YOUTAオフィシャルブログ「夢飛行」 ~すべてのバリアをこえて~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2024年1月のYノート♪

作曲家のYOUTAです。

僕の体験談をX(旧ツイッター)の140文字という限られたスペースで1日1つ投稿していく企画「Yノート」

2024年1月の投稿をまとめました。

ご覧いただければ幸いです。

■1日
40歳の秋、視覚障害者向けに販売されていた将棋セットの情報を得て「それは使いづらく、使いこなす方に神経を使い、本来その人が持つ将棋の力を存分に発揮できなさそう」と思う。
しかも生産・販売は終了。
誰もが使いやすいUDの将棋セットを制作・普及したいという思いが芽生える。

■2日
幼少期、入院していた病棟で飾られていたお菓子の家を見る。
幼少期の読み聞かせで、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家に心が躍る。
いつか作りたいと思い描く。
41歳のとき、自ら配信している音楽番組の企画でお菓子の家を完成させる。

■3日
2024年1月1日、能登地方で震度7の地震が発生。
自分が住んでいる富山市で震度5強を観測。
これまでに体験したことのない大きな揺れに恐怖を感じる。

■4日
キノコ狩りが趣味の人から「家族が信用して食べてくれないんだけど、YOUTAさんは?」と聞かれる。
「僕も人からもらったキノコは食べませんねー」と正直に答える。

■5日
ある人が自分で積んできた、こごみを天ぷらにして持ってきてくれる。
40歳にして初めて食べて、なかなかうまいと思う。

■6日
短大時代に中国琵琶の演奏を聴き、トレモロ奏法に強く惹かれる。
それを参考に、ピアノで右手のメロディー演奏を三度の重音や三和音にうずめて行なう際のアレンジに採り入れる。

■7日
自分で編曲した『きよしこの夜』をピアノで弾く。
それを聴いた人から「マンドリンみたいなトレモロがすごく良かった」と言われる。
自分が得意としている右手のメロディーを三度の重音や三和音のトップにして弾くトレモロ奏法。

■8日
ある集まりで時間が来るとダラダラせずキッチリ切り上げていて見習いたいと思う。

■9日
音楽制作の指導をしていてLSB・MSB・プログラムチェンジの説明をするのに、どこかでみたマンションの階数と部屋番号を使った方法で説明する。

■10日
長年使っている冬布団と毛布よりもかなり軽くて薄い布団と毛布を着る。
「こりゃダメだろ」と思っていたが、想像以上にかなり温かくて驚く。

■11日
あるミーティングに参加する。
終了後に送られてきた記録に自分の意見が全く記載されておらず、次回の参加意欲が失せる。

■12日
小学生の頃に食べたバターレーズンの味が忘れられず、もう一度食べたいとずっと思っていた。
2024年初頭、スーパーでそれらしき商品を見つけて購入。
食べてみて「これだ!」と感激。
長年の夢がかなう。

■13日
お世話になった店の主人が亡くなる。
香典を送る。
息子さんがお返しを持ってくる。
ついでに自分のコンサートのチラシを渡す。
一瞬戸惑ったように受け取る相手。
部屋に戻ってから「俺はなんて無神経で無粋で意地汚い人間なんだ」とひどく後悔し、何も手につかなくなる。

■14日
あるとき家にきた宗教の勧誘をインターホン越しに興味ないと断る。
「そうですか、わかりました。ただこの宗教を信じる人以外は地獄に落ちますので、よろしくお願いします」と捨てぜりふを吐いて去っていく。

■15日
あるライブのMCで出演者が北朝鮮のミサイルについて「撃ち落としてやればいいのにね」と言う。
お客さんの数人が「うんうん」と言いながらうなづく。
音楽関係の人はほぼ左だと思っていたので、意外で驚く。

■16日
短大時代に「平和学」なる必修の授業をとる。
日本の近代以降の戦争の歴史について、一方的に自国を悪者にしたり、憲法9条を賛美したりする内容に怒りと憤りを覚え、一番前の席で聴きながら、あからさまに憤然とした態度をとる。

■17日
CDをプレス発注した時に100枚がピッタリ詰められてくる段ボール箱が欲しいと思いネットで検索してみる。
すぐにそれらしい商品がヒットして「いい時代だな」としみじみ思う。

■18日
41歳間近の音楽番組の収録で声楽もどきの歌唱にチャレンジする。
前日に風邪をひいてしまい、のどがやられ、ひどい状態で臨む。
なんとか収録はできたものの、思うように歌えず、悔いが残る。

■19日
41歳になって最初の音楽番組の配信で自ら編曲した讃美歌メドレーを声楽もどきの歌唱でソプラノと重唱して披露する。
声楽でうたう初チャレンジとなる。

■20日
2011年3月11日に大地震が発生。
その2日後にチャリティーライブを開催。
最初の挨拶の中で「東日本大震災」という言葉を発した瞬間、会場から鼻で笑うような声が聞こえた気がする。
「もしかして「東北地方太平洋沖地震と言わなかったからかな」と思う。

■21日
大学2年だった2005年2月5日(22歳)に名古屋で行なわれたコンサートに出演。
地元以外の学外での初コンサート出演となる。

■22日
大学時代にアパートの部屋から白杖を突いて最寄りの駅へ向かう道で「にいちゃん、危ないよ」と男性が声をかけてくる。
怪しいなと思っていると「どこに住んでんの?電話番号教えてよ、この宗教は素晴らしいよ」と宣伝が始まる。
適当にあしらいながら先を急ぎ、なんとか駅にたどり着く。

■23日
大卒で引きこもっていた2007年、TBSの昼ドラ『砂時計』にはまる。
その主題歌『ひと恋めぐり』のストリングスの書法に強く惹かれ、以後の自身の作曲技法に大きな影響を及ぼす。

■24日
2人クラスだった高校生の時、クラシック音楽が好きな先生に、家から持ってきたCDのタイトルと収録曲を授業中に読んでもらい、点字で書き取る。
友人から「おい、それ家で出来んのか?」と突っ込まれ、恥じらいといら立ちの入り混じった気持ちになる。

■25日
引きこもっていた2008年、サビがひたすら「ありがとうございます」を繰り返すだけのロックを書く。
約2年後にLUMIEという音楽ユニットでSAYAKAが新たに歌詞を書き『明日へ』が出来る。
2022年9月12日、Ismのアルバム「on your side」に収録。

■26日
2010年、その当時組んでいた音楽ユニットLUMIEの曲として、ボーカルSAYAKAの作詞で『キャンバス』を作曲。
2015年6月14日、音空のシングルCD「My place」に収録してリリース。

■27日
2010年当時組んでいた音楽ユニットLUMIEのボーカルSAYAKAから預かったきりだった歌詞を2022年に何気なく読んで作曲。
SAYAKAが今の気持ちで歌詞を書き改める。
2022年9月12日にIsmの曲『気まぐれラブソング』としてリリース。

■28日
2008年9月末、金木犀のにおいに誘われてピアノを即興演奏して作曲。
翌年ユニットLUMIEのSAYAKAの作詞で『曇りのち晴れ』が誕生。
2018年、環境音楽のピアノ曲『秋風』として発表。
2021年『秋風』の題で自ら作詞。
翌年10月、みらのMVとして公開。

■29日
2010年、音楽ユニットLUMIEの曲として作曲した『キャンバス』。
その曲の雰囲気からボーカルのSAYAKAと二人で「ドラゴンボール」の愛称で呼ぶ。

■30日
高2の3学期のある放課後、体育館のピアノでショパンのノクターン第2番を弾いていると、音楽に全く興味がないだろうと思っていた女の先生から「その曲どこかで弾くの?」と声を掛けられ、意外で少し驚き、なんとなく嬉しくなる。

■31日
20代のある夜、かなり酔った状態でタクシーで自宅に帰る。
運転手への説明が微妙に違ったらしく自宅ではないところで下車してしまう。
仕方なくその家のチャイムを鳴らして名前と事情を話す。
そこは幸い自宅のすぐ近くで、その家の方に誘導してもらって無事自宅にたどり着く。

※X(旧ツイッター)のアカウントは @YOUTAMUSIC
ハッシュタグ #Yノート

激戦を制す♪

作曲家のYOUTAです。
柿木将棋9のレベル7と対局して約4ヶ月ぶりに勝ちました。
最近は将棋ウォーズが中心なので前ほど打ち込んでませんが、それにしても久々すぎる。
ソフトをバージョンアップしてからは今まで以上に勝てない気がしてました。
いいところまで追い込んでも結局は押し返されて敗けるパターンも多く、心が折れかけていた矢先の白星です。
戦型はノーマル四間飛車。
序盤の飛車交換はうまくさばけたような気はしてましたが、全く自信はなかったです。
9三に馬を作って自陣に効かせる作戦はねらい通りで、いったん5八に歩を打ち付けて守りを固めてから、相手の穴熊に対して端攻めをうまく繰り出せたのが良かったと思います。
104手目に相手が1六歩と打ってきたのに対して裏を突いて打った1五香が冷静な一着だったとも思います。
それにしても112手目に相手が打ってきた1一香はAIらしい読みの入った強い受けの1手だと感心します。
そこから泥沼のしのぎ合いが続いて、詰みを逃したかと冷や汗をかきましたが、粘りに粘って入玉し、最後は相手の攻めと受けを何とか切らすことができました。
ということで、久々に満足のいく1局となりました。


先手:自分 後手:AI
▲7六歩 △8四歩 ▲6八飛 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲4八玉 △5四歩 ▲7八銀 △4二玉
▲3八銀 △3二玉 ▲1六歩 △5三銀 ▲1五歩 △5二金右
▲5八金左 △3三角 ▲3九玉 △2二玉 ▲3六歩 △1二香
▲3七桂 △4四歩 ▲4六歩 △1一玉 ▲4七金 △2二銀
▲6五歩 △3一金 ▲5六歩 △9四歩 ▲9六歩 △4三金
▲2八玉 △7四歩 ▲6七銀 △7三桂 ▲6六銀 △4二角
▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5四歩 ▲6六銀 △6四歩
▲7八飛 △6五歩 ▲5七銀 △6二飛 ▲7五歩 △6四飛
▲8八角 △8六歩 ▲同 歩 △8七歩 ▲7七角 △7五歩
▲8五歩 △同 桂 ▲8六角 △6六歩 ▲4八銀 △7四飛
▲7五飛 △同 飛 ▲同 角 △7九飛 ▲6六角 △8九飛成
▲6一飛 △6五歩 ▲8四角 △5五桂 ▲9一飛成 △9九龍
▲9三角成 △4七桂成 ▲同銀直 △9八龍 ▲5八歩 △4五歩
▲1四歩 △同 歩 ▲1三歩 △同 香 ▲1二歩 △同 玉
▲2五桂打 △2四歩 ▲1三桂成 △同 桂 ▲1八香打 △4六歩
▲同 銀 △4四桂 ▲4五銀 △4六金 ▲4四銀 △同 銀
▲1四香 △1六歩 ▲1五香 △1七銀 ▲同 香 △3七金
▲同 銀 △1七歩成 ▲3八玉 △1一香 ▲2六桂 △2一桂
▲1三香成 △同 桂 ▲1四桂打 △6四角 ▲6一龍 △3七角成
▲同 玉 △2五桂 ▲4八玉 △4七歩 ▲同 玉 △4五香
▲5六玉 △5五銀 ▲6五玉 △6八龍 ▲6六歩 △2三玉
▲2二桂成 △同 金 ▲1一香成 △4九香成 ▲7四玉 △7七龍
▲7五歩 △1四歩 ▲3一銀 △7三歩 ▲8三玉 △3二金打
▲4一龍 △4二銀 ▲2二銀成 △同 金 ▲4四歩 △3二銀
▲5二角 △4一銀 ▲同角成 △3二桂 ▲7一馬 △8一香
▲8二歩 △同 香 ▲同 玉 △3三金寄 ▲4二馬 (ここで後手が投了)
まで161手で先手の勝ち

2023年12月のYノート♪

こんにちは、作曲家のYOUTAです。

僕の体験談をX(旧ツイッター)の140文字という限られたスペースで1日1つ投稿していく企画「Yノート」

2023年12月の投稿をまとめました。

ご覧いただければ幸いです。

■1日
大学2年の7月6日にふられた足で、彼女に誘われて寮の食堂で一緒に夕食をたべる。
一言もしゃべらずに黙々と食べて別れる。

■2日
大学2年の7月6日にふられた1週間後に、学内の大ホールで集中講義の最後に先生からマイクを向けられ、音楽についての思いを聞かれる。
この会場のどこかに彼女もいるんだろうなと思いながら「日本人としてのアイデンティティを持って云々」と格好つけたことを語る。

■3日
大学2年の7月6日にふられた約10日後、彼女が好きな管弦楽団のコンサートをラジオで放送しているのを知り、そのことをメールするも来ない返信。

■4日
高校3年の夏、NHK-FMの青春アドベンチャーで放送されたラジオドラマ『封神演義』にはまり、毎日欠かさず聴く。
グランドソフトボールの全国大会の宿舎で、チームメイトとの会話を優先する友達に半ばイラつきながら、いつもどおり視聴を優先する自分。

■5日
高校3年の初夏にオリジナルソング『君なき今』を小規模な編成に編曲。
シンセサイザー(音色はフルート)のパートにトリルを入れる。
少しずつ弾いて奏者に音符を伝授する中「次は簡単なトリルだから」と言って弾いて聴かせると横から先生が「簡単?」と突っ込んでくる。

■6日
短大1年(18歳)のときに合唱の授業でモーツァルト作曲『アヴェ・ヴェルム・コルプス』を歌う。
楽譜の後ろに載っていた歌詞の和訳に作曲する。

■7日
41歳にしてサポートを受けながらクッキーを作る。
食べてみて意外なうまさに「また作りたいな」と思う。

■8日
30代前半のあるコンサートの後「あの共演者のMCはいけませんね」とスタッフが言う。
訳が分からず戸惑っていると「おひまな方は是非いらしてください。おひまな」と言われ、考えたあげくハッとする。
全く気づかず、指摘されてなお分からなかった自分の鈍感さに唖然とする。

■9日
番組の企画で将棋ウォーズを使って対局する。
通算成績は倍負け越しているにも関わらず、収録一発目で勝利する。

■10日
大学1年のある日、大学主催のコンサートに一人で出かける。
帰路、若い女性の寮監から「一緒に帰りましょう」と声をかけられる。
一人で歩く緊張からの解放感もあり、少し嬉しくなる。

■11日
高校3年の夏、NHK-FMの青春アドベンチャーで放送されたラジオドラマ『封神演義』にはまり、毎日欠かさず聴く。
「いつか本で読みたい」と思っていたが、約20年後に点字図書館で小説を見つけて読破する。

■12日
高校3年の秋にNHK-FMの青春アドベンチャーで放送されたラジオドラマ『イカロスの誕生日』をカセットに録音。
その世界観に惹かれ、22年後にカセットテープを一掃した際も捨てずに残す。

■13日
高校3年のときにNHK-FMのラジオドラマ『青春アドベンチャー』で放送された『オルガニスト』を聴いて『J.S.バッハの主題による変奏曲とフーガ』という曲を知る。
その主題のB,A,C,Hを学校で楽隊の練習中に友達と鳴らし合って、音楽の先生がどう反応するか試す。

■14日
「トマト・トマト…」
「トヤマ・トヤマ…」
中学時代に音楽の授業で習った3連符の練習方法。

■15日
大学の教職科目「音楽科指導法」でクラスメイトを生徒に模擬授業をする。
中高時代に習った発声練習のパターン、3音の単語で行なう3連符の練習法、大学の講義で体験した学籍番号と日付を連動させて生徒を当てるやり方など、それまでの経験値を総動員して授業を組み立てる。

■16日
ある曲をDAWで打ち込んでいるとき、アップテンポ系の曲でよく使う歯切れの良いスタッカート系の音色でアルペジオをちりばめようと音色を探す。
その際に偶然ほわほわした感じの柔らかい音色を見つけ、試しにアルペジオを弾くと意外にも曲調と合ったので、その音色を採用する。

■17日
物心つくかつかないかの頃から、外から帰ったら必ず手洗い・うがいをすることを徹底的にたたき込まれる。
いつしか、何も考えなくても歯磨きを当然するのと同じような習慣になる。

■18日
在学していた都内の大学で学食に行く。
カレーライスが辛いのではなくしょっぱくて食べられたものではないと感じる。
しょっぱいカレーがあることに驚く。

■19日
大学4年のある日、在学していた都内の大学の近くにある中華料理店で野菜いためを注文。
あまりのしょっぱさに「やはり関東は味が濃いめなのか」と思う。

■20日
2008年の3月末、X JAPANの東京ドーム公演に参加するため東京へ向かう。
新幹線に乗り込んで席に着くと肩をたたかれて声をかけられる。
驚いて振り向くと、大学時代お世話になった和声の先生で、びっくりする。

■21日
短大時代に課せられた何か作品を鑑賞しての定期的なレポート提出。
それをみんなの前で発表する回があり、NHK-FMのクラシック音楽番組を聴いて、ブルックナーの交響曲第7番を取り上げる。
録音したパーソナリティーのMCの大半を引用。
「愚直なまでに」の文言に苦笑する先生。

■22日
短大時代に提出したレポートをみんなの前で発表。
読み終わった後に先生からの指摘で、日付は漢数字で書かないという常識を初めて知る。

■23日
タクシーを呼ぶ。
屋内で待っているときに一緒にいた知人が席を外す。
その間に運転手から声をかけられ、でかい態度で対応したせいか「外に居ないとわからない」と不機嫌そうにする運転手。
感じ悪いなと思いながら知人の手引きで向かうと、やけに丁寧な対応に変わっていて意外に思う。

■24日
高校1年の時、交流で韓国から数人の女子学生が富山の盲学校に来る。
彼女たちが着ていた民族衣装のチマチョゴリを「ちょっと触らせてあげてもいい?」と女性の先生が聞き、承諾してくれたので恐る恐る触りながら「え?シマチョコビ?」とわざと照れ隠しで言う。

■25日
中2の6月、グランドソフトボールの練習試合でのこと。
右打席でキャッチャーゴロを打つ。
思いきり走り出してすぐ、ボールを拾ったキャッチャーの背中に激突して一瞬気が遠くなる。
アウトの判定に自軍のコーチが抗議して走塁妨害が認められる。

■26日
20代のある日、下の前歯のちょうど中央の歯からポロリと欠片が取れてくる。
歯が欠けたと思い、歯医者に行くと、歯石が欠けたのだと言われ、全ての歯の歯石を除去してもらう。

■27日
30代前半のある日、人から自家製の干し柿をもらって食べる。
その際に作り方を聞いて、砂糖をまぶして作っているわけではないことを初めて知る。

■28日
30代後半のある朝、思い付きで熱いお湯を水で薄めて飲んでみる。
以来、朝目覚めた後や将棋を指す際などに白湯を飲む習慣が身につく。

■29日
初心者に将棋のルールや棋譜の読み方を説明する。
その際に「マス目の把握は九九みたいな感覚で覚えていて、読み上げられたらマスを数えなくても瞬時にどこの地点のことかがわかる」と説明する。

■30日
26歳だった2009年8月、ケータイメールで1手ずつ伝え合い、数日間かけて将棋を指す。

■31日
40歳のある日、視覚障害者向け将棋セットの情報を得る。
駒の種類は駒のお尻に打った鋲の数や形を、表裏はその鋲が左右どちらにあるかを触って判別するのだと聞く。
小学生の頃から、自分で駒の表裏に点字シールで駒の名前を張って使っていたので「かなり指しにくそうだな」と思う。

※ツイッターのアカウントは @YOUTAMUSIC
ハッシュタグ #Yノート
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>