おおつる 求 ブログ

おおつる 求 ブログ

みんなちがって、みんないい。
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

北西角から見たイメージ図

 

 

第1回説明会の要望に対する

回答があった後、

参加者から意見・要望が相次いだ。

 

 

回答の詳細

第2回大手前大学跡地の説明会 その1

 

 

第1回説明会の様子

大手前大学跡地の説明会報告 その1

大手前大学跡地の説明会報告 その2
 

 

午前10時と午後2時

2回で出た質疑応答を

テーマごとに

簡潔にまとめてみた。

 

私の聞き間違えや取り違い、

メモ間違えがある事を前提に、

お読みください。

 

議事録は長谷工さんが作成中。

 

住民の意見・・・青

長谷工の意見・・黒

 

**********

 

 

【マンション設計変更要望】

 

事業規模など総合的に判断して

建物配置等の変更は応じかねる。

 

建築基準法・高度規制と、

北側は日影規制が厳しいため、

高い建物を建てられない。

 

設計は数メーターも動かない。

法規制を満足している。

 

赤字では事業にならないので、

住宅個数変更は応じかねる。

 

出来る事、出来ない事がある。

事業主や市と協議をして、

その中での回答をしている。

 

 

 

 

 

【稲野運動公園との間が75cm】

 

落下物による公園内の事故が心配。

 

行政がこの距離はダメと言ったら

設計時点で誤っていることになる。

市から申入れがあれば対応する。

 

 

法律上の境界との距離は。

民法上の50cm以上。

 

 

事故時、誰が責任を取るのか。

 

住民がモノを投げない限り、

75cmを超えることは無い。

 

責任は、飛んでいくものを

バルコニーに放置した入居者。

 

 

絶対にモノは落ちないのか。

 

入居者は管理規約等を守る。

バルコニーを1.5m確保する。

それでもモノが落ちるのは、

余程のこと。

基本的に無いと考えている。

 

 

落下物事故は想定できる。

 

法規制を逸脱していない。

設計上、問題無い。

 

 

公園への落下物について

市はどう考えているのか。

 

確認する。

 

 

 

 

【中敷地の建設計画】

 

中敷地にマンション計画しているため、

南側に寄せた設計をしているのでは。

 

南敷地を優先に計画を進めている。

 

中敷地も住宅計画をしているが、

具体的に決まっていないので、

お話しできない。

 

全体プロジェクトは無い。

 

中敷地に何が建とうと、

南敷地の法規制は変わらない。

 

中敷地は決まり次第、

お知らせする。

 

 

事業主は何も考えずに

土地を購入すると思うか。

 

考えていると思うが、

長谷工に伝えることと伝えないことがある。

 

 

合わせて800戸の住宅ができるのか。

 

分からない。

その数(800戸)の根拠が謎。

敷地面積的に推測したのでは。

 

中敷地の詳細は分からない。

現時点で受注もしていない。

 

 

利益を最優先しているだけだ。

 

赤字では事業にならない。

 

 

聞きたいことを回答できる人を

説明会に連れてきて欲しい。

 

問題ないと説明しているが、

皆さんは問題あると思われている、

という見解の相違は理解している。

 

 

 

【土壌汚染問題】

 

大手前大学の桜は残るのか。

 

土壌汚染があったため、

改良工事をしている。

 

桜を残すことは出来ないが、

植栽でイメージを継承したい。

 

 

土壌汚染の詳細は。

 

詳細は分からない。

 

 

中敷地も土壌汚染が出たのか。

 

分からない。

 

 

 

 

【風問題】

 

風洞調査はMAX値でやるべき。

 

台風級で調査すると、全ての場所が

「住環境として著しい影響がある」になる。

 

一定の期間に、どれくらいの風が、

どの頻度吹くのかを計算している。

 

 

中敷地の建物で条件が変わる。

建物を想定して模擬実験すべき。

 

決まってないので

現況で計算するしかない。

 

 

中敷地に建つものによって、

風速は変わる。

 

風が強くなる所は植栽で抑える。

 

 

台風並みの風が吹いた時、

竜巻が起こる確率は。

 

分からないので確認する。

 

 

 

【企業の社会的責任など】

 

このマンション計画は、三井不動産の企業理念に反しているのではないか。

 

持ち帰ります。

 

 

三井不動産レジデンシャルは、どう活用しようと購入したのか聞いてきて欲しい。

 

聞いてみます。

 

 

三井不動産レジデンシャル社長は、

この計画をどう考えているのか聞いて欲しい。

 

出来ません。

 

 

近隣配慮や努力はしているのか。

貴方達は建てる権利があるけど、

私たちには生活する権利がある。

 

地域へ配慮がされるべきだ、

について、もう一度、事業主と話す。

 

 

事業主から長谷工と業務委託した、

と聞いていない。

 

次回、業務委託書を持ってくる。

 

 

 

 

【工事期間中のこと】

 

小中学生の登校時間帯と

工事車両の通行について。

 

準備の関係上、レッカー車等は

少し早めに工事敷地に入るが、

その他は8時30分以降にする。

 

実際に道路状況を見て、

時間帯は協議していく。

 

 

生コン打設は何時まで。

 

基本19時まで。

交通事情などで遅れた場合は、

生コンの性質上、やらせてもらう。

 

 

騒音計・震度計の基準は。

 

騒音が70、振動が80。

解体工事では瞬間的に超えることがある。

 

 

過去の数字は残っているか。

 

残っている。

データをお見せするのは可能。

基準値を超えたか確認する。

 

 

建設工事による

近隣家屋への被害について。

 

影響を受ける可能性のある

隣地の家屋等を対象に、

写真など家屋調査をする。

 

希望があれば個別に対応。

 

立証責任は被害者側にある。

 

 

 

【説明会の持ち方など】

 

次回は平日夜に開催して欲しい。

 

平日夜に開催します。

 

 

事業主に出てきて欲しい。

 

事業主は来ません。

 

 

協議とは話し合い相談すること。

これは「協議」になってない。

 

立場が違うので意見のすれ違いはある。

 

 

どのように市へ報告するのか。

 

そのまま報告する。

 

 

議事録に「住民は同意」と書くのか。

 

同意を求めているわけではない。

市は同意を求める行政ではない。

 

 

 

【その他の質問】

 

マンションの価格帯は

 

決まっていない。

ファミリータイプ(約60m²)

 

 

人流の想定をしているのか。

 

想定は難しい。

 

 

公共交通機関と協議は。

 

説明に行くべきか、

市の判断を仰ぎたい。

 

 

現在、住民と長谷工は紛争状態か。

 

現状は平行線なので紛争状態でしょう。

 

 

紛争状態なら要綱により、

市が説明会に参加すべきでは。

 

市に伝えます。

 

 

 

【要望】

 

下水道は大丈夫か。

データを公表はできるか。

 

開発許可を得て設計している。

公表できるか確認する。

 

 

 

【様々な意見】

 

*稲野東地区は西棟の設計変更を求めていると議事録に記載して欲しい。

*中敷地に住宅が出来ることも含めて一体開発になるのでは。

*行政との協議詳細を明かして欲しい。

*公園と建物間隔が75cmは異常。

*回答書の内容は「回答になっていない」。

*説明会に何の意味があるのか。

*571戸前提で説明会が開催されている。これを減らせば多くの課題が解決する。

 

 

 

 

稲野運動公園側からのイメージ

 

【公園利用者と入居者双方が不幸】

 

南棟の圧迫感、

公園とマンションの距離、

 

入居者から言えば、

利用者の声や反響音、

プライバシー、砂埃。

 

 

 

【様々な意見】

 

*行政から何も話が無く心配。

*西棟の閉塞感・威圧感が一番の問題。

*お互いの利益を守るため、高さを少し下げられませんか。歩み寄りませんか。

*近隣住民にどう想ってもらいたいのか。

*「今より少し良くなります。よろしく頼みます」という話が最初にあるべき。

*行政に「回答になってない」と言わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月19日(日)

午前10時~稲野センター

午後2時~ふれあいみなみで

大手前大跡地マンション建設の

第2回説明会が開催された。

 

 

前回の様子はコチラ

大手前大学跡地の説明会報告 その1

 

大手前大学跡地の説明会報告 その2

 

 

以下はメモを簡潔にまとめた

僕自身の忘備録。

 

私の聞き間違えや取り違い、

メモ間違えがあることを前提に、

お読みください。

 

議事録は長谷工さんが作成中。

 

 

**********

 

 

冒頭、長谷工さんから

5月15日の第1回説明会で、

住民から出された要望等について

事業主(*)等と協議した回答が

書面で示され、説明があった。

 

事業主(*)

三井不動産レジデンシャル(株)

近鉄不動産(株)

JR西日本不動産開発(株)

総合地所(株)

 

 

回答は書面で4ページ。

 

以下回答を抜粋・要約

意見・要望・・青

回答・・黒

 

**********

説明会に事業主が出席すべき。

→事業主各社と長谷工は計画説明の

 業務委託契約を結んでいる。

 長谷工が責任をもって対応し、

 事業主と協議の上、回答する。

 

 

説明会に市担当者も出席を。

→市に伝えたが通常、民間が行う説明会に

 市職員が出席することは無い、とのこと。

北側敷地(体育館等跡)何になるのか。

→事業主に確認したところ、詳細は未定。

 住宅関係で構想している、とのこと。

 

 

階数や高さを下げて。建物配置変更を。

→各種法令を遵守した形状なので、

 配置も含めて変更しない。

 

 

南棟と稲野公園の離隔距離の一定確保を。

→配置計画(75cm)の変更はしない。

 

 

バルコニーからの落下物対策を。

→販売時に落下する恐れのある物を

 放置しないよう使用細則に記載。

 

 

駐車場台数(348台)を増やして欲しい。

→市開発指導基準は計画戸数の50%。

 計画戸数571戸の60%以上を確保。

 大きく変更することは無い。

北側1ヵ所車両出入口を東側にも。

→歩行者の安全確保の観点から、

 市開発指導基準に基づき原則1ヵ所。

 

 

計画地東側道路の拡幅を。

→道路計画は市の管轄。

 周辺道路拡幅の行政指導は無い。

 

 

南町4丁目西交差点の渋滞検証を。

→一時的に混雑していることは確認済。

 一般車両の優先・安全通行を徹底する。

 購入者に周辺環境を認識してもらう。

 当該交差点が渋滞検証はしない。

 

通勤車両用の誘導員配置、騒音振動計の設置

→配置・設置する。

 

 

通学時間帯を外した工事車両の通行を

→南小・南中と協議中。

 

 

基礎工事は17時までに終了を。

→特定建設作業の重機作業は17時終了。

 足場・型枠などは18時終了。

 

 

 

 

一通り、回答説明があったのち、

参加住民から意見・要望が相次いだ。

 

その内容は、現在作成中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裁判官全員一致の意見で、次の通り決定。

第1 主文

 1 本件上告を棄却する。

 

 

 

 

2022年6月7日

最高裁が東リの上告を棄却。

 

東リ偽装請負事件は、

直接雇用の申込みみなし規定の

適用を認めた大阪高裁判決が確定した。

 

 

大阪高裁判決後

 

 

 

東リ伊丹工場偽装請負事件の確定にあたって(共同声明)
 

 

 

2015年にに施行された

労働者派遣法第40条の6

『直接雇用の申込みみなし規定』が

適用された初めての判決。

 

 

労働契約申込みみなし制度について(厚労省)


 

 

違法派遣状態で働かされている

多くの労働者への影響は大きい。

画期的な判決。

 

 

東リ㈱ ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

[大阪高裁判決概要]

東リ(株)が日常的かつ継続的に

偽装請負を続けていたとし、

労働者派遣法等の規制適用を免れる

目的で偽装請負をしたことは

客観的事情から認定されるとした。

 

また、東リ(株)は20年近く、

違法性の認識があったと推認できるとし、

原告側が承諾を通知した2017年3月時点で、

同社と契約が成立していたと認め、

同年4月以降の賃金支払いを命じた。

 

 

 

 

 

 

【事件の概要】

原告らは、大手住宅建材メーカーの

東リ(株)伊丹工場内において、

偽装請負状態で長年働かされていた。

 

2015年に組合を結成。

 

2017年3月に有志4名が、

労働者派遣法第40条の6に基づき、

直接雇用が成立しているとして、

東リ(株)に労働契約承諾を通知したところ、

組合委員長を含めた5名だけが

新しい派遣会社に採用されず、

3月末に職場から排除された。

 

同年11月、5名は東リ(株)に対し、

直接雇用の申込みみなし規定に基づく

地位確認訴訟を神戸地裁へ提訴。

2020年に原告の訴えを棄却。

 

2021年11月4日、大阪高裁は、

偽装請負とは言えないとした

神戸地裁判決を覆す判決をだした。

 

東リ(株)は最高裁へ上告していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月15日 稲野センター

9時30分と11時の2回開催。

 

計70名ほどの方が参加した。

 

大手前大跡地はどうなる。その可能性を調べてみた。

 

大手前大学跡地の説明会報告 その1

 

 

2回で出た主な質問や要望等を

メモをもとに簡潔にまとめてみた、

僕自身の忘備録。

 

私の聞き間違えや取り違い、

メモ間違えがあることを前提に、

お読みください。

 

 

*これは議事録ではありません。

 議事録は事業者が作成中です。

 

 

*****

 

設計・施工を担う

㈱長谷工コーポレーションさんの

資料説明の後、質疑応答。

 

基本的に「要望」は持ち帰り、

しっかり事業主に伝えて協議し、

後日、回答するスタンス。

 

 

以下文責:大津留

 

 

***主な質問***

 

 

[事業主など]

■説明会に事業主が出てこないのはなぜか?

近隣住民説明の業務委託契約をしている。

複数の方からご意見があったことは事業主に伝える。

 

 

■事業主4社の代表は?

三井不動産レジデンシャル㈱

 

 

■一緒に解体した北側は何が建つ?

計画は未定。決まっていない。

 

 

■大手前大学からいつ・誰が土地を購入?

事業主が土地購入した後に契約した立場。

それ以前のことはお答えできない。

 

 

 

 

 

[説明・説明会]

■稲野自治会等に説明したのはいつ?

3月後半に各自治会長に説明。

4月から建物プレ説明を、

計画範囲の方々に個別説明。

その際に説明会の要望があり

自治会長に伝えて本日の開催に至った。

 

 

■平日夜間の説明会設定は?

平日夜間も含め、設定は可能。

 

 

■9月着工に近隣は納得していない。

この1回で9月着工とは考えていない。

来られていない計画範囲の方には個別説明。

伊丹市中高層建築物に関する指導要綱に基づき進める。

 

 

 

 

[設計]

■周辺歩道を確保して欲しい。

市歩道は1.5m~2mほど。

2mを歩道状にする(ピンク線)

合わせて3.5m~4m歩道になる。

 

 

■南側棟と稲野公園の間は?

一番接近しているところで75㎝。

 

 

■もう少し真ん中に設計できないか?

北側の日影を考慮して設計した。

 

 

■北側の白抜き部分はなにか。

基本的には緑をイメージ。

立ち入ることは可能だが、

あくまでもマンション敷地内。

 

 

■風洞実験(*)の結果は。

大手前大学時とマンション建設時の

風環境を79カ所で比較した。

西側はほとんど変化ない。

北側が多少強くなるが、

著しく住環境に影響を及ぼすものではない。

 

風洞実験(*)
建築構造物の模型に、

自然風に相似した風洞気流を

当てることによって、

構造物内外の気流性状や、

構造物に作用する風力を測定。

基本設計調整や設計データを得る。

 

《参考》

建物周辺の風環境への取り組み
 

 

■話し合いで高さの変更はあるか?

事業に必要なボリュームで進めている。

基本的には変えられない。

この高さまで建てられる地域。

要望は事業主に説明して、

回答を今後しっかりとお伝えする。

 

 

■設計・計画変更は可能か?

法規制に則って計画している。

変更可能と不可能なものがある。

 

 

■車出入り口を複数にして欲しい。

歩行者安全の観点から、

複数設置するのは難しい。

 

 

 

 

[新築工事]

■どれほどの騒音や振動か?

現時点で数値は示せない。

解体工事よりは少なくなるが、

立上りは杭工事などで埃や音がでる。

低騒音型重機を使うがゼロには出来ない。

 

 

■工事車両で交差点が渋滞するのでは?

多い時は1日往復で150台想定。

8時間計算で、1時間に約20台程度。

複数台連なることは考えにくい。

歩行者の安全管理に努める。

伊丹市と継続協議をしているが、

この計画で市から指導されていない。

 

 

■工事施工者の通勤車両は何台?

施行内容で変わる。

今から施工計画を立てる。

 

 

■通勤時間帯も誘導員をつけるべき。

検討して回答する。

 

 

■通勤者の駐車場は敷地内か。

基本的には敷地内。

入らない場合は近隣パーキング。

 

 

 

 

 

 [完成後]

■道路計画も含めて進めて欲しい。

ご意見を伊丹市に伝える。

 

 

■稲野駅前は電線地中化を。

市へ要望が出たことを伝える。

 

 

 

[主な意見・要望]

 

ひとつの街ができるような計画、

全体計画を事業主に示して欲しい。

 

阪急稲野駅前の道路幅は狭いので

歩行者動線・道路等の検討も。

 

現場から産業道路に抜ける道を設置し

工事車両はそこを通り、完成後は

猪名寺駅への道にして欲しい。

 

15階の圧迫感を禁じ得ない。

せめて西側だけでも低層に。

出入り口を増やして欲しい。

教育施設は大丈夫か。

次回は市担当者も同席を。

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本市南部にあった大手前大学が移転し、

キャンパス解体工事がほぼ終わった。

 

解体前

 

現状

 

 

大手前大跡地はどうなる。その可能性を調べてみた。2021年09月12日

 

 

5月15日、地元公共施設で、

大手前大学跡地活用の

住民説明会が開催された。

 

 

午前に稲野センターで2回

午後に稲野東センターで2回。

私は午前2回に参加した。

 

 

 

 

 

事業主は

三井不動産レジデンシャル(株)

近鉄不動産(株)

JR西日本不動産開発(株)

総合地所(株)

 

 

事業主から委託を受けた

設計・施工を担当する事業者

(株)長谷工コーポレーションが

建設概要、及び工事車両運行図を

使って説明した後、質疑応答。

 

 

 

建設予定地

伊丹市稲野町2丁目2番地2

 

 

 

上から。赤い部分が建物

 

 

横からのイメージ

 

 

構造・規模

鉄筋コンクリート造り

15階建て 571戸

 

工期

1工区 9月末~2025年3月末

2工区 9月末~2025年11月末

 

 

様々な視点から

質問・要望が続出した。

 

 

まだ整理できていないので、

後日、ご報告できればと思う。

 

 

 

解体前

 

現状

 

ちなみに。

私のベランダから見たら、

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍も落ち着き、

天気も良かったGW。

 

中之島バラ公園

 

 

 

5月1日(日)

メーデー

 

アイ愛センターで開催された

伊丹市心身障害対策市民懇談会の

「二十歳を祝う集い」に、

みなみ親父クラブとして参加。

 

たくさんの方々が集い

温かい空気に包まれた時間。

 

 

 

闘う労働組合が結集する

第93回中之島メーデー

 

新自由主義が蔓延する

この国には、

団結と連帯が求められている。

 

 

 

 

5月3日(火)

憲法記念日

 

朝日新聞阪神支局

散弾銃を持った男が押し入り、

記者が殺傷された事件から35年。

 

毎年、弔問に訪れ、

自分が萎縮していないか自問する。

 

 

 

阪神尼崎駅前で開催された

青空表現市

 

市民による不断の努力が、

表現の自由を支えている。

 

 

 

大阪・扇町公園の憲法集会へ。

約3,500名が集った。

 

 

 

7月の参議院選挙。

社民党から比例区に挑戦する

大椿ゆうこ決起集会

 

資料が足りなくなるほどの

支援者・関係者が集まった。

 

 

 

 

5月4日(水)

 

大椿街宣キャラバン

宝塚と伊丹で。

 

 

 

 

5月5日(木)

こどもの日

 

市立児童会館で開催された

「こらくる こどもまつり」

みなみ親父クラブとして出店。

子どもの笑顔は最高。

 

 

 

天王寺→桃谷→森ノ宮

→京橋→天満→梅田。

大椿環状線街宣

森ノ宮から合流。

 

天満駅前でのこと。

早く準備が出来たため、

30分ほどマイクを握った。

 

参議院選挙で与党が勝ったら、

改憲される危機感を抱いている。

 

本日は、こどもの日。

子や孫世代に憲法を引き継げるのか。

 

変えるのは憲法ではなく、

改憲を目論む国会議員だ。

 

 

話終わると、

高齢の女性から紙を渡された。

 

大いなる犠牲の

果てに生(あ)れしもの

未曾有の法を守らばや。

 

レシートの裏に書かれていた。

 

 

 

このほかにも。

 

京都・ウトロ地区の

ウトロ平和祈念館へ。

 

 

昨年8月末、

ウトロ地区の一角が放火されて、

住宅や展示物が保管されていた

倉庫など5棟が全焼、

2棟が半焼したのは記憶に新しい。

絶対に許せない。

 

過去にあった事実を

後世に伝える大切さを改めて感じた。

 

 

 

 

 

 

 

快晴の5日間、

これがボクの至福の時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月2日から始めたスタンディング。

 

どんな理由があろうとも、一切の武力行使に反対します。

 

16日目

 

 

阪急伊丹駅前で

パネルを持って立つだけの、

シンプルな意思表示。

 

17日目

 

 

同じ想いを持つ仲間で、

ゆるーく実施している。

 

18日目

 

 

だから毎回、

メンバーも人数も違う。

 

19日目

 

 

生まれた所や皮膚や目の色で

いったい、

この僕の何が分かるというのだろう

THE BLUE HEARTS「青空」

 

20日目

 

 

天国は無い、ただ空があるだけ。

国境も無い、ただ地球があるだけ。

みんながそう思えば、簡単なこと。

RCサクセション「イマジン」

 

21日目

 

 

お声がけしてくれる方、

会釈やアイコンタクトをしてくれる方、

じっとパネルを見つめる方、

ジェスチャーで答えてくれる方。

 

22日目

 

 

中には、硬貨を握りしめて

差し出してくれる方も。

(募金はしていません)

 

23日目

 

 

下校途中の中学生や、

若者の飛び入りもあった。

 

24日目

 

 

多くの方々が「何とかしたい」、

そのために「何かしたい」、と思っている。

 

25日目

 

 

ずーっと立っていると

そのことが良くわかる。

 

26日目

 

 

目には見えないけど、

数値化することもできないけど

やさしい空気が流れている。

 

27日目

 

 

そんな方々に励まされて、

ボクたちのスタンディングは

続いている。

 

28日目

 

 

駅前を利用するみんなで

この表現活動を創っている、

と言えるのかもしれない。

 

29日目

 

 

一方で、もう30回になった。

「早期停戦」を目的とした活動が、

回を重ねる、という皮肉。

 

30回目

 

 

言葉のチカラで早期停戦を

 

 

 

見て見ぬふりはしたくない。

コメンテーターにもなりたくない。

 

だから。

 

GWが終わっても、

停戦されてなかったら。

 

5月9日(月) 午後5時30分

阪急伊丹駅前で再開予定。

 

お時間ある方、ご一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本市多文化共生事業を担ってきた

「伊丹マダン」。

 

【色々あった経緯】

質問報告2-1 2019年度「伊丹マダン」の件

 

質問報告2-2 2019年度伊丹マダンの件(部長答弁編)

 

質問報告2-3 2019年度伊丹マダンの件(市長答弁編)

 

 

 

その実行委員長であった

方政雄(パン・ジョンウン)さんが、

短編集「白い木槿(むくげ)」を出版した。

 

 

 

 

一読すると、その世界に入り込み、

様々な気づきがあった。

 

この本を皆さんに知って欲しいと、

書評を、見よう見まねで書いた。

 

今週の社会新報に掲載されている。

 

 

 

 

筆者は、高校教員を30年以上務め、

24年にわたり多文化共生の市民祭り

「伊丹マダン」実行委員長を担った

在日韓国人2世。

 

日本に生まれ、生きていく中で、

気がつくと「くすぶった思い」を、

彼は持ち続けていた。

 

本書は、その「くすぶった思い」を

書き綴った4作が収録された短編集。

その時代を懸命に生きた

在日コリアンの人間物語。

 

事故や病気で家族を亡くした

茂の幼馴染みの京子が、

知人家族と帰国事業で朝鮮半島へ渡る

決意をするまでの人間模様「夾竹桃の下で」。

 

学校推薦で上場企業採用試験を

うけたが不採用になるなど、

葛藤しながら自身のルーツ

「チョウセン」と向き合う昌明を描く、

部落解放文学賞受賞作品「ボクらの叛乱」。

 

新井のおっちゃんと働いた

クボタ工場での仕事が原因で、

アスベスト疾患となる人生

「光る細い棘」。

 

神戸市北部の山中に咲く

白い木槿の下にあった5つの石は、

神戸水道工事で犠牲になった

朝鮮人労働者のお墓という

証言をたどる「白い木槿」。

 

 

方政雄は当然評価を受けるだけの

時代の実証者です。それだけの蓄えがあって、

方政雄の文学は成り立っていますと、

詩人の金時鐘氏は言葉を寄せる。

 

 

生きてきた在日コリアンとしての思いを、

素朴な庶民の視点から喜び悲しみを淡々と

描きたい、と書き綴った(「あとがき」より)と、

著者は言う。

 

その情感溢れる文章は、

人間臭さを感じると共に、

差別と貧困の中で生きる在日コリアンの現実を突きつけられる。

 

白い木槿 方政雄(パン・ジョンウン)

四六版 新幹社 2,200円(2,000円+税)

 

 

 

 

 

 

今までには神戸新聞や解放新聞にも

書評が掲載されている。

 

是非、皆さんに読んでいただきたい一冊。




その後、毎日新聞にも。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝、コーヒーを飲みながら、

新聞を読むのが習慣となっている。

 

出張でホテルに泊まっても、

新聞とコーヒーを買いに行く。

 

そんなボクにとって、

新聞休刊日は苦痛だ。

 

それはさておき。

 

 

 

 

日本新聞労働組合連合(新聞労連)

「失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック」を出版した。

 

 

この本は、

次のような文章から始まる。

 

ジェンダー平等を日本で早く実現したい。

それにはまず、自分たちの発信から見直さなければならない―。

この本は、現役の記者たちの強い危機感から生まれたものです。(はじめに)

 

 

何気なく読んでいた記事、

報道機関の組織体制、

紙新聞とネットニュース、

よく見る性暴力表現などを

現場目線で丁寧に、

多角的に検証していき、

ジェンダーの視点から、

ベターな言葉を提示する本書。

 

 

あるある感満載の

とても分かりやすい文章。

 

 

ちなみに興味深かったので

頑張って読んだ本

ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか

 

 

そして現場記者の方々は、

日々闘いながら、

巨大化した組織を少しずつ動かしていた。

 

 

日常生活で何気なく

繰り返される言葉には、

大きな影響力がある、

と改めて感じた。

 

僕が彼女の呼び名にこだわる理由[10年前の僕シリーズ②]

 

 

今や、誰もが発信者になるSNS社会。

ということは、誰もが必読の一冊では。

 

新たな気づきがあるはず、多分。

 

 

 

失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック

著者:新聞労連ジェンダー表現ガイドブック編集チーム

出版社:小学館

定価:1650円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市立ささはらこども園(270名)が

来月開設される。

 

伊丹市立ささはらこども園ご案内(PDF)

 

ささはら幼稚園跡地に、

3幼稚園(せつよう・ささはら・こやのさと)と、西保育所を統廃合して建設した。

 

一連の公立幼稚園・保育所統廃合は、

この建設をもって終了する。

(第2弾もある気配だが)

 

 

【公立幼稚園・保育所統廃合】

2017年4月、「幼児教育の無償化」を

公約に4選を果たした市長。

直後6月議会で、無償化財源は

公立幼稚園・保育所の統廃合をした

跡地売却でまかなうと判明。

市民と議会が連携して運動を展開。

市は原案修正に追い込まれていき、

翌年1月の臨時議会で成立した。

 

2017年度に24園あった公立園

(こども園1、幼稚園16、保育所7)が、

15園(こども園4、幼稚園6、保育所5)に。

 

 

ここに至るまでの

始まりは2017年に遡る。

市が公立幼稚園・公立保育所を統廃合するって、どういうつもり?(2017年06月21日)

 

 

 

先日、内覧会があった。

 

市も含めたくさんの方々が

写真で紹介しているので、

個人的に興味深かったものをご紹介。

 

 

 

トイレの看板。

女子は赤、男子は青でなく、

どちらも濃緑で。

 

 

 

 

300名近いこどもには、

やはり狭すぎる園庭。

本市の宿命でもある。

 

 

 

 

廊下の隅にあった穴蔵(秘密基地)。

入ってみたらとても落ち着く。

ボクなら、ずっと座ってそう。

 

 

 

 

食堂から見た調理室。

(一応、子ども目線から撮影)

 

調理室の床が一段低くなっていて、

調理している様子がわかる。

 

 

 

 

3階の遊戯室。

自然光も取り入れた

おしゃれなデザイン。

 

 

 

 

屋上庭園。

走り回って、疲れたら芝生で。

昼寝にいいかも。

 

 

 

 

非常用すべり台兼

日常も遊べるすべり台。

雨だったので止めましたが。

 

担当者曰く、

かなり面白い、そうです。

 

 

 

 

正門から道を挟みますが、

駐車場と駐輪場があります。

路上駐車は禁止です。

 

 

 

 

全体像です。

 

地域に愛される園になるよう願っています。