談話室 『和太刀』 別室

和太刀ミニLIVE vol.2 『剣戟森森(けんげきしんしん)』

開催致します!!




ルンルン日程 : 12/15(木)~12/18日(日)




ルンルン場所 : PrimeTHEATER(中野新橋)

東京都中野区本町4丁目1-1

サンコーポB1




ルンルンタイムスケジュール

12/15(木) 19:30◎

12/16(金)14:00◎ 19:30□

12/17(土)14:00□ 19:30◎

12/18(日)14:00◎ 18:00□

◎→情炎の章

□→冷斗の章




ルンルンチケット料金

前売 2000円

当日 2500円

※10/15よりチケット受付開始致します‼




ルンルン本公演に関するお問い合わせはこちらから


watachi2016_12yahoo.co.jp




イチョウ詳細は下記和太刀ホームページをご覧下さい!!


   http://watachi.jimdo.com/











       和太刀ミニLIVE『剣見楽々(けんけんがくがく)』  

            チューリップ紫2016年4/22(金)~ 4/24(日)

              全日程終了致しました。


        
    たくさんの皆様に御来場頂き、誠にありがとうございました!!


    和太刀ホームページこちらから!!和太刀ホームページ







          2014年5月28日(水)~6月1日(日)

『演斗ス another』

於:ウエストエンドスタジオ



ご来場くださり、誠に有難うございました。








2013年7月12日(金)~17日(水)

『演斗ス next』

於:ウエストエンドスタジオ


ご来場くださり、誠に有難うございました。






2012年11月15日(木)~18日(日)


『 演 斗 ス・核(コア)』
      
於:SPACE 雑遊

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2012年6月20日(水)~24日(日)

『 演 斗 ×2 』


於:ウエストエンドスタジオ

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2011年11月10日(木)~13日(日)

『 演 斗 ス 』

於:ウエストエンドスタジオ

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2011年5月6日(金)


大地丙太郎プレゼンツ『チャンバラ☆YA』


於:ザムザ阿佐ヶ谷


ご来場くださり、誠に有難うございました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-19 21:00:00

パリに行ってまいりました。その一

テーマ:殺陣仕事人
7月12日から5日間、「ミュージカル刀剣乱舞」のパリ公演に同行してまいりました。


こちらは日本に比べて湿気がなく、30度を越えても比較的過ごし安かったです。
12間あまりのフライトはちょっとシンドかったですが‥‥‥。
到着初日には取り立てて仕事ということもなかったので、ベタに凱旋門やらエッフェル塔やらを見て回りました。



このときは結構長距離歩いてフラフラだったのですが、日本のように気軽に自販機などは無いので、売店で飲み物を買って歩きました。
ホントに日本は便利な国です(笑)。
町並み自体は確かに赴きのある古い建物と最先端のビルが通りを一本はさんで混在していて、楽しめましたが、



なんだか銀座あたりの町並みにも似ていたり、横浜あたりの風景とダブったりして、歩いている人々以外はそれほどの異国感はなかったように思います。


空港に着いただけでテンションアップのアンサンブルメンバー。

パリの地でひと暴れしてやろうと意気込んでおりました。
フランスでは2,5次元という日本文化を広めにくるつもりと、実は日本の古武術なども知られている場所ではありますから、その名前に恥じぬようにバトルシーンをはじめとする日本独特の雰囲気や間を見せてくださいね。
宜しくお願い致します………と、フライト時間の疲れの残る状態で願いました。

清水

2018-07-18 21:00:00

抜刀の体捌き。

テーマ:通常稽古
例えば横から脇腹に銃や刃物ををつけられた時の対処法のような動きですが。




自分の腕を前から後ろへと円に使って相手の腕の裏に位置させて、軽く手首を切り手に返すということをします。
すると相手はバランスを失い、「おっとっとっ」という具合に後方にしりもちをつくというものなんですが‥‥。



内側から円を描くときに肩まで上がってしまったり、強引に腕力で腕を締め上げようとすると、相手にはそれが見えていますから、反撃のキッカケを与えるようなものです。
抜刀の時の体捌きを使って、相手に触れるか触れないかというほどの動きを正しく行うということを心掛けています。
出来るようになれば腰を落としながら体幹部をを使うというだけで相手は崩れ落ちます。




抜刀術の稽古を素手で行っているようなことが望ましいと思います。

清水
2018-07-17 21:00:00

肩を捕まれての円の動きで。

テーマ:通常稽古
向かい合った相手に両肩を掴まれた状態で、

自身は両掌を合掌するようにしながら内側から大きく円を描きます。

円を描くときに両肩が上がってしまったり手先の動きだけですとそのまま動きはストップしてしまいますが、
特に肩の沈みのキープを心掛けてキレイな円を描くと、相手の両肘がキマッてきます。

これ、ほとんどつかんでキメてやろうといった類いの力技はいりません。
力技でキメようとすると、キマらないどころか簡単に相手に返されてしまいます。
あとは真下に腰を落としての投げ捨てになりますが、
このときもスクワットのような力の入ったような動きは禁物です。
やさしく相手を置いてください(笑)。

両肩を上げずに円に動かすというのは、抜刀時など、剣の動きではとても大切なものです。

清水
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス