【インドで風呂敷】プネ情報/日本文化を海外で発信/逆に日本の皆様に神秘の国インドをご紹介/風呂敷と手ぬぐいのある暮らし
ナマステ!初めまして。風呂敷&手ぬぐいマニアの智田さくら(トモダサクラ)と申します。
インドで2歳差姉妹(サユ&マユ)を育児中の40代です。パパは8歳年下のメガネキャラです。

パパは子どもの頃から「インドで働く」という夢を持って、大学ではインド経済学を専攻しました。

インド支社を持つ日本のメーカーの営業職として就職しましたが、会社から「新卒で海外赴任はないから、まずは日本で一番広くて遠い札幌営業所で修行を積んで来い」と言われ、約6年間、北海道中を駆け回ってきました。その努力が実を結び、2016年9月からインドのプネで働くという夢を叶えたパパ。

そこから3年弱遅れて、2019年6月より私たちもインドのプネに住んでいます。

私は、若い頃はバッグパッカー(←猿岩石ブーム)としてそれなりに世界をグルッと回ったことがあり、元来旅と飛行機が大好きなタイプですが、「インド」で「子育て」は人生で初めての経験です。

昔と違って、世界中が「インターネット」で繋がってるこの時代。日本にいるよりずっと「ギガ放題」ですし、こちらでの生活は「情報」が何より大切。

お陰様で、渡印前から今に至るまで、ずっとインド在住日本人の先輩たちに助けてもらっています。また、すでに帰国された方が残してくれた過去の「インドブログ」を読んで、日々情報をゲットしています。助かっています。

せっかくなので、私も皆さんから頂いた貴重な情報を、自分だけで独り占めしないで、必要な方のお役に立てればと思い、ネット上でシェアしていきたいと思いまして、この度2年ほど更新していなかったこちらのアメブロを再開しました。

またプネはインドで一番「日本語を学ぶ人口」が多い地域。街を歩けば、親日家のインド人に出会います。

私にできること、それは「風呂敷&手ぬぐいから日本文化をインドに発信」すること。
そして、「インドの情報を日本に発信すること、インド情報に興味がある人たちに風呂敷&手ぬぐいを知ってもらうこと」かと思い、相乗効果のあるブログになれば、嬉しいです。

<風呂敷や手ぬぐいは、とても簡単なのに一度覚えれば、エコバッグや授乳ケープ、スリングにも大変身!ちょっとの工夫とアイディアで子育てを助けてくれる万能アイテム!どんどん使って毎日の子育てをもっと楽しく便利にしちゃいましょう>をモットーに、主婦11人グループとして札幌を拠点に活動を続ける『結び屋ゆいく』の情報は、「プロフィール」にまとめてリンク先を貼りました。
『結び屋ゆいく』を知りたい人は、そちらへどうぞ❤️