山中株式投資塾
  • 20May
    • この1年を振り返っての画像

      この1年を振り返って

      以下、今週水曜(18日)10時49分、塾生へのメールよりこの1年の当塾活動を振り返りますとまず株式投資に関しては一昨年12月以降は東証1部大型株系、国際優良銘柄を厳選して情報送信させていただきました。中小型の成長株が好きでしたが、そういう銘柄よりも国際優良銘柄系の動きのほうがよかったからでした。日立製作所やソニー、富士通、富士フイルム、半導体大手などいろいろ送り、うまくいきました。しかし昨年5月以降は大変難しい相場となりました。添付の日経平均チャートを見ていただくと、よくわかると思います。日経平均月足(左の丸枠は2020年コロナ暴落時。右は今回の調整)新興市場は特にひどいものでした。原因はナスダック市場にあるのでしょうが2020年上昇相場の反動とも言えます。マザーズ指数月足昨年後半はそういう中でも資源リサイクルの5698エンビプロが当たりました。原油や貴金属相場が上昇続きだったのでリサイクル関連銘柄をよく取り上げました。新興市場の情報通信セクターの動きはよくありませんでした。いまだに下押しが続いています。今年1月末からの決算発表は既成概念が壊れるほどでした。これ以上ない好決算(たとえば直近4半期の中身が前年を上回るものだったり)でも叩き売られました。これまで上昇トレンドが続き含み益が大きな銘柄ほど売られました。益出しで、リスクマネーが逃げていたのでしょう。日経平均は2020年11月以降、ブレイク上伸し3万円台に一時乗せましたが、含み益をすべて吐き出すかもしれないとさえ思いました。NY市場は2021年にはFRBが政策金利の利上げをおこなうとたびたび言及していたので、売り方に回るアイデアもありましたが踏み上げを食らう恐れを感じさせるほど強い地合いが昨年まで続いていました。しかし今年に入り、ガタガタと下落が続いています。日米のチャートを見ればわかることですが、2020年コロナ世界暴落時より調整期間も長く下落幅も大きいのです。NYダウ月足ナスダック総合月足つまりかたちを変えた暴落が今年ずっと続いてきたということです。これでは買い方では勝てません。よほどピンポイントで手掛けた銘柄がヒットしない限り。推奨していた日立製作所や富士フイルムはイメージ通り強かったのですが、それも昨年後半からおかしくなり、消去法的にその時々の投資マネーが向かっている銘柄、昨年でいえばエンビプロやミダックのような銘柄にスポットを当てることになりました。ただし広がりはありません。強いとうなるような銘柄はほとんどありませんでした。仕手系以外は。そういう状況の中、メルマガPF銘柄は3-5銘柄と絞り続けました。さぼっていたわけではありません。絞ったほうがいいという考えからでした。手を広げると被弾しそうな雰囲気だったのです。攻めと守りがあります。今は守りの時だと考えたのでした。ずっとその状態が続いています。昨年1月から新型コロナ関連の情報発信を積極的におこないました。理由はこのコロナワクチンはリスクが大きいと考えたからでした。ファミリーだからとか運命共同体だからと情報を送る理由を説明したと思います。昨年4月から一般市民への接種が始まるということで1月からID2020やEVENT201をご紹介しました。つまりこのパンデミックは計画されたものだとお知らせしたかったからでした。TVの報道は異常でした。全体主義でした。毎日、今日の感染者数はと朝から晩まで報道していました。なので、こういう情報を積極的に発信するリスクも理解していました。昨年から「あたおか」という言葉が流行しました。「頭がおかしい」を略した言葉です。ただ、簡潔に言うと、私はこの1年、あるいは1年半、株式投資で貢献できたことは限られていたかもしれないけれども皆様あるいは皆様の大事な人の健康を守るという面では多大な貢献ができたと自負しています。その証拠をお見せします。下は米軍の新型コロナワクチン接種前と後を比較したデータです。CDCは積極的にデータを取りたくないでしょうが、米軍はトランプ派だからか、ちゃんとデータを取っていました。その公開です。あかいひぐま🎗さんはTwitterを使っています: 「神経障害-1000%増 脱髄障害 - 500%増 多発性硬化症(MS)- 600%増 ギラン・バレー症候群 - 500%増 HIV - 500%増 肺塞栓症 - 400%増 https://t.co/akPCFrabWo」 / Twitterタマホイ🎶🍃🗻さんはTwitterを使っています: 「ロン・ジョンソン上院議員による公聴会でトーマス・レンツ弁護士が証言 軍医の内部告発者が国防医療疫学データベース(DMED)から、2021年の軍人の健康状態について衝撃的なデータを提出 「コロナワクチン」により 流産→5年平均で300%増 癌→5年平均で300%増 神経学的問題→1,000%増 https://t.co/lYTBdEEeMM」 / Twitterこの1年半、元ファイザーの副社長だったマイケル・イードン博士やHIVウィルス発見でノーベル生理学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士、あるいはPCR法を発明したキャリー・マリス博士、そして米国の女医、キャーリー・マディなど主に海外の研究者の新型コロナワクチンについての警告などをご紹介させていただきました。その警告したとおりのことが現在、起こっているということがデータで証明されたかたちです。日本の国会議員でデマだとツイッターで騒いでいる人がいますが、デマでもなんでもないのです。事実なのです。データですから。2回ワクチン接種者が国民の8割強、3回目接種が5割強の状況に現在、日本でもなっています。いまだにマスクを求められる世の中であり生活が続いています。政府は懸命になってワクチン接種に国民を向かわせています。いっぽうで救急車の出動回数がすごいことになっています。毎日、救急車の音を聞かない日はありません。日本でも米国と同じことが起こっています。ただしビッグファーマとの契約上、ワクチンとの因果関係を認められないようになっているからでしょう接種後死亡者数というかたちでしか厚労省は発表しません。最新の発表では1711人(5月13日発表)000938149.pdf (mhlw.go.jp)コロナワクチン 副反応データベース検索(ファイザー) (covid-vaccine.jp)自頭2.0(目覚めてる庶民)さんはTwitterを使っています: 「コロナワクチン接種後3日以内の死亡データの一部を抜粋しました 元データは厚労省発表のものです 河野太郎さん、 コロナ信者、反ワクアンチの皆さん これを「安全」と言い切る理由を教えて下さい 私個人は「事件」どころか「虐殺」とすら思えます 皆さんはどうですか? https://t.co/eLdDGySHHj https://t.co/OLoulE1pq5」 / Twitter人口動態の減少数から考えると、最低この50倍が実数だと予測します。接種後わずか数日内の数字であり数週間とか数か月の数は入っていません。ちなみに情報グループの方にお伝えしたとおり、私の妻の父も副反応らしき急変でギランバレー症候群のようなものになり、手足に力が入らなくなり2か月、寝たきりになりましたが、奇跡的というか幸運にも回復している過程です。「あたおか」を続けてきたせいで株式投資塾の営業としてはプラスどころか全くのマイナスでした。しかし、後悔はしていません。おかげで助かったと言っていただけるなら。健康こそ、お金では買えない貴重なものと考えております。                          塾長

  • 12May
    • 世界的な暴落が進行中の画像

      世界的な暴落が進行中

      日経平均月足ナスダック総合月足日経平均とナスダック総合指数のそれぞれ月足チャートです。それぞれ2か所、黄色の丸枠で囲んでいます。左が2020年2月から3月にかけて。右は今回調整が続いている期間です。2020年2-3月は歴史に残る世界的な株価暴落でした。今回2022年株価調整はその時を上回る暴落だとナスダック総合指数を見ればわかるはずです。値幅、期間ともに2020年のときを超えています。日経平均はまもなく2020年暴落時の下げ幅に並ぼうとしています。調整期間はその時より長いです。だらだら下げ続けています。1年以上、下げ続けているのがわかります。これでは買い方で勝つのは難しいとわかるのではないでしょうか。当塾でも資源や金利高メリットなど時節の人気テーマを探し、それに合わせた銘柄を絞り込んできて対応していますが、なかなか大変です。どのへんまで下げ続けるのかー。底値買いの目途は?明日、週末メールマガジンですので「山の中の超相場観」でそのへんさらに解説してまいります。

  • 10May
    • テレビを見てあなたが信じているもの

      普通の方にわかるわけですわからないのは専門家なんですね学者とかそれからジャーナリストの方とかねこういっては悪いけれど、ディープステートの枠組みを超えることはできませんから彼らが自分の職を賭してやってくれれば別ですよでも学者は誰もそれ言えないそれを言えば学会から追われますからね教育界から追われるジャーナリストの方もそうですねでも中にはそういう方も今、少しづつ増えつつあるんですねですからそういう人とそうでない人つまり心の正しい人とそうでない人と色分けが今、進んでおります<コメント>今度こそ時事ネタは当面、封印しようと考えています。元ウクライナ大使の馬淵さんが言ってくれました。たとえば小学校の校長が子どもにマスクがいいとか悪いとか、そういうことを考えてマスク対策をしていないと思うんですね。上が言うからやっているんじゃないでしょうか。自分で調べて、子どもの健康にどうもよくなさそうだということで、全校生徒にマスクをはずさせるなんてことは、できないでしょ。教育委員会からなんて言われるかわからない。更迭されるかもしれない。そんなリスクはおかせません。医者は正しいことを言っているかというと製薬企業からたっぷり献金をもらっていますしね学者も研究費をもらっている関係上、身の置き場がなくなり、最悪、学会から追われるかもしれないそんなことなら、無茶しないで、ただただ上の言うとおり、やっていけばいいやとTVに出ているのは、そんなのばっかというわけで大事なことは肩書とか信じないで自分で調べるしかないんですね。人のせいにできないですから(TVで誰誰さんが言っていたからといって、責任とってくれません)全部、自分にかかってくるから

  • 09May
    • 2022年GW記録後半 の画像

      2022年GW記録後半 

      浮羽の人気パン店「モッカ」(5月3日)日田のメダカ販売店(5月3日) T氏の船で玄海灘沖で釣り(5月5日)

    • 専門家、タレント、著名人「心の正しい人とそうでない人の色分けが今、進んでおります」の画像

      専門家、タレント、著名人「心の正しい人とそうでない人の色分けが今、進んでおります」

       コロナからウクライナ紛争にかけて、目覚めた人には、毎日のTV報道で「この人は本物」、「この人は偽物」という色分けができてきているんじゃないでしょうか。  さて、ゼレンスキーに米英は負けは認めさせないそうです。で、G7が支援を続けているのです。米英の目的はロシアの弱体化です(資源奪取は最終的な目的)。その次は中国共産党のようです。このまま黙っていると米英は追い抜かれることがわかっているので、そうはさせない、ということなのでしょう。SWIFTから排除するとロシアを脅したら、さっさとCIPSを始めてしまいました。またBRICSを中心にG20や中東を巻き込み新しい世界の枠組みを作り始めていますので。日本はいつまでもG7に固執していますね。いや、そうせざるを得ない立場に置かれています。だからG7(正確に言うと米英)の奴隷だと言っているわけです。ロシアを敵対国にしますか?何のメリットがあるのかー。それに、そんな正当性があるのかどうか。ウクライナ人を殺しているのはウクライナ軍で、その情報がSNSで世界に拡散している状況ですから。ロンドンで岸田に投資をと講演で語り失笑を誘ったことがつい最近のニュースになっていましたが(安倍前総理の真似です)、この円安進行のときに日本の株を買ってくれ、つまり日本を安売りということですよ。日本の企業を守るんじゃなくその逆ですから、これが日本のトップの発言だから失笑したのですよ(彼らの多くは金融資本家ですから、おいおい、これが一国の国家元首の言うことか?と)。党首選でイルミナティ色が薄いと(河野や高市に比べ)応援してみたけど、蓋をあけたら、これですから。誰がなっても一緒なんでしょうけど。さて、馬淵さんがいいことを言っているので、以下、ご紹介しましょう。プーチンを倒したら、次の標的は中国共産党。2025年までに達成するという計画。NEW!2022-05-08 23:15:28(トニー・ラエリアンさんのブログより)プーチンを倒したら、次の標的は中国共産党。2025年までに達成するという計画。 この動画は、2020年9月のものですが、米国を実効支配する体制側(ディープステイト・DS)が、次に何を計画しているのか、この動画から、読み取れると思います。 現実に今、プーチン政権を潰すための戦争が始まっていますから、彼らの、世界征服ごっこの最後の詰めが始まっているということです。 第三次世界大戦は、始まっているということです。 保身で動いて、悪いと知ってても、見て見ぬふりをしているのが、政府であって、自民党政権であるわけです。 あくまでも、日本は、米国の従属国家として甘んじていると言うこと。中国やロシアと良好な関係を築きたくても、親分がそうはさせないということです。

  • 07May
  • 03May
    • 日本は大丈夫?の画像

      日本は大丈夫?

      西側報道陣御一行様のパック旅行ですよと説明していましたが、現地に行ってきたフランス人が説明してくれています。TVの視聴者が受け取る情報はこうやってできています。ウクライナ軍を指揮しているのはアメリカ人です。フランス人ジャーナリストの告発ウクライナ軍を指揮しているのはアメリカ人です。フランス人ジャーナリストの告発 | トニー・ラエリアン (ameblo.jp)米国がロシアに濡れ衣を着せることに、また失敗西側のでっち上げ:ブチャの虐殺でマスゴミが一斉に沈黙した証拠 | 鉄人軍団 (ameblo.jp)私の感想「ただただ仕事が粗すぎる」あらゆる角度からウクライナ人虐殺の犯人がウクライナ軍だったことが、露呈してきているこれでも、まだ、次、(自作自演を)やるんだろうかいいかげんにしてほしいそーとう、テレビ脳しか、もうだまされないぞ?(といっても、羽鳥慎一のモーニングショーとか恵俊彰のひるおび、楽しみにして、そういうのだけが情報ソースの人って、まあ、いるからねえ・・・)1回、嘘つかれたら信じないものだけど、TVだと、ころっと忘れるかなまあ、それはともかくとして、こういう戦争に対してわが日本の岸田総理は思い切りロシアを敵対国に指定してベトナムにまで行き、ロシア制裁に協力させようと尽力ベトナムも迷惑だよなあというのもロシアのバックには中国がいるから中国ともめたくないだろう・・・勢いもBRICSのほうがあるし隣国だから迷惑な日本のトップはインドまでも枠組みに入れようと動いているそうでインドも迷惑だろう・・・ロシアから3月、大量に原油を買っているのが知られているし新しい決済通貨の枠組みの話もロシアや中国と進行しているのでまあベトナムもインドも半分、きいたような顔をすると思うけど、強制力をもたせるような話には乗らないだろう率直的に言ってわが日本の総理はグレートリセットをダボス会議で口にしたぐらいだから完全なグローバリスト側の人間だけど(それでウクライナにも総額500億円もの大金を支援することを決めたわけだけど)新しい世界の動きとそぐわないようなのが、なんともね先が読めてないように見えるね子どもが大好きな売電大統領さて5月第3週にこの方が訪日するようで、その点数稼ぎとも思われるわけだけどベトナム回っているより、日本の地方でも回って国民の声でも聴けばいいのに

  • 23Apr
    • 現状認識の甘さの画像

      現状認識の甘さ

      いまが永遠に続かないって現状認識の甘さってていうかこんな調子でいって、いいのてむずかしいんじゃないのたぶんまあ、その頃には、おれは死んでるんだけどね 笑

  • 21Apr
    • 今、世界で起こっていること

      ワクチン成分の「ナノカミソリ」を暴露した医師がライブ配信中に逮捕、その後死亡しました - Niconico Videoこの科学者の死因が心臓麻痺でした。なんでこんな武装した警察が乱入するのか洗脳と教育の恐ろしさを感じました。医療マフィアの実態 その21|Spiderman886|noteもう、こういうこと、終わりにしませんか?TVのスイッチを切りましょう

  • 20Apr
    • 2022年4月16日 釣り記録 筑後川(天現寺橋下)の画像

      2022年4月16日 釣り記録 筑後川(天現寺橋下)

      干潮から上げ潮に入りかけ うなぎ鍼に鉛つけ放り投げ鈴を竿先につけるのんびりした釣り。餌はごかい 草魚55センチ。噛むと、もちっとした、かみごたえのあるいい肉質。大きすぎず尻尾が大きいのでよく泳いでいるのかしまった肉質で臭みもなく、想像を超え、おいしかった。筑後川は今後狙いたいポイントの1つになった。

  • 16Apr
    • ウクライナ国民を救うにはどうすればいいかの画像

      ウクライナ国民を救うにはどうすればいいか

      今、日本中、ウクライナの応援隊になっていますね。役場にも募金箱が置いてあったり。すでに政府は2億ドルの義援金を贈ることを決めました。加えてユニセフ募金などがウクライナに贈られます。これがウクライナで苦しんでいる国民に渡されると思いますか?結論からいうと、まず、渡されないでしょう。これらのお金はウクライナ政府が融資を受けている欧米の銀行への利子返済と武器の購入にあてられると言われています。TVでは、毎日のようにロシア軍がウクライナの民間人を殺していると報道し、嘆き悲しみ途方にくれている姿を紹介しています。それで義援金や募金が集められるのですが、それを受け取るのは困っている国民ではなく欧米の金融資本家たちなのです。さて先週から今週にかけ、TV報道でおかしなものを見つけたので、ご紹介しましょう。私も常にTVを見ているわけではないですが、それでも、なんだかおかしいと感じた3つのことがありました。毎日12時半過ぎからウクライナ報道をおこなう「ひるおび!」でのことです。ちなみに私は日本の民放番組の中で著しく偏向しておりプロパガンダ(利益誘導のために視聴者を洗脳する)番組だと思っているのがTV朝日の「羽鳥慎一のモーニングショー」とTBSの「ひるおび!」です。モーニングショーは今年元旦の朝からコロナの恐怖を煽っていました。今回3つのおかしなものと感じたのは「ひるおび!」です。まず先週、国境なき医師団でウクライナの現地に足を踏み入れた門間という医者が番組に登場し、次のように発言しました。「これは戦争じゃないですよ。軍服姿は検問所でしか私は見ていません」。多くの街では国民は普通に暮らしているということでしょうか。そして「オファーを受けて、そのことが言いたくて出ることにしました」と続けました。スタジオ司会の恵俊彰と話がかみあわないこと。ロシアの攻撃で街がいかにボロボロかという声を番組では拾いたかったと思います。次に今週に入ってからのこと。火曜日のこと。また12時45分頃から「ひるおび!」を見ていたらウクライナの西隣の国、モルドバという国の一般市民のインタビュー動画が紹介されていて、ロシアのウクライナ侵攻について聞かれた市民が当ブログが書いているのと同じようなことをウクライナ軍が自分の国の国民を攻撃していてロシアのせいにしていると、ネットも使いそうにない、ふつうのおばちゃん、おじちゃんが語っていたのです。見ていて、びっくりしました。なんでこんな動画を流すのかと。もしかしたら世界的な変革が始まっているのかとすら思いました。キー局のお昼間の番組でこんな動画紹介いままで初めてだったので。司会の恵はただ黙っていて、進行役の局の人間が解説者に話を振って御用学者が「プロパガンダですから」と応じて簡単に締めていました。多弁の恵が面食らったのか珍しく黙っていました。流れとあまりに違いますから。その姿を見て、ちょっと気づいている部分があるのかもと思いました。しかし高い出演料を棒に振るわけもないし、これからもロシアがやった ロシアがやった、とやるのだろうぐらいに思いました。モルドバの市民へのインタビュー動画があったので、どうぞ(字幕ついていないのが残念ですが)MK✝️さんはTwitterを使っています: 「モルドバで街中インタビュー ブチャの件どう思う? フェイク 自作自演 欧州メディアがロシアのせいにしてる 誰もがウク軍が自国民を殺害してること知ってる という意見ばっかり😉 https://t.co/Hxqm4bfjoP」 / Twitter昨日の「ひるおび!」でもウクライナ報道が12時40分過ぎから始まり、まずマリウポリでロシア軍兵士が一般市民を救助している動画が紹介されたので、びっくり。しかし特にコメントも受けず、すぐにその後、慶応大学教授の廣瀬洋子がロシア軍の汚れ役、チェチェンの特殊部隊がいて、大変残忍な部隊と解説に移りました。ロシアにチェチェンの特殊部隊がいるならウクライナにはアゾフ大隊がいるだろ、そっちはどうなんだと思わずツッコミを入れたくなりました。しかし彼女はウクライナやバックで支援する米国のイメージが悪くなるアゾフ大隊については触れません。CSIS研究員出身のずっぽりあちら側の人間ですから客観的視点や学術的研究者の視点などまるでありません。ロシアのイメージを悪くすることに一生懸命です。ネオコンの代弁者ぐらいに思って話を聞くべきなのです。CSISはデービッド・ロックフェラーの息がかかった組織だからです。しかし、「ひるおび!」もなんでこういう順番で番組を展開していくのだろうと不思議に思います。あまりロシア悪を毎日立て続けに放送していたら番組の信用性が低下すると思っているのか、と。そこに見つけたのが次のツイートです。 フジテレビの舞台裏 辞めたスタッフに対して 感謝感激しています。 真実をありがとうございます💕 pic.twitter.com/Fh5kEXv8hS— issey🍉 (@T8Cy4yf9YhKPytv) April 15, 2022なんとフジTVの150名職員がもうこれ以上、嘘をつきたくない、ウクライナ国民の敵はウクライナ軍とテロップに流して辞めた、というのです。TV局局員もコロナで気づいたのか。もうこれ以上、嘘の情報をTVで垂れ流して視聴者を誤誘導することに耐えられなくなったようです。「ひるおび!」で先週から今週にかけ3つのなんだかおかしいと感じたことを紹介しましたが、TBSの現場でも職員の抵抗が起こっているのかもしれませんね。それがモルドバ市民の声やロシア兵によるウクライナ市民の救助動画をはさむことになったのかもしれません。ネットの中にはウクライナ軍から攻撃を受け、苦しんでいるウクライナ国民の訴えを紹介した動画が数多くありますので自分たちがやっていることに自問自答もしたくなるのではないでしょうか。(我々がやっていることは、はたして正しいのだろうか)と。ましてや我われの血税を使った260億円を超える義援金や小さな子どもまで巻き込んだ募金が可哀そうなウクライナ国民ではなく欧米の金融資本家や軍需産業にいくわけですから。TV局の上層部と現場で意見の違いから内紛が起きてもおかしくないと想像します。光の方向に世界が変わってほしいものです。参考までにドイツのジャーナリストが西側報道の裏側を告白し懺悔した動画です(102) 【動画不可シリーズ】 - YouTube (全文)日本でいえば朝日新聞や読売新聞のような権威ある大新聞社の記者だった人です。 「CIAがメディアをコントロールしている」と暴露したドイツ人ジャーナリストのウド・ウルフコッテ氏が死亡(2017.01.13)しているのが発見された。報道によると心臓麻痺だという。享年56歳。 ★YouTubeから検閲削除された動画(日本語字幕付)1/3 pic.twitter.com/oHUB9ZE8Vz— Chinami (@Chinami80130365) April 15, 2022電波銃があるのです。同じドイツの科学者が新型コロナワクチンの中に水酸化グラフェンが入っていると研究室からSNSで発表をしているところに武装した兵士が乱入し襲われている生生しい動画を見たことがあります。彼はその後、心臓麻痺で死亡と発表されました。ドイツではそうやって不都合な人間は暗殺される土壌のようです。戦争犠牲者のウクライナ国民を救うのはお金の送金ではなく「嘘の情報はもうやめてくれ!」というメディアへの我われの声ではないでしょうかもう、うんざりだよと国民が一部のお金持ちの利益誘導を目的としたプロパガンダに誤誘導されるのではなく真実に気づくことでしかこの戦争は止められません。ウクライナ国民を救うことはできないのです。

  • 15Apr
    • 「ウクライナ戦争後、浮かぶ国と沈む国 ~そもそもプーチンとは何者か」

      光側か闇側かいろいろな見方があるようですが当塾独自の見方を今週号ではいろいろな資料を参考に分析していますなるべく経済視点を失わない方針で書いていますが今回は国民視点でまとめました。初めての方は購読無料です。「山の中の超相場観」株式よもやま話「ウクライナ戦争後、浮かぶ国と沈む国 ~そもそもプーチンとは何者か」

  • 13Apr
  • 07Apr
    • 【ウクライナ問題】欧州では政府の国際犯罪加担に気づきデモが起き始めている

      気づきを得ている人、気づきたい人向けの動画ですアメリカとジョージ・ソロス(Deep State)が用意周到にこの戦争に臨んでいたことがわかる元ウクライナ大使の話。そりゃあプロパガンダ作戦も用意周到にできますよね。なるほど、2月下旬、バイデンがロシアが侵攻してくると何度も何度も叫んだのにも、うなづけます。

  • 06Apr
    • ウクライナ大虐殺の犯人は誰?の画像

      ウクライナ大虐殺の犯人は誰?

      まず、ためになる情報ソースとして当塾で参考にさせていただいている松田学さんのニュース解説、最新のウクライナ問題に関する状況分析の動画をご覧ください。この中で特に心に残ったのは5分30秒からの「ある自衛隊のOBの方が言ってましたけど、およそ軍というものは国際法に違反する(一般市民の)虐殺なんてものはしない」「ロシアだってそういうことをすると国際的に批判されることはわかっているので、しないはずだ」「よく言われてきたのはウクライナのネオナチ勢力(注釈:アゾフ大隊のこと)がよくやってきたことで人間の盾というのをやった可能性もある。無辜の民を前面に立ててわざと戦死させたりするのはよく伝わっている話です」いろいろな情報が錯綜する中で、ブチャの虐殺された死体は後頭部を撃たれているというものがありました。全く別の話にいきなり飛びます。最近知った情報ですがイラク戦争とのときにつかまった西側の女性兵士(捕虜)に対し、イラク軍は扱いが大変、紳士的で丁寧な扱いだったらしいです。残虐なことをすれば西側は報道を使ってどんなプロパガンダ攻撃をしてくるかわからないとあらかじめ想定していたからだと思いました。あと今日、ツイッターであげた2つの動画を見てください。マリウポリはウクライナに対して怒っているマリウポリはウクライナに対して怒っている [社会・政治・時事] マリウポリの住民を攻撃したのはウクライナだ。ロシアが攻めて来る前からウクライナ軍は、なぜ非道...t.coマリウポリ住民の証言:脱出者たちの生の声マリウポリ住民の証言:脱出者たちの生の声 [社会・政治・時事] 住民を攻撃していたのは・・・t.co「さあ、出て行っていいぞと言って、後ろから狙い撃つんです。人間のすることじゃない」。マリウポリ市民の声です。後ろから撃つ。その手口から見て、ズバリ、アゾフ大隊がやったことだと思いました。一般の政府軍の兵士がやることじゃありません。ロシアの国連大使によると3月30日にロシア軍はブチャの街を引き上げて行き、その時は市民のそうした死体はなかったし、市民の虐殺も当然していない、とのこと。また米英のロシアに対する非難声明の早いこと。まるで用意していたように。中立的軍事専門家の話によるとロシア軍が市民を虐殺する合理性も意味もない、ということ相手がウクライナ軍の兵士なら、いざしらずまたウクライナ大統領が報道陣を前にして訴えた「特定の集団を狙ったこれはジェノサイド(大虐殺)だ」答えを言っているようなもんじゃないですか?そして日本では今日、また廣瀬洋子とか松野官房長官までロシアが虐殺をやった、国際的な制裁をと呼びかけていて違和感を感じざるを得ませんでした。どこにそんな証拠があってそんなことを言っているのだと。一方的な言い方のように聞こえたのです(国の上層部がはじめから犯人扱いしていると)。ウクライナ東部のロシア系住民が多いエリアで市民の虐殺をアゾフ大隊がおこない、市民の怒り悲しみを動画にしたものは上掲以外にもツイッターなどにあふれていますが、ブチャなどウクライナ西部のエリアで今回、虐殺が起こったそうなので、そのへんがどうなのかという方もいると思います。それでヒントになるのがドニエプロペトロフスクの住民に対しての虐待の動画です。(4) 山中株式投資塾さんはTwitterを使っています: 「ドニエプロペトロフスクはウクライナ人が79.3%。ウクライナ語を話す住民が67.0%。ロシア系ではなく完全なウクライナ系市民の街。そこでアゾフ大隊が住民を襲い住民はうつ伏せで頭の後ろで両腕を組んでいる」 / Twitter私がJ-sato氏がツイートしていた動画をリツイートしていました。ドニエプロペトロフスクという町をウキペディアで調べるとウクライナ人が79.3%のほぼ完全にウクライナ人の町だとわかりました。そこで一般住宅のピアノのある部屋に多くの住民が集められ、住民はみんなうつ伏せにさせられ頭の後ろで両手を組まされていたのです。そして襲ったアゾフ大隊の兵士がターミネーターの曲をピアノで弾いていました。静かなピアノの音色の下で多くの住民が捕まえられぶるぶる震えながらうつ伏せにさせられている、ぞっとする動画でした。これがチェックするとJ-sato氏のアカウントが凍結され、動画が見れなくなっているのです。相当まずかったのでしょう(ウクライナ人の町をアゾフ大隊が襲っている証拠として公開されたくなかった)。ドキュメンタリーなのに何故隠されなければいけないのか。つまり自分たちの都合のいいものしか見せずに、不都合なものは検閲しているのです。これがコロナ以降、ツイッター社の正体として暴露されたことでした。まあ、TVを見ていると、馬鹿になりますね。ニュースでは大人の女性が虐殺を証言するインタビューに答えていました。ただぼーっと見ていると真実だと受け止めてしまうでしょう。ですがナイラ証言をやった連中です。ヒル・アンド・ノウルトンという米国のPR会社が女の子に嘘の証言をさせ、それで米国が湾岸戦争を始めるきっかけをつくったことで有名な事件でした。その時は証言者が子どもだったので、まさかそんなことは思いつきもしませんが今回は大人の女性ですから。しかもクライシスアクターなど役者が戦争やテロに多く使われているのは今や公然の秘密というか誰もがネットで情報を把握できる時代です。大人ならいくらでも役者に嘘を証言させることができるでしょう。ブチャの虐殺が起こってからまだ3日だということを考えると用意周到と感じざるを得ません。ですがこの大人の女性目撃者も「後ろから撃っていた」と証言していました。あとは推して知るべしです。ロシア軍は3月30日にブチャの町を撤退。NYタイムズが虐殺の証拠として出した衛星写真が実は4月1日のものと判明したというツイートがいろいろ流れ始めている模様。 またしても捏造。大々的に報じられたNYタイムズの3月19日のものとされるブチャの衛星写真は、専門機関の鑑定により4月1日11:57GMT(現地時間14:57)のものと判明。つまり虐殺は🇷🇺軍が去った後に行われた事になる。その他の状況証拠とも一致。ロシアの国連安保理招集請求も却下。”不都合”が露呈するから。— Trilliana 華 (@Trilliana_z) April 6, 2022証拠として出した新聞社の衛星写真が逆に捏造の証拠になっているようです。科学をあなどってはいけませんね(笑) いや笑い事じゃありません。とんでもないスキャンダルです。が、TVでは絶対、流れません。この前、ロシアが生物兵器サリンを使ってくるとバイデン大統領が大声で騒いだばかりで矢継ぎ早に今度の事件。そして漏れ出した真相。ヤレヤレというしかありません。私も松田学さんと同じでロシアびいきでもプーチン・ファンでもないけど、客観的に見てロシアがウクライナ市民を虐殺した証拠や動機、合理的理由や背景。そういうものが提示できるのかと思うわけです。客観的に考えてみてください。ありえないでしょう。一般市民を大虐殺しても戦況と何も関係ないのですから。すでに東部ではウクライナ軍が投降し始めている動画を見ることができます。有利に戦況を展開しているのに一般市民を虐殺する合理的理由が見つかりません。ましてやロシアはウクライナを兄弟のような国と言っているわけですから。記憶に恨みが残るようなことをするでしょうか。松田学さんの動画ではアゾフ大隊そのものを否定し、そういうことに言及すると陰謀論と言われるそうだけど日本の公安調査庁も認定した団体なんですよ。TVではほとんど聞きません。伏せたいのでしょうね。下は日本政府代表がアゾフ大隊に勲章をやったときの記念撮影です。ウクライナ市民を殺す犯罪者集団に勲章ですよ。何故外国の軍部に勲章を渡す必要があるのでしょうか。安倍政権の時のことです。2018年にはすでに泥沼に足を突っ込んでいたことがわかり、衝撃を受けました。裸になると体中、カギ十字の入れ墨が入っている人たちです。Imgur: The magic of the Internetアゾフ大隊についてはツイッターや当ブログ記事でたびたび紹介させていただきましたし、米国CIAが幹部をアメリカで軍事指導したと以前書きましたが、その証拠を見つけたので以下にご紹介します。米国と連携していることがこれで明らかです。CIA admits training Nazi terror troops in Ukraine, which have been fighting and killing Russians since 2015 – NaturalNews.com以下、機械翻訳CIAは、2015年以来、ロシア人と戦い、殺害しているウクライナでナチス・テロ部隊を訓練したことを認めている。‎‎金曜日, 月 18, 2022 で: ‎‎イーサンハ‎‎フ タグ: アゾフ‎‎連隊‎‎ 、 ‎‎大きな政府‎‎ 、 ‎‎混乱‎‎ 、 ‎‎CIA‎‎の 、 ‎‎陰謀‎‎ 、 ‎‎欺瞞‎‎ 、 ‎‎ディープステート‎‎ 、 ‎‎過激主義‎‎ 、 ‎‎反乱軍‎‎ 、 ‎‎インテリジェンス‎‎ 、 ‎‎嘘‎‎ 、 ‎‎軍事‎‎ 、 ‎‎ネオナチ‎‎ 、 ‎‎過激派‎‎ 、 ‎‎ロシア‎‎ 、 ‎‎テロリズム‎‎ 、 ‎‎裏切り者‎‎ 、 ‎‎反逆‎‎ 、‎‎ウクライナ‎‎、‎‎第三‎(‎ナチュラルニュース‎‎)ウクライナは2015年以来、反ロシア・テロの温床であり、犯人は‎‎CIAに‎‎他ならない。‎‎ディープステート・セントラルとしても知られる中央情報局(CIA)は、他の多くの国々でもネオナチ・テロリズムが勃発していることと結びついている。どこからともなく過激主義が出現するのを見るところはどこでも、CIAが関与していた可能性が高い。‎‎「アメリカ政府には、外交政策の不幸の群れの一部として過激派グループを支援してきた歴史が十分に文書化されており、それは必然的にアメリカ国民の顔に爆発することになる」とブランコ・マルセティックはジェイコブ・マガジン‎‎に‎‎書いている。‎‎「1960年代、CIAは、マイアミをテロリストの暴力の拠点に変えたキューバの反フィデル・カストロ過激派と協力しました。1980年代、この機関はアフガニスタンに集結するイスラム過激派を支援し、奨励し、彼らは9月11日の攻撃を画策することになる。そして、2010年代、ワシントンは、民間人や、アメリカの同盟国であるはずのクルド人勢力を通じて、残虐行為の一帯を断ち切ることになった、それほど'穏健'ではないシリアの反政府勢力を支援した。‎‎Yahoo News‎‎によると、CIAは2015年以来、ウクライナで秘密裏に「反政府勢力の指導者」として働くよう訓練している。これは、ロシアが国を侵略することになった場合に備えて行われたものであり、それは今起こっている。(関連記事:ウクライナは戦争により‎‎穀物輸出を遮断‎‎した。‎‎この訓練はすべて純粋に諜報収集のためだと主張しているが、元当局者は‎‎Yahoo‎‎に、このプログラムは銃器の使用、「覆い隠して動く」、迷彩などを含む、それよりもはるかに軍国主義的であると語った。‎‎「事実を考えると、CIAがこの取り組みの一環として、実際の文字通りのナチスを訓練している可能性が高い」とマルセティックは付け加えた。‎‎ロシア-ウクライナ紛争は、マスコミが放っておくより遥かに複雑だ。‎‎2015年は、議会がウクライナに対する何億ドルもの経済的・軍事的支援を含む支出法案をたまたま可決したのと同じ年だったことが判明しました。その現金の多くは、アゾフ連隊と呼ばれる、この国に居住するネオナチ民兵のために特別に指定されました。‎‎テキストの最初のバージョンは、アゾフに対する「武器、訓練、およびその他の援助」を明示的に禁止していた。しかし、法案を担当する下院委員会は、数ヶ月後にペンタゴンからその文言を削除するよう圧力をかけられ、それを「冗長」と呼んだ。‎‎このグループの元司令官はかつて、ウクライナにおけるその「歴史的使命」は、「セム派が率いるウンターメンシェンに対する十字軍」で「世界の白人種を彼らの生存のための最後の十字軍で導く」ことであると述べた。2014年、アゾフはウクライナ国家警備隊に編入された。‎‎「米国の武器は民兵に流れてきた」とマルセティックは説明する。「NATOと米軍当局者は彼らと会う様子が描かれており、民兵のメンバーは米国のトレーナーとの仕事や、白人至上主義者を淘汰するためのバックグラウンドスクリーニングの欠如について話し合っている。‎‎ワシントンD..Cの高官は、ウラジーミル・プーチンをアドルフ・ヒトラーになぞらえて、ウクライナはロシアをかわすために武器、現金や他の資源が必要だと主張している。皮肉なことに、アメリカはウクライナの実際のネオナチを支援しているが、これは混乱を招き、矛盾している。‎‎「国内でのファシズムの行進を止めるために大部分が選出された米国大統領が、国際的なファシズムの結びつきであるかもしれないものにおいて、文字通りのナチスに対する米国の長年の支援を継続していることは、少なからず皮肉なことです」とマルセティックは結論づけている。‎‎「そして、もしこれらのウクライナ・ナチスが本当にCIAによって訓練されている反政府勢力の中にいるのなら、いつの日か彼らがオサマ・ビン・ラディンと同じキャリアの軌跡をたどるなら、それは小さな悲劇ではないだろう。‎

  • 04Apr
    • だまされる人は何度でもだませるの画像

      だまされる人は何度でもだませる

      まあ、彼らの考えはそういうことなのです自分らが支配者で支配される側は劣った生き物、ゴイムと呼びます。日本のTVによく出ている外人(髪を金髪に染めオールバックにした)もそう口にしたことで有名ですね。で、私がたびたび指摘している、NHKが最近何度もウクライナの小児病棟への爆撃でクライシスアクトレスが使われている件について昨日夕方6時44分のNHKでまた出していました。こんなにたびたび映像で使うならスマホの撮影をONにしてNHKニュースを見なければと考えました。赤枠で囲んでいる写真の女性です。この女性が自ら私は利用された、ロシアは爆撃していないと発信していたことがわかりました。これは情報じゃなく洗脳工作だということですね。嘘でも百篇言うと、真実になると昔から言われています。真実かどうかなんて関係ないということでこの写真を使っているんでしょう。ゴイムに何度も言い続ければ、ロシア=悪、政権崩壊、そして傀儡政権の誕生、ロシアの地下資源はわれわれのもの。こうしたDSの目的遂行のため世界演劇が進行しているんですね。で、岸田が世界がロシアを非難していると憤った顔で今日も記者会見していましたが、世界じゃないです、G7の7か国だけです。制裁に加担しているのは世界人口の15%にしかすぎません。G20は1つも制裁に加担していません。ここがポイントなのです。つまり、いつまでも自分らが世界の中心だと思っていると、とんでもないことになる、ということです。G7など成熟国家ばかりで成長率1%とか2%とかマイナスという国の集まりに対してG20は伸び盛りの国ばかりで国際金融決済の仲間からロシアをはずすと米英は脅しているけれど、さっさと新しい国際金融決済の枠組みを作っちゃったんです。我らが岸田総理、今年に入りダボス会議でグレートリセット後の世界を描かなければいけないとビデオ会議で訴えたんですが米英のケツばかり追いかけて情けなく感じたのは私だけでしょうか。 マリウポリ産院の空爆で欧米メディアに報じられた妊婦の証言~真実は?? 欧米メディアを賑わせた妊婦のマリアナ・ヴィシェミルスカヤは、🇷🇺の空爆とされるストーリー捏造の為に利用された 🇺🇦軍は、既に避難が完了されていたマリウポリの産院に数人の妊婦を送り込んだというpic.twitter.com/v3BnUif57e— いったー𝓻〽️ (@yutteerr) April 2, 2022 Marianna Vyshemirskaya, la chica embarazada que copó todas las portadas de la prensa occidental, a la que utilizaron para montar el relato de un supuesto ataque aéreo ruso. Los militares ucranianos mandaron a varias mujeres embarazadas al hospital materno previamente evacuado. pic.twitter.com/jFGK8RI6T2— Daniel Mayakovski (@DaniMayakovski) April 2, 2022 Marianna denuncia que los militares ucranianos le quitaron la comida a las mujeres embarazadas y que las explosiones en el hospital NO fueron un ataque aereo, como dijo todos los medios de manipulación otanistas. La prensa (vestida como militares) le grabó sin su consentimiento. pic.twitter.com/sF6KEjo3ll— Daniel Mayakovski (@DaniMayakovski) April 2, 2022 La chica cuenta que la prensa ya estaba alli desde el principio, que ellos tardaron solo 12 minutos en salir del sótano y la prensa/ambulancia sin embargo ya estaba alli. Además denuncia que los medios de incomunicación han ocultado sus declaraciones negando el ataque aéreo. pic.twitter.com/XQ1LhHnvLS— Daniel Mayakovski (@DaniMayakovski) April 2, 2022Pregnant woman, baby die after Russian bombing in Mariupol | AP News

  • 03Apr
    • ウクライナで誰が真の報道をおこなっているかの画像

      ウクライナで誰が真の報道をおこなっているか

       廣瀬洋子慶応大学教授について昨日ツイートしましたが 大変なことが、今、起こっているからです。世界がどう変わるかのー。 社会をミスリードするようなことがあってはいけないからです。 女性であれ男性であれ、あってはいけないことです。 なぜなら、そのいっぽうで西側(フランス人)ジャーナリストに、アンヌ=ロール・ボネルさんのような立派な方もいるからです。 私は彼女のことを心配しています。 3月8日にツイッターに載せた動画を再掲載します。ロシア軍ではなくウクライナ軍が砲撃をしている_フランス人ジャーナリスト アンヌ・ロール・ボネルの悲痛な叫び (odysee.com) 彼女が取材した現地の声です(89) 【ウクライナ戦争】フランス人記者アンヌ=ロール・ボネル★ 『メディアが得ない真実!』ウクライナ・ドンバス2022年3月 - YouTube どちらも3月8日前後の頃、ネットで流れた情報でしたが、その後、彼女の動静がはっきりしません。 なぜ心配になったかといえば、3月30日ご紹介したアゾフ大隊メンバーがロシア軍によってウクライナ民間人たちの前にさらされたときの動画で次のショットを見たからです。 🇷🇺ロシア軍は🇺🇦ウクライナのアゾフ部隊員と司令官を民衆の前に連行して来た!!!!!!! 📢間もなくフェイクニュースメディアは🇺🇦ウクライナでのロシアの軍事作戦に関する架空の報道を止め🇷🇺ロシアが勝ち那智の非道を国民がどう思ってるかを認めなければならなくなる…聞け民の魂の叫びを🐸 pic.twitter.com/wFfidXAS6s— morpheus💊🍊 (@morpheus7701) March 26, 2022 捕らえられたアゾフ大隊司令官の後方に目と口だけ穴があいたかぶりものをした民間人が写真を撮っています。アゾフ大隊司令官は後ろ手に縄で縛られています。 なぜこんな格好をしていると思いますか? おそらくですが顔がばれたらアゾフ大隊に報復される、それを恐れて目と口だけしか開いていないマスクをしているのでしょう。それくらいアゾフ大隊は民間人から恐れられているということです。 ですので、いかに西側のジャーナリストといえど、ネットで顔が割れてますから、ウクライナ軍に不利な、実際起こっていることを彼女は現場から報道していますので、アゾフ大隊は彼女を探し回った可能性が十分あるのではと考えています。 アンヌ=ロール・ボネルさん、フランス人ですが、廣瀬洋子と対極にいる女性と言えましょう。民間人の老婆の嘆き悲しみを取材し世界に数少ない真実を教えてくれたのです。 それに対し何も現場を知らない廣瀬洋子がロシア軍がウクライナの民間人を殺しているとTVスタジオで解説しているのです。 経歴を見たら、つい最近まで米国CSISの研究員だったことがわかりました。 Deep Stateの手足となって働く出先機関です。 彼女にリュック・モンタニエ博士や宮沢孝幸のような転向は期待できるでしょうか。 無理でしょうね。