ベン・ハー  1959年 | 私の備忘録(小説・映画・TVレビュー)

私の備忘録(小説・映画・TVレビュー)

日々接した情報の保管場所として・・・・基本ネタバレです(陳謝)


テーマ:

監督:ウィリアム・ワイラー
原作:ルー・ウォーレス
音楽:ミクロス・ローザ

 

キャスト
ユダ=ベン・ハー     チャールトン・ヘストン
メッサラ           スティーヴン・ボイド
クインタス・アリウス    ジャック・ホーキンス
エスター                   ハイヤ・ハラリート
族長イルデリム          ヒュー・グリフィス
ミリアム                    マーサ・スコット
ティルザ                   キャシー・オドネル
ポンティウス・ピラト     フランク・スリング

 


予告編

 

あらすじ
キリスト生誕の場面。若い二人の間に生まれた赤ん坊。
西暦26年。ユダヤ人の住むイスラエルに、帝政ローマ軍司令官として戻って来たメッサラ。

ユダヤ貴族のユダ=ベン・ハーは旧友との再会を喜ぶ。

 

人望のあるユダを味方にして、統治を進めようとするメッサラだったが、反抗的な者の名前を言うよう要求するメッサラに対し、それを断ったユダ。
屋敷で召使いのサイモニデスから娘のエスターを紹介されるユダ。

これから嫁ぐと聞いたユダは、彼女に結婚の許可と今度の自由を与えるが、その夜エスターの魅力に負けて口づけをした。

彼女の指から奴隷の印の指輪を抜いて自分の小指に嵌め、今度結婚するまでは外さないと言った。

 

新総督をイスラエルに迎える日、屋敷の屋上から隊列を見ていたユダと妹のティルザ。ティルザがちょっと手を触れただけで屋根の瓦が隊列に落下。新総督は落馬して怪我をする。
屋敷に乗り込む兵士たち。ユダは事故だったと弁明するが聞き入れられず、母妹と共に連行された。

何とかメッサラと話をするため、警護の者を倒して司令官室に行ったユダだが、メッサラは冷たくあしらい、旧友をも容赦しない事は統治に役立つ、とうそぶく。

 

母妹を人質にされていいなりとなったユダは、囚人として多くの者と一緒に引き回される。
ある村での休憩。水を飲もうとしても、申し合わせのためか、ユダだけは水を与えられなかった。倒れているユダの許に、水の入った器が差し出された。むさぼる様にそれを飲んで、与えてくれた男を見上げる。長い髪の痩せた男の姿。

 

ユダは、ローマ軍のガレー船に漕ぎ手として押し込められ、3年の月日が流れた。その船に総司令官として赴任して来たアリウス。41号と呼ばれる、ユダの鋭い目に興味を持ち、様子を見るようになる。
敵との交戦に入り、奴隷たちは逃げ出さないように鎖で繋がれたが、41号だけは鎖をかけるなと指示するアリウス。

 

やがて激しい交戦が始まり、敵艦が横っ腹に突っ込んで来た。浸水する中で、護衛の者を倒してカギを奪い、奴隷たちを逃がすユダ。
敵が乗船して来る中で苦戦するアリウス。危ないところを槍で助けるユダだが、アリウスはとうとう海に落ちた。
迷わず飛び込んで、アリウスを船の残骸に引き上げるユダ。

 

漂流中、何度も死のうとするアリウスをその都度押しとどめるユダ。奇跡的にローマ船に助けられ、ユダを命の恩人として扱うアリアス。
皇帝の認を得て、ユダの処遇はアリアスに委ねられた。

ユダを戦車(四頭立ての馬車)の騎手として抜擢すると、卓越した腕で連勝を重ねる。

 

ある宴の夜、アリアスは亡き息子に代わって、ユダを自らの後継者にする事を宣言する。
ユダは長年の気がかりだった母妹を探すため、イスラエルへの帰還を申し出る。

 

帰還の途中でアラブの族長イルデリムと知り合い、戦車の扱いに詳しい事から晩餐に誘われる。イルデリムの話により、メッサラが戦車の試合で常勝している事を知るユダ。イルデリムに騎手を頼まれたが、帰還を優先してエルサレムに向かうユダ。

 

かつての屋敷に戻ったユダはそこに、嫁いだ筈のエスターを見つける。父親と共にこの屋敷を守っていた。父親はユダが捕まった後、抗議しに行ったが、拷問を受けて足をダメにされた。ユダの姿を見て涙を流すサイモニデス。拷問に耐えて、屋敷の財産は守られていた。

 

アリウス二世として現れたユダに驚くメッサラ。母妹の事を知らないというメッサラに「探せ、失望させるなよ」と言い残して去るユダ。

急いで彼女らの生死を確かめさせるメッサラ。
牢獄の一番深いところでまだ生きていた母娘。投獄から4年経っていた。牢の扉を開けて驚く兵士たち。疫病にかかっていた。

 

ユダの屋敷で動く人影。エスターが不審に思い声をかける。

母のミリアムと、娘のティルザだった。疫病に罹っている事を告げ、ユダには絶対に言わないようにと懇願する。

二人は死の谷に行くと言い残して去った。
入れ違いに戻るユダにエスターは、母妹は父が拷問された時、既に死んでいたと嘘をつく。復讐に燃えて逆上するユダに、そんな事はもう忘れてと叫ぶエスター。

 

イルデリムを訪れて騎手になる事を承諾するユダ。喜んだイルデリムはメッサラに面会を申し出て、賭けの倍率を1:4にする事を飲ませた。
そして戦車の試合の当日。新たに総督として赴任したピラトは、アリウス一世の親友だった。

 

競技が始まる。競技場を9周。徐々に順位を上げて行くメッサラとユダ。メッサラは車軸に取り付けた破壊器具で、相手の車輪や車体を破損させる汚い手を使っていた。
何度も危ない目に遭わされながらも、何とかメッサラの後ろを走るユダ。チャンスを得てユダが並ぶと、メッサラはユダに向かって鞭を振るって来た。それを手でつかむユダ。そうした攻防の中で、鞭を奪い取られたメッサラは、その反動で馬車がバランスを崩し横転。

そのまま後続の馬に次々と轢かれる。

 

瀕死のメッサラを訪れるユダ。メッサラは最後に、母と妹は死の谷で生きていると言い残して絶命。
ローマ人に絶望し、ピラトを訪れてアリウス二世の座を返上したユダ。
死の谷まで母と妹を探しに来たユダ。そこに食料を持って来たエスター。なぜ黙っていたのかと責めるユダに、無残な姿を見せられないという二人の気持ちが判らないの、と返す。
エスターは、ナザレの人の話をして、一度会いに行こうと説得するが、聞く耳を持たないユダ。

 

ある日エスターの後をつけて、とうとう母と再会するユダ。妹のティルザはもう歩けない状態だという。ティルザを探し出して、抱き抱えて洞窟を出るユダ。エスターに従ってナザレの人に会いに出かける。
だが街に近づくにつれて異様な雰囲気。そのナザレの人は、十字架を担がされて階段を上っていた。

何の罪だとユダが人に聞くが要領を得ない。人心を惑わすと考えたローマ軍が、見せしめとして行っているものらしい。

ユダら四人の前を過ぎて行くその人を見て、あの時に水をくれた人だと知ったユダは愕然とし、人混みの中、その人を追った。

 

階段を上がる途中でその人が倒れた。もう十字架を担ぐことは出来ない。代わりの者がそれを持った。倒れたその人の口元に水に入った器を差し出すユダ。だがそれは兵士に弾き飛ばされた。
十字架に磔にされる「その人」。

使徒と共に三つの十字架が立てられた。

 

ユダと別れてから山に向かった三人。天候が急変し、暗くなって嵐となる。「あの人」が召されたのだと感じる。

その時ティルダが急に顔に痛みを覚えて叫ぶ。

 

ゴルゴダの丘から戻って来たユダは、そこで疫病が完治した母と妹、そしてエスターを抱き寄せて喜ぶ。

 

感想
一年以上前に放送されたものの録画を、ずっと放置していた。

今回ようやくの鑑賞。

「十戒」と並んで大スペクタクル映画の代表作。

チャールトン・ヘストンの当たり役。
最後に観たのが20年以上前なので、記憶は本当に断片的でしかなく、今回は新作映画のように楽しめた。

 

一番の圧巻は戦車競技。あの頃だから、CGなんぞは使えないから全部実写。実際けが人も多数出たのだろう。
それからエスターの美貌にも圧倒された。

特に印象に残ったのは、メッサラが自分の命を賭けてまで母、妹の事をユダに話し、憎しみを終わらせないよう仕向けた事。

結果、肉親二人は全快するものの、あの時のユダの心に満たされた憎しみ。一番深く心に残るユダの表情。

 

単なるユダの復讐劇、ではなく、キリストの誕生と昇天を織り交ぜる事で、物語に奥行きを与えている。

最後のハッピーエンドがやや出来過ぎではあるものの、映画というものを堪能出来る名作と言っていいだろう。

 

吹替え版では「疫病」と言っていたが、この病気は「ハンセン病(ライ病)」の事。
キリストの奇跡でハンセン病が治る、などととは患者にとっては酷な話。苦しむ患者は当時まだたくさん居ただろうから、無用な期待を持たせたかも知れない。

 

ハンセン病と言えば、今放送中の「100分 de 名著」松本清張 の二回目は「砂の器」。こっちのライ病ネタも辛かった。

 

 

オマケ

アメリカではチャールズ・ヘストンと言うらしい(文通仲間の情報)。

 

 

ヤシマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス