TRANNING  旅とランニングのフォトコラム photocolumn

TRANNING  旅とランニングのフォトコラム photocolumn

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

旅、ランニングそして人生もゆっくりと早く焦らず、楽しむのがモットーです!
「I have a dream!!」

旅中心の話題・情報を文章力がないのでほとんど写真画像を中心に掲載しています。



以前は、ず~っとランニング中心の話題になってしまっていましたが、最近は旅が中心の旅情報ブログになっており、特にジャンルにこだわっていません。



じっくりと読んで貰うブログより、少しでも目に留まって見てもらうブログにと。。。




還暦を迎えましたので、長年勤めたフルタイムの仕事は定年退職しました。



これからは旅三昧と行きたかったのですが、「まだ早い老後の貯えをしないと」と我家のお母さんに止められています。



暫しある程度の貯え、旅の資金のめどができましたら、世界中を廻る旅に出発したいので、これからどんどん旅の情報を発信したいと思っております。。。




今は、フルタイムで仕事をする気はさらさらなく、旅に関わる仕事を月に何日間かして世間一般の方が休んでいる時に働いて、オフの時期に短くて2週間、長くて一か月ちょっとの旅に1人で出かけています。



自分の旅のコンセプトは、ゆっくり、じっくりと格安航空券、LCCを使って、移動方法はそこに鉄道があれば、車窓を楽しみながら、そして駅に着くとなるべく自分の足を使って移動をします。



以前ホテル予約サイトの仕事もしていたので、事前にnetから予約を入れてから出かけます。ゲストハウスも利用しますが、ドミトリーはどうも苦手なので設備が整ってなくても出来る限り個室を利用します。



旅の途中でのブログアップは苦手ですので、記事はほぼリアルタイムではありません。



最新のより過去の記事を参考にして、見てくれる方が多くなってくれれば最高に嬉しいです。




 

 

「サパーン タクシン」から「チャオプラヤ川」沿いの「チャルーン クルン通り」から、「シーロム通り」を「ルンピニー公園」方面に。

 

この辺は、寺院、高層ビル、繁華街、マーケットと見どころも沢山。

 

 

 

 

「シーロム地区」 周辺

 

 

 

 

 

1、「サパーン タクシン(Saphan Taksin)」~「シーロム通り」へ

 

 

 

今BTS「サパーン タクシン」駅は、今複線の工事をしており当面駅は閉鎖されているようです。

 

以前からここの駅は、「チャオプラヤ エキスプレス」の起点でもあり、乗り降りも多いのに関わらず、ホームも片側1本のみで上下線共有で使用しており、急いで乗車したら反対方向に行ってしまった事もありました。

 

近くには、「シャングリラ」、「マンダリン オリエンタル」、そしてルーフトップバー「シロッコ」で有名な「ルブア アット ステイトタワー」等のバンコクでの超高級ホテルがあります。

 

まず今後宿泊する事はないと思いますが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、「ワット マハー ウマー ティーウィー(Wat Maha Uma Devi)」

 

 

別名インド寺と呼ばれるヒンドゥー教の寺院。

 

タイの他のお寺と違い、色鮮やかな装飾品がインド系のお寺の特徴。

 

中に入ると直に靴を脱がないと入れないのが、タイ、ミャンマーの寺院より厳しそう。

 

中にいる人々はほぼすべてインド系で、平日にも関わらず沢山の人が参拝に訪れていて、ここがタイなのかという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「タニヤ通り(Thaniya Rd)」~「パッポン通り(Phatphong Rd)」

 

 

実は何回、すでに十何回かタイ、バンコクに来ていますが、この「タニヤ」、「パッポン」はあまり訪れた事がなく、元々自分は酒が嫌いなのでこの界隈にある接待系のお店には全く興味がありません。

 

こうゆうお店でお金を使う事が、非常に勿体ないとあくまでも自分独自のポリシーですが。。。

 

同じくゴーゴーバー、バービア等も同じですが、マッサージ系だけは別です。

 

要はアルコールが絡まなければ、問題ないというかしっかり行きます!!

 

但しどんな感じの界隈なのか、様子を見るのは非常に興味がありますので、昼間にぶらぶら。

 

日本語の看板があらゆる処に、食事をするだけでも日系のお店に入って、多少高いのはしょうがないがさらにサービスチャージとか取られるのがどうも納得いかない。

 

食事をするなら、下記の様な市場、ショッピングセンターのフードコートが一番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

バンコクでの公共交通機関、国鉄、スカイトレイル、BTS、MRT、通常の路線バス、チャオプラヤエクスプレス、センセーブ運河ボートも乗ったので、BRTという交通機関があると知り、たまたま宿泊したシーロム地区のBTS「チョンノンシー」の駅を基点に運行しているとの事で、乗ってみました。

 

 

 

 

「BRT(Bus Rapid Transit)」、「サートーン(Sathon)」~「ラーチャプルック(Ratchaphruek)」

 

 

 

 

 

1、BTS 「チョンノンシー(Chong Nonsi)」、BRT「サートーン(Sathon)」

 

 

 

BTS 「チョンノンシー(Chong Nonsi)」駅からは少し離れていますが、「スラサック」方面に真っ直ぐ進んだ、交差点の下にBRT「サートーン(Sathon)」駅があります。

 

BTSとMRTの接続駅もそうですが、必ずしも同じ名前の駅でないのが特徴。

 

「サートーン」と言う名前は、BTSの「サパーンタクシン」駅と併設する、チャオプラヤエクスプレスの発着場所と同じ名前(BTSで2駅離れているが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切符の販売機、切符、改札などはBTSとほぼ同じ。

 

料金は、15バーツ。

 

時間も5分おきぐらいで出ているが、乗った時はほぼ満席。

 

下りになるので、午前中だったので上りはもっと混んでいるかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、車内、車窓

 

 

車内は、新型のバスという雰囲気。

 

路線バスと違い車掌はいず、ワンマン運転。

 

道路は専用の道路を走るので、渋滞があっても大丈夫。

 

途中から普通の道に入りますが、優先的に走行が出来る様。

 

最初は混んでいたが、車内は徐々に空いてきて、「チャオプラヤ川」の上の橋を渡るころにはガラガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、BRT「ラーチャプルック(Ratchaphruek)」、BTS 「タラート プルー(Thalat Phulu)」

 

 

 

 

30分ぐらいの乗車で、終点の「ラーチャプルック」に到着。

 

周りはマンション群の完全に住宅街、バンコク市内の通勤には渋滞も心配しなく、BTSより料金も安いので、勤め人は利用していますが、昼間は空いているみたいで、まして観光客の利用はないでしょう。

 

でも試しに乗ってみるのもいいかと思います。

 

ここもBTSの駅とは、少し離れていますが、案内版があるので分かり易い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BTSに乗って降りたのは「サパーン タクシン」、31バーツなので、BRTはBTSの半額。

 

 

 

 

 

4、世界のBRT、そして日本の東京でも・・・。

 

 

BRTは、今はバンコクだけでなく世界中にこのシステムを利用して広がっています。

 

中南米そして中国の広州でもすでに運行されているよう。

 

そして何と、日本の東京でもこの程開通する予定で、今月5月24日にプレ運行する予定だったが、

 

新型コロナウィルス感染症の発生状況を踏まえ、2020年5月24日のプレ運行(一次)の開始が延期となりました。

 
との事で、元々は「東京オリンピック」関係のベイエリア地区の輸送を考えていたみたいです。
 
 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

「チェンマイ」からの帰りも行き同様に鉄道で、行きは「バンコク ファランポーン駅」から夜行列車に乗って来たので、帰りは途中の車窓を楽しみたいので、昼間の時間帯で走っているTrain No 8の特急列車スプリンターを選択。

 

但し「チェンマイ」を8:50に出発して、予定では「バンコク ファランポーン駅」に到着するのは、19:25 約11時間の列車の乗りづくめで、勿論昼間の列車なので座席車のみです。

 

 

「チェンマイ駅」~「バンコク ファランポーン駅」

 

 

 

 

1、Train No 8 8:50発 特急列車 スプリンター

 

 

出発の30分前には、3番線ホームに3両編成のディーゼル特急スプリンターが入線。

 

車両は不動の3両編成。(これ以上車両を増やすと早く走れない様)

 

なので結構どの日の列車も混んでますので、予約は早く入れる必要があります。

↓↓↓

タイ国鉄時刻表

 

このスプリンターに乗るのは、これで3回目で最初は、スラタニー~バンコクへ9時間乗車、2回目はバンコク~フアヒンへ3時間ちょっと。

 

