海旅Campのブログ

海旅Campのブログ

放射能に不安を感じながら暮らしている子供たちやお母さんに心身をリフレッシュしてもらう岐阜への保養ツアー企画のブログです♪

【 海旅Camp 2018 ~ おとなもこどもになる保養 ~ 】



今年で7回目を迎える海旅Camp2018年は、

8月10日~8月16日(6泊7日)の間、保養を実施したいと思います。

皆さまのご支援、ご協力、本年も引き続き、よろしくお願いいたします。





※ 2018年 資金協力(個人名は基本イニシャル)※

I.I様、Y.A様、K.I様、K.Y様、I.I&M.K様、Y.K様、K.T様、H.G様、T.W様、I.I様、S.A様、Y.T様、Y.K様、T.T様、J.I様、H.H様、Y.P様、Y.A様、M.K様、Y.I様、K.O様、M.S様



株式会社パプア様、from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェオハナ)様、jasmincafe味噌カフェ様、たらちね観音様、アースデイ永田町2018様、naocafenao様、マジカルてぃあら☆様、YUCCO様、わわわの会様、保養とごはん様、「種からはじまるいのちのお話」トークイベント実行委員会様、京田辺伝統芸能伝承研究会様、ちょっとしたcafe様、手打そば くりはら様、オーガニックカフェ&エコライフ 晴れ屋様、吉度ちはる料理教室様、Dawn-Peoplライブ様、よ・も・ぎ書店様、◯にじのわむぅ◯様、cafe wakaya様、にしまきごはん様、六畳茶論『指月菴』様



※ 2018年 物資支援協力(個人名はイニシャル)※
jikonka様







★支援金合計★

433,281 援 ('18/08/07 会計)



★必要経費(予定)★

宿泊費:400,000円 (山なんや、民宿五宝滝)

食費:100000円

保険代:25,000円 (旅行傷害保険、ボランティア保険)

運営費:45,000円 (送料、シーツレンタル等)

レクリエーション費:40,000円 (味噌づくり、マリンスポーツ)

交通費:60,000円 (交通費補助、レンタカー代)

印刷費:20,000円 (チラシ印刷代)

雑費:10,000円 (備品、消耗品購入)

合計:700,000円





☆開催目標金額まであと☆

266,719 援







      皆さまのご支援、ご協力に心より感謝いたします。 海旅団 海旅Camp

テーマ:
今年も、8月10日~16日の7日間、9家族と子ども達(計18名)を、
岐阜県八百津町に招くことができました。
キャンプ期間中、大きなケガや事故もなく無事終了いたしました。



●物資、食材について
これまで海旅Campは、食材の大半を西日本の生産者さんに支えてもらっていました。今年は豪雨災害や台風の影響が大きく、これまで以上に食材をご支援いただくのが厳しい状況でした。被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
その中で、ご支援くださった生産者さま、お知り合いに呼びかけて食材を集めてくださった支援者さま、現場に来れないけれど…と差し入れくださったみなさん、ありがとうございました。

●スタッフについて
保養の現場は、気合いと覚悟をもったスタッフに支えられています。
海旅キャンプは、スタッフとして足を踏み入れるとなかなかのブラック企業ですw。
それでも「子ども達のために」と、仕事の休みを利用して、現場に来てくれて、現場を支えてくれるスタッフたち、彼らの存在なしに「海旅キャンプ」は開催できません。
今年は、RAINBOW CHILD 2020のイベントとも重なり、スタッフも参加者も例年以上に垣根を超えて、協力しながら保養の場を作りました。
民宿のSさんと食堂のKさんも、ぐぐっと踏み込んでサポートしてくれました。
うまくいったところ、反省するところ、みんなで保養のこれからを考えていきましょう。
キャンプ期間を一緒に過ごした、大人も子どももみんなにありがとう。

●カンパについて
保養の運営資金は、口座への振り込み、お店に置いていただいてる募金箱、スタッフのイベントなど、今年も多くの方にご寄付いただきました。
直接のご支援、募金箱設置店のみなさん、ありがとうございました。

今年は新しい取り組みとして、7月6~30日までキャンプファイヤーにて、
『みんなでつくる海旅Campと海旅Bookプロジェクト!』のクラウドファンディングにも挑戦しました。
105名のパトロンの方々にご支援いただき、最終日に目標金額の70万円(717,333円)を達成することができました。
期間中、たくさんのシェア、応援メッセージ、ありがとうございました。
また、クラウドファンディング終了後に、他の保養団体の方から「勇気づけられました。」、「保養を応援してくれるみなさんがいること実感できた。」というコメントもいただけたことも嬉しかったです。

キャンプ期間に、子ども達にクラウドファンディングのことを話して、お礼状へのメッセージ書きの時間もつくりました。リターンの返送予定は、準備が整いしだいお知らせいたします。

●さいごに
みなさまのおかげで、今年もたくさん笑顔に会うことができました。
震災から7年が経ち、保養活動を継続できずに活動を閉じる団体もあるなか、
「海旅Camp」の活動を継続できたのは、ご支援、ご協力くださったみなさんのおかげです。

こころよりお礼申し上げます、ありがとうございました。

海旅団一同

テーマ:
報告が前後しましたが、5日目午後の報告です。

お昼を食べてから蘇水公園へ戻り、マリンスポーツを楽しみました。(八百津町とB&G海洋センターのご協力により、バナナボート、カヌー、SUPなどを体験させていただいています。)

参加者中学生Aさんのバナナボートの報告です。

『バナナボートが加速するうちに、風が全身を猛烈な勢いで吹きつけ、
私たちは足を湖につけながらパシャパシャと飛沫をあげて興奮しました🌅

ボートが右に左にとかたむき、隣の人を落とそうとする人やボートに仰向けになる人も。
みんなの笑い声と叫び声が止まなかったです笑
すると、ボートがバランスを崩して私たちは湖に投げ出されました。

水面が顔に突き刺さるような感じで鼻や口に水がドバッと入り最初は何が起こったか分からなかったです🌊
みんながボートに置いてかれプカプカと浮かび、お互いを見ながら大笑いしました😋』







↑みんながぷかぷか浮いてるところ

水面が顔に突き刺さる!!体験した人にしか書けない報告ですね。Aさんありがとう。。。
レポートはここまで。

帰りに温泉に寄って帰りました。
夕食は、海旅恒例のななえちゃんのジャークチキン!
山なんやの庭で、星空の下いただきます。



わっきー、やんちゃん2人の歌、マサさんも演奏に一部加わったり。うふふ、わっきーのあの歌もまた聞けた。






周りが暗くて、ごはんの写真がうまく取れなくて残念。

もりだくさんな一日が終わりました。

※海旅キャンプは、8月16日に無事終了しました。日々の報告は、振り返り投稿させていただきます。





テーマ:
6日目の続き

お味噌の後は、参加者マサさんの差し入れのスイカで「スイカ割り」をしました。
わっきーがリーダーで進めてくれるスイカ割りはちょっと変テコです。まず、順番決めのじゃんけんをして、次に、何で割るかのくじ引きをしました。

割るツールは、金属バット、お料理のバット、布団タタキ、お好きにどうぞ…などなど、スイカに命中してもなかなか割れなくて、大人も子どもも挑戦してとっても盛り上がりました。




みんなで大笑いしながら割ったスイカは、特別おいしかったです。

夜は、やんちゃん(yanafro)の歌を聞きながら、最後の夕飯を食べました。お味噌作りで煮た、大豆の巾着煮と、丸ごと蒸したカボチャをいただきました。




その後は、駐車場で花火をしました。この花火は、民宿のご主人のご友人からの差し入れです。中高校生たちがリーダーをやってくれて楽しみました。

※海旅キャンプは、8月16日に無事終了しました。日々の報告は、振り返り投稿させていただきます。

最終日7日目に続く。

テーマ:
海旅最終日(7日目・8月16日)の報告です。

ども。
キッチンスタッフのしのちゃんです。
途中参加でほぼほぼキッチンに籠もりっきりだったので、最終日はみんなと過ごせて楽しかった!

海旅の朝ごはんは、起きた人からバイキング形式で食べます。最終日は帰りの道中お弁当にもなるように濃いめの味のおかず(きんぴらごぼう・ナスの揚げ漬け・五目ひじき・きゅうり一夜漬け)味噌汁にご飯。子どもたちも自分のお弁当作りに挑戦していました。

10時、バス第1便の出発時間。民宿の駐車場に全員集合してお見送りします。あいにく雨が降って来て、名残惜しげな子どもたちをバスに押し込みます。「またね〜〜〜っ!」声とともにバスが遠ざかっていきました。





第2便の出発まで、残ったみんなでお片づけ。備品はまた来年まで保管します。食器はきれいに洗って箱詰め。参加者のマサパパが仕切ると、子どもたちがわらわら集まってきてあっという間に片付きました。(スタッフより仕事が早い泣)

おかげで私も2便で一緒に帰れることになりました。西ダッシュはじめレインボースタッフも撤収作業を抜けて駆けつけ、民宿の久保田さんも見送ってくれました。

バスが動きだすと子供達が一斉に「くぼたさあああんっ!」コールしながらちぎれんばかりに手を振っていました。後で聞いたら、仕事の合間に山暮らしのあれやこれやを話して聞かせてくれたのがとっても面白かったんだそうです。毎食ご飯を炊いたりお風呂の支度やトラブル対応などこまごま面倒見てくれてほんと感謝です!(とまあそうゆうことだからダッシュは凹まないでね笑)

車窓から木曽川を渡る橋が見えてくると『渡らないでえええ』と小さく絞り出すような声が。ケイト君です。『帰るのいやだ〜。』こっちまで鼻の奥がツンとして来ます。八百津の山と川に、いっぱい元気をもらったね。







正直、スタッフだけでは手が足りず、お父さんお母さんも一緒に動いてもらってはじめて成り立った今年の海旅Camp。みんなでミーティングをして一緒に考えて、足りないところを支えてくれた最強のファミリー。本当にありがとうございました。

スタッフとしては反省だらけですが、感謝を胸に刻んで、みんなの「また会おうねー!」を必ず叶えたいと思います。

まだまだ海旅は終わらないよ〜♪


テーマ:
海旅Camp 2018、6日目は、
午後から、海旅キャンプ恒例の味噌仕込みをしました。

たかさんが産休中のため、冨貴工房みそ部のちいちゃんがリーダーをしてくれました。



お味噌作りの準備は、前日の夕方から始まります。
夏休みの宿題に「味噌作り」をテーマにする子もいて、前日準備の段階から、写真を撮ったりメモしてる姿がみられました。

仕込み当日の朝から、弱火でお豆を煮ます。初参加の相方Kさんやお父さんたちが、大鍋を4〜5時間ほど見守ってくれてふっくらしたお豆が茹で上がりました。





午後は、いよいよ味噌仕込み。
「お味噌は何からできてるか知ってる?」「糀が大豆をパクパク食べて、プリッとしたのがお味噌だよ〜」などなど、ちいちゃんがお味噌についてみんなに教えてくれます。

大豆を潰す→糀をすりすりする→糀と塩を混ぜる→塩、糀、大豆を混ぜる





大人も子どもも、夢中でこねこね。今年は特に、男性スタッフや子どもみたいなパパたちが力強く、根気よくこねてる姿が微笑ましたったです。



誰が1kgに1番近いか?計測大会も盛り上がって、計28kgのすべすべのお味噌が完成しました。



おいしいお味噌になりますように!

※海旅キャンプは、8月16日に無事終了しました。日々の様子を振り返り投稿させていただきます。

6日目午後に続く。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス