(ルールや罰などを)「課す」を英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。

 

 

今朝はちょっとお堅い英単語をご紹介します。

安倍首相は緊急事態宣言をしました。

日本の法律ではあまり強制的な制限は少なそうですね。

海外ではいろいろな制限が課されますが、この「課す」を英語で言うと

 

「課す」“impose”(イムポゥズ

 

例:

“Impose some restrictions on people.”

「人々にいくつかの制限を課す。」

 

例:

“The Prime Minister told that he won't impose a lockdown.”

「首相は都市封鎖は課さないと言った。」

 

ルール・税金・罰など、何かを強制的にさせる時に“impose”を使います。

ですのであまり日常会話では使う機会はありませんが、政治家の話やニュースなどお堅い場面で耳にします。

ですのでもし意味がわからないお子さんが“What does ‘impose’ mean?”(“impose”ってどんな意味?)と聞いてきたら、“Make someone to do something.”(誰かに何かをさせる)説明してあげるとわかりやすいかもしれません。

 

関連記事:

「緊急事態・緊急事態宣言」を英語で言うと?

「〇〇警報(注意報)が発令されました」を英語で言うと?

「不要不急な〇〇」を英語で言うと?

「外出は控えるように」を英語で言うと?

「増税」を英語で言うと?

 

Have a wonderful morning