よしみね努オフィシャルブログ
  • 29Jul
    • 国土強靭化って地域防災の取り組みの積み重ねですの画像

      国土強靭化って地域防災の取り組みの積み重ねです

      こんばんは。よしみね努です。今朝は首里金城町ダム通り会清掃活動でした。沖縄県はボランティア活動が非常に活発なところです。皆さんも是非お近くの活動に参加してみませんか?キレイになると気持ちが良いですよ〜!(^。^)本日は、7月17日の大雨で氾濫した、安里川水系の視察へ行きました。安謝川上流を確認しながら、氾濫した近所のお宅でお話を伺いました。夜、河川が氾濫したらと思うと怖い。切実な声だと思います。早めの避難が大切だとわかっていても、どうしよう、と迷うのは当然。でも、暗くなってしまったら、逃げられない。山形地方の河川の氾濫も、被害が拡大しないか心配です。年々災害規模が大きくなっているように感じます。沖縄も災害はあります。風水害、台風被害、地震、津波に備えをしておかなければならないと、強く思いました。しかも、新型コロナウイルス対策も併せて考えておかなければなりません。ここの調整池の完成は2年後ぐらいになりそうとのことです。未来を見据えて、取り組みを早めていくためには?また、複数箇所の危険を解消するには?ハザードマップをもう一度見直して考えていかないといけないですね。

  • 27Jul
    • ご無沙汰してしまいました…の画像

      ご無沙汰してしまいました…

      こんばんは。よしみね努です。ブログ更新をご無沙汰してしまいましたが毎週月曜と土曜の街頭遊説は続けております!國場幸之助代議士と新垣よしとよ県議も一緒にこれからも頑張ります。

  • 23Jun
    • 今年の慰霊の日の画像

      今年の慰霊の日

      おはようございます。よしみね努です。今日6/23は、慰霊の日。今朝、顔を洗って歯を磨き、水を飲んだ時、ふと、水が使いたい時に使えるありがたさを感じました。豊かで平和な世の中になり、多くの人が幸せを感じることができている。水も飲めず苦しみに耐えなければならなかった戦時中、愛する家族のため、大切な人たちのため、国の未来を想い、命を懸けて闘った先人たちに感謝と祈りをもって過ごしたいと思います。日本を、沖縄を守り抜く。そんな想いを新たにする1日です。

  • 20Jun
    • 沖縄の想いを伝える要請活動の画像

      沖縄の想いを伝える要請活動

      こんにちは。よしみね努です。奥間りょう那覇市議、宮里ひろふみ西原町議と共に、自民党沖縄県連 青年部の要請活動です。まず最初に自民党青年局 小林史明局長に要請を行い、その後、防衛省へ移動して、山本ともひろ防衛副大臣に、直接要請して参りまりした!要請書は、マスコミ報道もありましたので、公開いたします。普天間基地のキャンプシュワブ統合計画は、約12年の工期を要するとされていますが、少しでも早い閉鎖と返還のために、あらゆる手を尽くしていただきたい。沖縄県ドクターヘリパイロットとして、沖縄の空を患者さんを乗せて飛んでいた頃。西海岸から東海岸の病院へ搬送する際には、基地があるため、ドクターヘリは管制により上空で待機することがありました。生命を救う1分1秒が大切なとき、基地があるために生命を守れないと感じたこともあります。だからこそ、普天間の危険性の除去、早期返還を実現したい。また一方で、パイロットとしてヘリコプターの機体としてのオスプレイは米軍で長年運用され、機体に関する情報が蓄積され、その評価も変わってきていると思います。とにかく、防衛省・自衛隊が確認している安全性を、国民県民の皆さんに分かりやすく説明して頂きたいと考えています。沖縄県民が安心安全で暮らせる沖縄になるために、引き続き取り組んで参ります!最後になりますが、要請を実現して頂いた、党本部青年局長の小林史明 衆議院議員に、深く感謝いたします。沖縄の防災ヘリの進捗を気にかけてくださっている古屋圭司代議士のお部屋にもご挨拶に伺いました。残念ながらお会いできませんでしたが、仲間と共に頑張っています!とお伝えしたいと思っています。

  • 17Jun
    • 備えよ。常に!の画像

      備えよ。常に!

      こんにちは。よしみね努です。ここは那覇軍港。あれはヘリコプター火災時の消火訓練用モックアップ、だと思います。那覇の上空を自衛隊、海保、米軍の航空機が飛ぶのですから、どこで事故が起きるかはわからない。このような消火訓練を那覇消防局が行っているか。県内各地の消防が訓練を受ける機会があるのか。消防職員のためにも、県民の生命を守るためにも、確認しなければなりませんね。

  • 15Jun
    • 議会中ですがの画像

      議会中ですが

      こんばんは。よしみね努です。月曜恒例の朝の街頭遊説から、今週もスタートです。現在、議会の会期中。是非議会傍聴をお願いします!那覇空港への診療所設置や那覇市立病院のヘリポート設置など、生命を守る取り組みについて質問しています。よしみね努議会質問http://naha-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=170写真は北谷町のサーフスポットの近く。レジェンドサーファーさんからお話を伺い、現場確認してきました。県有地から道路に草が繁茂して、フェンスが倒れ、ランニングしてる方が怪我をしているとのこと。夏は特に草が伸びるのが早いので、対策を急がなければ!皆さんも、町のお困りごとをお気軽にご連絡ください。また、新型コロナウイルス対策の支援策等の情報が欲しいという方、相談に乗りますので是非声かけてください。https://www.jimin.jp/covid19/

  • 03Jun
    • 生命を守る政治の実現を!の画像

      生命を守る政治の実現を!

      こんばんは。よしみね努です。先日、久しぶりに沖縄県ドクターヘリのヘリポートへお邪魔しました。那覇市立病院にはヘリポートが必要ですよ、と激励をいただきました。山川のりじ候補とともに、生命を守る政治の実現を目指しています。応援をよろしくお願いします。

  • 27May
    • 観光防災充実のチャンスの画像

      観光防災充実のチャンス

      こんばんは。よしみね努です。那覇空港の様子です。離島である沖縄県にとって、空路は物流だけではなく、ヒトの移動が伴ってこそ、経済の回復に繋がります。沖縄ブランドに、『安全性』を加えていくためにできることを模索しています。例えば、那覇市医師会の先生方と協力して、空港検疫だけでなく、滞在中の体調不良に備えて県内医療機関情報の提供や不安時の窓口の周知はどうだろう。ホテル等の観光事業者と協力して、レンタカー事業者と連携して、沖縄は安全な観光地であり、国内観光で景気を喚起するきっかけにもなれる場所にするにはどんなことができるだろう。空港の検疫体制拡充などは県知事が率先して整備し、日本中から安心して来島して欲しい、という安全で健康的な沖縄県というブランディングに取り組んでもらいたい。県議会議員選挙では、激減した沖縄観光をどのように回復させるのかという経済政策も見て欲しい。これまでの実現性とともに。https://okinawanewsnet.jp/?p=408

  • 24May
    • 消防防災ヘリコプター導入に向けての画像

      消防防災ヘリコプター導入に向けて

      こんばんは。よしみね努です。消防防災ヘリコプターについて、取り上げていただきました。https://okinawanewsnet.jp/?p=380是非、県民の皆さんだけでなく、全国のみなさんにも、知っていただきたいと思います。

  • 22May
    • 市民の声を伝える仕事の画像

      市民の声を伝える仕事

      こんにちは。よしみね努です。沖縄県連青年部より、自民党本部青年局に対して、要請行動を行いました。青年部長 奥間亮(那覇市議会議員)副部長 宮里洋史(西原町議会議員)政策提言委員会 吉嶺努(那覇市議会議員)たくさんの項目についてお話ししたのですが、防災議員を自認する私としては、特に次の二つのことを強くお願いしました。新型コロナ流行の第二波に備えるため、島嶼県と特性をとらえた医療体制の強化!患者の広域搬送や、離島における感染防止施策など、他県と異なる「島嶼県としての医療体制」の事情汲んだ医療体制強化の支援策を検討して欲しいと伝えました。また、もし今、沖縄県で大規模災害が発生すると、その被害は甚大となります。今回のコロナだけではなく、新興感染症リスクのある時に、同時に災害が発生した場合、屋内避難所において、感染対策を含めた資機材が必要となります。感染拡大防止と災害避難を両立するための新たな防災施策を今こそ議論して欲しいと要望しました。私は、防災士の資格も取得していますが、多くの防災士は感染についての教育が不足しており、今回のコロナ禍に、災害が重なったらどうなるのだろうか、と不安を持ったはずです。この地域の安全のために大事な力となる防災士への情報や教育機会を提供できたら良いのにな、と思うのです。