一色真宇(宮崎なぎさ)オフィシャルブログ

一色真宇(宮崎なぎさ)オフィシャルブログ

フラクタル心理学が学べるブログです

2022年4月発行

 

「こころの進化の6つの階段」は、

南アフリカ人女性ギアナが、

私、TAWフラクタル現象学と、

フラクタル心理学の開発者一色真宇に、

メールで質問をしてきたやりとりを

まとめています。

 

書籍化するときに、読者に分かりやすいように、

私の回答にさらなる解説を加えています。

 

---------------------

今日は45ページを解説しましょう。

 

ギアナは次のように言っています。

 

私たちがなにかを大切にするときには、

それが自分に有用で、重要で、利益があると思うからです。

 

なのに、私の現実は人々が去り続けます。

恋愛関係であろうとなかろうと、人が去っていくことが、

私が周りと親密な関係を築くことができないようにしています。

 

私のひとつひとつの選択が、この拒絶感を永続させているように思います。

私は拒絶感のない人生を生きたことがないので、

私の言うこと、選ぶこと、やることのすべてが

拒絶感を永続させることになっているわけです。

 

 

この言葉、あなたはどう感じましたか?

 

もし、あなたが同じように、

拒絶感のみならず、なにか不可解な感情を感じて、

 

このような文章にしてみたら、

 

あなたは答えを得ることができるかもしれません。

 

どうやったら答えが見つかるのでしょうか。

 

私たちがなにかを大切にするときには、

それが自分に有用で、重要で、利益があると思うからです。

 

なのに、私の現実は人々が去り続けます。

 

これを裏返してみましょう。すると、次のようになります。

 

「私から人が去るのは、

私がその人たちにとって、有用でもないし、重要でもないし、利益もないからです」

 

 

簡単ですね。

 

そして、「えっ、私ってそんなに人に役に立たないの?」

と思えばいいのです。

 

「わかった。じゃ、役に立つ人になるよ」

 

と方向転換できたら、なんの問題もありません。

 

実際、ギアナはせっせと,今の彼の役に立とうと思って、

 

社交をしているのですよね。

 

それがどれくらい役立っているかは別として、

 

なにかしなくては価値がないと思っているので、努力しているわけです。

 

 

 

でも、たいていの人は、「じゃ、役立つ人になろう」とは思いませんよね。

 

そこが、「チャイルド」の部分です。

 

赤ちゃんの頃は、自分がそこに存在するだけで

世話をされたので、その前提があるために、

 

「人は、役に立たなくても、愛されるべき」

 

となります。

 

だから、「あなたは役に立たない」と言われると腹が立つのは、

 

「私はかわいい。それだけで十分に愛される価値がある!」

 

と思い込んでいるからなんですね。

 

しかし、自分はもう赤ちゃんではないし、

 

目の前の人はお母さんでもない。

 

そのことが頭に入らないわけです。

 

頭が進化していないということですね。

 

 

 

さて、ギアナは次のように言います。

 

私のひとつひとつの選択が、この拒絶感を永続させているように思います。

私は拒絶感のない人生を生きたことがないので、

私の言うこと、選ぶこと、やることのすべてが

拒絶感を永続させることになっているわけです。

 

これは良い考え方ですね。

 

自分がまだ知らないものがある。

 

それを知らないから、自分はこのままなのだ。

 

と知るのは、とてみも大きな一歩です。

 

多くの人はこう思いません。

 

「私は悪くない」と固執するために、

 

他の方法があることに気づかず、

 

「なんでわかってくれないの?!」となりますね。

 

これも逆にしてみましょう。

 

つまり、

 

「なんでわかってくれないの?!」と思うときは、

 

自分が自分のやりかたに固執したために、

他のやりかたを学べず、

自分のやりかたを認めない相手に不当に怒っているとき。

 

となります。

 

こういうふうに、「法則化」しておくと便利ですよ。

 

>法則

 

「なんでわかってくれないの?!」は、

 

自分がチャイルドのバカなやり方に固執しているとき

 

中身は考えず、ただ「なんで…?!」の言葉だけで、この結論に至ること。

 

これだけを認めて、唱えること。

 

すると、

 

「ハア~。バカなんだ、私」となって、怒りが収まりますね。

 

すると、頭が働いて、

 

だんだんとチャイルドから抜け出しますよ。

 

チャイルドから抜け出せないのは、感情が暴れて、

 

頭がまわらないからなのです。

 

 

  

 

講師たちのセミナー情報はこちら

 

たまにはじっくり体験記を読んでみよう! Web版TAWプレス

 

さっさと悩みを解消したいかたは、こちら

一色真宇の会社アクエリアス・ナビ

 

フラクタル心理学協会