TRANNING  旅とランニングのフォトコラム photocolumn

TRANNING  旅とランニングのフォトコラム photocolumn

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

旅、ランニングそして人生もゆっくりと早く焦らず、楽しむのがモットーです!
「I have a dream!!」

旅とランニングその他の話題を写真画像を中心に掲載しています。



今までは、ず~っとランニング中心の話題になってしまっていましたが、最近は旅が中心の旅情報ブログになっており、特にジャンルにこだわっていません。



文章力がないのでほとんど写真の画像中心です。



ランニングは「記録より記憶に残す」を常に・・・。



ランニングから今は少し離れていますが、テーマリストに過去の各マラソン大会での様子を、レポしていますのでこれから参加する方、参加された方は参考に見てください。




今年数えで還暦になりましたので、長年勤めた会社を定年退職しました。



これからは旅三昧と行きたかったのですが、まだ早い老後の貯えをしないとと我家のお母さんに止められています。



暫しある程度の貯え、旅の資金のめどができましたら、世界中を廻る旅に出発したいので、これからどんどん旅の情報を発信したいと思っております。。。



アメブロを始めて早10年以上になりました。



この間アメブロを通じて多くの方と知り合いになれましたので、まだまだアメブロは続けていきますが、旅の情報の案内としてさらに他にもブログを開設しています。



内容は同じですが、過去の記事が見易くなっているのでこちらのブログにそっくり記事を移しましたので、是非ご覧になってください。




↓↓↓

「tranning3」
http://tranning3.jp/


ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。



↓↓↓
「tranning's diary」
http://tranning.hatenablog.com/


「tranningcom」
https://tranningcom.me/


「TRANNING2」
http://tranning.net/


記事下のブログの案内からクイックしてください!!




旅の途中でのブログアップは苦手ですので、記事はリアルタイムではありません。



最新のより過去の記事を参考にして、見てくれる方が多くなってくれれば最高に嬉しいです。




*人物画像に目線とかモザイクを入れるのは好きでないので、そのまま掲載していますがもし不都合という方がいましたらコメントください。




すぐに写真を削除します。




テーマ:

 

梧桐島(オドンド)の島の名前は島の形が桐の葉に似ている事に由来しているが、椿(トンベッ)の木が多い事から椿島(トンベッソム)などとも呼ばれている。

 

島内には整備された散策路や絶壁、灯台があって見所があります。

 

 

麗水(ヨス) 梧桐島(オドンド)

 

 

 

 

椿が咲く3月頃がベストシーズンとのこと。

 

島内の散策路を歩いたり、灯台の上に登ったりしながら暫くの時間をこの島で過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

麗水(ヨス)のEXPO海上の先に島があり、その島へは橋が架かっていて歩いて行くことが出来ます。

 

その島の名前が梧桐島(オドンド)。

 

麗水(ヨス) 梧桐島(オドンド)

 

 

 

島の名前は島の形が桐の葉に似ている事に由来しますが、椿(トンベッ)の木が多い事から、椿島(トンベッソム)などとも呼ばれています。

 

まずは全長768メートルの防波堤があったので、その先端まで。

 

向い側の島の間をすり抜け黄海、日本海に行く小型船からタンカーまでを見る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

麗水(ヨス)滞在での早朝に、海沿いを歩いて高台に登ると正面に「梧桐島(オドンド)」を眺めることが出来ます。

 

手前の埠頭には、帆船と客船が停泊している。

 

麗水(ヨス) 梧桐島(オドンド)

 

 

 

麗水海上ケーブルカーの隣の高台に展望台があり、ここへはケーブルカー乗り場から行くにはエレベーターがあるが、ここのみ登るには階段になります。

 

梧桐島(オドンド)に歩いて行く前に、ここに階段を登って行ってみました。

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 


テーマ:

 

「麗水(ヨス)」で宿泊したホテルを紹介します。

 

その名も「エコノミーホテル」、料金は確かにエコノミーだが、内容はそれ以上でした。

 

 

麗水(ヨス) エコノミーホテル ヨス (Ekonomy Hotel Yeosu)

 

 

 

場所は「麗水(ヨス)EXPO」から歩いて10分、中心街までは歩いて15分といった距離。

 

エコノミーのスペルのCがKになっていました。

 

■ エコノミーホテル ヨス (Ekonomy Hotel Yeosu)

 

3 Gonghwanam 3-gil 麗水市(ヨス)

 

1泊3,912円 2泊したので7,824円(税・サービス料込)

 

タイであれば、この値段でプールがあって朝食付きの四つ星ホテルに宿泊出来ますが、日本だったら4千円以下ではカプセルホテルぐらいしか宿泊出来ません。

 

ホテル代は韓国では、日本よりは間違いなく安いです。

 

今回も予約を入れたのはここのサイトから

↓↓↓

アゴダ

 

 

■部屋の設備

 

ベッドはセミダブルサイズ、広さは充分でTV、冷蔵庫、エアコンも付いてます。

 

バスルームはシャワーとトイレのスペースに仕切りがちゃんとある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋の外になりますが、ウォーターサーバーと使わなかったがPCがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

「麗水(ヨス)」の中心街は、駅からは離れていて海側の湾の港を中心に広がっています。

 

港の手前のロータリーには、ここでも「木浦(モッポ)」の儒達山(ユダルサン)同様、李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が日本の方角を見て睨みをきかせています。

 

そのすぐそばにもあの銅像が。。。

 

「麗水(ヨス)」 の中心街

 

 

 

 

李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像は釜山にもありますが、この少女の銅像は何か所もあるとは初めて知った。

 

どちらかと言うと、長崎に似ているような中華、洋風もおりまぜた感じの街です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊臣軍を迎え撃った「亀甲船」、中も入ることが出来ます。

 

この当時こんなに多く大砲を備えていたなら、日本軍は太刀打ちできなかったのでは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村


テーマ:

 

 

「麗水(ヨス)」では、2012年に開催されたEXPOの会場がまだそのままの施設で残っているので、場所も「麗水(ヨス)EXPO駅」の目の前。

 

一番目立って」いるのは円形の建造物「The Bic O」。

 

麗水(ヨス) EXPO 2012

 

 

 

「麗水(ヨス)EXPO駅」に到着した後、昼過ぎだったが一旦ホテルにチェックイン(ホテル詳細は後日)。

 

この時雨が降っていたにも拘わらず、ホテルに籠ることはしません。

 

屋内施設を中心に廻ろうと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降っていた時間帯は、少し入館料が高かったが「アクアプラネットアクアプラネット麗水」の中を見学。

 

それなりの見どころはありました。

 

見終わって外に出た時には、雨はあがっていた。

 

■アクアプラネット麗水(Hanwha aqua planet YEOSU)

 

料金 (水族館のみ)

成人23,000ウォン、中高生と65歳以上は21,000ウォン、小学生以下は19,000ウォン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村


テーマ:

 

 

「木浦(モッポ)」からは、海岸沿いの街「麗水(ヨス)」へ鉄道で行くには、「慶全線」が距離的には一番近いが、列車の本数も少なくおまけに時間もかなりかかります。

 

バスであれば本数も出ていて時間もかからないようですが、今回の旅、自分の旅の移動手段はあくまでも鉄道利用。

 

「木浦(モッポ)」から一旦「湖南線」を内陸の「益山(イクサン)」に戻り、そこで乗り換えて「麗水(ヨス)EXPO駅」へ。

 

 

「木浦(モッポ)駅」~ 「益山(イクサン)駅」~「麗水(ヨス)EXPO駅」

 

 

 

 

 

今回乗車したのは、普通のKTX。

 

隣のホームにはSRT,その向こうにはITXセマウル号が停車しています。

 

 

■KTX131 木浦(モッポ)10:00⇒益山(イクサン)11:03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KTXは以前の東北新幹線と同じ車両の真ん中での固定式の席になっています。

 

何度もスイッチバックをする様な路線でしたら、この座席の方がいいのですが、やはり後向きに走るのは今一つ旅情に欠けます。

 

東北新幹線も一両での座席数を最大限生かすということで、これにしたようですが不評でした。

 

ただ韓国のKTXは座席は2列X2列で、前の座席の間隔も広いのでゆったりしています。

 

リクライニングはもちろん、電源もあり、上には飛行機と同じモニターもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「益山(イクサン)駅」は、湖南線、全羅線、長項線が交わる鉄道の拠点駅。

 

KORAILの機関車、ムグンファ号を牽引する機関車を何両も見ることが出来たのは貴重な収穫。

 

駅の外には出る時間がなかったが、この駅に来て乗換えて正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■KTX 山川 益山(イクサン)11:19⇒麗水(ヨス)EXPO12:57

 

「麗水(ヨス)EXPO駅」はここで2012年にEXPOが開かれ、それに伴い麗水(ヨス)駅から麗水(ヨス)EXPO駅に名前を変え、EXPOが終わってもそのままの名前で残っている。

 

駅の目の前が会場で、今もそのままの形で残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村


テーマ:

 

 

木浦(モッポ),「下塘(ハダン)」地区の入江の海の上では、夜になると決まった時間に噴水ショーがあります。

 

この時間になると、この時期にこんなに観光客いたのといういうぐらい人が集まってくる。

 

木浦(モッポ) 「カッパウィ」

 

 

 

 

噴水だけでなく、「カッパウィ」のライトアップ、メインの通りの交差点にはいかにもという人工の滝があり、ここでのライトアップを見て楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村


テーマ:

 

 

木浦(モッポ)駅裏側に、ディープな雰囲気な市場がありました。

 

通りかかったのが丁度午前中の早い時間帯だったので、地元の人々が来ていて活気があった。

 

日本ではめったに見かけなくなったが、まだまだアジアの各地の街に行くと必ずあり、まだここ韓国にも健在してます。

 

 

木浦(モッポ) 「旧日本領事館

 

 

 

ここの店頭で仕切っているのもやはりオモニ(お母さん)、ただソウルあたりより少し年がいったオモニが多かった。

 

こうゆう場所で働いていて、毎日魚類を食べているのので皆元気そう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村


テーマ:

 

 

木浦(モッポ)駅から港に行く儒達山(ユダルサン)の東側通りは、かつて日本統治時代に日本人が多く住んでいた場所。

 

日本領事館が置かれていた程、ソウル、釜山に次ぐ日本にとって重要な都市で、今でもその当時の佇まいが垣間見ることが出来ます。

 

木浦(モッポ) 「旧日本領事館

 

 

 

儒達山(ユダルサン)に登った後に、港に行く途中に旧日本領事館があります。

 

日本人であれば必ず訪れて欲しい場所ですが、訪問した時は日本人らしき方は木浦(モッポ)滞在中に1人も見かけなかった。

 

入口の前にはTVでよく見かけ、ニュースでも話題になったこの像が。。。

 

 

 

 

 

旧領事館の入口で「イルボヌン(日本人)?」かと聞かれましたが、歓迎してくれた様。

 

日本人としても、こうゆう事があったという事実を真摯に受け止める必要があるかと思います。

 

慰安婦に対しての日本政府の保障問題とかは別として、韓国の方も過去の歴史の出来事として。

 

なのでこの銅像は別に撤去することはなく、そのまま歴史の遺物として残しておく必要があるのではと思った次第です。(この後訪問した「麗水(ヨウス)」の港の前にもあったのは驚きましたが・・・。)

 

 

 

旧領事館だけでなく、街並を歩いていると特に下調べをしていなくても色々な物を発見出来ます。

 

木浦(モッポ)の旧市街、一見の価値ありです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村