Tranning 旅とランニングのフォトコラム photocolumn

Tranning 旅とランニングのフォトコラム photocolumn

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

旅、ランニングそして人生もゆっくりと早く焦らず、楽しむのがモットーです!
「I have a dream!!」

旅中心の話題・情報を文章力がないのでほとんど写真画像を中心に掲載しています。



以前は、ず~っとランニング中心の話題になってしまっていましたが、最近は旅が中心の旅情報ブログになっており、特にジャンルにこだわっていません。



じっくりと読んで貰うブログより、少しでも目に留まって見てもらうブログにと。。。




還暦を迎えましたので、長年勤めたフルタイムの仕事は定年退職しました。



これからは旅三昧と行きたかったのですが、「まだ早い老後の貯えをしないと」と我家のお母さんに止められています。



暫しある程度の貯え、旅の資金のめどができましたら、世界中を廻る旅に出発したいので、これからどんどん旅の情報を発信したいと思っております。。。




今は、フルタイムで仕事をする気はさらさらなく、旅に関わる仕事を月に何日間かして世間一般の方が休んでいる時に働いて、オフの時期に短くて2週間、長くて一か月ちょっとの旅に1人で出かけています。



自分の旅のコンセプトは、ゆっくり、じっくりと格安航空券、LCCを使って、移動方法はそこに鉄道があれば、車窓を楽しみながら、そして駅に着くとなるべく自分の足を使って移動をします。



以前ホテル予約サイトの仕事もしていたので、事前にnetから予約を入れてから出かけます。ゲストハウスも利用しますが、ドミトリーはどうも苦手なので設備が整ってなくても出来る限り個室を利用します。



旅の途中でのブログアップは苦手ですので、記事はほぼリアルタイムではありません。



最新のより過去の記事を参考にして、見てくれる方が多くなってくれれば最高に嬉しいです。




 

 

タラートロットファイラチャダーというと、マーケットの中の光景より、圧倒的に上から眺めた光景の映像が有名。

 

マーケットの各店舗を廻って食べたり、買い物をした後、又は前に必ず手前の「エクスプラナード ラチャダー」というショッピングセンターの駐車場に行き、4Fあたりから眺める光景が一番です。

 

ただここはあくまでも駐車場ですので、車優先なのでくれぐれも車には気を付けて!!

 

 

バンコク~「ラチャダー鉄道市場 タラートロットファイラチャダー(Train Night Market Ratchada) 」

 

 

 

 

 

 

■ 駐車場への行き方

 

この時はマーケットの方に先に行ったので、そこから駐車場の入口から入り奥の階段を上がりそれぞれの階へ。

 

4Fあたりが一番眺めが良さそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

  「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

バンコクにあるタラートロットファイラチャダー、ここは夜の観光ナイトスポットとして是非訪れて欲しい場所。

 

ここはどちらかと言うと、観光客が中心に知れ渡り地元の市民が買い出しにくるマーケットとは違うが、行って見た処若者を中心に家族連れとかで賑わっていました。

 

正直こんなに人が多いとはおもわなかった。

 

 

バンコク~「ラチャダー鉄道市場 タラートロットファイラチャダー(Train Night Market Ratchada) 」

 

 

 

 

■ ラチャダー鉄道市場(タラート・ロット・ファイ・ラチャダー)

 

営業時間:木曜日~日曜日 16:00~21:00

 

■ アクセス方法

 

MRTのタイカルチャーセンター駅(Thailand Culture Center)で下車、3番出口を左。Esplanade(エスプラネード)ショッピングセンターをそのまま抜けると目の前に市場がある。

 

 

 

 

■ 衣料品、雑貨等のお店

 

チャトチャックマーケットと同じ様な、どちらかと言うと若者向けの物で特徴のある物が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアカットショップもあり、250バーツ屋台の床屋としては高い方か、でも日本の1,000円カットよりは良さそう。

 

 

 

 

■ 飲食系屋台のお店

 

半分以上が飲食店、ただその辺のマーケットの屋台とは違い、メニューも何人かでワイワイ食べるバーベキュー、鍋物とかが多い。

 

なので1人でちょこっとテーブルに座って食べる様なものは、あまりないような感じだったので他に行って夕食を済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きます。。。。。。

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

  「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

 

クロントゥーイ市場に行くと、必ず訪れて食べに行くクイッティアオ(タイラーメン)のお店を紹介します。

 

クイッティアオは、バンコクに限らずタイの各地に行っても各食堂、屋台でも必ず食べれる。

 

日本のラーメンは醤油や味噌など味付けで注文しますが、タイの注文方法は違い、麺やスープの種類がたくさんあります。

 

 

バンコク~「 クロントゥーイ市場」近くのクイッティアオ屋

 

 

 

 

 

「麺+具+スープ」という順番で注文をし、自分の好みのラーメンを作ってもらうのがタイスタイル。

 

■麺の種類

 

センミー(米細麺):そうめんくらいの細い麺、タイでは1番メジャーな麺
センレック(米中麺):2ミリ幅の中幅麺、パッタイによく使われる
センヤイ(米太麺):きしめんよりも太い、他の麺と違い生麺を使用
バミー(小麦麺):日本のラーメンとほぼ同じ
ウンセン(緑豆麺):いわゆる春雨

 

■ス—プの種類

 

ナムサイ:1番基本の醤油味スープ
トムヤム:甘酸っぱいトムヤムクンに似たスープ
エンタフォー:腐乳入りピンクスープ
ナムトック:牛や豚の血が入ったスープ
トゥン:五香粉、八角などを使った中華風スープ
ヘーン:汁なしラーメン、バミーを使うことが多い

 

 

 

 

ここも以前にも行って紹介したかもですが、店の名前はタイ語しか表記がないので分からず。

 

この時はバーミーヘン(汁なし)45バーツ(約135円)を注文。

 

麺の量は少ないが、その上にこれだけ色々な具が載っている。

 

 

 

 

このお店の隣も同じクイッティアオ屋、ただこの交差点の角のお店は地元の方々が多く入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直近くの高速道路下の貨物専用の線路沿いにはバラック建ての家が連なっていて、線路上には平気で段ボールが重ねて置かれている。

 

この貨物線は、昼間は貨物列車はあまり通ってないが、朝、夜は往来している様で日本では考えられない光景。

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

  「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

バンコクには色々な市場がありますが、その中でも一番大きく、9割近くが食料品を取り扱っている生鮮市場が「クローントーイ市場」。

 

ただここは決して観光客向けではありません、臭い、汚い、暑い、の三拍子揃ったディープスポットになります。

 

地元の方でも商売をしている方が大量に買い出しにくる場所なので、最も活気がある。

 

 

バンコク~「 クロントゥーイ市場(Khlong Toei Market)

 

 

 

 

ここもすでに何回か来て以前にも紹介しましたが、市場に興味があり、雰囲気を味わい方は是非ここに訪れてほしい。。。

 

 

■アクセス方法

 

 

MRTクロントゥーイ駅又はクイーンシリキットセンター駅のどちらかで下車し徒歩、丁度中間点。

 

路線バスも何本も走っていて、バス亭は市場の目の前。

 

 

 

 

■市場の外観を歩道橋の上から

 

 

 

 

この手前の市場の建物とその先の新しいビルとのギャプ、コントラストが何とも言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 魚、貝類

 

 

チャオプラヤ川の河口、クロントゥーイ港が近くタイ湾で採れた魚貝類が結構多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 肉類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 野菜類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 果物類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 鶏肉類

 

 

鶏は生きたままのをそのまま売っているのもあり、下には鳥かごの中にそのまま、上には丸ごとの鶏肉が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロントゥーイ市場は以前に何回か紹介しましたが、行ったその時によって違う面も新しい事の発見もありますので、同じ場所でもしつこく記事にします。

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

  「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

 

「バーンカチャオ」は、ヤシをはじめとしたマングローブ植物が生い茂り、美しい蝶、昆虫、野鳥が生息しています。

 

それゆえ都会のオアシスと呼ぶには一番適している場所。

 

特に天気の良い日に訪れると、緑とそこからの光が差し込み、チャオプラヤ川からのそよ風が心地よく気持ちが良く、のんびりとゆっくり出来るスポットもあります。

 

 

バンコク~「バーンカチャオ (Bang Kachao )

 

 

 

 

■ もう1つのアクセス方法

 

前回はMRTクロントゥーイ駅からを紹介しましたが、BTSバンナー駅から「バンナー埠頭」を目指しそこから船に乗る。

 

ここの船は「クロントゥーイ」からより大きい舩で、結構な人数が乗るので片道4バーツとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ バンコク ツリー ハウス(Bangkok Tree House) 

 

ここは宿泊施設も兼ねたコーヒーショップで、少し休憩して食事と飲み物でもと思ったが、この時は残念な事に休業していたので、画像だけ撮らさせてもらいました。

 

ここだったら何時間でも時間を潰せそう、1泊するのもいいかもです。

 

夜にはホタル観賞ツアーもあるよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ バンナムプン水上マーケット(Bang Nam Phueng Floating Market)

 

ここは週末、土、日のみの営業とのことで、平日に行ったので何件かの屋台はやっていたが、ほとんどの店が閉まっていた。

 

近くに小学校があり、校庭でなにやら授業をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ シーナコン クエンカン公園(Srinakhon Khuean Khan Park)

 

前回来た時は船着き場から歩いてここに来たが、今回は自転車だったので園内を最後にぐるっと。

 

この公園には自転車周遊できるコースもあり、専用道路もちゃんとあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上「バーンカチャオ」紹介しましたが、バンコクに行った時に日程の余裕がある場合は、是非足を運んでみてください!!

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

  「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村