とっつぁんの戯言

とっつぁんの戯言

とっつぁんから溢れる戯言の数々。見たい人だけ見てください。気分が害される方はご遠慮下さい。

 

子猫を4匹保護している。

死にそうなところを保護し、母猫に返そうかと思いまいたが、うまくはいかないものだ。

母猫はすぐに子育てを放棄し、出された飯だけ食って育児は知らんぷりをして毎日帰ります。

捕獲機で捕まえましたが、みんなが引くくらい暴れて、そんなにも育児が嫌なのか、飼われるのがいやなのか逃がしてやるとそれ以降まったく来なくなった。

 

子猫4匹を育てていると、この年になっても勉強することが多い。

たくさんミルクを飲んでほしいと思いおいしいミルクを買うということは当たり前ではありますが、

他に何ができるかと考え、哺乳瓶をたくさん買って一度に与えるということをしました。

そうすると飲む量が減るどころかまったく飲んでくれなくなりました。

子猫は、ミルクを取り合わないと飲みません。一つの哺乳瓶を4匹で取り合いながら、いかに自分が隣より飲むかを競い合っています。そこをバランスよく競争をさせてたくさん飲ますという方法がたくさんのミルクを飲んでくれます。中には口からあふれるくらい飲んでくれます。

 

事務所で保護しているため普段は、檻にいれています。

その檻からたまに出してあげて、遊ばせてあげています。

忍者のようにすばしっこく、4匹が楽しそうに競争しながら遊んでいます。

たいへんなのは、檻にまた戻す時です。

一匹づつ捕まえようとするものなら、時間がかなりかかってしまってしょうがないです。

そこでミルクを応用してみました。

猫は追いかけるから逃げるということです。

追いかけないという方法で捕まえます。

檻の中にエサを入れごはんですよと連絡をします。

それで檻は閉めます。あれ、檻が閉まって入れないと不思議に思った猫の何匹が前で立ち止まります。

それを1匹以上入れます。今度は、中の猫がエサを食べ始め、俺たちもエサが食べたいと思い始めます。檻の中の方がメリットが大きくなった気になるからです。2匹目、3匹目を入れると、今度は、入れろ入れろと泣いて呼んできます。猫はほんとに単純です。

 

今度は、人間のエピソードです。

私がよくいく小料理屋の大将は同い年のサーファーです。

銀座の有名店で和食を修行し、独立をされた方です。

とても、お弟子さんにやさしい方です。

なぜ、そんなにやさしいのかを問うたときに、大将は、親方がすごい優しい方で、よく我々も後輩にやさしく教えてあげなさいと怒られたということです。

家畜ではないのだから、人間なのだから、ちゃんとやさしく教えてあげなさいとよく言われていたそうです。

 

私の会社のスタッフのエピソードです。

私の会社は、朝いちばん早く出社するスタッフがカギをもって帰ります。そして、一番最初に来て鍵を開ける当番になります。よく、遅刻するスタッフがいて、おかげで、待ちぼうけなり、よくスタッフ間で揉めることがありました。

それを解決するために、事務所上のマンションに空きがあったため、社宅を一つつくり、誰か管理人みたいなことをしてくれないかという提案をしました。

家賃は、今住んでいる家賃と一緒 不足分は会社負担 初期費用はなし 会社負担

間取りは、1DKの40㎡

風呂 トイレ別

オートロックのうえ住所が世田谷区ということで俺ならうれしいので喜んでもらえるかと思っていました。

そして、古いスタッフ順に誘ってみました。

ことごとくNOという回答があり、あれ?残念だなと思っていたところ、最後の方で新人が、めちゃめちゃよい提案ですねと 二つ返事で快諾をもらいました。

そして、その新人に決定しましたという報告をしたところ、新人がほんとうれしいですありがとうございました と不必要なセリフを言ったばかりに、今度は、新人のくせにセコい 俺らもほんまはYESといいたかったけど遠慮をしていた とわけのわからないことを言い出しました。

仕方がないので、隣にもう一つ空いていたので、2つ社宅を用意し、一番うるさかった古いスタッフに提案しました。そうすると、新人の隣は、音を聞かれているみたいで、嫌だと言い出しました。はじめに、ぜったいに嫌だとすぐにNOと言っていた古いスタッフです。そして、少し保留の期間があったのち、違う階に空きが出たようで、離れて2つ契約ができ、なんとか収まりました。

それから古いスタッフは、大型連休になると必ず無断欠勤を繰り返したり、朝の遅刻はもちろん、夜椅子の上で寝て帰らなかったり悪いこと続きでした。

 

スタッフは家畜ではない でも 保護している猫と同じような行動をとります。

でも人間は、人間です。給料を払わないといけません。癒されることもありません。

 

ほんま、スタッフよ!お願いですから優秀な家畜と変わってください。

家畜よお願いですからもう少しできるようになってください。

それが正解のような気がします。