Yoga with Yuriko
JYOETSU YOGA FEST
for charity

日時/2017年93日(
会場/上越市民プラザ1階 A・B・Cホール・音楽室
参加費/1クラス1,200円 2クラス2,200円 3クラス以上3,000円

下 チラシをクリックしてね!


※ヨガマット・毛布・タオルは各自でご用意してください。
レンタルマット有(限定数35本のみ)300円

上越で第10弾のヨガイベントです!

ヨガが大好き!という方から、男女問わず
未経験の方まで参加しやすい様々なスタイルのヨガを
「一度に」体験できる「場」を提供したいという想いの一日です。


お問い合わせ
めーる。lily_t@jp.bigplanet.com

詳細は
*Ameba check*http://ameblo.jp/jyoga


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-18 09:38:54

2018年蓮見ヨガ

テーマ:ジャイロキネシス

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

ずいぶんこちらご無沙汰しておりました。

 

さて、今年も上越観光コンベンション協会様の

ご依頼で、「蓮見ヨガ」行います。

 

日時:7月29日(日)・8月5日(日)

    6:00~7:00

 

会場:高田公園内芝生公園

    (博物館横・駐車場有)

参加費:500円

 

持ち物:ヨガマット(レンタルマット300円)

 

事前お申込み不要。

 

詳細は、上越観光コンベンション協会・蓮まつりの

イベント欄まで。

 

家族が寝てる間に、ちょっと早起きして

蓮の香りの中で、ヨガしてみませんか?

 

 

 

 

 

2018-02-22 08:49:09

ケガの功名

テーマ:yoga

怪我の功名

 失敗や過失、あるいは何気なくした

ことが、偶然によい結果をもたらすこと

のたとえ。

 

先日、寒い中とある葬儀に参列し、

久しぶりにヒールを掃き、立位で

待つこと、坐ることを長時間した

翌日、ぎっくり腰気味になってしまい

ました。今冬の除雪での疲れも

あったのでしょうか。

 

昨夏、ケガをした腰がまた悪化したのか、

ぎっくり腰自体初めての経験でしたので、

急いで理学療法士さんの治療院へ。

「ぎっくり腰ですね。背中めちゃ張って

ますよ」と。

 

怪我の悪化でないことに安堵すると同時

に、要介護5の父の介助ができるかどうか、

夜からの降雪の予報もあるし・・・と、

不安も。

 

除雪は、人にお任せすることに決め、

リハビリ体操を習ってきました。

 

ヨガのポーズで言えば、スフィンクス(後屈)

と、赤ちゃん(腰の前屈)、ねじりのポーズ

とのこと。

 

「えっ、これいつもやってますけど・・・?!」。

 

が、しかし、痛みが出てから行うと、

いつもの角度になるには、数回必要で、

なんて言っても、背中がギーンと伸びを

感じます。ネコのポーズで、お腹が

使えるには、5回は必要。

 

2日間仕事もお休みでしたので、せっせと

ビギナー並みの体の硬さで、練習すること

の連続。

 

「ヨガのポーズって素晴らしい!」と、ヨガ歴

20年ですが、感動してしまいました。

 

指導者のプロフィールで「肩こり腰痛がひどくて、

ヨガをしたら快復したので、ヨガ講師になりました」

なんてよくあるお話ですが、私の場合、腰痛も最近

のこと、どちらかと言えば、ヨガの哲学に惹かれて

この世界に入りましたので・・・。

 

昨夏のケガの際も、今回のぎっくり腰も

ヨガやピラティス、ジャイロキネシスの

良さがびしびし伝わってきました。

 

体は、ちょっとしたことで変化します。

心も同じ。

 

快復・悪化への道もちょっとしたことで

影響します。

 

ヨガのポーズ、いえいえ体を

動かすこと素晴らしいです。

 

もちろん、体の声をちゃんと聴きながら

気持ちのいいところを探しながらです。

 

怪我をしたことで、新鮮さが

蘇りました。

 

ヨガっていいですよ~。

 

 

2018-01-31 09:42:26

一月最終日

テーマ:日々の事

今日で、1月も終了なり。

お正月週が済んでから、隔週で

お越しになった「最強の寒波」。

やっと今日は、穏やかな青空が

広がっている上越市です。

 

もくもくとしんしんと、びゅーびゅーと

降る雪ばかり見ていると、ちょっと

落ち込みそうですが、除雪作業で

汗をかいていると、すっきりしてしまい

ます。

 

積雪量は、あまりありませんが、ずいぶん

と雪雲が頭上に鎮座。

こんな一週間を過ごすと時間も

あっという間、「行く1月」なり。

 

今月で最後のくびき区「からだメンテナンス」

クラスも最終週は、地吹雪の為、やむなく

私が欠席してしまいましたが、それ以外の

クラスは、なんとか開講できました。

 

冬になるといつも実感する、「自然」という

意味。人間では太刀打ちできない力を

感じます。

同時に、自分もその自然の一部なのだと

思えば、四苦八苦のこの世の中、手に

負えないことは、手放すしかないのだ

と、身をもって理解が深まります。

 

地吹雪のホワイトアウトの中、

急いで帰らねばと心は焦り、

視界ゼロの恐怖の中、じっと

風がやむのを待つ勇気。

一瞬の出来事の中に、人生

も同じだなぁと。

 

必ず風がおさまるときが

来ます。この雪雲のもっと

上には青空が広がっている

わけで。

 

順調に進める時もまた

やってくる。

 

雪が降る日は、家の中で

心温まる好きなことに夢中に

なる。

 

雪国の冬は、夏よりも教えが

たくさん。

 

ありがたい雪国の冬です。

 

でも、もう寒波は、しばらく

ご遠慮したい・・・。

2018-01-15 08:32:52

今年の冬

テーマ:我が町 城下町高田

今年最初のドカ雪から数日、朝陽が

まぶしい新潟県上越市です。

 

10日水曜日の夜に、風の強い中降り始め、

夜のクラスから帰る頃は、慣れない吹雪に

今冬最初の試練を感じながら帰宅。

翌朝は、せいぜい積雪10センチ程度。

降ると予報では、言われておりましたが、

一日夜まで快晴。積もった雪も溶けるほど。

しかし、この夜半過ぎからもくもく、

しんしんと降り始めた雪がそのまま今年

初のドカ雪に。積雪24時間未満で、60センチ。

 

お年を召された方もおられる夕方の

新潟日報カルチャースクールのクラスは、

参加者少ないだろうと思っていたのですが、

今年初クラス、二名のみの欠席。出席

率高し。さすがの雪国人でした。

 

翌土曜日、センター試験。降雪は

ないものの、積雪がすごい朝。

 

土曜日は、各町内で、一斉除雪。

流雪溝という、水路に時間割で

水が流れるので、一致団結。

こちら、車移動の為、「お忙しい

中すいません」と頭を下げながら

通行。

 

ドカ雪は、本当に困ります。

でも、この時期、我が家の界隈

も、除雪しながらご近所コミュニケーション

が進む。なんとも言えない、

ほっこり気分になります。

 

予報では、今週は寒波も

お休み。

 

大寒から立春までの2週間が

寒波再来となりますか?!

どうでしょうか。

 

雪かきで、お疲れの体を

ヨガでリリースしていただければと

思います。

 

それにしても、どか雪は、興奮が

絶えない。皆さんお元気です。

 

早朝からの除雪も、なかなか

いいものです。(時間があれば・・・)

 

 

 

 

 

 

2018-01-05 08:43:59

あけましておめでとうございます

テーマ:ブログ

新年あけましておめでとう

ございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨日までは、こちら新潟県上越市は、

朝から晴れたり雪が降ったりのお天気。

今朝は、道路もがちがちに凍るほど

雪雲がない空が軽い朝です。

 

五度目の京都で迎えるお正月を

過ごしてきました。

元旦朝一番に伺ったのは、東本願寺と

西本願寺。

 

お東さんのご門の前の「和顔愛語」

Gentle in countenance and

loving in speech.

というお言葉から新年がスタート

しました。

 

和顔施とも言いますが、穏やかな

表情、心の状態で人に接すること。

お布施の一つです。

 

それには、人に接する前に、まずは

自分の心を穏やかにする。

やっぱりヨガの教え通り、まずは

自分を調えることから始めないと

いかんわけです。

 

昨年は、体調を崩すことが多く、大好きな

お仕事であっても、笑顔を作るのが

しんどい時がありました。

ヨガを教え始めて、レッスンの前に

自分の心をセンタリングすることは

自然の業になっていたのに、動けば

痛みが現れる・・・、センターが

なくなるなんて日も。

 

そう今年は、初心に戻り、センタリング

のその前、自己管理から始めないと

いかんのだなぁと、早朝の人気のない

浄土真宗のお寺で感じました。

 

今年は、この言葉をまずは胸に

抱いて、新しい一歩を進んでみよう

と思います。

 

浄土真宗のお寺から始まり、

今年はなぜか真言宗のお寺ばかり

を巡り、「すべての生命の生かし

存在させる宇宙エネルギー」の

象徴「尊天」様がおられる鞍馬山

鞍馬寺に。

 

まずは、自分の健康・生命を

大切に・・・というメッセージ

でしょうか。

 

これが調い、和顔愛語

に至れるを願う新年です。

 

どうぞ今年一年よろしくお願い

いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-12-31 10:06:15

1年間ありがとうございました

テーマ:日々の事
いよいよ今年も今日で終了。

今年は、父の入院が2回、私自身も
腰の怪我、数年ぶりの風邪、初めての
胃腸炎と体調が不安定な1年でした。
自宅のクラスもお休み、外部クラスも
代行と、ご参加の方々にご迷惑をおかけ
し、仲間には助けられました。感謝、
感謝でござりまする。

ですが、病は様々な事をおしえてくれました。
心友が「死は師なり」と、以前つぶやいて
いましたが、生老病死は、足元を見直す
チャンスなのかもしれませんね。紆余曲折の
日々を楽しんで生きます。

ずっと継続してくださる方々、新しく
お会いできた方々、1年間ありがとう
ございました。

そして、10周年の区切りがついた上越
ヨガフェスタに関わってくださいました
方々、大変お世話になりました。

どうぞ皆様穏やかに健やかに、
新年をお迎えくださいませ。


Yoga with Yuriko

高橋百合子


2017-12-07 09:43:19

何かが効いた!

テーマ:日々の事

11月の最終週から、お風邪をひいて

しまいました。

 

葛根湯・麦門冬湯・鼻のどうがい・今年初めて

作ったかりんのシロップを同時に飲み、1週間で

何かが効いたみたい。治りました。

 

何分、お年を召した方々と同居しておりますので

風邪なんてひいていられない身分。

数年ぶりに、父と離れて二階で寝てました。

 

が、今週は父に同じ症状が出て、「学校」と呼んで

いるディサービスは、お休み。同じものを

服用させ、今日は復活。ホッとしてます。

 

夏の腰のケガから、治療と共に痛みがどんどん

変化してました。11月は、「梨状筋症候群」的な

痛みが勃発。座っている姿勢から動き始めると

おしりと腿外側を握られているような痛み。

ちょっとストレッチをして歩き始めると治る。

 

梨状筋を緩める、鍛えるを繰り返し。少しは

ましになってきました。

 

11月最終週マスクをしながら、今年最後の

ナチュラルフローさんへ、グループレッスンに

行ってきました。

 

先月と同じスケジュール。ヘルパーさんを早め、

父を起床させ、東京へ向かい、戻ってきてから

父を待ち、夜は県立病院のヨガサークル。

 

あらあら不思議、痛みが半分くらいに減って

ました。

 

先月と同様、覚えているエクササイズは、わず

かでしたが、先生にメールで確認しながら

翌日もまた復習すると、なんと9割ほど

痛みがなくなる。

何かが効いた!

