大学受験 英語勉強法 〜灘高&京大卒 塾講師からの指南〜

大学受験 英語勉強法 〜灘高&京大卒 塾講師からの指南〜

中学受験に失敗…その後懸命に努力し高校受験で灘高に合格! 一時燃え尽き症候群で苦しむも再起し京大合格! 今ではその経験を活かし、塾・予備校講師として主に高校生・浪人生に英語を教える日々。そんな講師が具体的な大学受験の英語勉強法を提示する。

かなり久々になってしまいました。

2018年度はなんだかんだで走りづめの生活だったなという印象です。

 

出講している塾・予備校の関係上、

そして2020年から変わる入試システムの関係上、

いろんな配置換えとも呼べることが多くあった1年でした。

 

その結果、

東大系・京大系・国公立医学部系をすべて同時に走り、

さらには、標準レベルのものも同時に走るという

なんともしんどい1年となりました。

 

ひとまず何事もなく1年を乗り切れたことに感謝しながら、

また新たな年に向けて頑張っていく所存です。

 

さて、そんな中、受験生の中には

残念ながら浪人するという結論に至った人も多数いると思います。

 

また、

新たに高3生としてセンター試験最後の年に立ち向かう人、

さらには新高2生として、新しい試験の1年目という

なんとも先の見えない世界に立ち向かおうとしている人、

様々な人たちがいると思います。

 

そんな中に、

実際に僕がクラスを担当することになる人もいると考えると、

毎年のことながら、どこか不思議な気持ちになります。

 

もちろん僕が実際に担当する子たちには

精一杯一緒に戦っていきますんで、

この場を借りて、

その際はよろしくってことで頑張っていきましょう。

 

ただ残念ながら、実際に担当しない子も多くいます。

というか、担当しない子の方が圧倒的に多いです。

 

そしてその担当しない子たちには非常に多くのレベルの、

そしてパターンの子たちがいるでしょう。

 

あとは受験を待つだけといった非常にレベルの高い子から、

まだまだこれから勉強しないといけないというレベルの子まで様々です。

 

今回のこの記事は、後者、すなわち、

これから勉強しないといけない子向けとなります。

 

英語の勉強をしていく中で、

絶対的に大事なことは多数あります。

『単語』なんていうまでもありません。

そして『英文の構文・構造を正確に取れる力』

もいうまでもありません。

と言いながら、実際には

この力がいかに大事かがわかっていない子が

多いこともわかっています。

ですが、ここではその議論は一旦置いておいて、

『英文の構造を正確に把握する以前の力』

について書いていこうと思います。

 

世間でよく『文法』なんて言われるやつですね。

 

この『文法』という言葉を聞いて、

一挙にやる気が失せてしまう子が多数いるのは悲しい限りです。

きっとこれまでの英語学習人生の中で、

文法の重要性に気付く機会に出会ってこなかったのでしょう。

いやそれ以上にマズイなと思うのは、

それだけ勉強してこなかった可能性が非常に高いということです。

 

英語の勉強をある程度していくと、

いやでも文法を意識しないといけないタイミングに出くわします。

その経験がないとすれば、

それはそこまでに至る勉強ができていないということ。

もしくは、本当は意識しないといけないはずなのに、

目を背けてきたということです。

 

ただそれをこれから先もずっと続けていくと

確実に英語不得意な状況が続くでしょう。

 

せっかく年度も変わります。

平成から違う元号へと変わってしまいます。

なんともいいタイミングじゃないですか(あれっ違いますか?)。

しっかり土台から勉強していきましょう!

 

そこでオススメしたいのが、

最近巷で大人気・大絶賛となっている

『英文法基礎10題ドリル』(駿台文庫)

 

 

です。

 

さらにこの入門編となるものも発売になるとのことなので、

この本でも難しい!無理!ってなった人は、

入門編の方から始めるのもいいかもしれません。

 

さて話を本題に戻して、

この『英文法基礎10題ドリル』は文字通り、

英文法の基礎力を徹底して強化していくドリルとなります。

採用されているのは整序英作文の形式ですね。

さらにイメージとしては、

ある程度英語の基礎をやったことのある人ならば、

「どんどん丸がついていき、テンションが上がる問題集」

といった感じに出来上がっています。

 

僕も英語の先生をやっている身なので思うのですが、

こういったレベルの本を作るのは本当に大変なんですよね…。

 

出来上がった結果だけ見れば簡単そうに見えるのですが、

意外にこういった

「どんどん手を動かし、英文法をもとに英文の語順を徹底意識しながら、

でも丸がどんどんついていくドリル」

ってのは英語ではなかったんですよね。

 

そんな中、著者である田中健一先生が渾身の一撃とも言える教材を作成されました。

 

今では中学や高校などで採用されているところも多々あるくらい大人気となっています。

 

この流れに乗って、英語の基礎から徹底強化をしたい、

でも今まで勉強をサボってたなって人はこの本に取り組んでみてはどうでしょうか?

今日はセンター試験2日目。

 

例に漏れず、

昨日も今日も非常に寒い日となりました。

 

それまで暖冬と言われていた年も

なぜかセンター試験の日になると

非常に寒い日、雪のちらつく日になりますね。

 

 

もちろん高3生・浪人生含めて

実際にセンター試験を受験している子たち

のことも気になるのですが、

 

現高2生で

「1年前に受験してみよう」という

イベントに参加した子たちのことも

気になります。

 

各予備校・塾によって

『英語・国語・数学』という3教科の所と、

『理科・社会』まで含めた全教科を実施するところの

2種類がありますが、

 

どちらであれ、

『今自分のいる場所』を正しく認識するのに

いい機会ではないかと思っています。

 

センター試験がなくなるだの、

センター試験に変わる試験が出来上がるだの、

いろいろ言われている世の中ではありますが、

センター試験が非常に優れた試験であることは確かです。

 

英語に関して言うのであれば、

どんどん「4技能」というフレーズが注目され、

よく僕が皮肉を込めて言う

外国語大学や外国語学部出身で

今予備校講師をしているような、

「英語しかできない人たち」は

「4技能大賛成!」と言っていますが、

人間の思考は英語だけで構成されるものではありません。

 

それに英語は話せるだけが大事なわけでもありません。

 

確かに今の日本の英語教育は

「読み書き」に中心が置かれた教育ですが、

それはそもそも、

「英語で書かれた論文を正しく読み書きする能力を養成する」

ことがターゲットだからではないでしょか?

 

決して、

「なんとなく会話ができればそれでOK!」

みたいな軽いものではありません。

 

残念ながら今の4技能に向けて突き進む英語教育の結果、

昔よりもはるかに読むことも書くこともできない子たちが

出来上がってしまっている悲しい現実があります。

 

それはさておき、

センター試験は、少なくとも読むことに関して、

英文法を正しく運用することに関しては

十分力を測ることができるテストになっている

と思います。

 

そういった意味では、

ある一定ライン以上の評価を与えるべきですし、

むやみやたらに否定すべきものではないと思っています。

 

まぁ本当に模擬試験なり、入試なりを作ってみたらわかります。

 

生徒の顔も全く見えない状況で、

毎年200点満点で120点前後の平均点を出し続ける難しさが。

 

きっとこういったものを作ったことのない人たちは

苦労を理解できずに、

そして今あるテストの真意も理解できずに

文句だけを言うんでしょう。

 

さて、話を少し戻して、

センター試験は、平均点を120点くらいに作り上げる

素晴らしい標準テストだと言えるということです。

 

もちろんまだまだ改善の余地はあるんでしょう。

 

でも、今のままでも十分標準テストの意味合いは成しています。

 

そういう意味でも、

今自分のいる場所、もちろん学力面でのですが、

そういった場所を正しく認識することが

これから本格的に受験生活に向かっていく人たちにとって

重要なのではないかなと思います。

 

確かに大人の場合TOEICというテストがありますが、

あれはあれでビジネス英語です。

 

もっと基礎的な英語を、

土台となる英語をテストする機会というのは

なかなか大人は得ることができません。

 

そして悲しいかな、

そういったテストがないと

僕たちは自分のいる正しい位置というのを

正確に知るということはなかなかできないわけです。

 

そういった意味では、

高2生は非常に恵まれた環境にいるんじゃないかな?

と僕は思っています。

 

是非とも今の自分の学力を正しく認識し、

次の勉強へと歩みを進めてほしいと思います。

新年あけましておめでとうございます。

 

 

なんだかんだで昨年も忙しい1年でした。

ただその分だけ生徒たちには

貢献できた部分も多数あるのではないかな?

と勝手に思い込んでおります(笑)

 

何年も前から思っている

『より良い教育環境を日本中に広げていく』

という初心を忘れずに、

今年は昨年よりもより一層

学びたいと思っている人たちに貢献できる場を

提供していきたいな、と思っております。

 

今後ともよろしくお願いします!