コラム 【筋膜とは?】

テーマ:

TC研究会で 今年も"ムーブメントを伴う筋膜"へのアプローチを担当させてもらいます、ロルフィングプラクティショナー(ロルファー)の宮井です。

今や"筋肉を包む膜"や"全身を包むボディースーツ"といったイメージですっかりおなじみとなった"筋膜"を中心に"ボディーワーク"や"ロルフィング"について、数回に渡りコラムを連載していきます。

 

初回である今回は筋膜の基本的なところを確認してみます。さて、本当に筋膜は"筋肉を包む膜"、"全身を包むボディースーツ"なのでしょうか?

 

筋膜の語源

 

筋膜は英語でFASCIA と訳されています。FASCIA はラテン語で"帯、包帯、包まれている"を意味する Fascia を語源にしています。ですので、元来FASCIA (=筋膜) には"筋"や直接"膜"という意味はありません。

本邦では"FASCIA"を"筋膜"と訳すため、"筋肉の膜"というイメージが先行しいるように思います。

では、専門家は筋膜をどのように捉えているのでしょうか?

 

筋膜の定義

実は筋膜にはコンセンサスが得られるような明確な定義が確立されていないのです。それ故に混乱を招く原因にもなっているのが筋膜という用語の現状なようです。ここでは無数に発表されている筋膜の定義の中からいくつかご紹介していきます。

 

Steadmans Medical Dictionary 2006

皮下で身体を包む線維組織のシート。また、個々の筋や筋群を取り囲み、分ける各々の層や層のグループ。

 

Grays Anatomy 2008

肉眼で確認できる結合組織の集合体。その構造は様々だが、通常コラーゲンが織り込まれ、まれに腱や腱膜にみられるように平行で密に存在する。

 

Terminologia Anatomica 2011

鞘状、シート状、もしくは他の解剖可能な結合組織の集合体。筋肉の鞘だけでなく内臓の外層やそれに関連する解剖可能な部位を含んでいる。

 

などがあります。

 

ごく最近のものではSchleipらが筋膜は

 

"身体に浸透するコラーゲンを含む柔部組織であり、疎性もしくは密性の線維性結合組織の三次元連続体から構成されるシステム"

 

であると述べており、"腱、靭帯、関節包、神経上膜、髄膜、骨膜、筋内の結合組織"なども筋膜システムに含まれているとしています。

 

また、Standringも

"筋膜は科学的に明確な解剖学的表現というより、一般総称的な表現である"

 

と述べていることから、現在では筋膜とはある単一の組織を指すというより"結合組織の複合体"であり、膜その物というより"膜"、"ひも"、"網"などによる三次元的な組織システムと捉える流れのようです。

もっと簡単に言うと「膜だけでなく、様々な形でからだ全体に広がっていて、色々と役に立ってますよ」ということです。

 

 

身近になった筋膜

筋膜に着目してアプローチすることが馴染み深くなりつつある昨今ですが、長い間見逃されていた組織でもあるのです。というのも筋膜は"役に立たない邪魔な組織"として解剖の段階で骨や筋など他の組織を綺麗に取り出すために捨てられていたのです。また、その解剖をもとに作られた"美しい"解剖書で我々は学んでいたからです。

しかし、21世紀に入ると筋膜の重要性を示す研究発表が次々に行われ、筋膜は

"整形外科科学のシンデレラ"とも表現されるようになりました。

さらに、

書籍「アナトミートレイン」(トーマス・マイヤース)が発表されると施術家などの間でグッと筋膜への注目度が高まったように思います。。アナトミートレインでは筋膜のつながりを7つのラインで紹介し、漠然と感じていた、体のつながりを分かりやすく示してくくれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】アナトミー・トレイン 徒手運動療法のための筋筋膜経線 Web動画付 トーマス・W.・マイヤース/著 板場英行/訳 石井慎一郎/訳
価格:7020円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)

 

 

 

ここ数年はメディアでも頻繁に取り上げられた事から一般の方の認知度も飛躍的に高まったわけです。

 

まとめ

ここで紹介した筋膜は皆さんの筋膜像と同じだったでしょうか?

 

筋膜はボディースーツや筋肉を包む膜としてだけで無く、からだのすみずみにまで浸透し、臓器・筋・骨・神経を生命体として一まとまりに統合している、という観点が身体を扱う我々には必要だと感じます。

 

物事の捉え方やイメージが変わると、きっと患者さんやクライアントの見えかた、アプローチが変わってくるのではないかと思っています。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

アカデミックだけど、分かり易い説明で好評の宮井健太郎先生

パーソナルトレーナー&公認ロルファーの大久保圭祐先生

 

ダブル講師による「ムーブメントを伴った筋膜へのアプローチ」セミナー

本年度の第一回「上肢」編はH30年 6月24日(日)開催です

 

詳細 https://ameblo.jp/totalconditioning/entry-12375358091.html

 


新宿 TC研究会年間セミナー

ムーブメントを伴った筋膜へのアプローチ 第一回『上肢』


 

はじめに
 

毎年好評を頂いております

通年で全身への筋膜へのアプローチ法を学ぶ、トータルコンディショニング研究会(以後TC研究会)年間セミナー「ムーブメントを伴った筋膜へのアプローチ」

本年度も開催致します!!

 

一般的な筋膜へのアプローチは静的なものですが

本セミナーで

公認ロルファーでもある大久保先生、宮井先生

の両先生が伝えてくださるテクニックの特徴的なところは

動きを伴っている事です。

 

まるで徒手療法とエクササイズが一体化したような不思議なテクニック

しかし、ただ組み合わせただけ

「1+1=2」

でなく相乗効果的に「1×2=2いや3,4か?」

と身体を変えていく感覚があります。

 

施術家、トレーナー、問わず

必ず皆さまの現場でお役に立てるテクニックであり

ライバルに一歩も二歩も差を付ける事の出来るテクニックだと確信しております!

 

また、豪華なダブル講師も本セミナーのセールスポイントの一つです。

理論を学ぶ「座学」

理学療法士でありロルファーの宮井健太郎先生

実際に身体を使い、テクニックを習得する「実技」

パーソナルトレーナーでもありロルファーでもある大久保圭祐先生と…

 

お二人の持ち味を活かした構成となっております。

正直言って…

こんな料金で開催して良いのか?という位にお値打ちの内容となっております。

皆さまに自信を持ってお勧め出来る内容のセミナーですので、是非ご参加ください!!

 

トータルコンディショニング研究会 

代表 奥川洋二 

 

 

筋膜へのアプローチについて

施術家、トレーナーの間で大ヒットした筋膜、筋筋膜経線についてまとめられた

トム・マイヤースの名著『アナトミートレイン』

 

 

その影響もあり、数年前から注目されてきた

筋膜へのアプローチ

 

最近ではメディアでも度々取り上げられ、一般の方の関心も高くなってきています。

 

最早、皆さまもお仕事する上で筋膜について

『知らない』『分からない』では通らなくなってきているのではないでしょうか?

だからといって、一般の雑誌に書いてある知識では曖昧で物足りない。

いま一つ掴みどころがない『筋膜』の概要

 

そんな『筋膜』の概要や特徴を

筋膜のスペシャリストともいえる公認ロルファーの大久保圭祐先生、宮井健太郎先生

お二人のリードの元で

解剖学などの『知識』だけでなく『体感』を通じて、その実際を確認しようというのが本講座となります。

 

 

 

TC研究会年間セミナー ムーブメントを伴った筋膜へのアプローチについて

一般的に知られている筋膜へのアプローチである筋膜リリースは

「静的なアプローチ」「構造へのアプローチ」というイメージが強いですが

講師である公認ロルファーの

大久保先生、宮井先生が行なう筋膜へのアプローチは

そんな一般的なイメージとは大きく違い

動き、ムーブメントを伴った独特のものに加え、からだの感覚をいかに引き出すかということが意識されています。

 

そのアプローチには

構造はもちろんの事、動きの改善、クライアントのからだに対する認識の改善、そして心の変容をも促す、筋膜リリースという一言では片づけられない奥深さがあります。

 

「上肢帯」「下肢帯」「体幹」

 

、一年で全身のテクニックが学べるよう

毎回テーマを変えて実施致します

 

是非年間通して学んで頂き、皆さまの臨床の場での新しい武器の一つとして頂きたいと思っています!

もちろん、1部位だけ、2部位だけなどの参加も大歓迎です!


※ 当セミナーはロルファー™の指導・養成・ロルフィングの技術習得を行うものではありません。ロルフィング™を本格的に学びたい方は日本ロルフィング協会へお問い合わせください(http://rolfing.or.jp/index.shtml

 

本セミナーの受講で期待出来る効果

筋膜の構造や解剖学、筋膜へのアプローチの

理論背景が分かります

 

筋膜が緩む感覚が分かり

テクニックに自信を持てるようになります

 

ベッドサイドでの施術と並行して行える

運動療法が学べます

 

ボディーイメージを改善し、

根本からの改善につながるテクニックを学べます

 

 

講師紹介

大久保圭祐先生

 

プロフィール:パーソナルトレーナー。ボディワークの“Rolfing®”に興味を持ち、渡米してRolf Institute®を卒業する。トレーニングやランニング等の運動処方、ストレッチングや筋膜リリース等の手技を使って、クライアントの要望に応える。各種メディアにてボディメークの監修、店舗メニューのプロデュース、セミナー講師、コラムの執筆など幅広く活躍中。筋膜メソッドを綴った著書「筋膜ボディセラピー(三栄書房)」発売中。 HP http://www.keisuke-o.net/

 

 

宮井健太郎先生

 

プロフィール:理学療法士。ロルフィング®・ロルフムーブメントプラクティショナー。フランクリンメソッドエジュケーター。都内を中心に個人セッション、ワークショップを行うとともに、理学療法士としても活動中。 HP http://rolfing-greenrug.com/

 

開催スケジュール、内容、受講料

第1回 ムーブメントを伴った筋膜へのアプローチ 「上肢」


実施日

平成30年6月24日(日)

13:00~18:00(受付開始12:40~)


定 員

10名


会 場

おくがわ整体院 東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号
http://www.total-conditioning.com/access.html

 

〆切り

セミナー開催日の前日21時までのお申込み

 

具体的内容
・ 筋膜や軟部組織に関する説明
・ 筋膜を感じるワーク
・ 上肢実技(ペアワーク)
・ デモセッション


参加費
一般      13500円
TC研究会会員 12960円

 


「まとめてお申込み割」実施致します!

第一回目のご受講時に一年間3回分のご受講お申込みをまとめて行って頂いた方には

大幅に受講料を割引する「まとめてお申込み割」を実施致します。

通年で受講を考えている方は、とてもお得なプランとなっておりますので 是非ご検討ください! 

 

「まとめてお申込み割」での割引受講料

一般 40500円⇒37260円

(まとめて割で3240円お得)


TC研究会会員 38800円⇒34020円

(まとめて割で4860円お得)

 

*TC研究会の会員は各種セミナー受講料が大幅に値下げになります、その他特典多数です!会費は年間3000円(+税)今回のセミナーも対象となりますので、セミナーお申込み前にご入会頂くと大変お得になっています。是非ご検討ください。http://www.total-conditioning.com/admission.html

 

 

 

年間セミナー実施の様子をこちらからご覧頂けます

https://youtu.be/3z_QpMLE2SI

 

 

 

受講生の声

受講された先生方に感想文を頂きました。

 

インストラクター O先生

筋膜リリースについて前から興味があり偶然こちらのセミナーを見つけました、正直専門的な施術者向け?とインストラクターが受講可能か不安で問合せたら、奥川様が快く受け入れて下さいました。受講したら目から鱗でした。2人の先生は本当にプロフェッショナルで、初心者に対しての説明も判りやすく施術時もサポートして下さいます。 施術は比較的シンプルで即効性があります、メモをしっかり取ることをお勧めします。様々な業界のワークショップを受けた中でも、理にかなっていて分かりやすいと感じました。この知識をインストラクターとして身につけ、活かせていけたらと思い、次回も受講したいと思いました。

 

 

鍼灸師、按摩指圧マッサージ師、パーソナルトレーナー F先生

最近では『筋膜』という言葉が一般的になってきたり、書籍でみる機会が増えてきたりで、私も一般レベルの情報を得ることはできていました。 しかし、専門的な内容(解剖、構造、手技)まではまだ学びが浅く、今回のセミナーでは少し専門的に学んでみたい、新たな考え方を身につけたいと思い参加しました。 座学では「筋膜が何なのか」、「筋膜の細かな構造について」など解剖学の教科書では触れていないような内容が聞け、専門的な内容が学べました。 実技では「こういう時はこうする」と言った決まり事を覚えるのではなく、「その場のリアルを感じる」と言った感覚を養うワークが行え、新たな考え方を得ることができました。座学と実技の内容がつながっていてわかりやすかったです。 5時間と短い時間でした内容が濃く、今後のセッションにも活かせそうです。

 

いかがでしたでしょうか?セミナーに興味が湧いてきましたでしょうか?

是非この機会に本年間セミナーに参加頂き、他に一歩差を付け、その他大勢から抜け出す

『筋膜へのアプローチ法』を身につけてください!!

 

皆さまの参加お申込み心よりお待ち致しております!!

 

 

トータルコンディショニング研究会

HP http://www.total-conditioning.com/

blog  http://ameblo.jp/totalconditioning/

 

運動連鎖【水平面】

テーマ:
■運動連鎖とは■
①ある関節で運動が起きると、その運動が連鎖して隣接関節にまで波及すること
②複数の分節が時間的・空間的に協応して合目的的かつ合理的な運動を行うことができること
と言われてる

 

運動連鎖は3つの機能的要素で支えられている

すなわち

①骨格構造機能

②筋出力機能

③神経機能

である。各要素の一つでも機能不全が生じると、運動連鎖不全が生じる危険性がある

 

水平面での正常な運動連鎖

 

体幹回旋

 ↓ 

右下肢:股関節┌内転

       └内旋

    膝関節─内反

    足部 ─回外

 

左下肢:股関節┌外転

       └外旋

    膝関節─外反

    足部 ─回内

 

 

重要

右回旋時では

・身体重心は右側へシフトする

・回旋筋の要素として、右股関節内旋筋と左股関節外旋筋

 の作用の相反する両筋が同時収縮する

 

 

 

・体幹右回旋時、骨盤の右側方への十分な移動が生じない

・回旋時、両側の股関節において作用が相反する筋群が協調して回旋運動を作るが、両回旋においても同側の回旋筋優位で行う

これは運動連鎖不全でよく見られる動作である

 

 

 

参考文献