ひとえさんのアイシャドウでの一工夫 | 人生が2倍楽しくなるお店の物語〜40歳、わたしをシアワセにしてくれるシゴト〜

人生が2倍楽しくなるお店の物語〜40歳、わたしをシアワセにしてくれるシゴト〜

ナゾ多き女装男子たちを研究中
男性に化粧を教える仕事をしています
人生詰んでた独身アラフォーの私の
面白いお客様たちに囲まれる仕事の日常


テーマ:
アイシャドウを塗る場所を、ちょっと意識してみてます


アイシャドウは、まぶたにぬるんだけど、



ひとえさん。奥二重さんの場合、


眉毛と瞼の間に、
アイシャドウが塗っていない空間を
多めにとってます。


顔立ちによって、
アイシャドウを塗ると、
眉毛近くまできちゃうんだけど、

たまにのっぺりした感じや
はれぼったい瞼になっちゃうことがあるんです。

だから、わざと意識して隙間を空けて、
立体感をだしてます。


こういう部分を
ぬけ感。
とかって呼ばれたりしてますね。


po* 人気のメイク記事 》
→眉毛の描き順
→眉マスカラの色の選び方 
→30代からのメイクテク



フェイスブックでも、日々を綴っております(*´∇`*)/
facebook Facebook お友達申請歓迎です (はなのFacebookはこちら)




藤田はなさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります