさえも「不満」を感じて「求めた」わけだね?

会に戻る前、5年ぶりにここのブログを見ても浦島太郎状態。

<回答>

そんな話もしてたなぁ。

 

あ?思い出した。。。

復帰する話を聞く前に「遠隔施術」の依頼をしてきたんだよな?

いきなりの電話で驚いたよ。

 

それで週イチの遠隔を強引に(?)ねじ込んできて、何度か受けてから復会の希望を聞いたんだよな?

まぁ、去るも戻るもお構いなしだから「別にいいよ?」で再入会に。で、同じようにハニー先生も再入会。まぁ、全くの偶然だけど不思議な流れだよ。


まったくわからない技術群と先生の<赤ペン回答>に・・・「??」
5年の間にどれだけ進化してる?先生ってずっと変わらず、いやそれ以上に凄くなってない?
って思いながら読ませていただいてました。

<回答>

ここの「リポート」とそれに対する<回答>を読んでそんな風に感動する感性があるから「戻る選択」にも躊躇がなかったんだよな。。。むしろ「戻りたい」という「衝動」のまま突き進めた。

 

で、ココにずっといるメンバーはそういうRENの「進化」に気づいてもいない・・・と、どこかで痛烈に指摘されてたよな爆笑。


で、<赤ペン回答>読み進めてるうちにやたらと泣けてきてました(笑)。

<回答>

くどいけど・・・この感性の持ち主だから、「戻る」決断が出来たんだよ。

オッコと「同じクダリ」を読んで、同じように「泣ける人」は、・・・たぶん・・・居ない。

会に戻ってからは、ここ第3ブログだけじゃなく、年十数回ある研究会やら夏合宿。。。

<回答>

オンライン研究会になって随分と統合されたから楽だぞ。それでも10回はあるのかな?

昔は週末土日6連続地方研究会、飛び石7連続なんてのもよくあったから、ほぼほぼ月の土日は無かった・・・まぁ、怠惰になったものだ。。。


呼吸法鍛錬会、コロナになってからは、オンライン研究会、オンライン呼吸法鍛錬会への移行
会員専用ブログによる徹底された赤ペン指導、先生からのギフトフリーWi-Fi遠隔施術

<回答>

ん?確かに・・・。。。そんなふうに言われたら?凄い?そのせんせー。。。(いや、ちょっと頭が弱いだけなのかも?)

でも、メンバーは学ぶ気持ちがあるなら毎日いくらでも(?)学べる?


その他、先生がされている行の数々・・・
全方位から施術力向上、より優れたREN空術師育成を目指す徹底されたサポートシステム。

<回答>

まぁ、嫌がられてないといいんだけどな。。。💦

 

メンバーから「ナニを求められてるのか?」が分かるから、・・・言われてみれば・・・せんでもええようなサポートはかなり徹底してるね。。。



これらの事実を知り唖然、同時にこれらの行?を
日常的に長年にわたりREN空術師先輩諸氏が実践され続けて来ておられるのだと知り、
出遅れた感と焦りを感じました。

<回答>

え?先輩諸氏が?

いや、色々と「示して」はいるけど、、、強制なんてしないから・・・仕方なく下働きの行(?)をしてるのはもっぱらせんせーだ。。。諸氏らがやってるのかどうかは甚だ眉唾だ・・・爆。

ただ先輩諸氏が伸びて来てるのは実感してるよ。

 

ここ「第3ブログ」のリポートのトーンが少し前から変わってきてるのには驚いてるよ。

せんせーもメンバーも無駄な数年を費やしてはいない証明だと思ってるよ。


これからは、3倍速くらいな気持ちで行動していかねば!って思ってます(笑)。

<回答>

なんか分かる。

その表れが「第五百十六話」からのリポートの再開だよね?

REN空術師として、ひとりでも多くの方の支えとなり希望となれるようこれから、より一層頑張っていきたいと思います。

ご指導よろしくお願いいたします!!!

先生。
また施術のリポートもメールしますので、よろしくお願いします(笑)。

おやすみなさーい。  山陰オッコ。

<回答>

再入会からの本格的再始動。今後の活躍を楽しみにしてるよ。

 

次の「施術リポート」もとても楽しみにしてる。

 

 

 

こんにちは久しぶりに書きます。よろしくお願いします表情にこにこ

※10代 娘
スポーツをしていて、膝から着地、強打して歩くだけで痛い状態。

<回答>

新体操の練習中の話だよね。

柔軟性もスピードもバランスもいる大変な競技だもんね。

一日目打った当日の夜…


内踝外踝かから定触
股関節捻転
再生L3.1
広げて流して調和してL231
炎症に対してL2
仙椎に感じているストレスを8方位にのせて調和
腎定触

衝撃にたいして等のストレス解消
ふくらはぎからの調整法
患部への定触


椅子で10分程。テレビをみてる間に施術。

痛みはかわりなし。

<回答>

忙しい中でちゃんと見ただけでも偉いよ💮

で、やったばかりだからこれから炎症もひどくなる・・・というようなタイミングだね。

でも、早めに対応してるからいい方向に向かうと思うよ。

 

捻挫や打撲、それにギックリ腰や寝違いなんかも早ければ早いほど経過はいいからね。

二日目朝…
見た感じでは打った範囲が広がっている。
でも、痛みは打ったところを押したら痛いくらい。
一日目の夜と同じ様に施術。
朝なのでそんなに時間がなく、簡単に。

<回答>

炎症の範囲・・・つまり青あざは場合によってはびっくりするぐらい広がって濃くなるよ。

 

で、自分の出勤前、登校前の忙しい時間にもよく頑張って診たね。。。感心・感心💮

二日目の夜…
また見た感じか広がっている。

<回答>

そうそう。


内踝外踝から定触
股関節捻転
再生L3.1
広げて流して調和してL231
炎症に対してL2
仙椎に感じているストレスを8方位にのせて調和
腎定触

衝撃にたいして等のストレス解消

患部定触
筋膜の調整。筋内膜、筋周膜、筋外膜の癒着、萎縮にL1
打った衝撃で歪みあるのなら1.2.3膜を調和。
膝を打った衝撃での歪みあるのなら椎の調整。
骨盤調整L1

など。
10分くらいで、施術。

<回答>

いつも思うんだけどえみちゃん先生の施術はテキストに忠実で、テキストの技術群に忠実だよ。

で、本人は気づいてないかもだけど・・・技術の選択がかなり上手い。。。

子供に対してもちゃんと「患者さん対応のREN空術」を手抜きなく展開してる。まぁ、これだけやって10分だけどね(笑)。さすがに忙しい隙間時間での施術だから、「動診と調整」まで入れて40分とはいかないもんね。

三日目の朝…
痛みは押したら痛いけど、大丈夫とのこと。
また二日目の夜と同じように、施術。

三日目夜…
練習日で練習後、見た目はまだ痛々しいですが足の状態を確認したら、普通にできたとのことでした。

<回答>

うんうん。LINEでもらった最初のほうの青あざと遜色のないような「青あざ」がしっかり残っていたけど、普通に練習が出来たなら治癒は順調に進んでるよ。

すぐに診てよかったなぁ🌈

 

やった時は、「歩くのもままならない状態」だったんだからね。。。

診てなかったらまだ足を引きずっていたよ。

スポーツしてる人なら分かるけど、このタイミングで「ケガをした運動」の練習なんてできないよ。

お母さんとしては面目躍如だね。

どこまで治るのか娘なので実験だと思い施術しました表情うっしし
思ったより、早く回復したのかな?と思います表情にこにこ

よろしくお願い致します。

<回答>

きっと「やっちゃった」娘ちゃんが一番はっきりとその効果を「実感」してるよ。

 

今回は急性の症状にも試せてよかったね。

で、もう少し青あざが落ち着くまでは続けてあげなさい。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

富山射水市の

萩野恵美先生

女性専門院

「無痛整体 恵み庵」まで

 

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

昨日は午後から年に一度のゆずれない「美容院の譬え」の日だった。

<回答>

「VersionX」だね。で、いきなりパロってみた?(笑)。


梅雨までに縮毛矯正をしておかないと、とんでもないわがままヘアになっちゃって
それが毎日の憂鬱につながるから仕方なく行ってる感。
ここ4年間は年1回ペースで同じところに通ってる。
<回答>

