皆さん、こんにちは~。

週末いかがお過ごしでしょうか?

MikeはPCの前で、ネットショッピング三昧の週末です。

来週はキャンプに行きたいですが。。

 

さて、今週のネタです。

実は去年の年末に購入した椅子Qualzのリーンチェアーなんですが、

一点気に入らない点がありました。

上の写真を見て頂きたい。

頭の部分にヘッドパットがついているのですが、これが薄くて、パットの役目をしていません。

せっかくジッパー付き構造になっているので、何か詰め物をしてみようと考えていました。

先日、車のシートクッションに使っているムートンのブラッシングをしていたら、櫛に大量のムートンヘアー

がからみついているのを発見。

結構な量になりこれを中綿として使うことを思いつきました。

本物のムートンヘアーだから弾力もあり暖かいのでは?という期待もあります。

問題はどのようにして詰めるかです。綿のまま入れたら、ジッパーに噛みこんだりして

使いにくいし、洗濯も必要でしょう。

困った時は、まずダイソーです(;^_^A

見つけたのはストッキング用洗濯ネット。

大きさといい、ヒモ付き、ジッパー付きなのがぴったしです。

早速詰めてみました。丁度いいくらいの膨らみ具合です。

リーンチェアーにつけてみます。若干マジックテープとの結着性が悪くなりますが、なんとか

張り付きます。

より快適になりました。σ(^_^;)

収納の時には、中綿を取り出しケースの空いているスペースに押し込んでおけます。

また、焚火前でフィールドテストしなくては!

最近ソロ、ファミリーとキャンプ出撃する機会が増えてきましたが、前回のあだたらキャンプで
親父が使っていたケトルが良い感じでした。

ユニフレームのケトルですが、火にかけておけば、いつでもお湯が使えるのは便利。

Mikeが使っているケトルはユニフレームのチタンケトル。

すでに絶番で既に10年選手ですが、コンパクトで軽いのでクッカーの中にすっぽり入ってしまい邪魔になりません。
一方で、500ml程度のお湯しか沸かせないので、グループキャンプや ガスバーナーの火力が落ちる寒冷期のキャンプではケリーケトルを使っていますが、朝は手軽にガスバーナーで一気にお湯を作りたい。
調べると直火にかけられるケトルが幾つか出てきました。

まず親父が使っていたユニフレームのキャンプケトル。
大きさ、デザイン、注ぎ口に蓋がついているなど焚火を意識した機能が充実していて、ケトルといえばこれ!って言うくらいのベストセラーケトル。ステンレス製なのでお手入れも簡単そう。

続いてスノーピーク。注ぎ口の蓋がロックできる構造で使いやすそう。ただ、ユニにくらべると質実剛健でキュートさが欠ける感じです。

同じくスノピのバリスタケトル。その名の通りフィールドで挽きたての豆で美味しいコーヒーを飲みたいコーヒー党の方向けのケトル。大きさ的には丁度良い大きさ。背中の取っ手が取り外せるのでスペースコンシャスなのですが、機能的デザイン過ぎるかな。。。
 
で、Mike的に今一番ときめいてるケトルがこれ!

ファイヤーサイドのグランマケトルですヘ(゚∀゚*)ノ
なんともかわいいデザインで見る人を焚火の世界に引きずり込んでしまう芸能人みたいなオーラ感じませんか?
すごい存在感ですね!
銅で出来たケトルで内面は錫メッキ仕上げ。
銅なので使い続けると味が出る色になりそう。。。
ただ、良いのですが、大きすぎる。。
あと値段がお高い。
ケトルに13000円はちょっと考えちゃう(;^_^A
 
 
 
 

やっと長い一週間が終わりました(;´▽`A``

お天気も良く,すがすがしいので、お外でキャンプギアのお手入れを

しちゃいます!

今日のお手入れは、先週あだたら高原で使用したボイリングストーブです。

前回キャンプ場で使った時のストーブ。サビサビですねσ(^_^;)

少しでも炎を高くすると油煙が発生しケトルの底が真っ黒になってしまいました。

どうも芯の出し入れがスムースでない様だったので、一度分解してみました。

まず上下を分解して。。

芯を取り出します。芯の出し入れ機構はシンプルで、摘みを回すと

シャフトについたギア5枚が芯を上げ下げするという構造。

芯は平芯で幅は100mm~102mm。

芯の先端がナナメになっていることから、左右で芯の送り出しがずれていたようです。

気になるので、はさみでストレートに切りそろえました。

雲母ガラスも洗浄し、再度組み付け、ボディ全体にCRCを吹き付けておきます。

 

JoekeyというメーカーでアメリカNYのアルバニーという街で生産された物の様です。

正確な製造年はわかりませんが、間違いなく100年は経っている代物。

今後の問題は、平芯の入手が出来るかどうかですね。

芯幅65mmというものなら国内で入手出来そうですが、100mmというのは

まだ見つかっていません。

またイギリスからのお取り寄せでしょうかねσ(^_^;)