日本の7都市、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、兵庫、福岡に緊急事態宣言が発令されましたね。

普段生活している分にはあまり危機感を感じないかもしれません。

 私の住んでいるアメリカ中西部ミネソタ州も3月28日午前0時からstay in shelter order 所謂外出禁止、 自宅待機命令が出され、

•不要不急以外の外出は避けるように
•ソーシャルディスタンスを取る 6 フィート(約180cm)

という基本のもと
会社は基本テレワーク(4/11 まで丸2週間、今の所)
学校は遠隔授業(5/4まで)、習い事は中止、無期限延期


買い物は、ロックダウンされるらしい!
というニュースが流れてからコストコでもトイレットペーパーや、パスタが品薄になりました。
他のスーパーでもパスタ、缶スープ系が棚から消えたとか。

↑写真は普段よく行くトレーダージョーズのパスタ棚です。


でもね、今は各スーパーも開店から1時間はお年寄りや、医療的にサポートが必要な方の為に時間をとり、お年寄りが、他の人にささっと買い占められ買えない、といいことがないように。
人と触れ合うチャンスを少なくして、感染リスクを低くするようにしています。

品物も大体戻ってきてます。
まだ不安があるトイレットペーパーや、パスタは品薄が続いていたりしますけどね。
大丈夫、買い占めしすぎなくても落ち着いたら手に入ると思います👍

美容院、スパ、バー、レストラン、カフェ、ジムは休業。(5/1まで)
テイクアウトはOK

こんな状況だから個人経営者は非常に困窮しています。
だって、テナント料も払わなくてはいけないですもんね。

何より働けないから皆お金が入ってこない。
ジムのインストラクターも個人事業主。
シフトには入れないとお金が発生しない。
エンタメ系も仕事ができないから発注がない。
だから仕事がない。

そういう私も一応モデルもどきのお仕事してるので、ビシビシ影響受けてます。

予定されていたオーディション、撮影も延期。

バーチャルオーディションも今まで何度かしたことありますが、この場に至っては、いつ撮影ができるかわからないから、お流れ…😭

その前までは毎週仕事が入りかなりいい流れだったんだけどなぁ。

ちょっと自粛モードに入りかけてから週末スキンケアのモデルのお仕事へ行ったんですが、その時も化粧品サンプル使う度にスタッフさんが消毒、自分達もセットに入る時、出る時にも手指を消毒。
モデル同士も、自分の出番を待ってる間の間隔は6フィート間隔。


それでも心のどこかで心配でした。

それでしばらく最後かな、と思ってたんですが、なんと先週末またエージェントから同じスキンケアモデルの依頼が❗️

仕事はしたい、だけどこんなに世間が騒いでる時に不安な気持ちを1ミリでも抱えてやるのは嫌だなとお断りしました。

だから撮影現場、製作が思いきってとめないと、役者、スタッフは行っちゃうんですよ。
わたしも日本だと行かない自信はない。

日本でも撮影現場、舞台関係の方の感染が確認されてますよね。
そう、上が決めないと下は迷うんですよ。

今回日本政府が7都市に非常事態宣言を出しましたが、やっと!という感じ。
他の都市も自粛して行動しないと、効果ないですからね。

ミネソタ州、感染者1069人が確認が確認されました。(4/7現在)
残念ですが、毎日増えてます。
回復してる方も半数はいるんですが。

あまり大都会でないミネソタでさえ、
1か月のうちに1人から1000人。

皆さんの行動が今後をかえます。

早く収束して欲しいですよね。
今出来ることはじっと動きを止める事です。

明けない夜はない、頑張りましょう










日本でのロックダウンなんだか揉めてますね…。

揉めてるうちにどんどん感染者が増えてしまうのが心配です。

アメリカ中西部、ミネソタ州での状況です。

2つ前の記事にも書いたんですが

3月6日にミネソタ州で初めての感染者が確認され、丁度1か月。

感染者は 935人。(うち、快方に向かったか方は451人)




グラフを見てください。
本当にあれよ、あれよという間に二桁から三桁に増えてしまいました。

ミネソタ州も先々週土曜日午前0時からロックダウンが始まりました。



食品買い出し、病院、郵便局へ、また近所や自然の中での散歩など必要最低限の活動は認められています。

1週間、私は買い物にも出かけず家にいました。

今日凄く良い天気だったので、自然の中に散歩しに行こうと思い、その前にローカルビジネスサポートも兼ね、パン屋さんへ行きました。


今日はいい天気だからか混んでる。

ドアに貼り紙が。




お店には ”密” を避けるため5人まで、並んでるあいだも約2メートルの感覚を保ちます。

これをソーシャルディスタンシングと言っています。

マスクしないアメリカ人も、医療機関に勤める人が必要だからと、寄付したり自分達もDIYで作るYouTubeなどが沢山投稿されてます。





日本の皆さん、ロックダウンだからってパニックにならず、今我慢して行動しましょう!

長引いてもっと大変になってからは遅いですからね。


皆で乗り越えましょう!






もう1か月ジムに行けてない。

…行ってないんじゃなくて、ジム自体が、コロナウィルスで感染拡大を避けるためクローズ中。


私は汗をかきにくい体質なので、カーディオでガンガン動かないとなかなか汗をかかない。

自宅から1週間でてない…。
いや、散歩くらいは人と2メートル距離を保っていれば出かけても良い。
だけど帰宅してからの消毒、洗濯とか考えたら面倒でしていない。

出かけないから疲れない。

疲れないからよく眠れない。

アメリカではほぼ皆自宅待機なので、お陰様で色々なYouTube でのエクササイズや、lululemon のウェブサイトにある無料クラスをしたりしてます。

でもはっきり言って運動量たりてない…。

今まで頑張ってる体づくり…
キープできるか⁇

体力は確実に落ちてた↓

頑張れ、皆!


頑張れ、私!





日本でのコロナウィルスに対する捉え方、政府批判等ありますが…

私の住んでるアメリカ、ミネソタ州では3月6日に初めて1人の感染が確認されました。

見る間にどんどん増え続け、学校の休校、自宅待機令がでて継続中ですが、4月2日現在742人の感染が確認(うち、回復に向かった方もいますが死者は18人)されています。
残念ながら毎日その数は更新されています。




本当にこんな感じ。


ミネソタは 自然が豊かで、NY程公共の交通機関に頼らないにもかかわらずこの感染者拡大ぶり。

公共交通機関の利用頻度、生活スペースなどの大きさを考えても日本の都市部はNYに似ているように感じます。

世界中で、失業者、閉店、廃業に追い込まれる人たちが後をたちません。


生活があるのは皆同じ。
生活も健康で命があってこそ。
自分は大丈夫、かかるわけない、かかったらかかった時…とか言ってる場合ではない。

勿論そうは言っても家賃も払わなきゃいけないし、クレジットカードの支払い、公共料金の支払いだってある。
働かなきゃ生活できない。
わかりますよ。わかります。


今は未知のウィルスと全世界が闘ってる。
ミネソタ大学の研究室もコロナウィルスに関する研究以外は禁止だそう。
世界中の叡智をもって解決策をさがそうとしてる。

医療従事者の方々には、自分の身を危険にさらして医療現場で闘って下さっている事に本当に感謝しかない。

私達にできるのは解決策が見つかるまで、この爆発的拡大をウィルスの思い通りにさせない為に、時間稼ぎをするよう動きを止めるしかない。

なにかがうまくいかないと、政府や誰かのせいにする前に、まずは自分の動きを止めようよ。

それが今出来る自分、自分の大事な人たち、世界を守る行動なんだと思います。

アーティスト達も家にいるので、インスタで在宅ライブをしてくれたり、本の読み聞かせを子供達にしてくれたり、皆家にいて頑張って乗り切ろう!と一丸になって行動しています。


皆、思いやりを持って、冷静な判断をし、皆で力を合わせてこの状況を乗り越えましょう。




ご無沙汰しております。

ワークアウトするのが日常になり久しくなっておりますが、最近嬉しいのはアラフィフにしてフィットネス系のモデルが増えた事。

好きな事が仕事に繋がる嬉しさ❤️


昨年夏に撮影。ようやくwebsite に使われ始めました。


わかりにくいけど真ん中の黒髪です。↓


こちらもまだwebsite に載ってませんが楽しみ。💪


まだまだ楽しみながら結果に繋がるよう頑張ります。
すご〜く久々にショッピングネタです。

アメリカでは大体、感謝祭前、クリスマス後、新学期前主にセールがあるんですが、それ以外にもなんだかんだ祝日にかこつけてあったりします。

中でも私が1番いいと思うのは今の時期、2月くらいのクリアランス。
値下げされたのから更に60-70% offになったりします。

去年たまたま10分だけ時間がありフラッと入ったbanana republicのアウトレットで。

このトレンチとジーンズを驚きの価格でゲット❗️



オリジナル価格は$140 (14,000円くらい)



トレンチは$69.98ですが店頭ではレシート見たらもっと安くなってました😳


デニムはストレートで
$19.99のお値段がついてました。

そ、れ、が


トレンチ $22.39
デニム $7.98

因みに私の住んでる州では靴、服に税金がかかりません。これも大きい!


合計で

$30.37 
(約3,000円 🤩)

もう、元値がどうなってるか分かったもんじゃないですが😂

これから長く着たいと思います❤️



もうすっかり2020年明けて久しいですが、今年もよろしくお願いします。

色々あった2019年も終わり、2020年は自分を磨く一年にしたいと思います。

早速少しずつ行動しておりますが無理せず、でも弛まぬ努力を続けるつもりです。

肉眼で雪の結晶が見える❄️
皆違う形の結晶、それぞれが美しい。

私も私を認めて輝けるようにしたいなと思うのです。✨



翌日は帰るだけでしたが、このホテルには朝食がついてないのでブランチを食べに行こう〜と色々調べて行ってみたら…

行ってみたお店はキッチンが修理中なのか出来あいのバッフェ(ビュッフェ)しかないの、ということなので別の店へ。


アメリカンなカジュアルダイナーという感じのお店でした。


バナナウォルナッツフレンチトースト

ストロベリーパンケーキ

エビのあげたの+フレンチフライ、パン

気軽な食堂〜という感じでロードトリップの締めくくりにはピッタリでした。

さてこれから4時間かけて家路へ。🚘

サウスダコタ州は時速125km/hくらいだったのでガンガン飛ばしてました。

ミネソタ州に入ったら112km/h になります。
ミネソタに入っていましたが、前の車を追い越そう〜と左車線に出たら目の前にポリスが張ってました…

ちーん…

胸がバクバク、あ、バックミラーで見てたらポリスがついてきてる〜。
ダメだ、違反チケット切られる…と覚悟して、右路肩にスピード落としつつ走ってたら、やはりウィンウィン、と鳴らされ大人しくすぐ停止。

で、免許証提示。

おまわりさんにも
ミネソタ入ったら時速は落とさないとね…今もミネアポリス住んでるの?

と聞かれ、素直に答える。

おまわりさん、パトカーに戻りなんか紙切れと私の免許証持ってきた。

落ち込んでる私に

スピード出しすぎないよう気をつけて帰るんだよ。

と、警告 

だけで許してくれたのでした😭
そんなこんなで無事に野生動物を生で見る、という素敵なサウスダコタ旅で、改めてアメリカの壮大さに感動した旅となりました。
翌朝もまず起きたら窓の外を見、この日は外に行きました。

まだ月もみえていました。

明けてまた陽が昇り新しい朝がはじまりました。

さ、帰りに向けて元来た道をミネソタ方向へ。
行きも通りましたが、野生動物をもう一度野生で見たくて、バッドランドへ再び。

前には見なかった動物。

小さいグランドキャニオンですね〜。
美しい造詣美です。

ビッグホーン(大角)シープ🐏

なんだか神々しい。

ここでは偶然ミネソタの友人にバッタリ会いました!

さぁーこの真っ直ぐな道を4時間は運転したかな?

で、最終夜はスーフォールズに。
前に撮影で一回来ました。


この夜はウォーターパークのようなホテルに宿泊しました。