 

それから、ほぼ毎日、時にはレッスン中でも

取り入れて続けてますが、痛みはほとんど

感じなくなりました。

 

お腹・お尻・足の裏側・骨盤を動かす

エクササイズ。

 

これがいいのだ!と、特定はできません。

何かが効いた。

 

人生と痛みは、やはり同じ。

すべてがつながっている。

バランスなり。

 

 

絶対なんてものはありません。

 

また変化すると思います。

 

 

 

でも、気分よし。

それでいい。

 

 

 

2017-11-10 08:45:06

からだメンテナンスクラス

テーマ:習い事

朝から気持ちよく晴れている新潟県

上越市です。

 

8月より、NPO法人ユートピアくびき

スポーツクラブで、新講座が始まって

います。

 

「からだメンテナンスクラス」。

 

健康診断などで、運動処方が必要な

方々向けのクラス。

 

昨年から、講師3名で、月1のミーティング

を重ねて今夏やっとスタートしたクラス。

 

お申込み総勢30名。

 

当初は、パーソナルレッスンに近い少人数制

をイメージしていたのですが、お申し込みが

多く、10名、20名と二部制となりました。

 

週3回の自主トレーニングメニューと食事

内容を明記し、提出する。

保健所さんとのコラボ企画の為、栄養指導も

入り、毎回レッスン前に腹回り・体組成計で

脂肪量・水分量・筋肉量も測定する。

 

という、結構本格的。

 

8月より、宿題となる自主トレのメニューを

紹介し、有酸素運動・体幹トレーニングを

コツコツと進めてきました。

 

やっと昨日から、マシンを使用する筋トレ

メニューが加わり、後半期に入りました。

 

しばらく運動をしていなかった方々に、手取り

足取り、私も冷や汗をかきながら、指導して

きましたが、さすが3ケ月を過ぎると、皆さん

動きに変化が出てきて、昨夜は、とっても

楽しいクラスとなりました。(ホッ)

 

毎週提出物に、講師がコメントを添えるという

我々講師にも宿題があります。

なかなかクラス中は、動きのフォローだけで

精一杯。ですが、このコメント書きで、おひとり

づつ様子がよくわかります。

 

栄養学の知識のない私も、日に日に勉強中。

やっぱり、食生活は、とっても大切。

我が家のメニューも、少しづつ変わって

きています。

 

地域密着型というスポーツクラブ。

私も、発足当初から、ヨガクラスで参加

させていただております。こちらは

もう10年以上。

 

今回も殆どが、くびき区の会員様。

他2名の講師も、地元民。

私は、外部ですが、2名の経験・情報

おかげでかなり密な、内容そして

参加者の良い雰囲気がどんどん

増しています。

 

講師自身も経歴が様々。

おかげで、講師のチームワークも

とても良いです。

13時に、会場に入り、終了は21時

過ぎと、結構キョーレツなスケジュール

ですが、とっても勉強になる半日。

 

残り3か月、参加者の変化を

見守ります。

 

くびき区民は、とっても素敵な

方々。地域密着型、とっても

いいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-03 09:19:50

学びの時間

テーマ:ピラティス

文化の日は、晴天が多いと言われており

ますが、新潟県上越市も朝から気持ちの

良い太陽晴れ

 

10月は、二度も台風で日曜日・月曜日

が不安定だったお天気。これは、こちら

上越市だけでなく、全国的。

 

その天候の中、2週続けて久しぶりに

いつもお世話になっている東京のStudio

 Naturalflowで、ピラティスのレッスンに

行ってきました。台風一過の火曜日と

わかっていても、出かけるまで、何が

起こるかわからない・・・、ひやひや

ドキドキしながら朝を待っていました。

 

とっても楽しいピラティスクラスなんです。

毎月参加したいところですが、あいにく

火曜日は、自分のレッスンもあり、お休みの

週のみ。今年は、父の入院や自分の体調

も悪く、やっと念願叶った10月でした。

 

朝から、ヘルパーさんの時間を早め、父の

起床をさせ、新幹線。東京駅からレッスン

開始まで40分間。75分間のレッスンを受け、

帰りの新幹線まで、またまた40分間。

自宅に戻り、父の帰宅を待ち、着替えをさせて

夜は、県立病院のヨガサークル。

 

 

 

ギュギュっと、楽しい75分間。

一日の中で、たった75分間。

 

先生のキューを自分の体で、動くこと。

左右差のせいで、できる側とできない

側の違い。

以前コースでお習いしたことが、「これだった

のか」と、気づくこと納得すること。

新しい動きへの挑戦。

 

2年前に受講したコースもそうでしたが、

ピラティスを習うことで、ヨガやジャイロ

キネシスやジャイロトニックの理解が

さらに深まる。

 

帰りの地下鉄で立ちながら、刺激的な

レッスン内容をメモしようとしても、頭には

あまり残っていなくて、がっかりするものの

体は、とっても喜んでいるという感覚。

 

頭じゃないんだなぁ~、悦びは。

 

こんな楽しい時間を過ごせるのは、予約

不安定な私を受け入れてくれる先生を

始め、母やヘルパーさんたちのおかげ。

夏に感じた痛みを少しづつ治療して

くださった鍼の先生のおかげ。

 

レッスン自体は、75分間。

 

でも、体も心も多くのことを、学んで

いる。

 

レッスンの時間は、とっても僅かですが、

学ぶことは、盛沢山。

 

来月も行けるといいのですがヒヨコ

 

 

 

2017-11-01 10:32:46

真の幸福

テーマ:ブログ

ブッタの真の幸福

https://ameblo.jp/yogawithyuriko/day-20151120.html

2年前の記事です。

 

「人生の浮き沈みに直面しても、

心が動揺することなく嘆くことも

悪意を抱くこともなく、いつもやすらいで

いる。これが最大の幸福である。」

 

心とからだという小宇宙のなかであれ、

外の世界であれ、どのようなことが

起きても正面から対処することができる。

緊張することなく、無理に渇望と嫌悪を

おさえることなく、じつに穏やかで、

こころの底から微笑みを浮かべ、

問題に立ちむかう。楽しい時、楽しくない時

思い通りになる時、思い通りにならない時、

どのような状況においても、まったく不安

がなく、落ち着いている。すべては

無常であるとさとり、何一つ心配することが

ない。これが最大の幸福である。

 

ただ何もしないでいるとか、遠くから自分を

ながめるという事ではない。人生の諸問題

から逃げ、現実を回避し、ただおとなしく生きて

ゆくとか、無関心をきめこむことでもない。

ほんとうの心のバランスと言うのは、むしろ

全ての問題に気づいていること、あらゆる

レベルの現実に気づいていること。

 

その場しのぎの反応ぐせから心が解放された

時、初めて前向きな行動をとることができるので

ある。

 

(ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門)

 

お釈迦様の瞑想法を習ってから、

この文章を何度も読み返えしてしまう。

 

2年前の11月には、毎日の生活の

中で嫌悪と渇望を抑えることは簡単

にはできないが、それでもそれに

気づいた時は、「これは嫌悪だなぁ

~」で止める努力をしていた。

 

2年経ち、日々の嫌悪や渇望の数が

減ったわけではないが、「ふ~ん」

程度で終了できる回数がずいぶんと

増えたことがよくわかる。あまり

努力もしていません。

 

継続してきて今よくわかるのは、

嫌悪や渇望を「ふ~ん」程度で

あしらうことができると、思考の

空き時間が増える。

 

以前は、真の原因はなんだろうか?

とか、自分はどうなりたいのか?と

「嫌悪と渇望」をきっかけに思考を

彷徨い、自分に決着をつけること

にそれなりの時間を使っていた。

もう最近は、そんなこと考えなく

なっています。

 

「ただ何もしないでいるとか、遠くから

自分を眺めるということでもなく、現実

を回避しているわけでもなく・・・」

 

確かに、嫌悪や渇望への

思考が減ると、様々な問題に

気づく時間が増えるのだ。

 

目の前にやってきた出来事を

見逃す回数が減る。

 

幸せなんて時は、点のような瞬間。

これを見逃さない。

 

すると、ありがたいと感じる時間が

どんどん増える。

 

同時に「嫌悪と渇望」には、時間を

かけない。

 

そして、日々が紆余曲折、変化の

連続だということに、時間が使え、

対応する時間が使える。問題

解決の確立が増える。

 

まだまだ、人生の浮き沈みは

やってくるし、心は動揺はする

けれど、安らぐ時間が増えて

きた。

 

真の幸福は、点の集まり。

 

10月も、心を悩ます様々なことが

あったけれど、幸福の点も、

多かったなぁ~。

 

私は、とても元気です。

 

ゴエンカ氏のお言葉は、いまだに

私の心を調えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス