談話室 『和太刀』 別室

和太刀ミニLIVE vol.2 『剣戟森森(けんげきしんしん)』

開催致します!!




ルンルン日程 : 12/15(木)~12/18日(日)




ルンルン場所 : PrimeTHEATER(中野新橋)

東京都中野区本町4丁目1-1

サンコーポB1




ルンルンタイムスケジュール

12/15(木) 19:30◎

12/16(金)14:00◎ 19:30□

12/17(土)14:00□ 19:30◎

12/18(日)14:00◎ 18:00□

◎→情炎の章

□→冷斗の章




ルンルンチケット料金

前売 2000円

当日 2500円

※10/15よりチケット受付開始致します‼




ルンルン本公演に関するお問い合わせはこちらから


watachi2016_12yahoo.co.jp




イチョウ詳細は下記和太刀ホームページをご覧下さい!!


   http://watachi.jimdo.com/











       和太刀ミニLIVE『剣見楽々(けんけんがくがく)』  

            チューリップ紫2016年4/22(金)~ 4/24(日)

              全日程終了致しました。


        
    たくさんの皆様に御来場頂き、誠にありがとうございました!!


    和太刀ホームページこちらから!!和太刀ホームページ







          2014年5月28日(水)~6月1日(日)

『演斗ス another』

於:ウエストエンドスタジオ



ご来場くださり、誠に有難うございました。








2013年7月12日(金)~17日(水)

『演斗ス next』

於:ウエストエンドスタジオ


ご来場くださり、誠に有難うございました。






2012年11月15日(木)~18日(日)


『 演 斗 ス・核(コア)』
      
於:SPACE 雑遊

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2012年6月20日(水)~24日(日)

『 演 斗 ×2 』


於:ウエストエンドスタジオ

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2011年11月10日(木)~13日(日)

『 演 斗 ス 』

於:ウエストエンドスタジオ

ご来場くださり、誠に有難うございました。







2011年5月6日(金)


大地丙太郎プレゼンツ『チャンバラ☆YA』


於:ザムザ阿佐ヶ谷


ご来場くださり、誠に有難うございました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

斬られに行こう!いや!斬られに行かないぞ!

三十数年前、初めて着物に着替えて殺陣の稽古をした時に最初にやらされたメニューは、
【遥か遠くに立っている芯(斬り役)に向かって(大)声を出しながらかかっていき、一刀のもとに斬り伏せられて死ぬ】という単純なものでした。
単純………ではあるのですが、これが素人にとっては中々に難しいもので………

まず、全速力で走って斬りかかるのですが、ちょうど斬られるというベストポジションにピタリと止まれない。
     それから、ちょうど斬り合う間合いに入ったところで剣を振りかぶるということが出来ません。
どうしても先に……極端に言えば、走り出した時に剣を振りかぶり、あとはまるで百姓一揆か何かのように「わあ〜っ!」っとなってしまう。
すると諸先輩方からも「おらー!百姓一揆かっ!斬られにいくな!ちゃんと斬りにいって、結果として斬られるんだ」などと怒られました。
そして何より、19(歳)とか多感な年齢の子にとって、「君もカッコいいことしてみないか?」と言葉巧みに誘われて、最初にそんなことをやらされて、回りには女性の先輩や同輩も沢山見ている中ではとにかく恥ずかしいということでしょうかね。
しかし、そんな初歩的な動作が恥ずかしいなどと思うこと自体、全く集中出来ていない証拠であり、未熟な考え方であることは言うまでもありません。
で!
この度、石田さんという新人さんが参加してくれたのを機会に、そんな原点回帰的なメニューに挑戦しました。


やってみると、やはり単純ながら、その中には殺陣や芝居をやる者にとって、大変大切なエッセンスが詰まっていることが再確認された思いでした。
斬られた後に、何の余韻もなく倒れるよりも、やはりそこに」一人の人間の死に際」に内包された中身がどういうものかが表現されていないと、本当にただの「斬られ要員」に成り下がってしまいますからね。
新人さんだけにやらせられないので、「芯」と「絡み(斬られ役」を交代制でくまなく回しました。





先輩たちが、ひとつの太刀筋に対して様々なリアクションで死んでいくと、

石田さんも段々とリラックスしてきたようで、思い切り表現しようと頑張っていました。

複雑な技術的稽古もいいですが、まずこうしたことがちゃんと出来て、そこから応用してパターンを増やした方がいいと、改めて感じさせてくれました。


清水


清水

爆笑新規メンバー募集中です!

稽古参加希望・お問い合わせは下記の通りです!
☆お問い合わせメールアドレス
watachi_hp@yahoo.co.jp

☆現在ホームページメンテナンス中のため、
稽古参加メンバー募集の記載はございませんが
お問い合わせページは稼働しております☆

☆参加メンバー募集のイベントページも
ございます☆募集ページ

一夜明けての被害状況………。

大型台風が猛威をふるった一夜があけました。
何とか無事に何も起きずにはすみましたが、皆様、大丈夫でしょうか?報道番組を見るにつけ、ある程度は予想してはおりましたが、甚大な被害の数々には、驚くとともに胸が締め付けられます。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
こうしている間にも、報道されるお亡くなりになった方々の数が増えています。
我が身に何もなかったことを、とてもではありませんが、素直に喜べないです。

未だ、家の中に取り残されている方々がいらっしゃるかもしれませんので、一刻も早い救出活動を………と願うばかりです。

川の水が溢れ、今、大変なことになっている場所が全国に沢山あります。二子玉川は現在もカルチャースクールの講座のため、週に一度は訪れる場所ですし、川越は、元々自分の幼いころ住んでいた町にほど近く、千葉県館山は殺陣の修行時代に何度も合宿で訪れた思い出深い場所です。
それがこの状況、たまらなく悲しいです。
こんな状態でも、自分の仕事や生活は続けなければならない。

やるせない思いです。

カルチャースクールなどでは護身術の講座を持たせていただいて19年が経過しましたが、個人が個人を制するという類いの「護身」というだけでは、どうしようもない自然災害の恐ろしさと、我が身の無力さに呆然とするばかりです。


繰り返しになりますが、被災されているか方々の生活が一刻も早く元の平穏な状態になりますように願うことしか出来ません。
ただ、今回の台風が、報道では「数十年に一度↓となっていましたが、おそらくこれからこの規模の自然災害は頻繁に起きる可能性は高いと思います。
そのことを胸に刻んで、今から出来ることというのが「対処のために新たに開発する」という考え方オンリーでは、片手落ちだと感じてしまいます。
便利なものを得るのではなく、これで大丈夫というマヒした考え方を捨てねばならないのではないでしょうか。

清水

その時何が?小倉城の霊魂に質問。

先日、「ミュージカル刀剣乱舞  葵咲本紀」の殺陣の仕事で北九州は小倉に行きました。
劇場から数百メートルという近さには、小倉城が聳え立っていました。
自分のような立場の人間からすれば、小倉城といえば小倉藩=細川藩。
細川藩といえば、私のような者にとってパッと浮かんでしまうのは、江戸初期の剣術指南役、佐々木小次郎です。

過去、和太刀のステージにおいては私や中島さんが何度か小次郎に扮して巌流島の対決を筆頭に、その謎の生涯について「剣」という観点からいくつかのアングルで作品をやらせていただきましたので、実際に小倉の町を歩き、城を目の前にすると、少し感慨深いものがありますね。




舞台で小次郎関連のものをやる度に、作品解説のコーナーでは述べさせていただいておりますが、

実際にその当時(1612年)、船島(ふなしま)と呼ばれていた関門海峡の小さな島で剣豪宮本武蔵と対決した剣士の名前が佐々木小次郎であったとは何も証明されるものはありません(名前が佐々木小次郎となったのは、巌流島の対決の170年後です)。記録的な文言には、「巌流」としか書かれていないのですから。

我々が当たり前のように知っているつもりの小次郎伝説の多くは、古くは歌舞伎や講談、また近代では吉川英治さんの小説をはじめ、映画や演劇などで創作されたものだからです。
「遅いぞ、武蔵!」「小次郎、敗れたり‼」なんぞと申しましても、対決の当日、武蔵が遅刻したなんていう記述もなく、決闘を前に小次郎が鞘を捨てたなんて記述もないわけでして……。
しかし、その当時に宮本武蔵相手に戦った「巌流」(これが流派の名前なのかはわかりませんが)と呼ばれた一人の剣士がいたことは確実です。
何でも一説には、既にその剣士は対決当時60~70歳くらいの老剣士だったとも言われており(おそらく師匠とされる冨田勢源の年齢とも関連してのことだと思いますが)、キリシタンであったとも言われています。
何故、当時武蔵と小次郎が船島で対決することになったのかについても、互いの弟子同士の武術談義からの争いとも言われていますし(これは当時の幕臣の日記にあるような記述なんですが、書いた本人がどのくらい真相を知っていたのか。幕臣となるとこれもちょっと怪しいですね)、細川藩の剣術指南役でありながら、キリシタンであった小次郎に対しての暗殺だったのではないかとも言われています。で、実際の対決の模様は、ほんの一瞬の間で小次郎が武蔵に打たれて倒れたとあります。しかし、死亡したわけではなく、フラフラと立ち上がった小次郎に対して武蔵の弟子たちが集団リンチのように襲撃したとの話が残っています。
ホントのところはどうであったのか、誰も知るよしはないのですが、この地を歩きながら、かつてここに存在していた一人の剣士の魂に色々聞きたいことを語りかけていました。
小倉城の前でブツブツと………。
ちょっと変な人だと思われたかもしれません。

その時、胸に去来した思いを勝手に答えとしましたが、それはひとまず秘密とさせていただきまして、いずれ又ステージで発表しようと思います。

清水

爆笑新規メンバー募集中です!

稽古参加希望・お問い合わせは下記の通りです!
☆お問い合わせメールアドレス
watachi_hp@yahoo.co.jp

☆現在ホームページメンテナンス中のため、
稽古参加メンバー募集の記載はございませんが
お問い合わせページは稼働しております☆

☆参加メンバー募集のイベントページも
ございます☆募集ページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>