木 綿 | ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

〝可憐な花々に囲まれた心温まるお葬式〟をモットーに、日々お客様のために頑張っております葬儀社ウォームハート・・・の社長、人呼んで「葬儀屋ナベちゃん」です。 毎日の仕事や、人・映画・書籍等との出会いの中で感じたことなどを徒然なるままに綴ってまいります。


テーマ:

肌着や靴下、更にはタオル等々・・・私たちの日常生活になくてはならない物といえば、木綿製品ですょネ。

今日は5月10日ということで、その語呂合わせから

 

 コットンの日

 

なのだそうです。 日本紡績協会がこの記念日を制定したのは1995年の10月だそうですから、あくまで5・10に拘ったようですネ。


さて、皆さんは毎日のように木綿製品をお使いのはずですが、原料の〝綿花〟を目にしたり手に取った経験はありますか?

こういう花なんですが・・・。(

 

       

おそらく私を含め日本国内でこれを見たり触ったりした方は、殆どいらっしゃらないと思います。

何故なら現在我が国において、綿花は100%輸入しているから。


この綿花の歴史は古く、現在発見されている最古の木綿栽培の痕跡は、約8,000年前のメキシコ。

見つかったアメリカ栽培綿という品種を改良した〝アップランド綿〟が、現在世界で栽培されている綿花の約90%を占めています。

次いで約7,000年前のインド亜大陸(現在の東パキスタンと北西インド地域)でも綿花栽培がなされていたそうで、799(延歴18)年に三河国に漂着し、日本に初めて綿花の栽培法を伝えたのも崑崙人(こんろんじん=現在のインド人)だったとか。

彼は日本各地に綿花の栽培法を伝えたようですが、気候や土地が合わなかったのか栽培は僅か1年で頓挫。

 

その後は明・朝鮮からの輸入に頼ることとなり、木綿は庶民の手に入ることのない高級品であったようです。

 

日本で綿花栽培が再開されたのは15世紀後半の戦国時代とされ、江戸時代に入ると急速に拡大。

木綿問屋も出現し、綿花産業は我が国における主要産業に。

(※ただしTVドラマで水戸のご老公が諸国巡業の際身分を偽っていた〝越後のちりめん問屋〟のちりめんは絹の織物・・・木綿とは無関係です。)あせあせ


そして明治維新以降、政府が生産を強化したため、1930年代には綿布の輸出量が世界一になるまでに成長。

しかし関税廃止などの影響で安い綿花が輸入されるようになり、我が国の綿花栽培は衰退・・・現在では国内需給率は殆ど0%。

そりゃあ海外ではこんな感じで生産しているんですから、国土の狭い日本はとても敵いません。(

 

       

綿花の生産高は、その年によって大きく変動しますが、2016年は

 1 位  China     16,029千トン  

 2 位  India       14,413千トン  
  3 位  USA        10,050千トン

   
とのこと。 上位2ヶ国は殆ど国内消費しており、日本が輸入する年間約10万トンの綿花の約40%はアメリカから。

最初は日本から綿花不足のアメリカに輸出していたのに、今では全く逆になってしまったとは、実に皮肉なもの。

全体の生産量に比して輸入量が2ケタも少ないのは、日本メーカーが衣料品などを海外生産しているからなのでしょうが、こんなところにも産業の空洞化が透けて見えます。

果たして日本はこのままの産業構造で良いのかどうか・・・考えさせられますネ。うー


 

             ペタしてね

 

              人気ブログランキング 

ナベちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス