「死霊館のシスター」ツッコミ処満載の恐怖と笑いが混在する内容でした。神父つかえねー! | ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。

「死霊館のシスター」を観てきました。

 

ストーリーは、

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。事件には不可解な点が多く、真相を究明するため派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーンは、調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着く。そして2人は、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになる。

というお話です。

 

 

1952年、ルーマニアの山奥深くに建つ修道院。一人のシスターが首吊り自殺をする。キリスト教では許されない自殺を何故シスターがしたのか。バチカンでは司教たちが集まり相談をしていると、そこへバーク神父が現れる。バークは奇妙な事件の調査を請負っており、今回も、バチカンは邪悪なものを感じて彼を呼んだのだった。彼は、見習いのシスターであるアイリーンと一緒に行く事となり、これもバチカンの意図があっての事だった。

 

ルーマニアに着くと、自殺をしたシスターを見つけたフレンチと呼ばれる男性を訪ねる。その村では、誰もが修道院を怖がって近寄らず、移民の彼が修道院に食糧を運んでいて、シスターを見つけたのだ。修道院に連れて行って欲しいというと嫌がっていたが、最期にはバークとアイリーンを連れて行ってくれる事となる。森の奥深くに入り、建物の前へ行きシスターの自殺場所に行くと、まだ血が乾いていない。何週間も経つのに血は乾かず、遺体安置場所に行くと、死体が移動していた。どう考えても異常な状態に驚き、二人は修道院の玄関のドアを叩き、フレンチは村へ帰って行った。

 

 

誰も出てこないが、ドアが開いたので入ってみると、ホールの中心にある椅子にシスターらしき影を見つけ、話しかけると、今は昼夜通しで祈りを捧げている最中なので、明日、もう一度訪ねてくるようにと言われ、離れの部屋で泊りなさいと言われる。修道院の離れで寝ていると、バークを呼ぶ声が聞こえる。バークは、昔、悪魔付きの少年の悪魔祓いをした時、上手く行かずに少年を死なせてしまった過去があり、その罪の意識に苛まれていて、少年の声に呼び出されたのだ。外へ行くと、少年に襲われ、墓の中の棺桶に落とされ、埋められてしまう。アイリーンを必死で呼ぶバークの声に目覚めたアイリーンは、直ぐに外へ出て、バークを探し、悪魔のささやきに惑わされずにバークを探し出す。

 

 

アイリーンは、子供の頃から変わった夢を見ていて、最期に必ず”マリア様が指し示す。”という言葉で目覚めるというのだ。そんな事もあり、親に気味悪がられて修道院へ来ることになったらしい。そんな彼女だからこそ、バチカンは今回の件に同行させたのだった。

 

次の日、修道院へ入って行くと、ドアが開き、アイリーンは修道女たちへの聞き取りを、バークは棺桶の中で見つけた、この修道院の歴史などが刻まれた書物を調べる事となる。そして修道女たちの祈りの場へ入って行ったアイリーンは、何人かの修道女に会う事になるのだが・・・。後は、映画を観て下さいね。

 

 

死霊館の新作、観てきました。うーん、やっぱり怖いよね。まぁ、笑ってしまう部分もあったり、ツッコミどころも満載だったけど、楽しめました。今回も、いつもの悪魔・ヴァラクさんだったのですが、最初がここなんでしょうね。この城で悪魔を呼び出していた領主を十字軍が倒して、封印し、その後、封印が解けないように修道院として守っていたらしいのですが、戦争があり、攻撃を受けて、封印が弱まってしまったと言うことが起因のようでした。

 

いつの世も、神に助けを求める人間と、悪魔に身を売っても栄光を手に入れたい人間と、二通りの人間に分かれてしまいますよね。本当はどっちが良いんだろう。ゾンビ映画と一緒で、先に悪魔と契約しちゃった方が得なんじゃないの?っていう気にもなるんです。だって悪魔に殺されたら、その配下になる訳でしょ。それなら先になっておいた方が怖くないよね。人間全てが悪魔と契約したら、それはそれで、普通になるんじゃないの?そんな世界になったら、誰も成功しないことになるから、今と一緒でしょ。ただ一つ、神様が悪者になるよね。不思議だよね。悪い悪いって言っていたのに、反転しちゃう。(笑)

 

 

映画に戻って、あのエド・ウォーレンが描いていた絵のシスターなのですが、あれが誰と言う訳では無いんです。何人もいたシスターの誰かに取りついた姿があれで、その後、ヴァラクは外に出た訳だから、もうあのシスターは必要無いんだと思うけど、あの絵にはその名残が付いていたのかな。エンフィールド事件の時に、悪魔の名前を聞いたらヴァラクと答えていたでしょ。既に、他の誰かに移っていたから、あのシスター姿自体にヴァラクは関係無くなっていると思うんだけどなぁ。

 

修道院の中には、何人ものシスターが居るはずなのですが、何故か見つからないし、誰が悪魔付なのかも分からないんです。で、アイリーンとバークで探して行くのですが、バークは役に立たなかったなぁ。アイリーンちゃんが一番活躍しておりました。悪魔と戦うし、凄い勢いで墓も掘るし、必死で祈っていたし、うん、彼女こそ悪魔と戦えるエクソシストになった方が良いかと思うけど、この時代は女性はならせて貰えなかったのかな。バチカンはそんなところよね。

 

 

そうそう、このシリーズでいうと、このお話が一番最初に起った事件なんです。悪魔・ヴァラクを領主が呼び出して、十字軍が封印して、その封印が解けて、ある人に取りついて外に出てしまう。そしてヴァラクは、悪いことを続けて、色々な人にご迷惑をおかけしている訳です。最初は封印出来たんだから、いまだって出来ると思うんだけどねぇ。その方法が見つからないのかしら。確かに、ある秘宝によって十字軍は封印したんだけど、その後、それを手に入れようとしても難しいよなぁ。でも、それ以外にも封印の仕方を考えないと、いつまでもヴァラクさんにふらふらされても困るでしょ。バチカン、頑張ろうよ。

 

いや、怖い映画なんですよ。ビクッとする場面とか、キャ~っていう場面とか、沢山あるんだけど、時々、あれ?何で?って思って、笑ってしまうのよ。私だけかしら。だって、どう考えても、罠だって解るだろうに、ついて行ってしまうんですもん。有り得ないっしょ。ダメだって言ってんでしょ~!って、頭を引っ叩きたくなりました。

 

 

と言う訳で、私は、この映画、お薦めしたいと思います。私は楽しめました。恐怖あり、笑いあり、ツッコミありの楽しめる映画でしたが、怖いのと、ゾンビ系と、ちょこっとのゲロゲロがありますので、それがダメな方は止めて下さいね。出来れば、ちょっと笑えるくらいの気持ちで行くと、楽しめると思いますよ。ぜひ、観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

死霊館のシスター|映画情報のぴあ映画生活

 

死霊館 [Blu-ray] 死霊館 [Blu-ray]
954円
Amazon