「~の後ろ(向こう)に」を意味する“behind”と“beyond”の違い | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。

 

今夜は「~の後ろ(向こう)に」を意味する“behind”と“beyond”の違いをやります。

 

“behind”「~の後ろ(裏)に」

“beyond”「~の向こう(先)に」

 

“behind”は「~の後ろに」と、指定している物などのすぐ後方にある時に使います。

“beyond”は「~の向こうに」と、対象物がしている物などの先にある事を指していて、距離はすぐ近くかもしれませんしはるか彼方かもしれません。

 

“behind"の例

「あなたの後ろにあるよ。」

“It's behind you.”

↑“It's”を“Shimura”に変えると、「志村、後ろ!」(ドリフ?)になりますw

 

“beyond”の例

「あの山が見えますか?コンビニはその向こうです。」

“Can you see that mountain? You will find the convenience store beyond that .”

 

他には映画「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーが決め台詞で、“To Infinity and Beyond”(無限の彼方へ、さあ行くぞ)と言っていますね。

 

日本語で「~の後ろ・裏」がしっくりくるなら“behind”で、「~の先・彼方に」がピッタシと感じるなら“beyond”です。

 

関連記事:

映画:Behind Enemy Lines”(“敵戦線の裏”、つまり敵地に取り残された兵士の話)

ネイティブがよく間違える文法10”(“farther”と“further”)

○○を背にして/○○に向かって”(これを英語で言うと?)

 

Have a great evening

 

via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd