愛犬の死 | UNOSANO.NET 彩リノススメ

UNOSANO.NET 彩リノススメ

イロドリノススメ


テーマ:

こんにちは。宇野きおです。

 

先日、16歳の長寿を全うし、

愛犬があの世へ旅立ちました。

 

実家で飼っていたため、

上京してから会える回数は年に数回。

しかし会えばすぐに兄弟のように馴染む、

そんな間柄の愛犬でした。

 

愛犬、子犬のTちゃんが16年前に我が家へ来た理由。

それは母の更年期障害を治すため。

 

16年前に私が知人から引き取りました。

犬をお金で買ってくることに反対する両親へは、

お金のやりとりが発生したことは一切言わず、

「運良くもらっちゃいました!」

と一言を添えて、引き取る段取りを組みました。

 

 

 

当時母の更年期障害はとても重く、

喘息も発症し、効く薬もなく、

しばらく入院していました。

 

退院後、なんとか昔の母のように元気に、

少女のように美しく若返って欲しくて、

動物療法を試みるという流れで、

ブリーダーさんの家へ

子犬のTちゃんを見に行くことになりました。

 

子犬のTちゃんは眠っていて、

静かで、ほんわかしていました。

母は最初に抱いていた不安はなくなり、

即座に抱きかかえ、連れて帰ることになりました。

私は一安心でした。

 

それから数ヶ月。

母の喘息は治り、更年期障害が良くなりました。

動物療法の効果があったようです。

 

経緯に想いがありながらも、

家族の一員になってくれたTちゃん。

Tちゃんは病気も怪我もなく16年、

時には母のストーカーとなり、

時には母を踏みつけ、

時には母に甘え、

勝手に私のお菓子を食べたり、

下着を盗んだり。

そんな日々は走馬灯のように過ぎていきました。

 

Tちゃんの大好きな色は赤でした。

なぜ赤が好きかというと、

赤い布に包まれていると安心した表情をしていたり、

あえて好んで赤い毛布の上に乗ったり、

赤い下着や雑貨を盗んできたり。

とにかく赤色ばかり選んでくるのです。

人間で表すと

性格的には情熱的なストーカーで、

我が天下!というイメージ。

 

赤を選んでいたTちゃんの性格は

RAYS色彩心理診断にもぴったり当てはまります。

首輪もずっと赤でした。

 

楽しい日々、

Tちゃんとの生活を過ごしていたある日。

嗚咽がひどく、病院へ行きました。

腎臓を患い、

食欲の神経に異常が出始め、

よく食べるのに、

よく吐くようになりました。

2年前のことです。

 

お医者様には

「あと3年生きられれば、良いほうです。

お薬で様子を見ていきましょう」

そう言われた母はこれまで考えたくなかった、

Tちゃんの最期を初めて考えたそうです。

 

しかし相変わらず可愛い。

本当に可愛いのです。

そんな可愛さから、

まさか死が近づいているなんて、

我が家の誰も感じ取ることができませんでした。

 

Tちゃんが旅立つ日の朝。

月に一度の病院の日。

愛犬Tちゃんの動画と、

元気そうなキラキラした瞳の画像が

母から何枚も送られてきました。

 

Tちゃん、こんなに元気だよーっ!

たくさん食べてるよーって。

 

まさかその日だったなんて。

 

その数時間後。

 

母と横になり、お昼寝しようと横になった途端。

大きな声で叫んだそうです。

犬ではなく人間のような大きな声で。

 

その後、大きな目を開けたまま、

母のことをまっすぐに見つめ、

そのまま息を引き取ったそうです。

 

時間が経つにつれ、

こちらは辛いのに、

顔は優しく微笑んでいるようで、

それがまた悲しく辛かったそうです。

 

母は未だに一緒に横になっていた場所、

Tちゃんが息を引き取ったお部屋へ行けないようです。

 

この悲しみを乗り越えて、

いつか笑ってTちゃんのお話ができるよう、

家族は強くならなければなりませんね。

 

Tちゃん。

母を治してくれてありがとう。

我が家の長男として甘えてくれてありがとう。

最期はお母さんの横で、

大好きなお母さんの顔を見ながら旅立てて、

幸せだったかな。

 

私たち家族はみんな、

これまでも、これからも

Tちゃんを大切に想っています。

たくさんの幸せをありがとう。

 

少し悲しいブログになりましたが、

愛犬がくれた宝物は、

我が家の一生ものです。

 

 

佐野みずき公式サイト▶

ノブレス・オブリージュアカデミーにてカラーメンタリスト講座受講生募集中▶

日刊スポーツ講師派遣システム「色彩心理診断・佐野みずき」▶

UNOSANO.NETの「彩りのススメ」好評発売中▶

 

UNOSANO.NET(ウノサノネット)色彩心理研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス