兵庫県議会議員 前田ともきオフィシャルブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-11-11 00:52:15

何で出会いのきっかけ公開したの?

テーマ:ブログ

って、ちょくちょく聞かれます。

 

 

 

 

 

 

2人にとって、公開するメリットは全くありません。

 

いいイメージを持つ人もまだ少ないですし、デメリットしかないですよね。

 

しかし、2人の物語がきっかけとなり、新しい出会い方にチャレンジする人が少しでも増え、

 

素敵なパートナーに出会えればという思いで公開しました。

 

 

「生涯離婚率は3割」

 

・子供のため

・世間体のため

・経済的に苦しいため

離婚したいけど離婚できない。

 

という人もいるでしょうから、

 

本当の「人生のパートナー」

 

を見つけることができた人って相当少ない。

 

それもそのはず

 

生涯で恋人と交際した人数は4~5人と言われています。

 

多い? 少ない?

 

コンビニに置いてるおにぎりの種類よりは少ないですね。

 

人生のパートナーを選ぶのにおにぎりより選択肢が少ないってどうなのでしょうか。

 

出会った数が圧倒的に少ないことが問題です。

 

※母子・父子家庭の約半数は貧困家庭。

 

 

 

「出会い2.0」

 

結婚相手と出会うきっかけといえば、

 

大昔:許嫁やお見合い

現代:職場や合コン

 

でしたが、出会いが圧倒的に不足しているようです。

 

20代男性の5割以上が交際経験がない!

 

兵庫県では官製お見合いを年間1億円以上で運営してたりします。

 

ですから、出会いをアップデートしていく必要性があります。

 

そこで、

未来:僕らの出会い方(出会い2.0)

 

本当のパートナーは、

 

リアルの人脈や環境を超えたその先にあります。

 

アメリカでは結婚したカップルの3割は「僕らの出会い方」です。

 

僕らの出会いをきっかけに、日本中で素敵な出会いが増えればいいな。

 

それが、公開の目的です。

 

 

 

 

 

 

 

2018-08-23 00:01:05

書籍出版:最後の愛してる 山下弘子、5年間の愛の軌跡

テーマ:ブログ

ようやく、アマゾン・楽天・セブンネットで書籍の販売が始まりました。

 

最後の愛してる 山下弘子、5年間の愛の軌跡(幻冬舎)

 

 

 

 

結婚して1年も経たずに迎えた最愛の妻の告別式。

 

その翌日から僕はテレビの取材を受けていた。

 

その後も、テレビ・雑誌・新聞の取材が連日続く。

 

聞かれることは今の心境やひろとの思い出など。

 

誰もがそうであるように僕も当然ツライ。


 

でも、メディアを通して多くの人に経験を伝えていくことが、がん検診の必要性や病気や困難に戦っていく勇気を皆さんに届けることになる。

 

そんな使命を感じていた。


 

そう感じるのも、僕には原体験があった。

 

大好きなアメリカのドラマ「glee」

 

高校生活を舞台にコーラス部の活動を描くミュージカル。

 

その登場人物カートはゲイが原因でイジメを受けていた。

 

イジメを受けたカートが涙を流し、自殺をも考える様子を見た僕はとても悲しい思いでいっぱいだった。

 

そして、県議会議員としてLGBT団体から勉強会の案内チラシをもらった瞬間、

 

Gleeを見た経験と化学反応が起こり、これは政治家として政策で解決すべき課題だと強く認識するようになった。

 

その後、LGBTに関する県議会での様々な活動が評価され、全国規模の政治家向け政策コンテスト「マニフェスト大賞」で優秀政策提言賞を受賞した。

 

ドラマGleeで感情を揺さぶられていなければ、僕はLGBTが抱える問題に気づくのが遅れたかもしれない。

 

ドラマが僕に影響を与え、僕が政策を作り、世の中に影響を与えたのだ。

 

書籍・テレビ・映画はエンターテイメントだが、時に社会問題を伝える大きな力となる。

 

人々に強く影響する武器(アドボカシー)となるとその経験から学んだ。


 

だからこそ、ツライ状況でも取材はすべて受けてきた。

 

僕がひろとの物語を出版しようと決断したのも、このような経験からだ。

 

 病気や怪我と戦う人やその家族・友人、困難な状況におかれた人々、いじめに悩む方など、この本を読んだみなさんが何かを感じ取っていただければ嬉しいです。

 

 

 

2018-03-26 11:45:47

通夜・葬儀のご案内

テーマ:ブログ

 

故 前田 弘子 儀(妻)
平成30年3月25日25歳で逝去いたしました。
ここに生前のご厚情を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

 

「日時」 
通夜式       3月27日 19時
葬儀・告別式     3月28日 11時
儀式形態      仏式
担当者:(株)公詢社 原田 078-671-4440

なお誠に勝手ながらご香典の儀はご辞退申し上げます。

 

「式場」 

本願寺神戸別院
神戸市中央区下山手通8-1-1
078-341-5949
地下駐車場60台
阪急花隈駅   徒歩1分
阪神西元町駅  徒歩3分
JR神戸駅    徒歩10分

 

 

平成30年3月26日
喪主:前田朋己(夫)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース