AKIなんすけど・・・。



予約、問い合わせは
090-9197-4530(遠藤)もしくは、uniawa0207@yahoo.co.jp
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今後のスケジュール<改訂版>

 

 

今後の企画予定

 

 
<8/27~29 燐-lin- ツアー>
 

 

8/27(金)  沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.105
20:00~START 2500(1D別)
燐-Lin-
すまいる☺
ロータス&ゲリラムーン
麻古
フラワーエッセンス「Arcadian Moon」河原優子(出店)
 
乱5 フライヤー - コピー (3) - コピー - コ.jpg
 
8/28(土)  土肥CRAZY SPOT 31
18:30 OPEN 19:00 START 2500(1D別)
燐-Lin-
姫と海賊
アルパカセブンス
Mt.GROOVE 
 
 
8/29(日)  富士宮焼き鳥元ちゃん
18:30 OPEN 19:00 START 2000(要オーダー)
燐-Lin-
鈴木NG秀典ーだー
Reborn
CHAMP
freedom leaf  布小物・アクセサリー(出店)
 
 
 
9/5(日) 清水Izakaya Moto Studio 「不完全調和10」
18:30 OPEN  19:00 START 2000(1D別)
姫と海賊
鈴木NG秀典ーだー
Reborn
麻古
 
 
9/19(日)  沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.106
18:30 OPEN 19:00 START 2500(1D別)
グッド・イズ・グッド!
姫と海賊
Reborn
河原優子
フラワーエッセンス「Arcadian Moon」河原優子(出店)
freedom leaf  布小物・アクセサリー(出店)
 
乱5 フライヤー - コピー (4) - コピー - コ.jpg
 

 

 

 

 

グッド・イズ・グッド!

 

1997年、3ピース・ロックバンド、J-POP (Teichiku Records BAIDIS) 解散後のROKUJIソロ・プロジェクトとして、数々のツアーサポート及びレコーディングで活躍していたギターの池田正次とドラムの村田智明、ベースの柴田貢を迎えて始動。 CLIP LIGHT RECORDSよりファースト・アルバム「孤独気取る愛しき人へ」をリリース。

その後も自らのレーベルSONATINE RECORDSよりROKUJI名義でセカンド・アルバム「そんな愛のうた」、サード・アルバム「轍-wadachi-」をリリース。この頃からバンドとしてのスタンスが定着。

2007年バンド名を「The GOOD is GOOD」と命名。2008年、バンドとしてのファース・トシングル「スピード・スター」を OFFICE-M の協力によりリリース。2009年、 ㈱エクシング・エンタテイメント との契約により、JOY SOUNDとUGAでの「スピード・スター」カラオケ配信開始。2015年5月ベースの柴田貢脱退。バンド名から「The」を外し「GOOD is GOOD」に変更。スリーピース・バンドとしての活動になる。

現在年間ライブ70本以上を都内及び関東近県を中心に活動中の懲りない「大の大人のロケンロー・バンド」である。

http://www.goodisgood.net/

 
10/24(日)  沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.107 
18:30 OPEN 19:00START  4500(1D別)
〈特別公演〉 二代目高橋竹山 with 小田朋美
OA/Reborn
 

 

 

二代目高橋竹山

 

幼少の頃に三味線に出会い、11才で稽古を始める。
その後、津軽三味線奏者の初代・高橋竹山のレコードを聴いたのがきっかけとなり
18才で竹山の内弟子となる。
高橋竹与(ちくよ)の名で師・竹山と共に舞台に立ち、内弟子生活を経て自立。
以後、独自の演奏活動を行いながら、師について日本国内はもとより、
アメリカ、フランス公演など海外でも演奏する。
1997年に「二代目高橋竹山」を襲名。
基本を大切にしつつ民謡にこだわらず、様々なジャンルの演奏家たちと共演。
師の没後二十年となる2018年、初代竹山の半生を追ったドキュメンタリー映画
「津軽のカマリ」(大西功一監督作品・全国公開中)に初代に次ぐ重要なポジションで出演。
長年の修練を経て、充実した公演を続け、現在乗りに乗っている。

 

 

 

 

 

小田朋美|オダトモミ  

 

作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト。

 

ソロ活動をはじめとし、「DC/PRG」(キーボード)、「CRCK/LCKS」(ヴォーカル&キーボード)、

詩と音楽のコラボレーション集団「VOICE SPACE」(作曲)、アイリッシュ・ダンス専門のバンド

「Toyota Ceili Band」(ピアノ)に在籍。他にも、「cero」ライブサポート(キーボード&コーラス)や、ASA-CHANG&巡礼との共演、日本各地で行われる津軽三味線の名手・高橋竹山の演奏会ピアニストなど。

FINAL SPANK HAPPY ODのお友達。

2016年よりCMやドラマ等の映像音楽制作を開始し、作曲・ヴォーカル・ピアノの三本柱で活動中。

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

【主なCD】

2013年12月、菊地成孔との共同プロデュースによる1stソロアルバム『シャーマン狩り』発売。

2016年4月、CRCK/LCKS 1st EP『CRCK/LCKS』発売。

2017年5月、ミニアルバム『グッバイブルー』発売。

同年7月、CRCK/LCKS 2nd EP『Lighter』発売。

2018年7月、CRCK/LCKS 2nd EP『Double Rift』発売。

2019年10月、CRCK/LCKS Album『Temporary』発売。

(その他のCD情報についてはDISCOGRAPHYをご参照ください)

​【主な映像音楽】

2018年1月放送のWOWOWドラマ『春が来た』の音楽を担当。

​2018年3月公開の映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の音楽を、菊地成孔と共に担当。

2018年4月より放送のドラマ『SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜』の音楽を担当。

2018年4月より公開のWEBドラマ『青葉家のテーブル』のオープニングテーマ(劇中歌編曲)を担当。

2019年7月公開の映画『東京喰種【S】』の音楽を菊地成孔と共に担当。

 

 

11/26(金) 沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.108

〈特別企画〉ACOBATTLE☆COVERS

詩野

インチキ手回しオルガンオグラ

クロキユウタ

Lotus & ゲリラムーン

ウェルカムアクト BEN(10分間)

 

11/27(土) 清水Izakaya Moto Studio「不完全調和11」

インチキ手回しオルガンオグラ

ノグチサトシ

鈴木NG秀典ーだー

河原優子

 

11/28(日) 富士宮焼き鳥元ちゃん

インチキ手回しオルガンオグラ

詩野

Reborn

 

 

12/18(土) 沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.109

山田庵巳
三林夏子

 

12/19(日) 富士宮焼き鳥元ちゃん
山田庵巳
三林夏子

 

1/28~30

日々かりめろツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
予約、問い合わせは
090-9197-4530(遠藤)もしくは、uniawa0207@yahoo.co.jp

 

LIVE出演・企画履歴 Vol 2  2021/1月~

LIVE出演・企画履歴 Vol 1はこちら

2008/5~2020/12

 

 

 

received_429379298150984.jpeg

 

2021LIVE出演・企画履歴

1/22 沼津SpeakEZ ACIBATTLE☆SURUGA EX.98 日々かりめろ/dsk.og/クロキユウタ/Reborn

1/23  清水Izakaya Moto Studio「不完全調和7」 日々かりめろ/blooming-bird/アルパカセブンス/鈴木NG秀典ーだー。と、接しやスイカの名産地。

1/24 土肥桜まつり(ブッキング応援) 池田昌宏 ※イベント規模縮小の為、ステージプログラムは無くなりました。

1/30  土肥桜まつり(ブッキング応援) 三林夏子/河鹿/はる ※イベント規模縮小の為、ステージプログラムは無くなりました。

1/31  土肥桜まつり(ブッキング応援) blooming-bird/アルパカセブンス ※イベント規模縮小の為、ステージプログラムは無くなりました。

1/31  土肥CRAZY SPOT 31 ※中止となりました三林夏子/blooming-bird/アルパカセブンス

2/6  土肥桜まつり(ブッキング応援) 詩野/Mt.GROOVE ※イベント規模縮小の為、ステージプログラムは無くなりました。

2/7 土肥桜まつり(ブッキング応援) 鈴木NG秀典ーだー/Reborn/Rico Tomix ※イベント規模縮小の為、ステージプログラムは無くなりました。
2/7  土肥CRAZY SPOT 31  ※中止となりました。詩野/Reborn

2/26  沼津SpeakEZ  ACOBATTLE☆SURUGA EX.99  aro/Reborn/CHAMP with さがみ湘
2/27  土肥CRAZY SPOT 31  日々かりめろ/aro/OA.まっしー

2/28  富士宮焼き鳥元ちゃん「やきとり音楽夜会7」 日々かりめろ/姫と海賊/アルパカセブンス/Reborn

3/6  愛知県豊田市 足助のかじやさん 姫と海賊/鈴木NG秀典ーだー/Reborn/blooming-bird/OA.CHAMP AKI顧問

3/26  沼津SpeakEZ  ACOBATTLE☆SURUGA EX.100 アコバトル☆スルガ100回記念 オグラ&ジュンマキ堂/姫と海賊/ロータス&ゲリラムーン

3/27  富士宮焼き鳥元ちゃん「やきとり音楽夜会8」 オグラ/Reborn/Mt.GROOVE

3/28  清水Izakaya Moto Studio「不完全調和8」 オグラ/鈴木NG秀典ーだー。と、わんぱく優作ごりらーず。/麻古

4/23 沼津SpeakEZ ACOBATTLE☆SURUGA EX.101 blooming-bird/内山智晶/河原優子/Reborn

5/21  沼津SpeakEZ SCOBATTLE☆SURUGA EX.102  姫と海賊/三林夏子/麻古/Lotus & ゲリラムーン

5/22  清水Izakaya Moto Studio  「不完全調和9」 田中としお/鈴木NG秀典ーだー/三林夏子/FJスズキ

5/23  土肥CRAZY SPOT 31  三林夏子/アルパカセブンス/Reborn

6/25  沼津SpeakEZ  ACOBATTLE☆SURUGA EX.103  詩野/blooming-bird/Lotus&ゲリラムーン

6/26  土肥CRAZY SPOT 31  詩野/dsk.og/鈴木NG秀典ーだー/CHAMP

6/27  富士宮焼き鳥元ちゃん「焼き鳥音楽夜会9」 dsk.og/詩野/Lotus Flag/はるスペシャル

7/23  沼津SpeakEZ アコバトル☆スルガ10周年アニバーサリー企画 日々かりめろ/姫と海賊/Reborn

7/24  富士宮焼き鳥元ちゃん「やきとり音楽夜会10」 日々かりめろ/Lotus Flag/麻古

7/25  愛知県豊田市 足助のかじやさん「MUSIC SCRAMBLE in ASUKE Vol2」 CHAMP企画 AKI顧問 日々かりめろ/PAKI DE SAT/Lotus Flag/freedom leaf  布小物・アクセサリー(出店)

 

received_2950238248528321~3.jpeg

 

20210723_232807057~2.jpg

 

 

LIVEは、一つ屋根の下の家族みたいなもんだね @足助日々かりめろ最終日

焼き鳥元ちゃんLIVEも終了し、しばらくみんなと喋っていたら深夜0時過ぎ。

 

明日は足助まで行くというのに、これはマズった!

 

急いで帰っても寝つけず、結局4時間ほど眠ったが、どこか遠くの旅LIVEというのは、毎回遠足前夜みたいで困る(笑)

 

 

Tomoちゃんを拾い、富士のTomoちゃんのお店で、Lotus Flag相方のマサくんとお客さんの中根さんと合流し、一路足助の旅。

 

10年間通った足助だが、いつ行っても素晴らしい町だと思うし、参加者に初の人がいれば、それはその人の喜びを共有してしまうので、いつも楽しい。

 

山の中の宿場町。

 

日本人のDNAが沸々と騒ぎはじめる。

 

いずれ皆さんをお連れしたいね~

 

 

会場に着くと、しばらくしてfreedom leafの葉さんも到着。

 

Tomoちゃんは我々の弁天様だから(笑)、龍神仲良しの霊能者の葉さんには逢わせたくて、事前にメッセンジャーでやりとりをしててもらったんだが、顔合わせ早々、「なに?知り合い?」というくらいの自然な盛り上がり(笑)

 

葉さんが着ていた服が、Tomoちゃんの今日のステージで着る候補にあった衣装と同じものであった。

 

Tomoちゃんが持参した水晶を、さっそく浄化してもらっていたが、みるみると光沢が出て、これには驚き。

 

僕も邪気よけに、葉さんの小さい龍をひと月ほど派遣してもらった。

 

 

PhotoCollage_1627398329761.jpg

 

今日のLIVEの企画は、足助の名士CHAMPさん。

 

僕はアドバイザーとして名前を連ねてるが、出演者の運転手(笑)

 

ミュージシャンを送り込むという意味では、こちらの企画からの流れが多いので、まだしばらくはブッキングバランスの相談などは必要かもしれないけど、やがてはCHAMPさん独自の企画になっていくと思います。

 

今回は、僕が組んだ「日々かりめろ」ツアーの最終日として、初の足助出演という事になりましたが、普通初出演でSOLDOUTというのはありえないけど、そこはCHAMPさんの地元の人望がなせる業であって、誰かがやってもこうにはならない。

 

つまりは、日常の行いが、何をやっても結果に繋がってくるというものだ。

 

それだけ頑張ればいいってものじゃないんだな。

 

 

LIVEは、OAとしてCHAMPさんが三曲ほど歌った。

 

やはりペットの歌は場内の空気が変わるね。

 

そんな時、色んな人たちの表情を見るのが好き。

 

それが見たくて、ずっと音楽企画をしてるようなもの。

 

 

Lotus Flag

 

前回はRebornでしたが、リピーターのお客さんにとっても新鮮だったと思います。

 

3月に来た時より、Tomoちゃんの歌唱力はまたUPしてるし、そういう違いも分かるお客さんも大勢いますからね。

 

マサくんが作ったCDも、残り数枚のLotus FlagのCDも売れてたし、それが評価の証だと思います。

 

 

PAKI DE SATは久しぶりでした。

以前、沼津の民謡酒場と、下北沢BIG MOUTHでの企画でブッキングしましたが、もう6年ぶりらしい。

三味線とタブラという、世にも珍しい世界観を作り出す方たちですが、百合香さんの歌う民謡が主体なので、変態系という形ではないですが、ライブハウスで民謡を聴くとしては、むしろこういう形のが近しく、馴染みやすいですね。

とはいえ、三味線に打楽器というのは、合わせるのがかなり難しいと思いますね。

 

後半はジャンベで叩くのですが、こちらもお見事の呼吸でありました。

 

共演陣も、みんな大喜びでした。

 

 

日々かりめろ。

 

初の場所で、ほとんどが自分たちを知らない、ましてや秘境のような足助の町で、その文化もよく読めない中で、メインアクトをやるんですから、さすがのお二人だって緊張もする事と思います。

歌う前に、こずえさんが大きく深呼吸してましたもんね。

 

でも、やはりさすが日々かりめろ、歌い出すと場内も一体となって楽しんでいました。

 

前回も来てくれたんですが、大正琴の先生でもあった93歳のおばあちゃんが感動して涙を流し、こずえさんの手を握り記念写真をとってました。

 

こうして、初めての土地で、初めての人に感動を与え、その涙に本人も感動するという出来事が、何もしなければ変わりませんが、一本のLIVEで生まれるわけです。

 

そんな出来事が、わずか3時間弱の中で、沢山あるんだから、本当に企画はやめられないね。

 

 

誰が一番偉いわけでもなく、お店を解放して頂き、美味しい食べ物を供給してくれて、そこに集まるお客さん、出演者、スタッフさんが、それぞれの役目で一本のLIVEというものを作り上げている。

 

まるでひとつ屋根の下の家族みたいなもんだ。

 

明日はまた旅に出るが、再会の喜びも一入で、みんなで御馳走を食べてるようなもんだ。

 

色んな場所に、こういう集いを作りたくて、ずっとやってきたんだと思います。

 

received_665777254347751.jpeg

 

葉さんのfreedom leafもバカ売れしていました。

 

ずっと、ひっきりなしにお客さんが付いてるんだものね。

 

まあ、あの作品を見ると、つい欲しくなっちゃいますよ。

 

来月、再来月は静岡東部企画に出店してくれます。

 

それもお楽しみですね!

 

PhotoCollage_1627398563786.jpg

 

LIVE翌日は、宿のごはんをおかわりし、CHAMP宅スタジオにて、自慢のオーディオを堪能し、ビンテージギターの一部を展示会(笑)

 

徒歩2分くらいのカフェバンバン亭でコーヒーを飲み、香嵐渓から車で20分くらいの山奥にある秘密カフェレストランの春秋風亭でランチ。

 

どうみても古民家なのだが、基礎からの新築(パーツが移築だと思う)らしく、感動するくらいの素晴らしいお店と料理の味!

 

奥が深いな~、10年通っても知らなかったよ。

 

まあ、CHAMPさんも、あんまり教えたくなかったのかな(笑)

 

これからも、CHAMP企画ミュージックスクランブルは続くようなので、是非皆さんブッキングされたし!

 

 

三日間ツアーの日々かりめろもお疲れ様でした。

次回は来年1月に組みます。

 

足助のかじやさんも、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時に目に沁みる、そういう事もあるのさ(笑)日々かりめろ二日目

日々かりめろ三日間ツアーも終え、帰宅するも爆睡(笑)

 

いやー、疲れたけど面白かった!!

 

 

ツアー企画を承り、それをそのそれぞれの日を如何に楽しく、刺激あるものにするかを練り、それを予想以上のものするという、一種の使命感があるので、企画の後はホッともするけど、悪くはない疲れも押し寄せますね~。

 

来てくださったお客様の、日常の様々なストレスや、やりきれない思いなども、こういう場所に来ると発散できますから、それを企てる者も、人前に出る者も、いつも体調を万全にしておきたいものです。

 

昔っからそういう芸事などには、つきまとうエネルギーのやりとりがありますから、そういう面もいよいよ本気で対処して、その場にいる皆さんが、平和で癒される場を作って行こうと思っています。

 

そんなチカラにもなる人選なども考えながら、AKI presents!も新時代に突入しております。

 

皆さんの参加を、心からお待ちしておりますよ!

 

 

さて、レポは一日遡り、二日目の焼き鳥元ちゃん。

 

PhotoCollage_1627323327258.jpg

 

富士宮焼き鳥元ちゃん。

 

ここは、もうAKI pre.にとっても欠かせない音楽場。

 

独特の楽しさがあります。

 

これから新たに出逢うミュージシャン達にも、味わってもらいたいスポットですね。

 

 

今回初登場の麻古さんも、そんな元ちゃんの洗礼を受けました(笑)

 

焼き鳥の煙が目に沁みる(笑)

 

大きな目ですから、どうやら思いっきり沁みてしまったみたいですが、涙を流しながらも、最高の歌声、ジャンルを超えた素晴らしい歌を聴かせてくれました。

 

誰かが、「美空ひばりみたい」と言っていましたが、すごく分かる感想です。

 

それだけ、歌唱力もそうですが、入魂されてるものを当初から感じています。

 

麻古さんの芸幅を知ってもらいたくて、今回はレイチャールズをリクエストしましたが、皆さん如何でしたか?凄かったでしょ!

 

麻古さんには、まだまだ企画に登場して頂きます。

 

 

Lotus Flag.

 

先月に引き続き、サマーバケーションで留学帰国中のMASAくんのギターサポートで歌う妖艶魔女Tomoちゃん(笑)

 

その魔女っぷりの人気はどんどん上がっていますね。

 

コンビとしても最長のLotus Flagは、演奏としてもやはり安定感があり、留学による休止期間が、更に新鮮さを増してる部分があります。

 

特にMASAくんのギターの色気が増したのが特徴で、若干19歳には思えない大人の風情があります。

 

高校生の頃から上手かったけど、音楽ってのは上手いだけじゃそれなりのリスナーを魅了しないので、この先どんな人生の出逢いや成長をするのか、また音楽の場における目に見えない影響を、どう解釈してモノにしていくのか、という事を注目してましたが、本当に良いミュージシャンの道を選んでる事を確信しました。

 

日本全国から選ぶ、選りすぐりのミュージシャン達とも、これからも影響し合ってください。

 

 

日々かりめろ。

 

もうツアー企画も何回目かになってきてますが、本当に沢山の場で演奏してるお二人にとっては、AKI pre.の魅力を当初から感じて頂いていると思ってますが、やはり回を重ねるごとに更なる緊張感も味わって頂きたいものです。

 

とはいえ、日本最強クラスのツアーですから、誰をぶつけてみてもおおよそ敵わないだろうし(笑)、共演者側が刺激を頂いてる感じなのでしょうが、言ってしまえば友好的な刺客でもあるブッキングミュージシャンの一刺しでも二刺しでも感じて頂き、退屈しない待ち時間を過ごして頂きたい。

 

今回の麻古さんも、実は初共演ではないのですが、最初に紹介した時に、前回の印象は薄かったようです。

 

でも、AKI pre.ではガッチリと共演者の魅力を伝える工夫をしてますから、随分とその存在感を確認したようです(日々かりめろブログを参照)

 

すべての参加するミュージシャンのチカラが、ひとつのイベントを作るので、その誰一人とも勘定合わせで声をかけていません。

 

なので、誘って断られると辛いので(笑)、前向きに皆さん出演お願いしますねm(__)m

 

received_1615491768842475.jpeg

 

 

 

という事で、今回の「やきとり音楽夜会10」も大盛況、ありがとうございました!

 

元ちゃん、お母さんもありがとうございます!

 

翌日の足助レポに続く。

 

 

 

 

アコバトル☆スルガ10周年、ありがとうございました!

アコバトル10周年、ありがとうございました!

 

オリンピックの開会式と、調度同じ時間帯だったのに、誰ひとりスマホを見る事なく(笑)、ステージに釘付けだったと思います。

 

というか、そんなタイミングにお集まりの皆様に感謝いたします。

 

 

いやー、ひとつのイベントで10年間というのは、僕自身初の事なんで、分からない事だらけでしたが、やりきってみて分かる事がありましたね~。

 

勿論、企画者としては10年を超えてますし、アコバトル自体も富士時代をいれたら12年になります。

 

そうでなくて、ひとつの事をコンスタントにやり続けて10年は、そうなかなか味わえないかもしれません。

 

 

イベントにとってスケジュールは未来、履歴は過去。

 

それを、ぐるっとトーラスのように見据えながら、当初から作ってきました。

 

月日が進めば進むほど、その情報量や可能性は大きくなっていくので、質も上がっていったし、やりやすくなって行きました。

 

 

始めた当初は、その時のライブシーンに訴えかけたいところがあったので、ブログを主体に思うところを発信するというスタイルを貫いてきました。

 

所謂、そんな「能書き」は、反感も買う事も分かっていたので、覚悟の上で、実績を作る事で、能書きは貴重な発信になると思っていましたから、イベントとレポは必ずセットでやってきました。

 

 

いくら自分の良い才能や、努力で培った技術があったとしても、この世界ではそう簡単に素直に認められる事もなく、色んなフィルターがかかってしまい、本当の事が歪曲して伝わってしまうもんです。

 

そういう才能を、いくらでも見てきたし、なんとかならないものかと、サポートもしてきました。

 

でも、やっぱり上手くはそうは行きません。

 

それは、ひとりひとりが気づいて克服していく部分だと思いますし、大事な課題を棚上げし、得意な部分だけ主張して、それがただの能書きになって、実行動の伴わない不安定な活動の中で、より周りの理解から離れていくというパターンが多いのです。

 

能書きを垂れるなら、行動しないとダメです。

 

それを何かに逃げるから、つぶれるんです。

 

 

なので、本当に歩みは止めてこなかったし、今もこんな時期で大変ですが、心のエンジンは切っていません。

 

少量の燃料が手に入れば、次の目的地に進み、人を乗せて行こうと思います。

 

逆風がおきて当たり前だし、そんな事は気にしません。

 

「今」を、本意で生きて行きたいと思っています。

 

 

PhotoCollage_1627094588098.jpg

 

100回記念も感慨深かったけど、ひとつのイベントを10年間やり切ったと言うのは、本当に嬉しいです。

 

100回記念で挨拶もした事だし、今回は普通に終わろうと思っていたのですが、終了直後、マスターがマイクで急に挨拶をし出し、お祝いの挨拶と、プレゼントをくれました。

 

Honeyさんの似顔絵付一升瓶!

 

これにはビックリ、嬉しかったー!

 

あと10年は飲まずに飾るかな(笑)

 

 

ツアーの日々かりめろと、毎月イベントを支えてくれるRebornと姫と海賊が、本当に10周年にふさわしい熱くクオリティの高いステージを盛り上げてくれました。

 

終了後も、誰一人と帰らないんだもの(笑)

 

余韻が凄かったんでしょう。

 

 

この後、10年間をどれだけ折り返せるか分からないけど、来月からまた新しい一歩のような気持ちがしてきました。

 

まだまだ参加ミュージシャンも集客も思いのままにならないけど、初心のつもりでまた作り上げて行こうと思います。

 

この10年間、アコバトルを愛し、参加してくれた全ての皆さんに感謝です。

 

まだまだ、やってやります!

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>