2017/3に行った三重・和歌山2泊3日の旅

 

 

 

 志摩観光ホテル ザ・クラシック内にある

ラ・メール ザクラシックにて本日の夕食会になります。

昭和天皇をはじめ、多くの賓客をお迎えし、小説「華麗なる一族」の舞台にもなったザ・クラシックです。


 

 テーブルに着くと英虞湾の絶景を楽しめます。

本日のメニューは、伊勢海老、鮑、松坂牛と三重の美味しさを楽しめ、非常に楽しみです。

どれも初めて口にします。

色んなパターンがある中でもっとゴージャスバージョンではないかな?

組み合わせが様々あるようです。

 

まずは、パンとバターが到着です。


 

伊勢海老のクリームスープ

こちらはラ・メールを代表する料理の一つで

伊勢海老をまるごと使った滋味深いスープで、一口飲んだだけで、海老の香りが舞い上がります。

うーん、幸せ♩

これだけを飲みに来るお客様がいる程定着して人気もあるようです。



 

海の幸のテリーヌ サラダ添え

前菜になります。少しづつナイフで切って召し上がります。テリーヌが程よい食感。薄く切られており口に運びやすいです。



 

伊勢海老のロティ 香草風味

豪快!伊勢で伊勢海老を食べる!最高のシチュエーション。夢ではありませんっ笑

伊勢海老だけでもお高い、身のぷりぷりさ、湯がいただけで、合わさったソースがまた海の香りをさらに増します。


 

黒鮑ステーキ ブールブランソース 海藻の香り

黒鮑がこの辺りで採れる自慢のお料理だそうで、鮑すらまともに食べないのに、なかなか口にする事が難しい黒鮑。

柔らかな食感。ナイフが入りやすい。

ブールブランソースがまた引き立ち、貝のステーキの王様ですね。これは忘れられない味なります。



 

 松坂牛フィレ肉ステーキ ペリグーソース

ソースがなくとも十分美味しいくらいのお肉です。松坂牛、過去に少しだけ、しかも塊ではなく細切れでお弁当に乗っていたのを思い出します。少し牛のなかでは羊のような?癖を感じたのを思い出しました。こちらはうまくペリグーソースで隠されているのかもしれません。臭みはなく、とても柔らかかったです。



 

季節のデザート コーヒー

十分いただいた所でひんやりスイーツです。

いちごのジェラートとバニラで、食後のコーヒーもありました。


以上ディナーメニューとなります。

以下より翌日の朝食もご紹介いたします。


 

和食(重ね膳)と洋食(ビュッフェ)が選べます。



 

レストラン内にはG7伊勢志摩サミットで使われた

テーブルがそのまま置いてありました。


 

夫婦は和食膳に。

おひつまで付いて、小鉢に少しづつ盛られた焼き物、焼き魚など。朝はそんなに食べられないので

ちょこちょこが嬉しい。


 

 

もちろん、ビュッフェも豪華!

ジャム瓶はこのまままるごと使えるなんて!


 

パンも、クロワッサンから、ベーグルまで色々。


 

とても新鮮な生ハムやサーモン。



サラダも凄い。一つ一つ冷やされているのがシャキッとして美味しい!

 

 

ガレットやニョッキ。


 

チーズなどもありました。これだけではなく

まだまだありましたが、今描いているとビュッフェがいいって思いますが、あの時は日本食が良かったけど。



 

 右のプレートはオムレツ。5点の卵料理から選べます。ヨーグルトも瓶に入って美味しいかった?!味見させてもらって、、、。

次回行く事があればビュッフェにしたいです。


お食事内容が素晴らしいのにだいぶ前のiPhone6で撮ったのでぶれておりすいません。


ラ・メール ザ クラシック

0599-43-1211

三重県志摩市阿児町神明731 志摩観光ホテル ザ クラシック 1F