本当に気を付けましょう!! | ULPS日記(改)

ULPS日記(改)

演劇集団ULPSの公演情報や稽古日記、役者の呟き等を綴っていきます。

釣りブログ担当 沖です

 

世の中がこんなですので、釣り行ってません!!

 

なので今日のブログは、危険について!

 

毎年この時期になりますと、必ず耳にする水辺の事故

 

釣りを趣味としていると、川でも湖でも海でも水辺は欠かせません。

釣りを趣味にしていても、流されて云々等ありますので、今一度危険は付き物であると認識しましょう!

 

川遊びの注意点ですが

川底に石が見えているからといって浅いと認識するのは止めましょう!!

 

ど茶濁りの川に入るとしたら、恐る恐る気を付けますよね、底が見えないから。

見えていると、気を抜いてしまう事がありますが

目測で膝下だろうと思っても、足を入れたら太モモまで深かったとか普通にあります。

 

さらに、川底の石は滑ります!!

そこそこ大きな石に見えても固定されて無く、乗ると動く場合があります!

 

川に入る…全身で泳ぐつもりで入る場合と、足だけ浸かりたいと入るとでは不測の事態の脳の処理も全然違います!

 

足だけのつもりが、滑って転び気が付いたら全身川の中に!?

立てば膝位の水深でも

 

転んで水の中に自分がいる→起きなきゃ→川底の石で滑って立てない→パニックになる→溺れる

 

↑のパターン本当にありますから!!

 

そして、下流域、中流域で遊んでいても、今の時期は上流でゲリラ豪雨なんて事もあります。

増水からの濁流なんてのも一瞬です。

 

なんとなく増水してきた?なんて思っていると瞬殺されます。

川を渡るのも結構。中洲で遊ぶのも結構。

ですが、必ず戻るルートを確保しておきましょう。

 

中洲に渡った場所が増水で渡れなくなる。取り残される。

良くニュースでありますね。

 

渡るのなら膝下までと決めて下さい!

そして、真横に渡らず、斜めにカニ歩き基本です。

 

そしてそして、靴ヒモ解けてるとかダメですから。

BBQ等で川の近くで遊んでいて、スニーカーのまま川入る事もありますよね。

滑るのを気を付けると同時に靴ヒモもですよー!

 

解けたヒモが川底の石に挟まるとか、自分で踏んでしまうとか

陸上では避けられる事も川の中では出来ません!!

 

慣れている人も、慣れていない人も

基本を気を付けていれば、川遊びは最高に楽しいですからね♪

 

まだまだ暑い時期は続きます

川で遊ぶ際は無理せず、ヤバいと思う大分前には退避する癖を付けましょう!

 

皆様お気を付けて!!!

 

今日の音楽「チェロキー」