「アバウト・レイ 16歳の決断」性別と精神が違うと解かったら早く治してあげる事が一番です。 | ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

「アバウト・レイ 16歳の決断」を観てきました。

 

ストーリーは、

ある日、身も心も男性として生きたいと告白し、そのためにホルモン治療を受けたいという16歳のレイ。突然のことに動揺を隠しきれない母マギーは、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にする。一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、レイの決断を密かに応援していた。努力を重ね、少しずつ自分らしく生きていくレイを見て意を決したマギーは、ホルモン治療の同意書にサインをもらうため、レイの父親である元夫に会いに行く。

というお話です。

 

 

シングルマザーのマギーの娘は、自分の性別と心が違っている事に気が付き、ある日、母親に男として生きたいと告白する。突然の告白に戸惑うマギー。娘は、既にレイと名乗り、男となるべく、ホルモン治療を受けたいと話す。マギーの母親、ドリーは、レズビアンであることをカミングアウトし、パートナーのフラニーと暮している。レイの事を応援するドリーとフラニーに、マギーは孤独感を感じて、つい、近所の男と寝てしまったりと、動揺を隠しきれない。

 

 

そんな母親を尻目に、レイは、自分の生きる道を決めて、どんどん歩き出してしまう。慌てるマギーだったが、母親がしっかりしなければと、レイを応援する事に決め、性同一性障害の為のホルモン治療を受ける事に同意する。しかし、同意書には父親の同意も取らなくてはならず、連絡を取っていなかった元夫に連絡をするが、レイの事を知り、動揺した元夫は、サインを拒否してしまう。意を決したレイは・・・。後は、映画を観て下さいね。

 

内容としては、性同一性障害の娘が息子になる為に、どんなハードルがあるのかという感じの映画でした。最近、性同一性障害の関係の話が多いので、それほど目新しいという感じは受けません。レイを演じているエル・ファニングがキレイだなぁと思うくらいかしら。綺麗に育ちましたよね。

 

 

一言で性同一性障害と言っても、明らかに違和感を感じて精神と身体が違っていると気が付く人と、長い間、自分が考える事が他人と違っていて、何故自分はこんなにも孤独なんだろうとカウンセラーに相談して、自分が性同一性障害だと知る二通りがあるんです。この映画のレイは、明らかに心と身体が違うと気が付いたから良いけど、そうじゃない人も本当は多いのだろうと思います。子供の頃からお前は男だとか女だとか言われて、そのように育てられてしまうと、脳がそれに順応しようと頑張って合わせるのですが、どうしても無理な部分が出てきて、精神に異常をきたしてしまう。そんな人の事は、映画などでは、ほとんど描かれないので、ちょっと残念。この映画は、王道の出来事しか扱っていないんです。

 

 

なんか、こうやって、性同一性障害があたかも珍しい事のように描かれると、あまり嬉しくないんです。ホルモン治療を始めたからって、簡単に性別が変わる訳では無いし、ホルモンバランスが崩れるので、精神のバランスも悪くなって苦しむんです。女性だと、筋肉が付きやすくなって、髭が生えてきたりするけど、胸と下半身は変わらずだから、そのアンバランスさに、自分の身体を嫌悪して傷つけてしまったりと色々あるようです。直ぐに手術は出来ませんからね。そんな大変な事が、この映画の後に長い間続いて行くのに、ただ、書類を書いて貰っただけで幸せになれるように描かれているのが、やはり気になりました。簡単な事ではないんです。

 

 

有名女優、俳優が出演して、華やかで楽しくて笑える映画に作ってありますが、本当の問題は全く描かれていないので、ちょっと不満でした。ただ、映画の珍しい出来事として、この問題を描くことに、ちょっと違和感を覚えます。先日、ナチュラルウーマンでも、性同一性障害の事が描かれていましたが、やっぱり、性別を変えた珍しい事柄のように描かれているだけで、どーも、なぁ・・・。良い映画ではありましたが・・・。

 

 

私は、この映画、まぁ、お薦めしても良いかなぁくらいですかね。有名ハリウッド女優が勢ぞろいで、エル・ファニングも可愛くて、ただ、楽しんで、性別を変えたい女の子なんだねって思うだけなら良いかなと思いますが、この問題を真剣に考える、または知っている方にとっては、違和感があり、不満を覚える内容だと思います。もっと本当の問題を描いてあげて欲しいなぁ。沢山の人が、この性同一性障害を理解してくれるように、もっとマトモな映画が出来てくることを期待しています。まぁ、可愛いエル・ファニングを観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

アバウト・レイ 16歳の決断|映画情報のぴあ映画生活

 

この映画、観てみたいなぁと思って載せてみました。

ハイヒールの男 [DVD] ハイヒールの男 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

ゆきがめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス