私の一代記(牧野行雄)水彩画編

 

 < 生立ち・幼少 No.1 >

 

     前書き

1-01 平村渡原村

1-02 東鷹栖村より 

1-03 ほ乳ビン

1-04 背負って畑仕事

 

 

 

 

牧野氏近況 現在90歳を越えて数年

今年はパークゴルフはやめたとのこと。

----------------------------------------------------

パークゴルフとは北海道で生まれた市民スポーツで、全国的にはグランドゴルフが普及しています。

北海道の教育委員会?が? 全国に普及させようとしたが、

グランドゴルフの浸透度は高く、

パークゴルフ全国大会が毎年、開催されますが、

全国大会との名称ですが、北海道内での大会にとどまっているとの、

スポーツ用品店の方のお話です。  ^^

ご来訪ありがとうございます。

手作りの今回のテーマは タブレットと

スマホを車内で 置くスペース(アタッチメント)を作るの5回目の手直しです。

 

 

そして昨日からの続きです。

 

 

 昨日からの続き。

台が出来ました。

 

今回の板は Homacで調達。

6本で 800円くらいでした。

 

 

 

だから次の工程は

色を塗ります。

 

 

 

ダークブルーに ブラックを加えて混ぜて

 

これに 塗ります。

 

塗ったら昼まで

下駄スペースで乾燥させます。

 

 

 

車につけたら、

 

やっぱりというか、

 微調整じゃなく 傾きを調整しなきゃ、

やり直した意味がない。

 

 

 

 

明日に続きます。


乙女のトキメキあなたの家の「子守歌」はな~に?なんだった?

 

 

ゆりかごのうた

 

 

 

なるべくキレイな高音で 歌うように

父 頑張ったぞい

 

高音がでるようになって

 

父はカラオケのレパートリーが増えたぞい!ニコニコルンルンキラキラ

 

 

躾って 何だろうって 最近考えています。

我慢すること 贅沢 大人買い。

好き嫌いを 無くすって  大人になったら

嫌いなものは絶対食べないよね、

でも 学校じゃ 無理して食べさせる、

俺は すっぱいものが嫌いだったんだけど、

中学の時、 強引に食べさせられた。

 

それって 何? 何の為?

 

栄養 体 健康?

 

大人になったら 絶対食べないでしょ、

強要が 教育ですか???

 我慢することの美徳はなんですか?

 

お笑い芸人の訓練でしょうか?w

虫は 栄養 タンパク質が 豊富で、

家族みんなが食べてれば 自然と食べる習慣になったでしょうが、

 

押し付け 強要が 教育界に蔓延(はびこ)ってると思います。

教育界が 強要する 強要することが 教育なら、

いじめは無くならない訳で、 

 

強要はいじめなわけですよ。

 

 

 

先週 キャンプに行ってきました~

 

たまに は  自然に漬かるのも いいですよね、w

でもキャンプ場って いろいろ手入れが行き届いているご時世です。

テントの中で焼肉が出来るって いいですよ~

 

 

 

 



みんなの回答を見に行く右矢印
キャンペーン詳細を見る右矢印

ほ乳ビン

テーマ:


 母は母乳が出なく

 兄貴姉さんが

 

朝ご飯をたく時煮上がる汁を取り

 

此れが オッパイの代わりで 

 

砂糖もなく栄養不足で

 

 誕生日が来ても歩けなかった

 貴兄の長男秀雄は歩いて居た

 私はハンモックに居て保乳ビンを

 落として姉さんが 田圃(たんぼ) から上がって来たら

 ビン ビンと言っていたそうです

 

← 東鷹栖村より  - ほ乳瓶 - 背負って畑仕事 ➝

 

【生立ち・幼少 】 No.1 目次

私の一代記(牧野行雄)水彩画編 

 

 

東鷹栖村より 

テーマ:

 

 


 お爺は東鷹栖より移住時
 三戸分の土地を買ふ、

 兄貴達は働き者であった。

 長男延吉は二十九線に分家する。

 次男長太郎は軍隊に入隊。
 満期するやブラジル移住の波に乗り
 六男護を連れて移住する。
 当時日本は不景気に凶作、
 働くに職は無い時代であった 
 四男敏郎は、軍隊除隊後、
 大阪に行く。
 支那事変で 三人の子をのこして
 北支山西省にて戦死する

 お爺は名前を呼ぶのが面度
 になり 番号制であった。
 二番 三番 四番 五番と

 近所の人も牧野の
 何番さんと呼んで居た

 

 

牧野行雄さんの一代記

HPに紹介しているのは色鉛筆のもの。

今回紹介しているものは水彩画です。

当初牧野行雄さんは11冊の水彩画による日記を書き、

それを風連歴史資料館に寄贈しました。

 

手元に日記が無くなり、 また新たに書き綴っているものが

HPに掲載しているものです。

 

← 平村渡原村 - 東鷹栖村より  - ほ乳瓶 ➝

 

【生立ち・幼少 】 No.1 目次

私の一代記(牧野行雄)水彩画編