なるほど、みんな「闇」では大変だ。。。


ここの美容師さん、人当たりがとてもいい。
毎年美容師さんのいろんな話を聞いてきてたんだけど、
美容院とか行くと眠くなっちゃう私は昨日も寝たり話を聞いたりを繰り返してた。

1時間半くらいしたとこで美容師さんが
「オンコさん聞いてもらっていい?私最近家に帰りたくなくて車中泊する日が多いに。旦那とも居たくないし、実家にも行きたくないし、ここにも泊まりたくない」とのこと。


「え?いけんが・・・それいつから?」
<回答>

せんせーの家庭環境も似たような感じだから気持ちはよく分かるけど・・・。


2月くらいから車中泊を繰り返しているとのこと。
話を聞いてるとご家族さんが去年の秋から入院されて
その行き来やら、美容院の仕事、夜遅くに帰ってからの家事に追われてたとのこと。

<回答>

美容師さんは大変な仕事だもんなぁ。その上に・・・だから、とても大変だよ。

この方自身が若い頃長年にわたる闘病生活をしておられたらしく、
その後もまた体調をくずされたこともあったとのこと。
それからいろんな健康法や、整体や通ってて、もういつ死んでも後悔無いように
思う存分いろんな習い事や、やりたいことをやっているとのこと。

<回答>

「悔いが残らないように」・・・?

そうやって毎日を生きるような病気なんだね。。。だとしたら、まずはご本人のストレスが大変だ。

だから2年目から年に1度だけ会った時の彼女からの挨拶は笑いながら「今年も生きれてたわぁ」
私も「お互い生きて会えたなぁ」って返してた。

<回答>

強い人だ。

なんとなく今回だけはほっておけなくて、ちょっとみてみるわの初施術?
ナイロンのポンチョつけたまま、アイロンで縮毛矯正されながら、30分ほど話をしながら
できることは全部やってみた。

<回答>

その場に居ながらの「遠隔施術」ね。

美容院でパーマ中でいわゆる拘束状態・・・でも、なんの問題もない。

途中、美容師さんが「熱い・・・ものすごい熱くなってきたけど?なんで?」と言いながら、上着を脱ぎだし半袖に。

<回答>

分かる。分かる。

遠隔でも対面でも汗をぬぐいだす人がいる。

オンラインのデモでもパソコン越しに暑がるよな。。。

 

遠隔の機序は、本当に不思議だ。

 

で、いつも言うことだけど、決して吹聴するべきではない・・・「ろくな人間」だとは思われない。。。

「求められたとき」か。今回のように術者が意を決したとき。・・・ぐらいかな。


「あ?腎臓から冷えとっててん。山陰はなぁ4月上旬くらいまで冬からの冷えが蓄積されるねんて。」

<回答>

うんうん。研究会でのアドバイスをちゃんとこういう時にも冷静に思い出して使ってる。

と言っても拘束状態のパーマのポンチョ越しだけどね。。。


「え?なんで?触ってないのになんで?」
「うん、触らないんだわ。触っても触らなくても関係ないんだわ」

<回答>

関係ないんだわ(笑)。

 

いい方だな、この人。


「凄すぎるだけど???え?なんで?」
ってことで、ここでまたいつもの如く、
「そうそう、うちの先生凄いねん!」から先生の話をしこたまする。

<回答>

まぁ、ご随意に(笑)。


「凄いなぁ!なにこれ?」を繰り返しながら、途中からテンションがあがり声が大きくなりはじめ笑いがとまらなくなってきた。話したくなったらなんでも喋ってていいでと言ってあった。

<回答>

体感を得た人はこういう感じだよね。

で、「みんながみんな」なんて都合のいい話には絶対にならないけどね。

 

しっかりと「場」が整ったら・・・むしろ、気持ち悪がられる。

途中から興奮気味に彼女が私のことをオンコさんからエイコちゃん、なぁエイコちゃん!と
呼ぶようになっていた。

<回答>

うんうん。


間違いなく「場」が深まった。

一気に懐に入って来てくれてる。


彼女がひとりで話をしながら自分で整理して納得しはじめるような感じになってきた。


「私なんであんなに旦那のこと嫌いになってたのかな・・・病気の私をわかってて嫁にもらってくれた旦那に感謝せんとなぁ、ちゃんと帰るわ」

って言った。

「そうそう、いろんな習い事やら仕事やらなんでも好きにさせてくれる優しい旦那さんなんてそうおらんで?いい旦那さんやん!ええなぁ」

<回答>

え?

ちょっと待て!


なに?この会話?

 

昨日(金曜日)の朝9時からの遠隔施術でせんせーが患者さんに施術時間40分のうちのほぼほぼ45分を使って話した話と酷似してるぞ???

 

「自分があれこれ好き勝手させてもらってたのに、なにもしてくれないって旦那に腹たててたわ」と彼女。
<回答>

爆笑。。。

 

まぁ、ウチの患者さんはこっちから「全部話して」「全部指摘して」最後は「わがまますぎるんだよ?」でギリギリ諭して気づかせたんだけどな。いや?「気づく」より「反発」のほうが大きかったかも💦

 

で、大切な患者さんだから責めてはいないんだよ。

「施術はクライアントの最大の利益を。」の精神で、「将来においてこの発想のほうが絶対にあなたは幸せになれる。」という話を懇々としたんだよ。心を込めて諭したんだよ。


話を終えた時には向こうもかなりギリギリで(ヤバい💦もしかして「場」を崩したか?)って思ったよ。

 

でも、遠隔施術が終わった後はニコニコしてた。いつものように感謝の気持ちを伝えてくれた。

「遠隔の体感」で真意を理解してもらえたんだよ。

 

ホントに施術は真剣勝負だよなぁ。。。

 

「家族さんの入院やら、仕事やら、家事やらいつも以上に頑張りすぎて自分のリズム崩して
疲れただけや。よく頑張ったやん。でもなぁ頑張りすぎて自分が思ってる以上にすり減ってたなぁ。
できるとこは全部みといたで~冷え取りから夫婦円満までの大大サービス入れといたで~~~」

<回答>

そうそう。そういうところも全部診ておいてあげなさい。

 

コッチはどっちにしたって「ポンチョ越し」のパーマ中だ(爆笑)。かまうもんか、愛情込めて術者が気づく世界は全部調整しておいてあげればいい。

 

いつも言うことだけど「効く?効かない?」を考えたら遠隔なんてやってられない。

効くか効かないかはお構いなしで・・・ただただ今の自分が出来る「最高のギフトを」。

 

で、そういう教えをしっかり守ってオッコ先生はとても上手にパフォーマンスを成立させる。

で、みてもらったからって縮毛矯正代金を5000円引きにしてもらっちゃいました(笑)。

<回答>

うんうん。素敵な循環だ。
そんなつもりは無かったのだけど、めっちゃ得した気分。
<回答>

いや、間違いなく先方さんは嬉しかったんだよ。

オッコの行った優しさをとても喜んだんだよ。


またしんどかったら連絡していい?って聞かれたけど
まぁ、来年までもつもつ!って言っておきました(笑)。

帰り際車に乗り込む私に「エイコちゃ~ん帰らないで~~~」って冗談っぽく彼女が言ったので
「あ!4年間黙ってたけど、私オンコやなくてオッコな。スタンプカードに4年間、オンコって書いてあるなぁって思ってたけど、本当はオッコな。どっちでもかまわんけど、ほなまた来年な」
って言って帰りました(笑)。

<回答>

笑笑。

 

たぶん。施術を受けに来るよ、この人。

今気がついた・・・・最近患者さんたちの懐き方が前よりも半端ない。
ある意味子供かい!駄々っ子かい!って思うような出し方を数名の患者さんたちから感じていたのだ。

<回答>

「なくてはならない人」になってるんだよ。


私がこの間先生に抱えていたことを聞いてもらった後からだ!


今また気がついてハッとした。ビックリした。

<回答>

せんせーもハッとしてビックリした。で、居るわ~。。。と、気づく。オッコ以外にも「駄々っ子」たち。。。💦

って、オッコ先生は駄々っ子ではない笑笑。数少ない理解者?信奉者?だよね?


まぁ、そういえばここ最近、メンバーさん、患者さん「それぞれの緊急」で毎日泣きつかれてるかも???

 

携帯がやけに点滅してる。。。

 

変なところでシンクロニシティが働いてる。。。?


美容師さんにも同じことが言えるような気がしてきた。
<回答>

ホントだなぁ。。。「場」の効用は不思議だ。


それを「知ってる一生」と「知らない一生」では「一生」がまったく「違うもの」になる。

で、「どれほど知ってるのか?」でも変わってくる。知った本人がびっくりするほどの「自由度」を手にする。。。つまり、・・・まぁ、例えば、美容室でポンチョ着てアイロンかけられながら、術者は自分の自由度を実感する。


だからかな?

学ぶ必要性をそこに見いだせる人は「学ぶ」という選択を迷わない。

 

で、せんせーは「誘い」もしなければ、告知もしない。メンバーにさえ「求め」ていないなら赤ペンも書かない。
そこをプロモーションするぐらいなら、これまで通りひとりで道を急ぐほうを選ぶ。

 

先生と自分の関係性。
そのまんまが患者さんと私の関係性の写し鏡だとまた確信した。

<回答>

なら、たぶん。どっちに向かっても「いい関係」が結べてるのかも?

『(メンバーがせんせーから)引き出した「赤ペン」の半分はわからないよ。
で、みんなが分からない「赤ペンの信念」でせんせーのREN空術は切れまくる。。。』

今まで以上に赤ペンさま読み込んで、「先生の信念」知りたい!

<回答>

まぁ、「赤ペン」はここの<回答>とはちょっと違ってある意味もっとヘヴィーだけどね。。。特に最近。。。💦

ひとりで喜んでるのはオッコぐらいだ。。。


ちょこっとでも身につけたいってまた思いました。
生涯学び続けれることが楽しくなってきたと同時に
どこを切りとっても先生って本当に凄いしか出てこないその凄さが・・・
凄すぎてちょっと引く・・・(笑)。

<回答>

で、「何も出来てない。」とそのせんせーはひとり焦ってる(笑)。

 

陽は傾いても残した道のりは遥かだ。。。



 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

 

先生いつもありがとうございます手お願い
 

1週間前に1回目の遠隔施術を受けてくださった方の2回目の施術リポートです。


60代女性。
前回は右腕が前に90°くらいまでしか上がらなかったのが施術後は斜め上45°まで上がるようになりました。

<回答>

前話「第五百十四話」では、そうだったよね?


今回も右腕を診ていくことにしました。
(ほかにも、円形脱毛、蓄膿、不眠があります)

<回答>

またこれからゆっくりと電話をつないで遠隔施術を続けていけばいいよ。


まずは右腕の動診をしてもらうと、なんと、前方向は真上まで上がりますと言われました!!
この1週間で徐々に上がるようになったそうです。

<回答>

え?

 

何も不思議がることはない?

いつも話してることじゃん?

 

「施術は施術後が最高じゃないよ。時間をちゃんと場に取り込めるなら施術後に当然改善は進んでいく。」って。

「時間と結ぶ場」ね。

 

まぁ、物理の世界でも慣性の法則でおなじみだよね。


でも、右腕を上げる時の痛み(右肩の付け根の前側、後ろの脇の下、そこから背中への痛み)があるので、そこを診ていくことに。

<回答>

そうそう、前回の<回答>でも書いたと思うけど、その回ごとに「テーマ」を決めて臨んでいけばいいよ。


今回は遠隔施術前に「症状が治っても治らなくても関係なく、私が今練れる最高のギフトをしていきます。」と患者さんに宣言しました。

<回答>

うんうん。「ギフトの基本」もちゃんと押さえてる。

上手くいった初回の二回目は「偶数回のリスク」があって場が揺らぎやすいけど、落ち着いて丁寧に対応してる。


まずは丹田から順番に心肺、眉間、後頭骨、仙椎に9呼吸ずつ。
(スマホをずっと持ってるのが肩が辛いと言われたので、スマホはスピーカーにしてどこかそこに置いておいてもらい、施術を進めました。)

<回答>

問題ない。


一度動診。
痛みはまだあるけど、右腕の動きがスムーズになったそうです。(前に上げたり、肩を回したり)