今回が3回目だったが、さすがに11時間乗車は初めて。

 

チェンマイ~バンコク間の運賃は、641バーツ(約2,165円)。

 

ちなみに6:30発で、もう一本昼間の時間帯で快速が走ってますが、これはバンコクまで85バーツ(約287円)、但し所要時間は15時間。

 

飛行機と較べると、寝台列車とLCCを比べると今は列車の方が高いが、この昼間の特急を比べると列車の方が安いと思います。

 

バスと較べると分からないが、自分はそこに鉄道が走っている限りは、絶対に鉄道を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内はこんな感じでシートはすべてリクラインイグ、冷房完備(効きすぎる)、日本の特急の席と較べ少し足元、前の席との間隔が広い。

 

フッドレストも、しっかり付いています。

 

窓が開かないのはどの特急も同じで、席の場所によって汚れが、目立つので車窓の写真を撮るのはちょっと。

 

 

 

 

 

 

車両もちょっと古めの韓国製。

 

この昼間に走る特急は、どこもこの韓国のDAEWOODのものだが、

 

同じく北線のバンコク~シアラー間を走るスプリンターは英国製のこと、是非今度乗ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

2、Train No 8 特急列車 スプリンター 車内サービス

 

 

このスプリンターの特徴として、車内でのサービスがあります。

 

まず出発してから直に、朝食としてパンとコーヒー(又はオレンジジュース)。

 

そして昼近くになると、昼食のサービス。

 

午後にはおやつとして、パンと飲み物。

 

その合間にも飲み物のサービスがあるので、自分で用意した飲み物、食べ物も全く手をつけなかった。

 

南線に乗車した時は、昼と飲み物はあったがこんなにはなかった。

 

 

 

各車両に一人づつCAがいるが、エアアジアのCAに比べると失礼だがちょっと年はいっている方が多いが、サービス、接客姿勢共全く問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが昼食のサービス、内容は、カレー味のスープ、カレー味ぽいガパオ、ライス、ミネラルウォーター(おかわりも出来ました)、大変満足な味でライスも結構量あったが完食。

 

これがあるのでスプリンター、つい乗っちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、Train No 8  特急列車 スプリンターからの車窓

 

 

途中「ランパーン」から「ウッタラディット」まで隣に、タイ人の若者が座ったが、後は一人で席を独占。

 

お互いに片言の英語で、たわいのない会話を、少しぐらい話すのが丁度いい。

 

このスプリンターからの車窓ですが、残念なのは窓が開かないので写真を撮ると、ガラスの反射、ガラスの汚れがそのまま映ってしまう。

 

ただこの車窓を眺めながら乗るのは、列車旅の醍醐味の一つで、寝台夜行列車も雰囲気はありますが、これを味わう事は少ししか出来ない。

 

 

 

 

 

 

「カンタン駅」

↓↓↓

 

 

 

この先には、北線、タイの鉄道路線でも珍しいトンネルがあり、その先暫くは山間部を走ります。

 

行きの夜行でも朝方この辺を通り、車窓から眺めていたが、やはり昼間に通るのとは全く違う。

 

 

 

 

 

 

 

「ランパン駅」

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピサヌローク駅」 ここで下りバンコク発のスプリンターTrain No 7とスライド。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ナコンサワン駅」

↓↓↓

 

 

 

「ロップリー駅」手前の遺跡

↓↓↓

 

 

 

「アユタヤ駅」

↓↓↓

 

 

 

車内では暑い時期でもクーラーが結構きいてますので、上に羽織るパーカーとかは絶体に必要。

 

 

 

 

4、Train No 8  特急列車 スプリンター 「バンコク ファランポーン駅」 到着

 

 

「バンコク ファランポーン駅」到着は約30分遅れの20時ごろ、11時間ちょっと。

 

丁度この時間帯は、各方面の夜行寝台列車が出発する時間帯だったので、新型、旧型の寝台列車が停車していました。

 

構内は相変わらずの列車を待っている方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

「チェンマイ駅」はタイ北部線の終着駅で、今は日に上下線6本ずつの列車が発着するのみ。

 

その内の上り3本、下り4本は午前中の運行なので、朝方の方が人が多い様に感じます。

 

 

 

「チェンマイ駅(Chaiang Mai Railway Station)」

 

 

 

この時はチェンマイからバンコクまで、特急列車にて11時間かけて向かいます。

 

1、「チェンマイ駅」 までの交通機関

 

「チェンマイ駅」までは、宿泊しているホテルから通り沿いに出て、赤いソウテウを拾いました。

 

貸し切りで50バーツ、この後4到着する列車もあるのでドライバーも丁度良かったかも。

 

 

 

 

 

 

 

2、「チェンマイ駅」 の前 駅前食堂?

 

到着してから少し時間があったので、駅の左側の道向かいのお店に。

 

食堂にしては、中が個人の家のようだったが、店頭にいたお母さんの勧められるがまま、ぶっかけ飯。

 

見た目はあまり旨そうでないが、ゆで卵に目玉焼きも載せてもらって60バーツ。

 

旨かった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「チェンマイ駅」 の構内

 

「チェンマイ駅」は、「バンコク ファランポーン駅」に比べてもそんなに大きな駅ではなく、ホームは2本で1番線~4番線まで。

 

丁度乗る特急列車の前に、新型のバンコクからの寝台列車が着いたばかり。

 

到着したばかりのバックパッカーが、帰りのチケットを購入しているのか、チケットの窓口に向かって行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームの前の待合所のベンチにて、暫く待ちます。

 

改札などないので、ホームはだれでも入れるのもバンコクと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

*次は列車に乗車してバンコクへ向かう。。。。。。

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

***これをマスク替わりにジョキング、ウォーキングをされる時に着用すると、息苦しくなく、ご自身、他の方へのソーシャルディスタンスエチケットです。。。***

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

「カオソーイ」は、主にタイ北部で親しまれている揚げカレーラーメンのこと。

 

ココナッツミルク入りの味わいのカレースープに「ゆで麺」と「揚げ麺」を両方加え、肉、野菜トッピングして食べる麺料理。

 

 

「カオソーイ」~タイ北部の名物麺料理

 

タイだけでなく、ラオスの「ルアンパバーン」などの北部での名物でもあるよう。

 

ただ「カオソーイ」と言っても、それぞれの土地、または店によっても違う。

 

今回は、「チェンマイ」と「チェンラーイ」にて食べてきたので、お店と共に紹介します。

 

 

 

1、「アルーンライ」 チェンマイ ターペー門近く

 

 

 

最初に宿泊した「ターペー門」の近くにあったので、行ってみた「アルーンライ」。

 

薄暗くなってから行ったにも関わらず、店内にはお客が居ずちょっと入りずらかったが、カオソーイガイ(鶏)を注文、カオソーイだけだと足りなそうなので、フライドライス、レモンジュースも一緒に。

 

3点で150バーツだったかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、「カオソーイ イスラム」 チェンマイ ナイトバザール近く

 

 

同じく「チェンマイ」の「ナイトバザール」からピン川に近い処に、イスラム教のモスクがありその側にあるのが、その名も「カオソーイ イスラム」。

 

なので料理もムスリム系なので、豚肉類は一切なし、恐らくアルコールも(元々酒は一切飲まないので)なし。

 

ここは、最初にチェンマイ訪れた時と、その後に来た時2度訪問しました。

 

最初はチキンで、その次はシーフード。

 

カオソーイとレモンライムジュースで70バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「ラーン ボージャイ カオソーイガイ」 チェンラーイ 時計塔近く

 

 

「チェンラーイ」に行った時も、やはりカオソーイ。

 

「チェンマイ」で食べたのと比べて、若干味が濃かった様な、ここも2回訪れました。

 

量もここはまあまああったので、単品と飲み物を注文しただけで充分。

 

カオソーイ、ドリンク合わせて55バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、「發清」 かと思ったら。。。「發栄」? チェンマイ市歴史館の前(旧市街) 

 

 

ここはカオソーイでなく、カオマンガイのお店。

 

どうも目的のお店と勘違いして入ったお店、系列店なのかカオマンガイのお店が並んでいて、「發清」というのが有名と他の方のブログにあったが、何とこのお店のカオマンガイは味もしLたうかりしていて、バンコクのピンクのと比べても数段上でした。

 

店の名前を食べてから、出る時に確認したら「發栄」、隣が「發清」でした。

 

ボイルとフライのミックスのカオマンガイ、ミネラルウォーターとで70バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村