シンガーソングライター「*. ..やうこの猫的生活.. .*」Powered by Ameba
やうこmini Album 『Arabesque』 全8曲 ¥2000



2013.11.25 

ピアノを中心に構成された至極のアルバム
Inner Forest~森の隠しもの~

          全14曲 ¥2,500

$シンガーソングライター「*. ..やうこの猫的生活.. .*」Powered by Ameba

ご希望の方にはサイン付きでお送りします。
ご予約は order@yauko.com まで
・ 〒 ご住所
・ お名前  を明記の上、下記口座にお振込お願いします。
三菱東京UFJ銀行 広尾支店
普通)No. 1156980 スタジオ ヨーチ
1枚 +送料¥250 2枚 +送料¥350


+ + + + + +  LIVE (やうこ)  + + + + + + + +
次のライブが決まるまでしばしお待ちください。

+ + + + + +  LIVE (Die Milch)  + + + + + + + +






  チケットのご予約はこちら
お名前と連絡先を告白してください
butler@diemilch.com

チケット代をお振込の方から優先予約させて頂きます。

☆Die Milch official site こちら
                ブログこちら

Album 「Imperial」 11songs¥2800

☆購入 Amazon  
Die Milch official HP  Shop にてごサイン入CD注文可能

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-19 11:44:43

来週のライブ

テーマ:ブログ
おとといリハをやってきました。
今回のライブでは やうこの新曲やるよ
MORIさんにギターボーカルやってもらうよ
て公言していたから
なかなか落ち着いて曲作る時間なくて焦ってたけど
出来たよ! 
やうこの歌としては今までにないタイプだけど
聴いてたみんなにはカッコいいって言ってもらえた
それがお世辞でなければ 本当にカッコいいと思うw

今年のやうこは あいみょんの姉版みたいな
身近にある題材から曲を作っていくモード。

大人になるとね
恋愛が一番ではなくなっていくんだよね
あ、みんながみんなそうではないと思うし
一生恋愛体質の人もいるとは思うけど
生きてるといろいろあるじゃん
親のこととか世の中のこと
そんなことがどんどん歌詞として出てくるから
せっせと形にしていこう、て思ってます。

何曲か完成したらミニアルバムを出しますので
お待ちくださいね。
男性ボーカリストとのコラボも初めてだけど
これを去年からずっとやりたいと思ってたんだ。

てなわけで、今年はミルヒも頑張るけど
やうことして久しぶりに作品を出します!

来週26日は新大久保まで来てくれたら嬉しいです。

見どころはたくさんあると思います。

こちら側から沢山告知を発信しても
情報過多な時代、みなさんサラッと聞き流してしまう
発信する側の真剣さが なかなか伝わりづらいですが
一言、今回のライブは 絶対観て欲しい
あとで やっぱり行けばよかった、て言わないでねw

MORIさんは JUNさんお墨付きで紹介して頂いたけど
本当にいい方で、声もハスキーで
面倒見のいい兄貴、というかんじがしました。
みなさんにもきっと喜んでもらえると思います。
wyseのときとはまた違う雰囲気で歌って下さいます。
逆にMORIさんのファンの方にも、やうこやミルヒを
気に入ってもらえたら嬉しいな。

これから更にミュージシャンとの交流を増やしていけるよう頑張ります。

やうこは17時から歌いますよん♫•*¨*•.¸¸♪ 





2019-01-08 21:12:02

猫の食事。

テーマ:ブログ


冬のオス猫は膀胱系に注意、と言われてたけど
猫飼いのみなさん、どうですか。

パンくんどうやら結石ができやすい体質…
今お世話になってる2軒とも信頼のおける先生で
かたや世界ネコ医学会の認定医なので
なにかと最新の情報もおしえてもらいながら
パンくんに最適な食事トイレ環境を整えているところです。

この前 診察室でフェリウェイがついてたので
うちでも導入してみました。
りっちゃんにもなんとなくいい影響があったのか
足舐めの頻度も減ったのでカラーを外しました。
もともと運動神経のいいりっちゃん、さらに大爆走w

パンくんは今から処方食に切り替え
水分の摂れるウェットフードを強く勧められました。
トイレも 使わなくても2個置いておくようにと。
そしたら、2個目のほうのトイレは
頻尿とか、ちょっと調子が悪い時に使ってる。

で、やっぱり細かい砂が好きみたいなので
またいつものバイオサンド ホワイトに戻しました。

人間の食べ物をあげると塩分があるからよくない
と言われるけど、どうやら塩分はさほど影響はなく
それより猫は水分だよ、と念を押されました。

ごはん選びって、みんな頭を悩ますところよね
何が正解、てわからないし
食べたいもの食べさせてあげればいいじゃん
て思うときもある。

でも、現実 病気になってから
あぁもっと食事に気をつかっておけばよかった
こうすればよかった、と後悔するよりは
今できる中で最善の選択をしたいと思う。

本当は1番いいのは
猫が自分で獲ってまるごと食べる生き物の肉。
が、現代ではなかなか難しいので
できれば生肉や生魚がいい。
それを毎日続けるのは難しいから
せめて良質なタンパク質の摂れる食事

と考えていくと
日本の猫缶の殆どに入ってるマグロカツオは
どうやら猫さんの体には良くないらしく
猫さんたちのほとんどが腎臓系を壊すのも
原因はグレインではないかとも言われています。
肉食動物に穀類などは必要ない、てことね。

ジウィピーク(ZiwiPeak)のフードは
どちらの先生も「安心」と言います。
グレインフリーで かなり肉。
ドライタイプはもはや ビーフジャーキー。
パンくんはめっちゃお気に入りです。
もともとはりっちゃんのアレルギー除去食として
買った馬や鹿肉は ぜんぶパンくんのお気に入り。
りっちゃんは肉が好きじゃないみたい。

私が歴代の猫さんを見てきた限りでいうと
洋猫は肉好き、和猫は魚好き。
そしてみんな好きなのは ササミ。

まるまると太った猫さんは愛嬌あって可愛いけど
病気のリスクがかなり高まるので
やはり適正体重に近づけるのが良いかもね。
それに良質なフードをあげていると
おデブだった猫がスリムになることもあるの。

人間もそうだけど、食事ってわかりやすいよね。


日本で売られている缶詰などのウェットフードは
ほぼ、マグロカツオが使われていて
うちのニャンズも大大大好きだけど
あまりあげると猫の体には良くないようなので
ひとまず今はあじやチキンのパウチやジウィピークなどの安心フードで様子をみています。

以前 勧められて うちでも何度か購入したもぐにゃんは
どちら先生も なぜか口をつぐんでしまう…
メーカーさんは猫に最適な とうたっているけれど
たぶん、いろんな症例をみている先生たちの中では
あまり勧められない理由があるのかもね。。

ゴミもでるし食費も高くつくけど
ウェットフードは猫さんたちの満足度が違う
それに総合栄養食のドライフードもあげつつ
栄養がちゃんと足りるようにやってみます。


今日の猫さんたち。


人間  笑



毛布をめくると



りっちゃんw





そして暑くなってでてきた。


あったかいね〜。
2019-01-04 23:04:49

妙な気。

テーマ:ブログ

プチ断捨離は去年から厳かに進めてはいたんだけど

このところかなり片付いてきて
クローゼットにもすき間ができてきた
 
 
そして ふと
 
”私、死ぬのかな
 
死にたいのかな
 
あれ、 死にたい、て思ってるな”
 
と妙な時間に突入してしまった。
 
すぐさま ”死にたいと思った時” と検索したら
たくさんの記事の中から
室井佑月さんのコラムが目に止まった。
そして 腑に落ちた。
そう、そういうことなんだよ。
 
 
 
そのまま彼女の他の記事も読み進み
やはり文章のプロは違うな、と感心したところで
先輩から電話がきたので 、さっきの事を話すと
「お前は死にません」ときっぱり。
今片付けをしてるのは
新しいものを取り込む準備、
前に比べたら お前はだいぶ大人として成長したぞ
と言われ、なんか、ホッとした。
 
だいたいの人は30代にもなると、もう凝り固まる。
それが楽だし、それが自分だと思い込む。
他人に意見されても 基本かわらない。
でも私は” わたしってこういう人なんで”
て自分で言う事ほど信憑性の低いものはないと思う
己を知るにはとことん己と向き合い
人との関わり合いの中で
あなたはこういうところがあるね、と
客観的で率直なフィードバックをもらって初めて
自分を知ることができるのではと思う。
なかなか他人は本当の事を言ってくれないけど
お互い心を開いて何でも話せる人がいれば
きっとお互い新たな発見ができるんだと思う。
 
嫌われることを恐れて本音を言えない人がいる
自分を信じてないんだろうね。
でも、その取り繕う姿は 簡単に見抜かれている。
よく見せようとしてるのが、ばれている。
取り繕って よく見せようとして
「誰もわかってくれない」て
そりゃそうだよね。
自分から人を遠ざけているのだから。
 
私のほんの身近にも
両親に本当の姿を見せた事ないという子がいる。
いや、意外と家族ほど知らないものなのかな。
小さい頃から大事育てた我が子でも
小さい頃のままではいてくれない。
人と関わる過程で心が成長し
彼女や彼氏, 嫁や旦那、親友に初めて
素をさらすことができるなら幸せだ。
両親の前で しっかりしたいい子を装い
私の前で ダメっぷりを見せるその子を見ながら、
自分をさらけ出せる相手がいることの大切さを思う。
 
私は小さい頃から親に何でも話してきた。
なんでも見せてきた。
でも、親が私に全てを見せてるわけじゃないし
弟なんかもっと 本音を見せない。
どちらかといえば私以外、隠蔽体質だ。
まぁそれが普通の人というものなのか
、、普通、てなんなんだろ。
とか言いつつ、
実は弟も 彼女とか気を許した友達とは
めっちゃべらべら喋ってるかもしれない。
いやむしろ、そうであって欲しい。
 
とにかく柔軟に心を成長させていきたいと思う。
いろいろあるし、いろいろ思うことはあるけど
死にたいと思うのは、
そのぶん頑張って生きてるからなんだ、て
思うことにする。
実際そうなんだろうしね。
真面目に生きるほど
死にたい、て思う瞬間が生まれるけど
そう思うことが悪いことだとは思わないし
ものを作る人間としては
いろんな感情を受け容れて、
その上で作品に反映していけばいいのかなと。
 
最近ブログの更新の頻度は落ちたけど
言葉をためたぶん、歌詞が産みやすくなった。
 
今年は 今までのやうこサウンドとはちょっと違う
少し泥臭いというか生々しいというか
私にとってそれは気恥ずかしくもあるけど
思うがまま生まれた曲を歌ってみようと思ってます。
 
よろしくね。
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース