「15時17分、パリ行き」人間が生きる為に本当に必要な事は思いやりとほんの少しの勇気だけ。 | ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

「15時17分、パリ行き」の試写会に行ってきました。

 

ストーリーは、

2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。

というお話です。

 

 

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリス。列車の中で、トイレに入り長時間出てこない男が居る事に気が付いた男性がトイレに近づくと、男が銃を持って出てくるところに遭遇する。取り押さえようとするが、銃を発砲し、一人の男性が撃たれてしまう。テロリストらしき男は、銃を構え、乗客を殺そうと通路を歩いてくる。

 

乗客は直ぐに気が付き、走って、隣の車両に移ろうと大混乱になり、乗務員は乗務員室に逃げ込み鍵をかけてしまう。テロリストの男が通路を歩き始めたその時、その近くの客席に居た、アメリカ空軍のスペンサーが彼に飛びつき、取り押さえようと戦い始め、その友人であるアレクも加勢を始める。二人に殴られ、取り押さえられたテロリストは、直ぐに近くにあった紐で拘束され、銃の乱射は避けられた。

 

 

撃たれてしまった男性は重傷だったが、スペンサーが軍の訓練で非常時の傷の対処法を知っていた為、救急隊が来るまで、止血処置をし、何とか命を取り留めた。スペンサー本人もテロリストに切りつけられ怪我をしていたが、救急隊が来るまでは持つことが出来た。

 

素晴らしい行動で乗客たちの命を救った3人と、もう一人のフランス人。この3人のアメリカ人青年たちは、何故、テロリストに対しての咄嗟の行動が出来たのか。それも3人で協力して、取り押さえる事が出来たのか。それは、幼馴染の彼ら3人の子供の頃からの生き方にあった。それは・・・。後は、映画を観て下さいね。

 

 

この映画、解かる人と解からない人、極端に別れそうな気がしました。基本は親の教育なんですよ。学校が教える事が全て正しくて、それに準じていれば良いと教える親と、人間に大切な事は何なのかをしっかり教え込む親と、その違いが描かれているんです。

 

このヒーローとなった3人は、子供の頃から、俗に言う落ちこぼれというんでしょうか。いつも校長室に呼ばれて親も呼ばれて、教師には問題児だと言われ、障害があるから薬を与えて大人しくさせろと言われ、そんな3人の子供たち。でもね、母親たちは子供にしっかりしたことを教えているんです。”困った人がいたら助ける事。””自分が出来る事は人任せにせず自分がやる事。””お友達を大切にすること。”、この3つなんです。簡単でしょ。でもね、学校でも、軍隊でも教えないんです。一番大切な事なのに。

 

 

何か問題が起きたら、直ぐに隠れて、関わらないようにする。協調性を持って、人と同じように行動する。はぁ?そんな事、教えて何になるの?何か起きた時に、直ぐに行動出来ることを教えるのが教育でしょ。その場で対処出来る為の勉強じゃないの?そして訓練するのは、基礎体力をつけておいて、それぞれの能力にあった行動をして、協力して一つの事を成功させることじゃないの?そんな基本を何で教えないんですか?アホかと思いました。でもね、確かに、今の学校教育は、人間として大切な事を何一つ教えていないんです。

 

 

そんな学校の基本を守らず、それぞれに育ってきた、アンソニー、アレク、スペンサー。凄く良い子たちなのに、学校では見放されていました。でもね、彼らは挫けずに、友達と山を駆け巡って、戦争ごっこをして、楽しそうに遊ぶんです。母親たちも、決して彼らを見離さず、大切に育てます。そして成人した彼らに、恐ろしい事が起るんです。

 

本当にあった事件なので、今更、ネタバレも無いので書きますが、このテロリストの襲撃を抑えられなければ、本当に沢山の方々が亡くなっていたでしょう。考えるだけで恐ろしくなります。だって、列車の中だから、密室と同じですもん。隠れる所など無いし、弾避けなんて何も無いんです。撃たれてしまったら終り。椅子などは貫通してしまいますからね。そんなテロリストに咄嗟の判断で、直ぐに行動したスペンサー、彼の動きに合わせて声を掛け、一緒にテロリストを取り押さえたアレク。そして彼らを助け、乗客を避難させ、撃たれた男性を助けに向かうアンソニー。

 

 

スペンサーは空軍軍人で、人を助ける為の処置の仕方を習っていて、それが役に立っていました。アレクもアフガニスタンに駐留していて、危機に対しての判断を培っていたんです。そしてアンソニーは、学生ながら、彼らと一緒に育ってきていたので、同調出来たんです。

 

この咄嗟の判断って、本当に人間の本質が出ますよね。逃げる人と立ち向かえる人。この咄嗟の判断に、今まで、彼らが生きてきた人生の内容が出るんです。困った人達を助けたい、自分が出来る事は人任せにしない、友達を大切にする、その3つを彼らが持っていたから出来た事なんです。

 

 

人間が生きて行くうえで、この3つ以上に必要な事なんてあるんでしょうか。全ての人間が、この3つを持ち合わせていれば、簡単にテロなんて起きなくなるだろうし、沢山の犠牲が出る事も減って行くのではないかと思います。

 

ああー、やっぱり、クリント・イーストウッド監督って、素晴らしい!こんなにも深い映画を作るなんて!この映画って、ただ見ているだけだと、3人の男の子が大きくなって、テロを捕まえただけの映画に見えちゃうんですけど、そこに描かれている細かい言葉とか、仕草、何故学校の部分の映像が必要だったのか、何故、母親が子供で悩んでいる場面が必要だったのか、そんな事を考えると、スッと読み解けて行くんです。読み解けると、もう、感動がブワッと溢れて、人間の根源が描かれている事に気が付くんです。やっぱり、深いわぁ~!素晴らしくて、涙が出ました。

 

 

本当は、もっと書いていたいけど、これ以上長くなると困るので、ここらで止めておきます。久々に、こんなに感動しましたよ。でも、他の方の感想を読むと、イーストウッド監督が描いていた深い部分の理解が難しかったようです。この映画、事件を描いているのではなく、何故、彼らが行動出来たのかという、その人間の根本の部分が大切なんです。最近の人々には、この根本部分が培われていないから問題なんだという問題定義をしているんです。だからテロ事件は、ほんのちょっとしか描かれていなくて当たり前なんです。そこを理解出来ないと、この映画の本当の素晴らしさは理解出来ません。惑わされないでくださいね。

 

 

この映画、素晴らしい映画です。私は、超!超!超!お薦めしたいと思います。でも、これ、万人が理解出来る映画では無いと思いました。表面を見てしまうだけだと、全く面白くないと感じる方が出ると思います。でもね、全てのセリフや行動、描かれている意味を考えると、あまりにも深い世界が観えてくるんです。出来れば、ちょっと頭を使って観て頂きたい。その目線にも意味が或るんです。ぜひ、観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。公開は3/1です。

 

 

15時17分、パリ行き|映画情報のぴあ映画生活

 

 

 

 

 

ゆきがめさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス