祝! マイクロエース A0365 キハ185「I Love しまんと号 & あい号」 入線! | キハでGo!
新型コロナウイルスに関する情報について

キハでGo!

Blog of the Kiha, by the mid-aged man, for the Kiha lovers.

こんにちは、年末年始休暇の前半(年末の部分w)が早くも終わろうとしていますw(ついでに2020年もw)

なんとか掃除なども片付き、嫁と年末最後の買い物へ行き、荷物持ちをして帰ってからは、自由時間となったので、今年最後の散財をご紹介したいと思いますw

 

マイクロエースのキハ185系ですが、マイクロエースからはJR四国色から国鉄色、JR九州色などのノーマルを皮切りに、トロッコやアイランドエクスプレスなどのラッピング車両などにも展開しており、キハ185系はマイクロエースの独壇場でした。

その中で最も気になっていたのが、この「I Love しまんと号 & あい号」であり、今までヤフオクでもウォッチしていましたが、定価越えが当たり前で、中には3万円スタートでも落札されていました。

今回は前と同じように終わる5分前にダメもとで入札し、もともとの用事(といってもゲームですがw)に戻ってしまい、しばらくしてから、いくらまで跳ね上がったかを確認すると、私の入札で終了していましたw

値段はヤフオククーポンを使用して送料込みで17000円で、なんと税込み定価の2割引きで手に入ってしまいましたw

しかも商品そのものは付属品未使用の走行も少なめとのことで、ほぼ未使用品のようですw

12月の年の瀬最後にここまで散財できるとは・・・・ある意味、幸せ者かもしれませんねw

 

中身はキハ185系の2両編成が2セット入っており、まずは上からご紹介w

これは「I Love しまんと号」の車両で、平成9年から11年の夏に予土線で運行されていた臨時特急で、正面は四万十川にも生息しているカワウソが描かれています。

そして側面には四万十川の流れをモチーフに、アマゴ、テナガエビ、トンボなどの川に生息する生物が描かれています。

予土線は四万十川のそばを走行し、観光需要に対応した車両だったようです。ただ運用は3年と短いのですがw

 

お次は「あい号」です。こちらは平成0年に明石海峡大橋の開通イベントに関連して徳島線に登場した同じく臨時特急です。正面には「阿波狸合戦」に登場する「金長たぬき」が描かれており、その側面には徳島名物の「阿波踊りのシルエット」が描かれています。

列車名の「あい」は徳島名産の「藍」に「愛」をかけて「あい号」としたようです。こちらもやはり臨時特急なので短命なのですが、こちらは翌年に特急剣山に併合されて、1年しか運用されなかったようです。

 

この予土線を走行した「I Love しまんと号「と徳島線を走行した「あい号」・・・・・共にキハ185系で臨時特急という共通点はありますが・・・なぜ2編成がセットで発売されたのでしょうかw

てっきり見た目だけで購入を考えていたので、この4両が併結して走行し、どこかで分離するのかと思っていましたが、ネットを探してもこの2編成が同時に写った写真はなく、完全に「抱き合わせ販売」ですw

でも発売当時に今のように「キハすきすき」状態であれば両方とも買っていたので、私的にはOKですw

 

実車ではなかったのですが、両編成をすれ違いで走行させました。

あとはリアルに楽しむのであれば、キハ40,58、54などと合わせてもよいのかもしれませんねw

 

どちらも愛嬌のある前面であり、臨時特急での登場でしたが、このまま運用を続けてもよかったのではと思います。今でも十分に通用すると思うのですがw

 

ついでに他のキハ185系も再掲載w

こちらはヤフオクで模型店のデッドストックとして出品されていた「アイランドエクスプレス四国Ⅱ」(Ⅰは塗り替えた50系客車を塗り替えたDE10で牽引していました)で、こちらも定価のちょっと割引くらいだったと思います。(詳しくはコチラ

 

この車両は団体旅行用車両として登場し、前後のキハ185系は荷物用で、客は載せず、真ん中のキロハ186に団体客が乗り、内装もプラズマディスプレイやカラオケ装置があり、JR四国のお座敷列車といった感じですw(実際は椅子なので、厳密にはお座敷ではないのですがw)

今でもキロハ186は1両減りました(「四国まんなか千年物語」になってしまいましたw)が、現存しており、運用されています。私も何年か前に鉄摸愛好会のBさんと四国キハの旅をした際、最後に通過する特急剣山の車両がこのアイランドエクスプレス仕様のキハ185の2両編成だったのです。(詳しくはコチラ

この編成の売りは何といっても車体にラッピングされた「ちょっと夕暮れな海辺」が描かれた中間のキロハ186ではないでしょうかw

 

そして二つ目はJR九州に譲渡され、1エンジンだったキロハ186も2エンジン化され、グリーン車も要らないとのことで普通車化されたキハ186が入ったJR九州色のキハ185!しかも平成14年と18年の二回だけお召運用されたときの仕様となっており、付属品に日章旗が付いていますw。(詳しくはコチラ

 

こちらは何といっても「お召列車」!一時的で2回だけとはいえ、天皇陛下の乗車された車両として未来永劫、語り継がれていく名誉な車両です。

編成も気動車らしい編成で、先頭車が同じ向きで2両繋がる編成でいわゆる「変態編成」となっており、そして陛下の乗られたキハ186も付いており、デカールを貼れば特急「ゆふ」や「あそ」にも転用できそうですw

JR四国とは違って「ド派手」になっていますが、この頃のJR九州は他の形式(キハ58など)にもド派手なカラーリングを施していたので、これくらいしないと「これだからJR四国の車両はいかんばい!」となりかねなかったのでしょう(笑)

 

今回はキハ185系で最も気になっていた「I Love しまんと号」と「あい号」を年の瀬背に入手し、ご紹介させていただきました。

色々とキハ185系を購入していたのですが、実はノーマル仕様を持っていませんw

ノーマルも気になっていたのですが、ヘッドマークが点灯しないことから、そのうち改良品としてヘッドマークが点灯するキハ185系がマイクロエースから出ると思って、買っていませんでしたw(ラッピングものはさすがに改良されない可能性が高いので、見つけたら買っていましたw)

 

すると何ということでしょうかw

TOMIXからヘッドマークも点灯するキハ185系が出るとのことですw

こうなるとおそらくマイクロエースからはキハ185系は出ないでしょう・・・と思いきや・・・・

 

マイクロエースからはアイランドエクスプレス四国Ⅱのリニューアル発売が・・・

しかしこちらはスカート周りの改良と他に転用されたキロハ186を1両減車させた「今」のアイランドエクスプレス仕様となっており、4両編成を持っていると、正直、不要ですw これがヘッドマークが点灯となれば、別ですが・・・・)

 

ということで、ノーマルのキハ185系はTOMIXを購入することに決定し、そしてTOMIXのことなので、必ずバリエーション展開してくると思われるので、緑の国鉄色は購入しようかと思っていますw

ラッピングは出るかわかりませんが、TOMIXはインクジェットなので、持っていないラッピング(維新号や四国千年まんなか物語等々)であれば迷いますが、アイランドエクスプレス仕様であればパスです。むしろラッピングものはヘッドマークが点灯しなくてもよいので、マイクロエースから出して欲しいと思いますw

でわでわ

 

2020年はコロナなど色々とありましたが、何とか無事にあと6時間半ほどで終われそうですw

ということで今年もたくさんの駄文出力をさせていただき、色々な方にご訪問、コメントを頂戴し、さらには「いいね」も頂き、本当にありがとうございました。

来年も引き続き「キハすきすき」による散財日記、三流鉄道旅行記、その他の雑想ノート(ひとりごと)をよろしくお願いいたします。

この後は年越しそばを食べて、恒例の「年越し鉄道模型」を楽しみたいと思います。今年はまだテーマを決めておらず、色々と悩んでいます(笑)

でわでわ