働きすぎの女性社長さんに伝えたい 「ちゃんと休んできちんと儲ける」5つの法則

働きすぎてお休みがない・・、家族との時間が取れない・・。
そんな悩みを抱える女性社長さんを応援すべく、労働基準法の専門家として立ち上がりました。
「泣く人を減らすため」の法律を活用し、
「休み・家庭・仕事・売上げUP・円満な人間関係」のすべてを叶えましょう。

中小企業向け労務丸投げサービスをしています。

あなたの会社に、専属労務担当者をおきませんか?

詳細はコチラから

テーマ:

女性起業家のための経理・法律アドバイザー ママさん社労士 

 

澤井ゆかりです。

 

所得税と社会保険の「扶養」の違い

 

起業をしても、なかなか思うように売上が増えない・・・。

 

そうなると、ご主人の扶養に入れるのかどうか、が気になりますね。

 

実は、所得税と社会保険では、扶養の基準が異なるのです。

 

今回は、それぞれの扶養の基準について、ご説明しますね。

 

 

まず、所得税で扶養に入る、と言えば、

 

「配偶者控除」が使えるかどうか、を指します。

 

この配偶者控除は、ご主人の所得税を減額するための

 

ものなのですが、

 

奥さんの所得(売上-経費)が38万円以下である必要があります。

 

38万円を超えると、奥さん自身の所得税も発生しますし、

 

「配偶者控除」も使えなくなります。

 

ただし、所得が76万円未満であれば、「配偶者特別控除」といって

 

段階的に税金を減らしてくれる制度があります。

 

起業の場合、社会保険の方が外れやすい?

 

では、社会保険の場合はどうでしょう?

 

社会保険の場合、扶養に入ると言えば、

 

ご主人の払った健康保険料で家族分も払ったことにできる、

 

ということを指します。

 

そして、社会保険の場合は、年収が130万円未満であることが、

 

扶養に入る条件となっています。

 

年収ですので、基本的には経費をひくことができません。

 

ですから起業の場合、所得税以上に簡単に、

 

扶養から外れることになると思われます。

 
所得税では扶養になっているけど、
 
社会保険では扶養から外れている・・・、ということもあり得ます。
 
 
ただし、この社会保険の年収要件は、
 
会社に自己申告で申し出ることで手続きすることになります。
 
もし、130万円を超えるかどうか・・・という微妙な範囲内でしたら、
 
急いで手続きをする必要はないかと思います。 
 

もし、130万円を常に超え、扶養から外れることになったら、

 

ご自身で国民健康保険に加入してくださいね。

 

 

 
 
従業員10人未満の事業所限定のサービスを行っています!

「労務管理丸投げサポートサービス」については、コチラから
 
・事務所の業務に関するご相談はコチラ

・詳しいお問い合わせはコチラ
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

女性起業家のための経理・法律アドバイザー ママさん社労士

 

澤井ゆかりです。

 

失業手当とは?

 

起業を目指し、会社を退職する。

 

そう決断をするなら、気を付けるべきことがあります!

 

 

お勤めしていた会社で雇用保険に加入していた場合、

 

退職すると失業手当がもらえます。

 

このことは、誰でも知っているでしょうし、

 

実際に退職後の収入のアテにする方も多いでしょう。

 

 

一般的には失業手当と呼んでいますが、

 

本当は失業給付(基本手当)といいます。

 

退職してから失業状態にあること、

 

勤務中に1年以上雇用保険に加入していたこと、

 

が受給するための条件となっています。

 

 

どのくらいの給付が受け取れるのか、については

 

お勤め時にもらっていた給与額と、

 

勤務年数、そして離職理由によって変わります。

 

自己都合退職で勤続10年未満であれば90日、

 

解雇など特別な事情による退職で勤続10年未満であれば、

 

年齢に応じ120日~240日となっています。

 

起業すると、失業手当はどうなるの?

 

では、起業のための退職の場合、

 

何に気を付けたらよいのでしょう?

 

 

実は、失業給付を受けるためには失業状態になければいけません。

 

つまり、職を探していて、いつでも仕事ができる状態です。

 

と言うことは、起業しているとすでに職についていることになり、

 

失業給付が受給できないことになるのです。

 

 

では、どうしたらよいのか?

 

それについてはメルマガでお伝えしています。

 

 
 
従業員10人未満の事業所限定のサービスを行っています!

「労務管理丸投げサポートサービス」については、コチラから
 
・事務所の業務に関するご相談はコチラ

・詳しいお問い合わせはコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女性起業家のための経理・法律アドバイザー ママさん社労士

 

澤井ゆかりです。

 

 

9月9日(土)、京セラドームにて開催された

 

「趣味起業EXPO」に出展してきました!

 

私としては、このようなイベントでブースを出すこと自体が初めて。

 

(相談に来てくれる方なんて、いるのかしら・・?)

 

(ちゃんと相談に対する回答ができるのかしら・・?)

 

と、正直不安な気持ちを抱えながら、参加しました。

 

 

会場へ着くと、イベントホールはすでに出店準備をしている

 

人たちで活気づいていました。

 

会場も広いですが、そこに40を超えるブールが並ぶのですから、

 

なかなかの迫力です。

 

 

いろんなブースがあり、編み物を趣味にしている私としては

 

全部のブースをじっくり回りたいくらい、

 

興味深いものがたくさんでした。

 

 

10時半のオープンと同時に入場されるお客様もいたり、

 

終始、イベントは盛況でした。

 

1日で300人超のお客様が来場されたそうです。

 

私の個別相談ブースにも、何人か来てくださいました。

 

 

開業届や社会保険などの相談を受ける予定でしたが、

 

実際には事業の方向性についてのアドバイスなど、

 

いろんな内容のご相談をいただきました。

 

直接お会いしてお話しし、

 

「スッキリしました!」「進むべき道が分かりました」

 

といった感想をいただいたことで、

 

今回このイベントに参加してよかったなと思いました。

 

 

また、社労士としてお役に立てることは、

 

私が思っている以上に広範囲で存在するんだということを

 

実感しました。

 

 

このイベント参加で、私自身の今後の進み方が

 

少し見えた気がします。

 

また、一緒に出展した方たちとも交流を持つことができ、

 

次につながる経験ができたなと感じました。

 

 

 
 
従業員10人未満の事業所限定のサービスを行っています!

「労務管理丸投げサポートサービス」については、コチラから
 
・事務所の業務に関するご相談はコチラ

・詳しいお問い合わせはコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

女性起業家のための経理・法律アドバイザー ママさん社労士

 

澤井ゆかりです。

 

任意継続ってどんな制度?

 

起業をするために、職場を退職しようと考えている方。

 

職場の社会保険に加入しているなら、

 

任意継続するべきかどうか、迷うところですよね。

 

今回は、任意継続の制度について、

 

メリットやデメリットをお伝えしたいと思います。

 

 

まず、任意継続制度とは何か?

 

 

本来なら、退職と同時に、

 

国民健康保険に加入するのが通常です。

 

しかし、任意継続をすると、退職した後も職場の社会保険の制度に

 

加入し続けることができます。

 

加入できる期間は、2年間です。

 

2年以内にどこかの会社の社会保険に加入しない限り、

 

任意継続し続けることになります。

 

 

ただし、継続できるのは健康保険の制度だけです。

 

厚生年金は継続加入できませんので、

 

国民年金に入ることになります。

 

任意継続のメリット・デメリット

 

では、任意継続制度のメリットとデメリットとは、何でしょう?

 

 

まず、メリットとしては、社会保険特有の制度を利用できるということ。

 

その制度が、傷病手当金です。

 

ケガや病気で仕事ができなくなった時に、

 

給与額の約3分の2が給付金としてもらえるのです。

 

この傷病手当金という制度は、

 

国民健康保険にはありませんので、大きなメリットと言えます。

 

 

では、デメリットはどうでしょう?

 

 

デメリットとしては、保険料があると思います。

 

お勤めしている時は、健康保険料の半額を

 

会社が負担してくれています。

 

それを全額自分で負担することになるのです。

 

また、保険料の納付が少しでも遅れると、

 

任意継続から外されることになりますので、注意が必要です。

 

 

ですから、任意継続するなら、

 

保険料の負担がどのくらいになるのか、

 

キチンと把握したうえですることをお勧めします。

 

 

また、退職後、20日以内に任意継続の手続きをしないと、

 

自動的に国民健康保険に加入することになりますので、

 

任意継続を決断するならお早めにしましょうね。

 

 
9月9日(土)「趣味起業EXPO in大阪」に出展します!
 
 
 
 
従業員10人未満の事業所限定のサービスを行っています!

「労務管理丸投げサポートサービス」については、コチラから
 
・事務所の業務に関するご相談はコチラ

・詳しいお問い合わせはコチラ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女性起業家のための経理・法律アドバイザー ママさん社労士

 

澤井ゆかりです。

 

 

夏休みの思い出を、備忘録としてアップしています。

 

前半だけでも盛りだくさんでしたが、後半も頑張りました。

 

 

お盆は、私の実家へ帰省しました。

 

山の奥の自然豊かな田舎で、のんびり田舎生活を楽しみました。

 

 

夜は花火をしました。

 

次男君、実は手持ち花火を怖がって、

 

一昨年は泣いて近づくこともしなかったのですが・・・。

 

自分でちゃんと持って花火をしていました。

 

 

虫取りは、子供たちも大好きです。

 

神戸では見られないオニヤンマやコオロギなどが、

 

身近で捕まえられました。

 

 

夜は盆踊りにも行きました。

 

 

地元のお神輿にも参加しました。

 

雨が降りだし、あまり楽しそうではなかったですが・・・。

 

 

神戸に戻ってから、お友達と摩耶ケーブルに乗りました。

 

山上の涼しさは、実家と同じくらい気持ちよかったです。

 

 

別のお友達と、デカパトスというプールにも行きました。

 

長男君、初めてスライダーに挑戦し、楽しそうでした。

 

 

そして、長男君のバイオリンの発表会。

 

この日のために、夏休みはほぼ毎日、練習を頑張りました。

 

バイオリンを始めるきっかけになった『エトピリカ』。

 

とても上手に弾くことができました。

 

 

夏休み最終日は、特急くろしおに乗って和歌山城へ。

 

天守閣から海が見える景色は、

 

思わずテンションが上がるほどでした。

 

 

これだけ夏休みに遊んでいると、仕事していないみたい・・。

 

でも、ちゃんと仕事もしていましたよ。

 

お休みが終わると、子供たちは真っ黒に日焼けしていました。

 

それに負けないくらい、私もかなり焼けてます・・・。

 

 

でも、子供たちそれぞれの成長を確かに感じることのできた

 

夏休みになりました。

 

新学期の頑張りにも期待したいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)