☆ネタバレ完璧含みます!ご注意ください!






Maxがチラシのイラストを描かせていただいたO-key舞台「夢幻の如く時が嘲笑う」を昼の部と夜の部でやるWキャスト両方観てきました!(どうやらマチソワと言うらしいです(笑))

今回の舞台も一言で言ってしまうと…

超面白かったです!(笑)(^^)

なんでしょう、面白い舞台って多分面白い脚本と演出、そして個性的で魅力的なキャスト&ダンサーの皆さんがそうさせると思うのですが

全部揃ってる!

という感じでした(笑)鉄平さんの脚本と演出はほんとすごいなと毎回思います。

役者さんのポテンシャルをぐいぐい引き出してる感じがしますね!

特に脚本で言うと今回は、
いつもラストで見られる
どんでん返し系必殺技を(実はいつも何かしらその技は使われていましたが)

今回は特大フィーチャー!して

これでもか!とやりつつ

最後の着地まで持っていく力技が凄かったなと思いました。

(それは1回だけ観るよりも2回観てよりそう思いました。3回目観たらもっとだっただろうなあ。)

そして破壊的にどんでんがえった後に、

最初の彼らの設定「演劇シナリオをもって「誰か」をはめる。騙す」が、実は観客の我々に向けてだった…!?と綺麗に落とされる。という衝撃にゾワっとしました

…またDVDにならないかな(笑)




キャストで言うと、また今回も個性的なキャラクターが沢山でしたが、

今回はなんと言っても

わかぱいさんこと加納和可子さん!演ずる都知事と振付師が凄かった!

個人的にはこの方はほんと天才だなあと思ってるんですが、実際の都知事より都知事ぽくて、しかもスローガン的な事でも何を言っても面白い(笑)ちょっと本田圭佑ぽかった(笑)立ち方も知事の時はそれ仕様でちょっとぬぼーっとした立ち方

振付師のサムロナミエになると軽快になったり(^^)♪

都知事の脅迫からのガクブル(笑)も超最高だったなあ。
奈菜さんにしつこく胸ツンされるのも相当面白かった!(笑)

杏子役の奈菜さんも今回キレキレというか、

この方はダンスも演技も目線の決めも、立ち方からしてバランスがほんとに素晴らしい方で、

全部絵になるし生き生きしていて、ほんと観ていて楽しくさせてくれる方だなあと。とにかく笑顔が素敵!マンガのキャラクターみたい(笑)

役柄的にもラストの豹変が痛快でした。「バカなふりのフリ」が効いてましたねー。

個人的には冒頭のウェディングドレス。猪木ポーズのシーンや、確か草野が手をぱしぱしやるのを真似する所がかわいかったです(^^)

有希役の羽倉りえさんも奈菜さんと共にダンスキレっキレで、シーン的には初っ端のクルクル回る所がかわいかったのと、連絡先知らないコンボ(笑)

そしてやはり最後の豹変!でお母さんになる所はさすが!と思いました(^^)
ちゃんと鉄平さんのお母さんに見えたからすごいなあ…

今回、シャープな切れ味でハッとさせられたのが瑠花さん演ずるカオルで、
なんと言うか、声、クールな目線、スタイルと美しさに花があって、
舞台に1つの緊張感をもたらしていました。

ピンチヒッターでフロアに立つ所はさすが!と感じましたし、(セクシー衣装が素敵!)

ラストの豹変からの拳銃を突きつけて決め!のシーンは痺れました(^^)

仲井真徹さん演ずるヒロトは、
ある種振り回される感じの役を熱演されていて、最後で立場逆転!なのが痛快でした。

都知事と振付師同一人物疑惑(?)に突っ込みまくるも全く相手にされないのも楽しかったです

牧師の「なーんじわー!」を家に帰って真似しました(笑)

天野翔太さん演ずる宇都宮、
と言うよりトムヤムクンはなんだかはまり役で楽しかったです(笑)

外国語風から普通喋りに戻った時がまたよかった(^^)
歌を聴けたのも新鮮でした!

面白かったのは、ほろよい30万円、安!(笑)とトムヤムクンは辛い!(あれ、ガパオライスだったかな??)でした(^^)

安田裕さん演ずる森重は、冒頭からの詐欺師で物語に勢いをつける役で、わるいやつかと思いきや意外といい人(笑)という安田さんぽい感じがよかったですね

酒井千寿さん演ずる草野は、渋く行きながらも都知事との絡みで
大声電話からの咳き込み→都知事を笑わせちゃう!ハプニングなんかもあったりで(笑)意外とお茶目な雰囲気もありつつ最後かっこよく決めちゃう!おいしいキャラがよかったです(^^)

用田知佳さん演ずる荻野目はお得意の(?)3枚目風いじられキャラが楽しくて、安心して楽しめました(^^)
かと思いきや最後はやっぱりかっこよく決めちゃうからギャップ萌えがけっこうありました!(^^)
カオルに何気な腹パン?みたいのをくらっていたような?(笑)

里永りかさん演ずる姫はまさにフロアーの花!
この方はほんとに見惚れちゃって困ります(笑)

姫の策略事件で本性が出るところの演技は
通常がかわいすぎるだけにインパクトがある演技で
すごくよかったなあ!と思いました(^^)
(いつも、一緒にお写真を…!などとは恥ずかしくて頼めないMax(笑))

エルサさん演ずるアゲハは姫に連なるフロアーの花ですが、
新人の有希にキレ絶叫する、キレキャラが凄まじいインパクト(笑)
後の方になるとコントの定番のやり取りのようになって楽しかったです(^^)

須藤彩さん演ずるジュディはなんと言ってもお声が特徴で、フロアーで幅をきかせてる感があってキャラがたってました(^^)

永井葉子さん演ずるマリーは、最初にいなくなってしまうキャラだったので、あれ?!という間にいなくなってしまってたぶんその後合流してると思うんですが、なかなか認識しずらかったのが残念。もう1回みて確認したかったです(^^;

入江悠さん演ずるコスプレキャラ?はカブキ風の髪まわしが場内のどよめきを誘ってました(笑)
教祖様キャラも面白かったし、Maxの観た回ではすごく声も出ていて迫力ありました(^^)

細谷国日路さん演ずるコスプレキャラ?も面白かった!(笑)
個人的にはアンパンマンをもっとやって欲しかったなあ!(^^)声が少年なのが聞いていて気持ちいいしニコニコ顔に癒されました(^^)

野邊遼太さん演ずる浅井はトゥクトゥクの名前いじりが面白かったですね。
ケースを開ける時の「ぅわーぉ♡」が地味にクスッときました。

ダンサーさんの枝利さん、TAIKIさん、島田桃子さんはダンスパートでキャストに唐突に戦列に加わって舞台を盛り上げてました。TAIKIさん強烈でしたね(笑)

ダンスのシーンで真ん中を割って入ってバレエの開脚ジャンプをしてからの、空中で足をぱしん!と合わせるマジバレエダンスをされた方がいたんですが、あれは凄かったと思いました!
ただ色んな方が動いていたのでどなたかは判別できなかったんですけど(^^;
(追記:枝利さんでした!(^^))

今回はダンスも凄かったですね!

POPPING EMOのお二人も、連日のアイドル舞台で鍛えられていて、キレキレなのが加わっていたのでなおさらクオリティが高かった気がしました(^^)

今回の舞台はO-key久々の新作で、
舞台装飾も気合い十分!素晴らしいもので、
フロアー感や、エキゾチックなごった煮、でもカラフルでおしゃれ!という世界観を表現されててとてもゴージャスだったなあと思いました。



音楽もポピエモの曲や天野さん&徹さん曲などクオリティの高い井口さんワールド全開でした!


ちゃんとポピエモお二人も歌う箇所もあって大満足!(笑)(^^)







[僭越ながらフライヤーのイラストも自分的にけっこう気合い入れて描きました。隠しワードなんか入れたりして、ちょっとでも面白がってもらえてたらいいんですけど(^^)]





さて


↑ところで、ごく一部で出回っていたこのグリーン色バージョンのイラスト

実は、完成直前のもので、ここから修正が入って完成バージョンになったのでした。何かの手違いで世に出てしまったのですね(^^;

コールドス☆☆☆がより反映されてるのは直前バージョンだったかもですが、反映されすぎててやっぱり修正したものの方がいいですね(^^)

そんなわけで「夢幻の如く時が嘲笑う」終演…!



いやー


全くもってただいま、





 「むげとき」ロスです!(笑)



    寝night!


