足を壊してから治療するのでは遅いのです。│静岡県 富士宮市 若葉治療院本院 | 若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院の院長Blogです。よく 「スポーツ専門」 と誤解されますが、いわゆる体のメンテナンス・マッサージです。休日 趣味やスポーツなど、みなさんが楽しく過ごせるようにサポートしたいと思っております。肩こり腰痛でお困りの方もお気軽にお電話下さい。

歩行やランニングで発生する膝や、内スネの痛みは動き(モーション)の中で引き起こされます。モーションに異常があれば、骨や靭帯に過度な負担がかかり、いずれ痛みとして現れます。

 

ナイキの厚底シューズが発売されて以来、これまでになかったような膝の痛みや、スネの疲労骨折をみるようになりました。

・・・考えてもみてくださいよ。小学生や中学生の疲労骨折って、異常ではないでしょうか?


「疲労骨折は、オーバーワークが原因」・・・そんな思い込みを捨て、目の前の患者様、一人ひとりに目を向け、愚直に観察を行ってきました。

 

そして、ある定量化した法則を見出しました。

それは、痛みや故障が発生している個所に、異常なモーションが発生していることです。

 

 

その現象に仮説を立て、検証を繰り返し、最近感じていることは、ナイキだけに限らず、近年シューズに使用されるようになったウレタンフォームをはじめとする、いわゆる「反発性素材」が、人間のもつ本来の動きを阻害し、足の故障を誘発しているように思います。

●世界最小のインソール、『イージス』の開発経緯

 

イージスは、もともとは2016年、ブラジルオリンピックで、自転車競技選手のパフォーマンスアップを目的として作りました。人間本来の持つ動きを最大限に発揮させることによって、パフォーマンスの向上を目指すものでした。それをランニングシューズ用に調整しなおしました。

 

実業団ランナーさんに 『イージス』 を試してもらいました。

 

 

●イージス装着前のランです。




● ふとももの骨と、脛(すね)の骨が一直線にないのが判るでしょうか??

 



ノーマルのシューズでは膝が捻じれています。膝が捻じれたまま走り続けると、靭帯や半月板を痛めるだけでなく、力強いキックはできません。




●脛(すね)と踵(かかと)の骨の角度の違いが判るでしょうか??



ノーマルのシューズでは、足首が捻られています。これは、疲労骨折やシンスプリントの原因です。

 

インソールの中には、アーチの落ち込みを支える機能を持つものや、踵の倒れこみを防ぐなどの機能を売りにするものがありますが、フロント着地で走るランナーには全く意味を成しません。


イージスは、空中姿勢を整えることで、着地の時の関節の整合性を整えます。

 

 ●イージス装着後のランです。


●医療の目的とは

 医療本来の目的は、「身体的、および心理的、社会的に悩んでいる患者様に対して、医療的な専門立場から、この悩みを軽減、または解消させること」にあります。

 

私は、医療そのものが一点の曇りもなく、そこに目を向けるべきものであると考えています。つまり、医療が目指すべき方向は。患者様一人ひとりに対して目を向け、常に患者様の視点から医療を行うべきものでるという認識が必要なのです。


足を壊してから治療するのでは・・・ 遅いのです。

 

そんな意味で、イージスを開発しました。次回は、イージスの衝撃吸収性について書いてみようと思います。


 

〈関連記事〉

・世界最小・最強・最軽量のインソール「イージス」完成 
・着地の衝撃を推進力に変えるインソール

・足を壊してからでは遅いのです

・衝撃を発生させないインソール

 

 

 

 

------------------------------------------

■スポーツをされていない方も、お気軽に越しください。

 

 

 

  ●若葉治療院 富士宮本院   :静岡県 富士宮市 西小泉町 21-2   : TEL 0544-26-6628