「ONODA 一万夜を越えて」外国の制作だと日本人の無駄なこだわりが無く芯が輝く映画になってます | ゆきがめのシネマ。劇場に映画を観に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。劇場に映画を観に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。

「ONODA 一万夜を越えて」を観てきました。

 

ストーリーは、

終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎は、劣勢のフィリピン・ルバング島で援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう命じられる。出発前、教官からは「君たちには、死ぬ権利はない」と言い渡され、玉砕の許されない小野田たちは、何が起きても必ず生き延びなくてはならなかった。ルバング島の過酷なジャングルの中で食糧も不足し、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも小野田は、いつか必ず救援がくると信じて仲間を鼓舞し続けるが・・・。

というお話です。

 

 

終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎は、劣勢のフィリピン・ルバング島にて援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう、命令を受ける。「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、谷口教官から言い渡された最重要任務は“何が起きても必ず生き延びること”。玉砕は決して許されなかった。

しかし彼を待ち構えていたのは、ルバング島の過酷なジャングルだった。食べ物もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、仲間を鼓舞し続ける。必ず援軍が来ると信じて。



 

小野田は仲間を連れて、任務を完遂するまで島の奥地に潜伏。自らもこの終わりの見出せない戦いの日々に自らの精神を蝕まれながらも、かろうじて仲間のためにも、見えない敵に対峙していたのであった。小野田と一緒に最後まで生き残った小塚金七は、幾度となく小野田といさかいを起こしながらも、協力し合い、相手を思いやり、二人三脚で生死を彷徨いながらも潜伏していた。しかし、ある日突然、小野田と小塚は島民らしき人間たちからの奇襲を受け、小塚は小野田の目の前で帰らぬ人となってしまった。

そこからは小野田1人きり。
孤独の中で夜が明けていく日々を淡々と数えながら、息を潜めていた小野田だったが、ある日、”旅行者”と名乗る若い男・鈴木紀夫(仲野太賀)と出会うのだった。小野田が見えない敵と戦い続けて一万夜を迎える頃。この永久的に続いていた日々は、この青年との出会いによって終わりを迎えることに…。(公式HPより) 後は、映画を観てくださいね。

 

 

この映画、カンヌ映画祭のオープニング作品です。第二次世界大戦後もフィリピンのルバング島に潜伏して、命令を待っていた小野田さんの伝記映画です。1974年に51歳で日本に帰国したんですね。私の記憶にあるのは、TVにスーツで出ていた小野田さんかな。その頃は、帰還兵と言われても、何も解ってなかったけど、今観て、その内容を知ると、凄い事なんだなと思いました。戦争って、本当に怖いです。

 

小野田さんは、陸軍中野学校というところで、ゲリラ戦の教育を受けて、島に派遣されたんです。そして、日本軍劣勢の中、少しでも日本が有利になるように、ゲリラ戦を展開しろと言われており、迎えに行くまで死ぬなという命令だったようです。それを守って30年もフィリピンで戦っていたなんて、真面目を通り越して、ちょっと狂気じみているように思うのですが、戦争って、そういうものなのでしょうね。恐ろしいです。

 

 

中野学校での教育は、自分で考えて行動しろというものだったのに、軍の命令に対しては、妄信的に信じるように教え込まれたのだと思います。なので、出てきたくても出てこれなかったのでしょうね。本当に悲劇だと思いました。だって、戦争は終わっているのに、自分たちだけで戦っていて、仲間が一人づつ死んでいくんです。可哀想でした。

 

この映画、フランス人監督でフランス人が脚本を書いているんです。思ったのですが、「ミナマタ」もそうでしたけど、日本の歴史や出来事などを映画化すると、外国人の方々の方が上手く映像に出来ているような気がします。この映画もそうですが、日本人のこだわりのようなものが無いので、出来事に忠実に描いているようで、とても解りやすいし、気持ちが伝わってくると思いました。

 

 

日本人が作ると、どーも感情移入しすぎるからなのか、無駄な場面や人物が出てきて、セリフも説明っぽい事が多いんですけど、外国の方が作ると、そういう部分を削ぎ落しているにも関わらず、解りやすいんですよ。やっぱり構成や脚本が上手いのかな。

 

 

映画の中の小野田さんは、ちゃんと年を取っていきました。同じ俳優さんが演じるのかと思ったら、青年期は遠藤さん、成年期は津田さんが演じられていて、遠藤さんは、20歳くらいの設定なんだけど、ちゃんとその年齢に見えるんです。監督も上手いけど、俳優さんも上手いなぁと思いました。そして、成年期の津田さん、もちろん名バイプレイヤーとして有名ですが、今回、小野田さんにそっくりに見えていました。写真とそっくりでビックリしてしまいます。キャスティングが上手かったですねぇ。

 

そして小野田さんを迎えに行く鈴木を演じた仲野さんは、ホント、最近、凄くなってきましたね。驚くほど上手くて、ビックリです。感情表現が尋常じゃないほど凄くて、観ていると引き込まれてしまうんです。これから、どう成長するのか、楽しみです。

 

 

この映画、素晴らしい映画だと思いました。私は、超!お薦めしたいと思います。映画としての面白い場面的なモノはほとんどありませんが、人が戦争の中を30年も生きていたら、そりゃ、面白い事なんてありませんよ。必死で緊張して、生き延びなければならない苦しみがずっと続いているんですから。それを、とても良く表現していたと思います。日本には、こんな歴史があったのだと知ることが出来ます。ぜひ、観に行ってみてください。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

「ONODA 一万夜を越えて」