Max


夢幻の如く時が嘲笑う

テーマ:

8月の舞台のフライヤーイラストを描かせて頂きました!(^^)

O-keyプロデュース〜season11〜


舞台『夢幻の如く 時が嘲笑う』


作*演出:坂田鉄平

2018年8月8日(水)〜12日(日)

@シアターブラッツ

前4000円/当4200円(全席自由席)


チケット予約スタートは

6月29日(金)12:00〜



よろしくです!(^^)

Max

(´・ω・`)6.2のPOPPING EMOの1stワンマンライブに参戦してきました!(^o^)/

Maxは今回のNEW Tシャツ裏のデザインと

ステッカーロゴデザイン(ピンクのと黄色の)と

あとポピエモさん方のアイコン






で関わらせていただきました(^^)


さて!POPPING EMOの初のワンマンライブ!行ってきました!(^o^)/

通常のライブでは分散されていたお客さんが、ワンマンということで集結!チケットもソールドアウト!(すごい!)

ポピエモのファンこと「ポピエモン」さん達はすごい熱い方たちが多くて、もう自分たちでラバーバンドや缶バッジ、舞台に飾る旗?まで贈っちゃったりDAYSの時に振るようにサイリュームをお客さん達にこっそり配ったりしてました。すごい!(^^)




ポピエモの2人も出演されているO-keyの舞台に出演された役者さん達もお客さんとして沢山駆けつけてライブを盛り上げていました!(^^)皆さんも熱い!

おっと、ライブ前のBGMはなんとO-key舞台の始まる前のと同じやつ!で興奮(笑)そして舞台の時の安田さんの前説と同じ仕様でのポピエモお二人による前説ナレーション!(笑)これが今回のライブの最後まで、緩やかに効いてきたのを終わってから感じました(笑)

(´・ω・`)♬さて、ライブ!POPPING EMOのNA-NAPOPさんとRIEMOさんのダンスはほんとにもうキレキレ、歌も情熱的に歌い上げる!というのは普段のライブで実証済みでしたが、ワンマンということでまとまった流れでそれがずっと観れる!というのがすごい醍醐味でした。ほんとにクオリティ高いパフォーマンス!

《それにしてもあの運動量は半端ない!すごいなあ!と思わざるを得ません!(笑)》

《ビシッ!》


《サイリュームで綺麗な中のDAYSもよかった!》

しかも楽曲も井口イチロウさんのハイクオリティな楽曲なものだから音楽的にはもう申し分ないなー!と思いました。
曲的にはやはり初期の方からやっていた曲が特にお客さんの盛り上がりがすごかったですねー!(^^)これまで応援されてきたポピエモンさん達の厚みが乗っかったような感じでした。

そしてPOPPING EMOの大きな特徴である、
プロデュースしている坂田鉄平さんによるコントも含めた舞台的な演出、進行、アクセントも効いてました。
通常の短いライブのコントがテレビのドラえもんとすれば、
ワンマンのはちょっとした映画のドラえもん的なボリューム感を感じられました(笑)(^^)

名曲「水飲みます」と「水飲まない」(笑)とか(丁寧に小ネタぶっこむ(笑))

あとわがままシンデレラのくだりもすごく面白かったなあ!贅沢な時間のかけ方(笑)

最初の何気ない「刺されるネタ」からの、実はあれは…と最後で全ての真相が明かされるというまるでO-keyの舞台みたいなライブ構成。
その全体をまとめる流れは、通常のアイドルのライブや、または音楽的なアーティストのライブとはまた全然違った、新たなエンターテインメントの可能性を感じました。つまりは大きな意味での演劇的なライブショー。

思えば「普通のアイドル」のお客さんとのかけあいも、音楽的アーティストのライブとかなり違った「様式」を持ってますが、
POPPING EMOの場合相当「普通」と違った面を持ってるので(お客さんの層もそれゆえ色んな方面からやってくる)
これからお客さん側のPOPPING EMOライブへの応援参加の仕方や様式も「ポピエモ仕様」に特殊に進化していくんだろうなあ!と思いました(^^)


一方、決められた進行と別に、素のお二人のお話を聴けるコーナーもあったりしてそのギャップがまた良かったような気がしました!バランスもあると思いますが、あの素の部分コーナーをもうちょっと観たい気もしました!(^^)

ともかくしょっぱなのワンマンから十分な手応え。これからどう進化していくか個人的にもすごく楽しみです!(^^)
ライブに関わられた皆様、お疲れ様でした!&ありがとうございました!

Max