マスクマスクマスク・・・・・・

 

足りないんです!!!



昔の日本なら、母親たちが立ち上がって、自分の地域の人たちにマスクを作って配布しようと立ち上がったのではないかと思います。


今回は人が集まることを避けないといけませんから、それもままならず・・・ですね。

 

さて、私はアンティーク着物侘びすけのオーナーです。

 

2年前からは着物のリメイク商品にも力を入れております。

 

そんな中でのコロナ。

 

私の店にはほどいた着物や70年代のデッドストックの洋服生地がたくさんありますので、

それらを利用して、マスクを作りはじめました。

 

着物地で作るマスクについて、皆様の疑問にお答えしようと思います。

 

コットンでも、何かを作るときには水通しをするそうですね。

 

着物地、つまり絹だとどう違うのかと申しますと・・・・

 

縮みます!!!!

 

絹にもいろいろございまして、紬という、織で模様を作っているタイプと

 

織った生地に染めで模様を描いているもの(柔らかもの)とございます。

 

 

紬は大島紬に代表されます。

 

水にめっぽう強いので、縮むことはほとんどないのですが、

 

問題は、柔らかもの。

特に縮緬と呼ばれる絹。

 

 

しぼがあってざらざらした絹です。

 

高級な素材ですが、水にめっぽう弱い。

 

ものすごい収縮率で縮みます。

 

でもね、マスクになるなら、特に問題はございません。

 

縮むだけ縮ませてから切ればいいのです。

 

◇ 洗い方

 

ネットに入れて普通の洗剤で洗います。

 

私の場合はお客様にお渡しするマスクですので、その方がどんな扱いをするかなんてわかりませんよね。

 

ですから最悪の場合を想定して、普通の洗剤で洗います。

 

ご自分用でしたら、柔軟剤入りの手洗い専用洗剤で、やさしく洗うのがいいと思います。

 

そして、しわをなるべく伸ばして、天日に干します。

しわを伸ばして干すとアイロンが楽になりますよ。

 

さあ、アイロンがけをするとごわごわだった生地が、途端に柔らかくなります。

 

◇マスクの作り方

 

型に合わせて切ります。

 

マスクの型ですが・・・






 

三月上旬のころは左側の型を使っていました。

 

一般にネットに出てる女性用の型では小さいなと感じましたので少し大きく改良しました。(No.1)


男性でも特に問題はありませんが、もっと大きくしたい方は全体に 5ミリ足して 大きさを確認すればいいと思います。

 

その後だんだんとマスクが大きくなりまして、超立体型も作っております。

そちらがこの右側の型。(No.2)

 

今でも両方作っています。

 

好みはそれぞれですから。

 

裏地にはさらしや柔らかめの木綿を使います。

 

最近は裏地にも柄のあるものを使うこともありますが、それはお好みで。

 

表地と同じ型ですが、耳側だけが表生地より2センチ程度短くなっています。

 

工程は

 

まず、曲線になった部分を中表に合わせて、

表生地と裏生地をそれぞれ別に縫います。





 

曲線の部分に切れ込みを1センチ間隔で入れます。





アイロンをあてる際にきれいに曲線が出るように。

 

 

次に裏生地と表生地を中表に合わせて上下を縫います。

 

縫い合わせが、ゴロゴロしないように、縫い代が左右に分かれるように

まち針でとめて縫うときれいに仕上がりますよ。

 

その時に左右を間違えないように気を付けて。

 

重ねてから中表にすると間違えません。








ひっくり返して、縫い目が裏側に来るようにします。






 

いったんアイロンをあてます。




 

裏地と表地がずれないように

 

上下の端2ミリくらいのところにミシンをかけます。

 

上だけでも十分です。




 

そこまでできましたら。ゴムや紐を通す部分を作ります。

 

表地は裏生地より2センチ程度長めですから、

三つ折りにして、裏生地にかぶせるように縫います。




 

細く縫いすぎますと、ひも通しが通りませんから、

1センチ程度は穴をあけておきましょう。

 

最後に紐やゴムを通して完成です。





(この見本は木綿で作っています)

 

 素朴な疑問に

絹でも息ができるの?というのがあります。

 

もちろんです。

 

むしろ通気性がよくて保湿もできる高級な素材ですよ。

 

絹が高価になって、日常生活から疎遠になってしまったんですね。

 

着物柄とコットンを比べますとやはりダントツ高級感があります。

 

敷居は高くないですよ。

 

木綿で作る感覚で、絹のマスクを作ってくださいね。

 

 

皆様ごきげんよう!




お久しぶりのひかるです。




本日は私たちの住む二階町の守神の

播磨国総社(射楯兵主神社)

の初えびす祭でした。

自治会の役員をしているので、行列に参加し、何やら福を頂いたような気がしています。




この祭の全貌は大きすすぎて、また多様すぎて書ききれないのですが、ものすごく派手なんです。

福娘は宝恵かごに乗り、ユッサユッサ振り回されるんです。




下に動画を貼ってます!




あんな感じであちこちで揺さぶられるんですよ!

若返って福娘になってみたい!


何人もの人に担がれたカゴに乗るのはお姫様かお殿様、


エジプトあたりの高貴な人くらいでしょ!



しっかりと紐を握ってないと振り落とされますから!



福男も何人かいて、大きな声で


商売繁盛!


って店の前で言ってくれます。




吉本興業の芸人さんらしいですが、ふくふくしくて自然に笑みが出ます。


こちらは午後の部で駅前の芝生広場に来ました!









二枚、写真を撮ってもらいましたが、

この方、よく見たら二回ともあっちこっち向いてる(笑)


森の石松さんという芸名の落語家さんですって。




こちらが宝恵かご!




たくさんの神輿が出ています。



賑やかで楽しい!



バッテリー不足で、たいした写真が、撮れなかったのが、悔しい!

ブログを読んでくださってる貴方に

少しでも福のお裾分けが出来ますように!



ブドウちゃんが詳しく載せてました!



==================



 ■ 当店までのアクセス 姫路駅から




   ■スタッフブログ 当店自慢のスタイリスト

      ドロシーの散歩道


   ■    着物レンタル城下町スタイル


   ■ アンティーク着物販売

        楽天市場店    ひかるstyle by 侘びす

         BASE店    アンティーク着物侘びすけ    

      

 ■  ゲストハウス 着物の小宿うたかた


        予約はBooking.com 又はAirbnb から

  

 ■ 着物リメイクwabi 

     base店・楽天市場店にて一部販売中


これらの全てが詰まった建物がココ!

二階町商店街の東の端の方にあります。




〒 670-0922   兵庫県姫路市二階町19番地

📞 090-9979-4141



Mail. wabisukekimono@gmail.com







皆様、ごきげんよう!

着物コンシャルジュのひかるです。


まあ、肩書きは言ったもん勝ち(笑)


正月3日目、いかがお過ごしでしょうか?


開いてる店も去年より多くて、

なんだか正月気分も早めに見切りをつけなきゃいけないかな〜と、

せわしないですね。



のんびりしたお正月はもう無くなったのかな。


私は1月2日、

大人の振袖の日と決めさせていただきました!


勝手に!

着たいものを着る!
これって誰にも止められませんね!

変な人って言われても良いじゃない!

若い人は良いなあー(^^)

なんて思うくらいなら、着ちゃいましょう!


警察に捕まるわけじゃないし(笑)


そして呼びかけに乗ってくれた女性が2人!


本当に素晴らしい人たちです!

1人も乗ってくれなかったら、

私、寂しかったと思います。


気に入った振袖を選んでもらって、着付けして、

なんと自分の分は自装しました!

半幅帯を締めるのとそんなに変わらないだろうと気軽に考えて。


怖いもんなしですね(笑)


そこが私の良いところ!

クヨクヨしないし、やればできるという根拠のない自信!

まあ、ちょっとおバカな人です。






近くの総社に初詣に行ってまいりました!






もっと後ろ指さされるかと、変な期待をしておりましたが、案外、スルー。

ふーん。


いいんだ。


五十代ですけど?



いいんだ。




ふーん。





世間の目は優しかった❣️


これは味をしめますよ!


来年はもっと呼びかけして、大人の女性に振り袖を着てもらいたいな。


一度しか着たことない人が大勢います。

成人式にね。

早くに結婚しちゃうと、本当に着る機会が無いですね。

私の成人式はお盆休みの間だったから振袖禁止だったし。


ちなみに、振袖は未婚女性の第一礼装です!

私も未婚だよ〜


とは言っても、30代くらいでやめておくのが良いらしいです。

ただし、時代は令和ですよ!

どんどん進化しています!


日本人の着物離れを止めることができるなら、


おばちゃんたちが

もとい


熟女たちが先陣を斬りましょう!


日本を元気にしよう🇯🇵!



おーーーーーーーーー!




というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。






==================



 ■ 当店までのアクセス   姫路駅から




   ■スタッフブログ 当店自慢のスタイリスト

      ドロシーの散歩道


   ■    着物レンタル城下町スタイル


   ■ アンティーク着物販売

        楽天市場店    ひかるstyle by 侘びす

         BASE店    アンティーク着物侘びすけ    

      

 ■  ゲストハウス 着物の小宿うたかた


        予約はBooking.com 又はAirbnb から

  

 ■ 着物リメイクwabi 

     base店・楽天市場店にて一部販売中


  これらの全てが詰まった建物がココ!

  二階町商店街の東の端の方にあります。




〒 670-0922   兵庫県姫路市二階町19番地

   📞 090-9979-4141



Mail. wabisukekimono@gmail.com