としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など

ラーメン 巌哲

新宿区(早稲田)
 
【注文】真夏の献立★鮪塩冷やし
【価格】 1300円
 
[訪問時期] 2017年8月下旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[出汁] 魚介/清湯
[味] 塩
[麺] 中細麺(180g位)
[具] 燻製漬け鮪、ローストビーフ、長芋、海苔、九条葱
 
 
お二人の麺友さんと巌哲さんへ。
 
 
当店の真夏の風物詩で、もうそろそろ終了となる鮪塩(しびしお)冷やしが狙い。
麺友さんたちは昨年もこのメニューを食べており、リピートしたくて堪らなかったんだとか。
 
 
アイドリング用にビールと日本酒の食券を買っておき、まずはハートランドで乾杯。
 
 
それが無くなりそうなタイミングで、ちょっと手の開いた平松店主が日本酒を注ぎに出て来てくれる。
 
 
今日は三重の田光(たびか)、サービスされるのは相性抜群鶏の燻製
 
 
 
チビチビと三分の一ほど飲み進めたところでご対麺となった。
 
 
 

燻製漬け鮪、ローストビーフ、長芋が3つずつ並び、他には海苔、九条葱



とにかくが半分残った日本酒の最高のパートナーなので、麺を放ってそちらに没頭する。
冷やしでなければ出来ない愉しみ方。
直前にカットされ、胡麻油か何かで軽く和えられた鮪の漬けの燻製は、筋など全く当たらず歯がスッと入る軟らかさ。
桜チップのスモーキーな香り漂う濃いめな醤油味が堪らない。
 
 
 
同じく軽く燻された軟らかローストビーフももちろん美味しいが、この一杯に有っては鮪の引き立て役に回っている感じ。
 
 
お凌ぎ的なサックサクの長芋、当店ならではの縦切り九条葱も名脇役ぶりを発揮している。
 
 
スープ
昆布を土台に鮪節を穏やかに効かせた、あっさりスッキリの清湯塩がベース。
白葱の風味を丁寧に移したとの白胡麻油が、コクと円やかさを添加している。
ニンニクっぽい風味も加わって、冷製の淡麗清湯としては申し分ない厚み
今まで経験した鮪スープには、シンプルでややチープなイメージを持っていたが、それを一気に払拭する美味しさだった。
 
 
 

自家製の中細ストレート。
レギュラーのツルシコ麺と比べてしなやかさ、喉越しの滑らかさが増した感じ。
水〆によってコシと弾力も備え、風味もまずまず。
温製・冷製で変わってくるとは思うが、個人的にはこの麺のほうがが好みかも。
麺量は180g位はあるように感じた。
 
 
 
■ 感想など
当店の看板メニューである鮪塩の冷やしアレンジを堪能。
鮪の美味しさを良く引き出した一杯で、日本酒との相性も抜群
酒呑みの麺友さんたちがリピートしたがる訳が良く分かった。
このメニューの提供期間ももうそろそろ。。。とのことだったので、興味がある方は急いだほうが良いかも知れない。
因みにその後は、鱧や松茸といった例年の横綱メニューが続くそうだ。
 
ご馳走さまでした
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

としくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。