「ブラック校則」これを映画として公開するのは間違ってるでしょ。邦画のレベルを下げています。 | ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。

「ブラック校則」を観てきました。

 

ストーリーは、

髪型、服装、行動に至るまで全てを厳しく管理する“ブラック校則”に縛られている光津高校に通う小野田創楽はある朝、町田希央という1人の女子生徒に心を奪われる。しかし、生まれ持った美しい美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前の危機に。そんな彼女や生徒たちの青春を取り戻すため、創楽は同じクラスの親友・月岡中弥とともに、ブラック校則を打ち破ろうと立ち上がるが・・・。

というお話です。

 

 

地方都市にある光津高校に通う小野田創楽は、ある朝、町田希央と出会う。彼女はハーフで、栗色の髪をしていた。生まれついての髪の色だったが、学校は地毛だという証明が出来ないなら、黒髪に染めろと強要する。希央は、そんな学校に反発し、不登校となってしまう。

 

このままでは希央は、出席日数が減ってしまい、あと少し休んだら退学となってしまう。創楽は希央に好意を持っており、彼女と一緒に卒業したいと思い、学校に残れるようにする手立てを考え始める。

 

彼女の髪が子供の頃から栗色だとする為には、子供の頃の写真が必要なのだが、彼女が子供の頃の写真は、別れた父親が全て持って行ってしまったという。担任の先生に学校側と交渉して欲しいというのだが、生活指導の先生は取り合おうとしない。このままでは、希央は退学になってしまう。

 

希央を退学にするかどうかの職員会議が始まるというその時、創楽は、どうにかして止めようと、学校の非常ベルを押してしまい・・・。後は、映画を観てくださいね。

 

あー、この映画、酷かったです。映画じゃなかった。演技は下手だし、ストーリーも、全く筋が通っていません。よくこんなもの、映画として劇場公開してますね。邦画の一つとして混ぜて欲しくないほど酷いと思いました。

 

アイドル映画としてやるなら、アイドル映画だから一般の人は見ないでくださいくらいの告知をしてくださいよ。あまりにも酷くて、途中で出たかったです。まぁ、寝たので良いですけどね。これ、TVドラマもやっているのかな。私は、全く知らずに、映画だけ観たのですが、何言ってんだかよく解んないんですよ。高校の設定にしては、幼過ぎる考え方なんです。

 

ブラック校則だと言いながら、生徒手帳にも書いてないし、学校の規則として公に文書化もしていない。いくら学校の校則だからと言って、勝手に先生が決めて良いものでは無いんです。きちんと文書化し、承認を取らなければ、それを守る必要はありません。中学なら義務教育なので、教育委員会が指導要綱として色々決めているだろうけど、高校でしょ。義務教育ではないし、お金を払って学校へ行っているのだから、生徒も保護者も、口を出す権利はあります。学校側が理不尽な要求をするようなら、ちゃんと訴えれば良いんです。この学校、何やってんのかな?

 

 

教師が暴力をふるって、それを生徒がビデオに撮ったということで、学校にスマホの持ち込み禁止となったと言っていましたが、それ反対でしょ。暴力をした教師がいたのなら、生徒はいつもスマホを持って、何かあったら身を守る為にビデオで撮影しないとね。教師だって、同じように、生徒があまりにも酷い行動をするようなら、撮影しておけばよいんです。そうすれば、保護者に言えますから。全ての考え方が反対なんです。

 

納得いかない校則があるのなら、訴えれば良いんです。それは当たり前ですよ。勝手に決めて、生徒を苦しめているんだから。間違っていることは正さないと。自分が我慢することは無いんです。でもね、同じクラスの人に迷惑を及ぼすような事はやってはいけないし、学校でタバコや酒はダメだし、授業をサボるのもダメです。何故、高校に通っているのかという基本は忘れてはいけないと思います。

 

こんなにブラック校則が問題になるなら、学校全体に監視カメラを付けて、先生も生徒もお互いに監視し合えばよいんじゃないの?そうすれば、校内の虐めも減るだろうし、変態な先生も減るし、横暴な生徒も減るんじゃないかしら。もう、16歳以上なんだから、大人として対抗するべきでしょ。いつまでも子供として扱う必要ありません。

 

海外では、16歳になったら独り立ちするというのに、こんな高校生を描いて、恥ずかしくないのかしら。あまりにも映画の内容が酷かったので、もう、文句しか出ません。俳優の子たちも、酷かったなぁ。学芸会じゃないんだから、もう少し勉強をしたらどうでしょう。俳優としてプライドを持って演技をしている同年代の俳優もいるのだから、もう少し、自覚持つべきではないですか?

 

それにしても、校則の内容ですが、下着の色を調べるとか、体操着の内側に下着着用禁止とかって、驚きました。これ、完璧にセクハラですよ。女生徒を女性教師が調べても犯罪です。考えてみれば分かるよね。教師を仕事としてやっている人間ばかりだから、こんなバカな事を考えるのではないかな。人間として考えれば、理不尽な事は分かると思います。マジで変態ですね。

 

 

私は、この映画、お薦め出来ません。これは映画ではありません。邦画として、他の作品と並べて欲しくないです。きっと、ファンの子たちが必死で投票をしたので、評価が上がっているかと思いますが、 酷かったです。出演者のファンの方には良い作品なのだと思いますが、映画として公開するなら、映画レベルまで上げてきて欲しかった。本当に残念です。この映画の予算があれば、もっと良い作品が何本か出来ただろうに。日本の映画界は間違っていますね。酷い映画なので、観てくださいと書きたくありませんが、ファンの方は、ぜひ、観てください。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

ブラック校則|映画情報のぴあ映画生活