電子書籍で「出帆」しませんか!?

電子書籍で「出帆」しませんか!?

電子書籍「出帆」プロデューサー&出張はりきゅう師

手作り目薬の作り方を
紹介したブログ記事が
テレビで話題になっていました。
 
 
市販の目薬には
防腐剤が入っているから
自分で作りました!という記事。
 
 
いろいろ「???」な表現が
有りましたが、
 
わっ!この人アカン!と
思わせる決定的な表現がコレ。
 
 
「塩は塩化ナトリウムの入っていないものを選ぶ(スーパーなどで売っているものはほとんど塩化ナトリウムが入っているので注意!)」
 
 
塩化ナトリウムが入ってない
塩(しお)って何?
 
 
コーヒーを入れないコーヒー的な?
 
 
禅問答?
 
 
もっとも
化学で「塩(えん)」といえば、
イオン結合した化合物のこと。
 
 
塩化ナトリウムでない
塩(えん)は無数にあります。
 
 
でも、防腐剤の方がマシだな(笑)。
 
 
この記事の筆者が
何を言いたかったのか
見当が付きません。
 
 
どんな情報も
自由に発信できるのが
ネットの良い所。
 
 
でも、間違った情報もあります。
 
 
※私発信の情報も間違っている
可能性はあります(笑)。
 
 
受信者側に
間違いを見抜く力が
求められています。
 
 
 
こんにちは!
 
スラスラ解る!
小林教室特別講師の
 
とがし としみつ です。
 
 
 
先日も、
気になる記事を見つけました。
 
 
気になったポイントだけ
書きますと…
 
「連立方程式を知っていると
中学受検が不利だ!」という内容。
 
 
中学受検には
連立方程式を使うと
楽に解ける問題が
出題されることがあります。
 
 
で、
途中の考え方も書くように
指示されている場合、
 
連立方程式を知っている子が
それを使って解いてしまうと
 
小学校では習っていないから
減点されて不利だ!
 
という主張。
 
 
首都圏の私立中学では
こういう出題が
多いのかもしれません。
 
 
なので、受験専門の塾に通って
鶴亀算とか習わないとダメ…
ということになってるようですね。
 
 
え!? え!? え!?
それって本当かな!?
 
 
で、早速、
近場(東北)の公立校で
最近の適性検査問題をリサーチ。
 
 
すぐに見つかりました。
 
何と、今年1月に
山形県立東桜学館中学校で
出てました。
 
 
でも、途中の説明は不要で、
答えを書くだけ。
 
 
連立方程式を使ってもバレません。
 
 
昨年では、
仙台市立仙台青陵中等教育学校、
青森県立三本木高等学校附属中学校、
で出題されています。
 
 
前者(仙台市)は答のみ、
後者(青森県)は説明も
求められています。
 
 
でも、連立方程式は使わなくとも
そのエッセンス(加減法)は
使えるはず。
 
 
xとyを使わないと
加減法ができないというのは
大人の固定観念に過ぎません。
 
 
私の勉強会では
こんなふうにやってます。
 
 
「りんごが2個、みかんが1個で
250円。
りんごが1個、みかんが1個で
150円。
それぞれ1個の値段は?」
 
という例題を一緒に解きます。
 
 
「最初の組み合わせから
2番目の組み合わせを引くと
りんごが1個残るよね?」
 
 
うん。
 
 
「お金は250-150=100.」
 
 
うん。
 
 
「だから、リンゴは100円。」
 
 
すると
「あー、分かった!」って
なります。
 
 
「この問題は、
みかんが1個で揃っていたから
簡単に消えてくれたけど、
 
揃ってない時は
分数の通分みたいに
合わせれば消せるから。」
 
 
という説明を加えれば、
青森県の問題も仙台市の問題も
解けるようになります。
 
 
公文式の算数・数学を
順調に学習している
小学6年生なら
連立方程式まで進んでいるのは
珍しくありません。
 
 
そういう子には
「連立方程式の加減法って
結局こういうことでしょ?」
と言うと、うなづきます。
 
 
「もし説明を求められたら
xと言わないでりんご、
yと言わないでみかん、
と言って説明すれば良いから。」
 
 
これでOKです。
 
 
ゆえに、中学受検は
連立方程式を知っていても
不利ではありません(Q.E.D.)
 
 
それどころか、
入学後は断然有利です。
 
 

★★★

 

メルマガ「トトガメール」の読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku
 
メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

昔は…
 
何年前?と言われると
ハッキリ言えないのですが(笑)
 
うちの近所には
たいてい一家に一人、
80代くらいのお婆ちゃんが
住んでいました。
 
 
お婆ちゃんたちは、
それぞれの家で
テレビと窓の外を交互に見ながら
暮らしているようでした。
 
 
ある家に行ったら、
「おとといの午後に、あなた、
○○さんから
ネギもらって行ったでしょう?」
と言われたのです。
 
 
○○さんは、
このお婆ちゃんちのお向かいさん。
 
 
「ひえー!もうしませんから、
見逃して下さい!!」
 
 
なんて
土下座したりはしませんよ(笑)
 
 
盗んだわけではありませんから。
 
 
でも、この田舎で
悪いことはできないなと
思いました。
 
 
当時は
窮屈にしか感じませんでした。
 
 
 
こんにちは!
 
ポポンッと出版!
電子書籍出帆プロデューサーの
 
とがし としみつ です。
 
 
 
これまた
何年前とは言えないのですが、
防犯カメラの設置が始まった頃、
 
監視社会の到来だ!
プライバシーはどこ行った!
 
という意見が多く聞かれました。
 
 
でも、今は全然聞かれません!
 
 
防犯カメラの映像のおかげで
解決できた事件て、
最近やたら多いような気がします。
 
 
運転するにも
ドライブレコーダーを
付けていないと安心できない。
 
 
私は付けてはいますが、
360度じゃないので
やはり安心できない!!
 
 
そんな世の中になりました。
 
 
で、気づいたのです!
 
 
婆ちゃんたちは
防犯カメラだったんだ!
 
 
だから昔は、
玄関にカギをかけずに出かけても
大丈夫だったんだ!
 
 
しかも婆ちゃんたちは
お茶飲みと称して何かと集まり、
 
昨日のテレビがどうだとか…
新しくできたお店がどうだとか…
もう漬け物は漬けた?とか…
昨日行った医者はどこ?とか…
どんな薬飲んでる?とか…
 
他の家族の出勤時間も
全部知ってましたね…
 
たまに、嫁の悪口、息子の悪口。
 
 
どうでもいいこと、
つまらないこと、
と思っていましたが…
 
 
あれ!?
 
 
似たようなこと
(全く同じではないけど)
SNSでやってないかな?
と思ったのでした。
 
 
FacebookとInstagramは
(同じ系列ですが)
リクエストやフォローを
やり過ぎると制限がかかります。
 
 
経験があるので分かります(笑)
 
 
「コミュニティを守るために…」
というメッセージが来ます。
 
 
何かと怒ってくる
昔の年寄りみたいだと
思いましたが、
 
あの爺ちゃん、
コミュニティを守ってたんだな…
 
と懐かしく思い出しました。
 
 
デジタルは、当初は、
ギザギザしていて
ぎこちない馴染めない感じでした。
 
 
でも、最近は
なめらか、しなやかな印象に
変わってきたのは
私だけでしょうか?
 
 
デジタルは
ビット数や処理速度が上がると
一変します。
 
 
写真がいい例ですね。
 
 
ITビジネスを牽引している
人たちは
安全、安心、便利に加えて
なめらかな温もりを込めるべく
突き進んでいるようです。
 
※皆が皆では無いでしょうけど。
 
 
昔の田舎みたいなつながりが
出来るんだったら
悪くないかな…
と思い始めています。
 

★★★

 

メルマガ「トトガメール」の読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku
 
メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

突然ですが…
「真綿」って、絹だったんですね!
 
恥ずかしながら、
この歳になって
初めて知りました。
 
 
大抵の方は「だから何?」
かもしれませんけど。
 
 
次女の反応も「何それ?」でした。
 
 
かく申す私も、
馴染みがあるわけではありません。
 
 
この言葉に初めて出会ったのは、
布施明さんの
「シクラメンのかほり」。
 
 
『真綿色したシクラメンほど…♪』
で始まります。
 
 
しばらく、ピンク色の物体だと
思っていました。
 
※白いシクラメンを
知りませんでした。
 
 
その後に出会ったのは
推理小説の中。
 
 
「真綿で首を絞められたような…」
 
 
それ以外の用法に
出会ったことが無かったので、
 
私にとって「真綿」は、
殺人に使われるピンク色の木綿?でした。
 
 
太田裕美さんのヒット曲は
「木綿のハンカチーフ」です。
 
 
「真綿のハンカチーフ」だったら、
きっと殺人事件。
 
 
都会から帰らないという彼を恨み、
彼女は真綿のハンカチーフを
彼の首に優しく巻いた…
 
そして…
 
 
 
こんにちは!
 
ス ー ッ と 楽 に な る !
出 張 は り き ゅ う 師 の
 
とがし としみつ です。
 
 
 
私もアルコール消毒で
毎日使っている「綿」。
 
 
今のように
すぐにググれる時代だったら
誤解し続けることは
無かったでしょう。
 
 
昔は
「聞くは一時の恥
聞かぬは一生の恥」などと
言ったものです。
 
 
今はググれば良いんですから、
恥ずかしくも何ともありません。
 
 
最近はググるのも面倒。
 
 
若い人にググらせて
教わっています。
 
 
恥知らずです(笑)
 
 
でも、今回は自分でググりました。
次女が乗って来なかったので(笑)
 
 
そもそも「綿」とは
絹のことだったみたいですね。
 
 
木綿の需要が日本で高まったのは
戦国時代。
 
 
火縄にするためだったとか。
 
 
軍用というのはちょっと悲しい…
 
 
でも、国内栽培が進んで
江戸期には庶民の衣料に
使われるほどになりました。
 
 
「綿」と言えば「木綿」
となったのが何時頃からかは
分かりませんけど…
 
 
絹である真綿こそが真の綿。
 
 
木綿は木から生まれる綿。
 
 
疑問解消です。
 
 
でも、
真綿と言えばジワリジワリ…
という印象はそのまま。
 
 
そして…
ジワリジワリ…と言えば、
長女からのイジメ(笑)を
私は思い出すのです。
 
 
あれは長女が
もうすぐ4歳になろうという秋。
 
 
あることで、
長女を強く叱ってしまいました。
 
 
ちょっと言い過ぎたな…と
反省はしていました。
 
 
謝らなかったけど…
謝っておけば良かった…
そうすればあんなことには…
 

  
★★★続きはトトガメールで!★★★

 

メルマガ「トトガメール」の読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku
 
メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

「子どもが
何語か分からない言葉を
話してるんです。」と、
あるお母さん。
 
 
お子さんは
まだ幼稚園にも行ってません。
 
 
「日本語が
まだ分からないんですね…」
という微笑ましい話と
思ったのですが…
 
違ってました!
 
 
どこかの国の動画を
Youtubeで見ているうちに
覚えてしまったというのです。
 
 
実は、こういうお母さんを
二人知ってます。
 
 
若いお母さんと話す機会なんて
余りないのに。
 
 
今後こういう子は
増えていきそうな気配…
 
 
面白くなりそうです(^^)
 
 
 
こんにちは!
 
スラスラ解る!
小林教室特別講師の
 
とがし としみつ です。
 
 
 
デジタルネイティブ。
 
 
生まれながらに
ITに親しんでいる世代。
 
 
早いケースでは
1976年前後生まれから
当てはまるようです。
 
 
アラフォーですね。
 
 
子どもが成人していても
おかしくはない…
 
 
それよりも古い世代は
デジタルイミグラント。
 
 
デジタルの世界に
移民してきたという扱いですね。
 
 
私がちゃんと移住したのは
会社に入ってからになります。
 
 
最初の壁はMS-DOSのパソコン。
 
 
使い方が分からなくて
頭にきて
何度も画面にパンチしてました。
 
 
難民です(笑)
 
 
当時のパソコンは
ブラウン管だったから良かった。
 
 
液晶画面だったら
何台破壊してたか分からない…。
 
 
でも、ネイティブは違います。
 
 
うちにも二人おりますが、
(1号は遠地修行中)
「なんで分からないの?」
という感じで
初見のアプリでも
サクサク使い始めます。
 
 
この違いは何だろう…
と思っていましたが、
最近何となく分かってきました。
 
 
物心ついた時から「デジタル」は
石ころのように転がっている物
なのです。
 
※逆に石ころが珍しいかも。
 
※「サトウ、サイトウ、馬のくそ」
という言葉もありましたが、
(サトウさん、サイトウさん
すみません!!)
私の世代では
馬のくそが珍しいのと同じ。
 
 
IoTが当たり前になれば、
デジタルは石ころ以上に
馬のくそになるわけです!!
 
※意味不明ですみません。
 
 
デジタルネイティブも
第二世代、第三世代
ということになれば、
IT機器を
石ころや馬のくそを弄る感覚で
操作するわけですね。
 
 
石ころを触るのに
どうしてマニュアル探す必要が
あるの?
ってことです。
 
 
どんなにレアな言語でも
スマホやタブレットから流れれば、
お爺ちゃんやお婆ちゃんが
話しているみたいに身近。
 
 
※しつこいようですが、
核家族化が進んだ現代では
スマホやタブレットの方が身近。
 
 
で、気づいたのです…
 
★★★続きはトトガメールで!★★★

 

メルマガ「トトガメール」の読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku
 
メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

大学時代の友人がやっている
フランス料理店に行ってきました。
 
 
車で片道2時間くらい
というのは微妙。
 
 
すぐまた行こうと思いつつ
16年ぶりの来店となりました。
 
 
数年前、
「ザリガニっておいしいの?」
と家族で話題になり、
 
「あの店で食べられるんだって!」
「行こう!行こう!」
となりましたが、
 
都合がつかずポシャリ…。
 
 
今回はキムタクのドラマの影響か、
娘が行きたいと言い出し、
運よく決行となりました。
 
 
 
こんにちは!
 
ポポンッと出版!
電子書籍出帆プロデューサーの
 
とがし としみつ です。
 
 
 
海岸沿いの国道から脇に入った
住宅街の一角に
その店はあります。
 
 
お昼の開店時刻ほぼピッタリに
着いたので、最初は
貸切?
と思いましたが…
 
前菜を食べている頃には満席。
 
 
ネットで調べて来店した風の
若者たちとか…
 
近くからの常連さん風の
小綺麗な老夫婦とか…
女友達とか…
 
さすが23周年のお店。
 
 
異国の料理を食べに来ている
という緊張感も無くなって、
すっかりリラックスモード。
 
 
ちなみに前菜は
歯ごたえしっかりの黒ソイに
サキサキした食感のサラダ。
 
 
次に登場したのが
ザリガニのスープ!!
 
 
小さいバルタン星人が
ピースして出てきたら
ヤダなと思ってましたが
大丈夫。
 
 
甲殻類の濃厚な味。
 
 
友人が
「ラムサール条約〇△×※■◎…」
と説明して置いて行きました。
 
 
後で調べてみると、
大山下池」の環境保全のために
捕獲されたザリガニであることが
判明。
 
 
ラムサール条約登録湿地で
全国ため池百選のひとつとのこと。
 
 
近くの大山公園には
桜を見に来たことがあります。
 
 
今度は下池も見てみよう。
 
 
きっとヨダレが出るはず(笑)
 
 
コースランチのメインは4択
・真鯛のポアレきのこソース
・鴨肉のロースト赤ワインソース
・特製ハンバーグ
・牛ロース肉のステーキ
 
 
ちょうど4人なので
違うものをオーダー。
 
 
シェフには泣いてもらいました(笑)
 
 
みんなで突っつきあいましたが、
どれもおいしかった(^^)
 
 
デザートは
・ガトーショコラ
(バニラアイス添え)
・プリン
(イチゴシャーベット添え)
・ラフランスタルト
(ヨーグルトアイス添え)
 
 
ネズミを思わせるデザインは
干支を意識しているのか…。
 
 
何十年ぶりの
学生時代の友人との再会。
 
 
本人たち以上に
現役学生の娘たちが
そこに関心を持っていたようで
面白かったです。
 
 
年を重ねるということは…
 
 
【この続きはトトガメールで】

 

メルマガ「トトガメール」の読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku
 
メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

私、

友達の少なさでは自信があります。

 

 

ある本を読んでいたら、

 

小学生の時、仲の良い友達は

クラスに何人いましたか?

 

という質問が有りました。

 

 

1人か2人かな…。

 

 

この本で問うているのは、

本当に気が合う友達。

 

 

ジャイアンが言うところの

「心の友」ですね。

 

 

著者いわく、

 

比較的気が合うという友達は

20%くらいではないか…

 

本当に気が合うとなると

更にその20%くらいではないか…

 

 

ということは、4%。

 

 

25人に1人。

 

 

私が小学生の頃は

1クラス40人超でした。

 

 

となると

1~2人ということになります。

 

 

ちょっと安心しました。

 

 

小学生の頃は

そんなに性格悪くなかったんだ…

 

 

 

こんにちは!

 

ス ー ッ と 楽 に な る !

出 張 は り き ゅ う 師 の

 

とがし としみつ です。

 

 

 

最近、読む本読む本で

目にするようになったのが

パレートの法則。

 

 

80:20の法則と言えば

ピンと来る人も

多いのではないでしょうか?

 

 

具体的に言えば…

 

商品の売り上げの8割は

全商品銘柄の2割が

生み出している、とか…

 

売り上げの8割は

全従業員の2割が

生み出している、とか…

 

住民税の8割は

全住民の2割の富裕層が

納めている、とか…

 

プログラム処理時間の8割は

コード全体の2割が

占めている、とか。

 

 

いろんな事に適用できそうです。

 

 

冒頭の

「クラスの20%」というのも

ここから来ています。

 

 

最近のビジネス書で

一番使われているのは

 

「売り上げの8割は

全顧客の2割が

生み出している」

 

だと思います。

 

 

だから、

顧客全員から支持されることは

目指すな!

 

2割に的を絞ったサービスを

考えろ!

 

ということなのです。

 

 

で、早速、自分の顧客リストで

調べてみました。

 

 

きっちり二八蕎麦には

ならなかったのですが、

80%の売上が32%のお客様からに

なってました!

 

 

さらに狭めると

21%の売上が3%のお客様から!

 

 

まさに「心のお客様」です。

 

 

やはり、この人たちを

大切にしなければいけない…

 

なんて言うと

えこひいきを企んでいるように

聞こえます。

 

 

でも、不公平でしょうか?

 

 

これは公平の基準の置き方だと

思うんですね。

 

 

だって、

こんなにたくさん

利用して下さっているのに

いちげんさんと同じ扱いだったら

逆に不公平じゃないですか?

 

 

ラーメンの味にも

好き嫌いがあります。

 

 

100人全員が「最高!」と答える味なんて有り得ないです。

 

 

なのに

それを目指して味を変えていたら

今まで「最高!」と言ってくれた

20%が逃げてしまいます。

 

 

鍼灸の施術も同じです。

 

 

「はりきゅうのトガシ」を

深く理解した上で選んで頂けるように

本を書いています。

 

 

サイトを作りましたので、

御覧いただければ嬉しいです。

 

https://to.totogax.com/harinaro

 

よろしくお願いします!!

 

 

中学入学のタイミングで

娘たちにはスマホを持たせました。

 

 

お友達とのやり取りに必要

ということで

自然にSNSデビュー。

 

 

その危険から守るため、

見守りサービスのアプリを

入れたのですが…

 

 

入れてすぐにメールが来ました!

 

 

「お子様の

SNSでのやり取りの中に

生命の危険を感じさせる言葉が

見つかりました!!」

 

 

そら来た!!大丈夫かぁ~!!

 

と娘に尋ねると

「はぁ?」

 

あっさり見せてくれました。

 

 

死ぬほど好き!!

死ぬほどヤバイ!!

宿題いっぱいで死にそう!

 

 

とにかく「死」を発見するたびに

私にメールが届くことが判明。

 

 

生命の危険は感じられない…

 

 

「あのさ、本当にヤバイ時

そんな言葉使わないよ」と娘。

 

 

AIの読解力って

この程度なんだな…。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

 

こんにちは!

 

スラスラ解る!

小林教室特別講師の

 

とがし としみつ です。

 

 

 

先日の少女誘拐(?)事件

無事で何よりでしたが、

本当にビックリしました。

 

 

もう一人いたと言うんですからね。

 

 

きっかけは確かにSNSですし…

見守りアプリも頼りないし…

 

SNSが悪者扱いされるのは

分かるんですが…

 

SNSだけが悪いのかな

というのが率直な感想です。

 

 

むしろSNSのおかげで

水面下に隠れていた「何か」が

表面化したんじゃないのかな?

 

 

もちろん、

連れ出した大人の方が悪いに

決まっているのですが、

巧妙な手口だったわけでも

ありません。

 

 

簡単に連れ出せたというのは

親子関係の希薄化とか

子どもの判断力の低下とか

そんな「何か」を

感じずにはいられません。

 

 

で、「判断力」と書きましたが、

要するにこれ

「読解力」じゃないでしょうか?

 

 

唐突に聞こえますか?

 

 

今回、日本の高校生の

成績が悪かったと騒がれている

経済協力開発機構の

学習到達度調査。

 

 

そこでは読解力を

こう定義しているそうです。

 

 

「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」

 

 

単に読んで分かるだけではない

総合的な力という位置づけです。

 

 

これはAIが最も苦手とする力。

 

 

つまり、AIに負けないために

これからの人間に

最も必要とされる力。

 

 

こんなメールを送ってくる人は

どんな人なんだろう?

 

とか

 

そんな人について行っても

大丈夫だろうか?

 

とか

 

想像力、思考力、判断力…

ということになるんでしょうが、

広義で読解力と

くくれそうな気がします。

 

 

読解力低下の原因分析ですが…

 

 

あるテレビいわく、

 

今の高校生は

SNSのやり取りばかりで

長文を読まないからではないか?

 

(う~ん、またもSNSが悪者か…)

 

 

文科省いわく

「日本の生徒は機器の操作(パソコン入力)に慣れていないことが影響した可能性がある」

 

(科学的応用力と数学的応用力は

成績が良かったのに?)

 

 

そこで文科省は・・・

 

★★★続きはトトガメールで★★★

 

トトガメール、読者募集中です!!

 

読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://to.totogax.com/dokushatouroku


メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com