<回答>

間違いなくファーストから効いてるよ。


次は美容法の後、私の好きな臓器だけで陰陽五行太極図

<回答>

美容法に特化した(?)「かぎろい」ね。

ミッキー先生、これ好きだよなぁ。教わった翌日からハマってたような(笑)。


もう一度動診。


少し腕を伸ばして、右腕を回せるようになりました。右腕の前側の痛みは引いたけど、脇の下と背骨の痛みがある。

<回答>

さっきも書いたけど、なにも問題ない。とてもスムーズに遠隔施術が入ってるよ。


次は前回やればよかったと反省した右肩甲骨の定触9呼吸。


これで腕が上がらなくなりました。

<回答>

まぁ、普通ならコレで「終わり」だけどね(笑)。


浮いたのかどうかよく分からなかったけど、上空何万Mで0.02
少し戻ったけど、右腕の付け根が痛い。


まだ浮いたんじゃなかったような気がして、今度は右肩関節の八方位椎の修正

<回答>

「情報修正」での筋骨格系の修正技術だね。


少し上がるようになってきたけど、やっぱり右腕の付け根が痛く、今度は肩がバンバンになってきたと。

<回答>

笑笑。。。

 

なんで「浮いてない」って判断しなおしたんだろう?

浮いてるよ。


そのバンバンの肩をloving


右腕の付け根の痛みは取れたけど、肩はバンバンのまま。

<回答>

ココだよなぁ・・・(笑)。

 

ここで苦戦するのはよく分かるけど・・・せっかくここまで持ってきたのに、、、もったいないなぁ(笑)。

せっかくの「肩バンバン」なのに。。。

 

受けてる遠隔でも研究会のデモでも何度も見てるような状況なのに。。。笑。


北海道の方なので、冬の寒さがまだあるのかなと思い、さっき作った冬のトライアングルを肩に連絡。


肩バンバンは変わらない。


両腎に9呼吸。
肩はバンバンのまま。

<回答>

ふふふ。

 

でも、とてもよく頑張ってるよ。

患者さん想いの誠実な施術を選択してる。

「浮きの対応」も大切だけど、

こういう「筋を追う」のもとても大切な鍛錬だよ。

 

で、自分でも最初に宣言してたじゃん?

「治ろうと治らまいと最高のギフトをします!」って。

ちゃんとそれが出来てるよ。


ん一、と私が考え込んでいると、患者さん「昔から猫背で、右の肺が縮んでる?感じなんです。」と。
右肺を正常な状態にすればいいのかなと右肺に6呼吸。

<回答>

ココもちょっと場に飲まれたかな?

なんで「つぶやき修正法」を選択しなかったの?

 

ここでは患者さんの「旬」を狙わないとね。

ちょっとテンバってるかな。


肩バンバンは変わらず。


ここで患者さん「子供の頃から姿勢悪くて、肩こりが酷くてお父さんに肩揉んでもらってました。」と。

<回答>

あ!来たッ!「セカンド・チャンス」だ!


あ、もうそんな子供の頃からある症状なら今日はここまでだなと、最新かぎろひ

<回答>

わぁ・・・「セカンド・チャンス」。。。潔くあきらめた(笑)。

 

うんうん、絶対にこの患者さんの無意識はミッキー先生を応援してたぞ💖

 


季節と臓器とストレスと免疫、全部乗せて。
最後にもう一度動診。
右腕は回せるし、なんと右の肩甲骨が前側に入っていたのに後ろにいった?正常な位置に戻りました!!
<回答>

お見事ッ!

 

見事に「五行太極」でバランスをとったね。

ハラハラワクワクしたけど、まとめの「かぎろい」で治めるとは大したものだ。

 

まぁ、つまりだ・・・「浮いてた」んだよ。。。爆

 

右腕の付け根の痛みは少し残しました。

<回答>

何の問題もない。


次回は子どもの頃からの肩こりを診ていこうと思います。

<回答>

次の遠隔施術の「テーマ」も決まってよかったよ。


それと興味深かったのが、患者さんの横でワンちゃんがスヤスヤ寝ていて、時々スマホを覗き込んでいたということ。

<回答>

笑笑。

 

お子さんの遠隔時なら、横で付き添いのお母さんが自発動するからなぁ。。。で、「アタシも肩こりが治って得しました。」って喜んでる。

ワンちゃんも一緒だね。きっとそう言ってる。


前回の遠隔施術の時も横でスヤスヤお休みだったそうです。
いつもはそんなことはないそうで、ワンちゃんもきっと何か感じているようですとおっしゃってました。

<回答>

その内、ミッキー先生お得意の「ペット遠隔」の依頼につながるかも。

 

いつも言うことだけど、「遠隔施術」なんて言うものは吹聴しない。絶対に「おかしな人」って思われる。でも、「求められる」ならいくらでも「最高のギフト」を。

 

先生、2回の施術で急性の症状はほぼなくなりましたが、長年の慢性症状がようやく出てきてくれました。
次回からはちょっと考えながらの施術になりそうです。
赤ペンよろしくお願いします手お願い

<回答>

遠隔施術ももう手慣れたもんだね。で、「偶数回のリスク」も軽くクリアしてる。

いつも「場」を注意深かく観察しながら、類推洞察を働かせる余裕をもって施術に臨めるならまだまだ施術が変わっていくよ。

 

次のリポートも楽しみにしています。

 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

富山射水市の

盛光美希子先生

りりぃふらわぁクリックまで

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。

 

先生いつもありがとうございます手お願い
久々施術リポートします❣️

60代女性
インスタから北海道の方からの遠隔施術依頼でした。
LINE通話を使い施術しました。

<回答>

コロナ禍が繰り返す中でどこの地方も大変な状況だけど、遠隔施術なら安心と言えば安心だもんね。

でも、「遠隔」で「施術」?

という怪しさは否めないけど、今回のように患者さんのほうからの依頼なら一度丁寧に診てあげればいいよね。

 


症状はたくさんあり、
1ヶ月前から右肩が痛くて、腕が上がらない。
円形脱毛。
蓄膿症。
不眠。 

横になると(寝ると)息がヒュ一ヒューいう。(喘息と言われたそうです)
これらの症状からストレスもかなりあると推測されます。

<回答>

お辛い状況だね。

何とかしてあげたいけど物事には「順番」があるから、これらを初めての遠隔で「全部診る」という訳にもいかないしね。

まずはゆっくりとお話も聞きながら動診も交えて丁寧なギフトを心がければいいよ。


今日は右腕を診ていくことにしました。

<回答>

うんうん。ちゃんとテーマを絞ったね。


初めに右腕の上がり具合を確認してもらいました。
前に真っ直ぐ上げると90°くらい、横に上げると90°以上上がる。

<回答>

つまり「床に平行」までは何とか上がる状態ね。

それなりに大変な状態だね。


初めての遠隔施術なので、リラックスしてもらえるよう、楽な体勢で受けてくださいとお伝えしたところ、横になっておられたようです。


まずは丹田にスマホを当ててもらって9呼吸。それから順にダンチュウ、眉間、後頭骨、仙椎にスマホを当ててもらい9呼吸ずつ。


それぞれ何をしてるか説明しながら。


ここで一度右腕の動診。
前に上げるのはさっきよりすこし上がる。横は上まで上がる。と、動きは少しよくなってる感じ。

<回答>

横は一気に床と並行から上まで挙上できるようになったんだね。

初遠隔の初回の動診としてはとてもいい「つかみ」が出来てる。

きっとこの患者さんとの相性も悪くない。

さすがわざわざ北海道から希望して遠隔を申し込んだ方だね。と言っても遠隔だから距離は関係ないけれどね。

でも、間違いなく「受ける」決断には「勇気」がいったはずだよ。


次はスマホは使わず、私の方で美容施術を入れた後、臓器だけで陰陽太極図

<回答>

これ、ミッキー先生の「得意な手筋」だね(笑)。


もう一度動診。


前は90°以上上がるけど痛い。横は上まで上がって痛みもない。

<回答>

前も少し改善してきてるね。


後頭骨で八方位にその痛みにかかるストレスを乗せれるだけのせて、L1ストレス消去


腕の上がりは変わらない。


ここで、「右肩が内側に入ってるんです。」と言われたので、肩首のセブン
(あとから肩甲骨定触だったかな?とも)

<回答>

あったかもね?


腕を動かすと今までは肩の前側が痛かったのに、後ろ側が痛くなったと言われました。

<回答>

こういう痛みの位置の変化は、施術が効いてる証拠だね。


今度は右肩を両手で包み込むように6呼吸。


前に少し上がるようになるが、右手の薬指と小指が痛くなる。

<回答>

うん。ここで肩甲骨、乃至、肩甲骨内縁を狙いたいところだね。


右手首を包み込むように6呼吸。


前にさらに上がるようになる。


今度は右肩の前側の痛いところにスマホを当ててもらい、9呼吸。


ここで前にさらに上がり、90°プラス45°。

<回答>

つまり前が斜め45°まで上がったわけだ。


でも痛みはまだあり、右肘も痛くなる。

<回答>

とてもいい感じだ。


体の中で何かがもがいてる感じで可愛そうなので、離れたところからと、右足の内踝外踝から9呼吸。

<回答>

肩関節の症状の手筋だね。ここでのこの選択は悪くはない。


これでまた更に前に上がるように。 


ここで40分くらい経ってたので、今日はこれくらいにしようと思い、最新かぎろひ


椅子から立ってもらい、腕と体の重さを確認。


すると、腕の上がりはそのままキ一プできたけど、体が重いと言われました。


なんか浮いたと思い0.02したのですが、今度は膝が重いと言われました。


もう一度0.02


体は少し軽くなったけど、膝は重いまま。


でもこれ以上追うのはやめて、あとは時間にお任せすることにして終わりました。

<回答>

うんうん。それでいいと思うよ。

一気に押し込んでいく場面では決してないからね。

 

ただ工夫が出来た場面ではある(笑)。

「浮いた症状」なら絶対に軽い手筋でリセットは効くはずだからね。

でも、初めての患者さんの初遠隔という「緊張」が高まるシチュエーションで、基本を守った手堅い筋で改善を出せてるよ。


ご本人は体が重くなったり、膝が重くなったりして不安になっておられるのが分かったので、今は体の中に溜まっていたものが出てきてるので、辛いかもしれないけど、いいことなんですよと説明したら、「じゃあよかったです。出でほしいです。」と。

<回答>

まずはそういう変化が出たことは効果の一部だからね。

間違いなく施術が入ってる現象だということはミッキー先生は分かるけど、初めての患者さんは少し不安で心配するよね。


そして、「次はいつにすれば良いですか?」と聞かれたのですが、明日の様子が気になったので、明日の様子を聞かせてほしい、それから相談しましょうとお答えしました。

<回答>

奥ゆかしい態度だよ。

それでいいと思う。


そして翌日LINEをいただき、午前中は肩辺りと手首辺りが少し痛む感じで、気分も重い、夜もよく眠れなかったと。でも午後からは体調がだいぶん良くなり、右腕がだいぶん上がるようになりました!と報告くださいました。

<回答>

しっかり時間の経過で効果が浸透し始めてる。

いい初回遠隔が出来たと思うよ。


なので、時間クスリのお話と、次回は施術効果を感じていただき、1週間後のご提案をしつつ、ご本人が無理なく受けられるようご希望をお聞きしました。

<回答>

うんうん。「施術頻度」も大切だけど、一番大切なのは患者さんの「求める気持ち」だからね。

ココは患者さんの要望通りで!


結果、1週間後となりました。
先生、とても長〜いリポートになりましたが、よろしくお願いします。

<回答>

初めての患者さんの初めての遠隔施術。

ミッキー先生、落ち着いてよく頑張りました。

で、どうしても最初は「偶数回のリスク」があるけど、次の2回目もミッキー先生らしい「最高のギフト」で臨んでね。

 

「治る治らない」はお構いなしで、出来うる「最高のギフト」を。
 

 

 

※本文青字REN空術の技術です。

    

 

 

「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・

富山射水市の

盛光美希子先生

りりぃふらわぁクリックまで

 

 

 

 

【注意】

※「REN空術」は登録商標です⚠️

「REN空術」の名称は商標登録で保護されています❗️

RENで一定の研修を受け厳しい認定基準をクリアし認定されたREN空術師(または上級REN空術師)以外の者が「REN空術」の名称を使うことは法律により禁じられています。