トライアングル森 本

急なスケジュール変更などは、とりあえずトライアングル☆フリークの書き込みBBSに書き込みます。チェックしてくださいね。

掲示板へGO

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

部長島耕作11



ついに福岡へハツシバセールスセンターへ出向になり今野と久しぶりの対面を果たした耕作。もちろん博多の社会がすべてこうだというわけではないだろうが、泥臭い販売の第一線で働くということは今までのように綺麗事だけではやっていけない面があるという。時にはカッコつけずに中沢部長のように裸踊りをやって見せる気概が必要なのだと腹をくくる。吐いては呑み呑んでは吐きを繰り返す飲みニケーションは誠に大変そう。



(写真①吐く耕作)今なら完全にアルコールハラスメントだと言われるやつだ。オレが1番苦手とする。



(写真②わかめ酒はいどうぞ)ほんとにこんな時代じゃなくなって良かったと思う。逆に今はハラスメントする側の歳になったからハラスメントしない事を気をつける歳になった。体型とか、清潔感とか清潔感とか。歩く清潔感島耕作はしかしそれに甘んじることなくしっかりとひとりひとりと信頼を結んでいく。耕作の仕事のやり方はここでも変わらない。人によってあるいは地位によって態度を変えないで誠実に接するところが最大の耕作の美点だと思う。それが女だけではなく人たらしとして魅了する所以なのかも。今野が早速失点させようとあれこれ画策するが役者が違うというか相変わらずの勘の良さと耕作を助けてくれるボンドガールたち(千鶴とチャコママが博多でワインバーを始めた)の協力のおかげで難なく回避していく。ちゃんと郷に入っては郷に従う郷耕作は博多の街でも磁場を作り始めている。それがまた中央へ戻るための足がかりとなるのだろう。時間がかかるように見えるがそれが一番の近道であるはずだ。仕事が出来る男は人生を楽しむこともまた上手いのだ。







(写真③山笠スタイルに着替える島耕作、ふんどしを履く途中、褌耕作または尻耕作)

部長 島耕作 10



サンライトレコード所属のNyacco(ニャッコ)のプロデュースが見事に成功したが日本での活動から身を引きたいという本人の意向を尊重しナンシーをアメリカへ帰すことに。最後本人は半分冗談のつもりだろうが耕作のことを父親だったんでしょ?と聞いてきた。狼狽する耕作の姿を見て確信に変わったかも知れない。女の勘は恐ろしい。





(写真①狼狽する耕作)


時代は2000年代に入りいよいよ日本経済は本格的にデフレスパイラルの波に飲み込まれ始める。そんな中アメリカから呼ぼうとしたナットクラッカーズのライブキャンセル騒動の責任を負わされサンライトレコードから本社へ戻り地方に飛ばされることになる。せっかく東京で一緒になれた鈴鴨のかつ子とはまた離ればなれになることに。何たる薄幸か。



(写真②取り乱したあと解放的な気持ちになってホテルの窓に裸でへばりつくかつ子)


いつの日か一緒に過ごせる時が来ればいい。今は会社の上層部には相容れない耕作を煙たがっている人間しかいない為、サンライトレコードでV字で業績を回復して何億も稼いだのにも関わらずたった2000万の責任を負わされ左遷される。何たる不条理か。それでも辞めない耕作は立派であると思う。生涯一ハツシバのサラリーマンを貫くつもりだ。それはそれで一つの生き方である。ところで新しく行く先の福岡ハツシバ販売センターには長年の敵対関係にあった今野が居た。しかも今度は上司であり社長である。大変なことになりそうな予感しかない。耕作の顔があおざめる。蠢動する今野。おそらくどちらかがハツシバを去ること以外収拾がつかないことになるのではないか?誰かが死ぬとか。流石にそれはないか笑。いよいよ部長時代ももう少しで終わる。

ONE PIECE 53



王下七武海バーソロミュー・くまに次々と一味を消され、さらにはルフィ本人も消されて飛ばされてしまう。麦わらの一味はここに完全崩壊する。誰一人救えなかった無力な自分が悔しいルフィであったが、ひとまずは海軍大将黄猿の追手から逃れられたことは結果的には良かったとも言える。もちろんそんな結果オーライを良しとするルフィではないと思うが今はまだ時期を待つしかないだろう。くまがレイリーに何やらささやいてたことが気になるが、王下七武海と海軍の間に何か大きなことが起こりそうな予感。同じ正義の旗の下、世界政府の下部組織であるはずだが常に微妙な温度差はあって決して一枚岩の結束という訳ではないのだろう(そらそうだ)海賊たちと合わせた三つ巴の力関係はちょっとしたことで揺れ動く。今後どうなるのかまったく予断を許さない。その間に少しでも強くなり仲間と再結集を図るためにシャボンディ諸島へ戻ろうとするルフィであったが流れ着いた島は女人しかいない女ヶ島だった。そこで蛇姫様と呼ばれ王下七武海の現メンバーでもある"女帝"ボア・ハンコックと出会いいっときは闘いになるが和解しエースが公開処刑に架けられる事をルフィは初めてそこで知る。弟としてはやはり放ってはおけないのだろう、急いで処刑が行われるという街マリンフォードを目指し始めた。間に合うのだろうか。再び会えるのだろうか。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>