今日は、お昼頃なんと10℃まで気温が上がりました。


夕べは薪ストーブを焚かずに寝たのに、朝も家の中は18℃を保っていて。


庭に出ると、足元にオオイヌノフグリが咲いてます。まだ2月の初めなのに。これではまるで、前住んでた東京の2月です。


こうなると、ついついバラの整枝もやりたくなってしまいます。

↑はニュードーンなんですけど、鹿対策で枝を上に向けて束ね、浅目に剪定してみました。

ニュードーンは寒さにも強いので、今、枝を切っても大丈夫だと思います。




もちろん今日のメインの作業は宿根草の刈り込みだったんですが、


残しておいてたグラス…ディスカンプシア ゴールドタウの刈り込みもしました。ディスカンプシアは、芽吹きが早いことを思い出したので。


刈り取った茎葉が山積みに。これ、何に使おうかと思案してます。

細かく切って花壇のマルチにしてもいいんですけど、このままミニ菜園のマルチに使うのもありかなぁと…。



もう芽が出始めていたソリダゴ ファイヤーワークスも刈り込みました。

これは枝が固いので、鎌を使わないと無理でした。

刈った茎葉は、細かく折って花壇のマルチに。



かなりスッキリしてきましたね~😊
今年は作業の開始がいつもより一月近く早いので、毎日少しずつでも焦らずできていいです。



冬の間は強風で鳴りっぱなしだったので外しておいたガーデンチャイムを再び取り付けました。

庭のあちこちに鹿のフンが落ちているので、音に驚いて長居しないでくれるといいな~って微かな期待を込めて。



この冬枯れの景色もあとしばらくですね。


午後にも少し庭に出て、コーネリアの整枝をしました。鹿に食べられない高さの枝を残し、下の方に張り出した枝はバッサリ切りました。


暖かいので、テラスにビオラを出すのも余裕でできます。


この先の天気予報を見ると、雨や雪の日はあっても、氷点下10℃を下回るような大寒波は来ないみたいです。


2月っていうより3月の気温ですね、これは。
着々と作業を進めなくては…って思いました。



八ヶ岳南麓庭暮らし 連載三部作


庭造りの方法

ノンディグ(不耕起)&オーガニックな栽培法の提案です。気候変動を抑制する今話題のカーボン・ファーミングに通じる庭造りの方法。


庭造りの変遷 



八ヶ岳の庭仕事12ヵ月





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
今日も2月とは思えない、庭仕事ができそうなお日和です☀️

とは言え…10時過ぎでも外気温は0℃位までしか上がってないので、まずは鋏の手入れをすることにしました。


愛用のみきかじや村の剪定鋏なんですけど、ご覧の通り刃がボロボロになってます↑



昨年、萌木の村でフェアをやってたときに、みきかじや村さんの出店があったので、買っておいた替刃を付け替えることに。


パッケージの説明通り、ドライバーでちょこちょこっとやってみたら、簡単に付け替えることができました😊



この剪定鋏、なかなかの優れもので、刃の付け根のレバーの操作で開き具合を調整できるんですよね。


最大開くと↑ぐらいになります。

要するに、この開きに収まる太さの枝なら剪定できるっていうことなんです。

刃の切れ味もよいので、けっこう太い枝でもわりと楽に切ることができます。

春先は、バラや灌木、西洋アジサイの剪定が続くので、こういった鋏はありがたい。

この鋏で切った枝は、挿し木も成功しやすいとお店の人が言ってました。



今日も午前中、一時間程、庭仕事をしました。


カラカラに乾いて軽くなった宿根草の茎葉を、バリバリ折ってマルチにします。

根元の太いところは足で踏んで倒し、折ってしまいます。

まだ地上部にほとんど芽が出てないからこそできる荒業。



大きな宿根草を片付けてしまうとスッキリ見通しが良くなり、これからいろんなものが芽吹いてくる地表によく日が当たります。



クリスマスローズも、どこに居るか一目で分かるようになりました。




そっと株元を覗いてみると、もう小さな蕾が顔を出しています。



↑の株にも、花芽が出てるの分かりますか?

今年の春はやっぱり早い??

八ヶ岳の2月って、雪と氷の世界っていうイメージだったんですけど…

ここ数年、暖地の皆さんがクリスマスローズの話をしてるこの時期、ギリギリその波に乗れるかも…っていう位、暖かい冬が続いています。

過去の写真を見ると、一昨年の冬も2月末には、地面にへばり付くブーケみたいに開花してましたからね。

ただし昨年の冬は、ちょっと前までの八ヶ岳の冬っていう感じで降雪も数回あり、寒さが厳しかったんですが。

今年はどうかなって思ってたんですけど、今のところ庭の様子を見る限り、春の歩みは早そうです?!



…となると、↑のアナベルボーダーに植えてある水仙が芽を出すのもいつもより早いかもしれません。

水仙が芽吹く前にアナベルをカットしないと…作業中に水仙の芽を踏ん付けてしまいかねないので、ちょっと焦ります。




枯れた宿根草を折り取ってスッキリした花壇の向こうに八ヶ岳が見えます。


この庭を作り始めた頃にはこんな風にだだっ広いだけの野原で、その向こうに見える八ヶ岳がよく慰めてくれたなぁって思い出します。



午後には、家の中も22℃に迫る暖かさ。外はもう7℃を越えてます。

日差しや気温に春を感じる1日でした。




八ヶ岳南麓庭暮らし 連載三部作


庭造りの方法

ノンディグ(不耕起)&オーガニックな栽培法の提案です。気候変動を抑制する今話題のカーボン・ファーミングに通じる庭造りの方法。


庭造りの変遷 



八ヶ岳の庭仕事12ヵ月





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
冬の朝ののルーティーンは、まず気温を確認して、


夜間は玄関で避寒させたビオラを


明るい場所に移動し、外が氷点下を脱するまで待機させて、


10時頃にテラスに出して日光浴させます。


寒の内はすごく寒かったのでコンサバトリーに置いたんですけど、もう大丈夫みたい。


何せ、今日は立春ですからね😊


夕べ、少し雪が降ったみたいで、庭の通路がうっすら白くなっています。


テラスに置きっぱなしのビオラは、寒さでこんなに縮こまっていますが、


青々とした芽がちゃんと生きてるし、一緒に植えたミニチューリップの芽も少し伸びてきています。




午前中は、風も無く日差しも暖かかったので、今季初の庭仕事をすることにしました💪


まずは、車庫脇の円形花壇から。残っていた宿根草の枯れた茎葉を折り取り、小さく砕いてマルチにしました。


かがみこんで作業をしてると、なんと、スノードロップが咲いてるのに気付きました😊


まだ2月になったばかりなのに、これは嬉しい発見です。

寒の内は次々と強い寒波に見回れたけど、今年の春の訪れは思ったよりも早いのかもしれません。


久しぶりに庭仕事をしてみると、体がポカポカ暖かくなってきて、やっぱり気持ちがいいです。

すっかり枯れてボリュームダウンした宿根草達は、ハサミや鎌を使わなくても手袋をした手でバキバキ折って砕くことができます。


途中で、カマキリの卵を見つけたので、これは踏まれない場所に移動させて保護。

…鳥に見つかってしまうかもしれませんが。




まだ姿が美しいグラスは、今日の所はそのまま残しておきましたが、遠からず鎌でバッサリ株元から刈り込みます。



枯れた茎葉を折り取った宿根草の株元には、もう芽が出ているものがありました。

↓はワイルドチャービル。



↓は、アスターです。


まだまだ冷え込みがきついので、霜除けの為に芽の上に砕いた茎葉を被せておきました。


こうやって作業はできても、風が吹き始めるとさすがに寒いし、土だってまだ固く凍っています。

でも、久しぶりの庭仕事はとても気持ちがよくて。

少しずつ、体慣らしをしながら始めていきたいなぁって思いました。



八ヶ岳南麓庭暮らし 連載三部作


庭造りの方法

ノンディグ(不耕起)&オーガニックな栽培法の提案です。気候変動を抑制する今話題のカーボン・ファーミングに通じる庭造りの方法。


庭造りの変遷 



八ヶ岳の庭仕事12ヵ月





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村