古代日本オリジナルツアー 13 天照派 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

もう一度、「38人の子供」の話に戻ります。

 

この子孫が、日本の古代史において、とても重要な流れなのです。

 

 

 

38人は、その後に、たくさんの子孫を増やしたそうです。

 

その後の話は、とても複雑なので、全部は書けません。

いろいろな出来事があったようですが、ここでは、思いっきり単純化して書きますね。

 

 

この一族の直系である、長男と長女の子孫は、「大丹生・皇」になり、「天皇家」になった話をしましたが、ある時期に、この子孫の一人が、「初代天照(アマテル)」を名乗ったそうです。

 

この頃から、「天皇」という称号が生まれたそうです。

 

念のために書いておきますが、この天皇は、古事記などに登場する、「アマテラス」とは別人で、意味も違うそうです。

「古事記」は、後の天皇などが、かなり歴史を湾曲して書いているそうです。

 

しかし、私が、いろいろ調べたところでは、まったく関係ないわけでもなく、こういう名前が似ている人物やグループなどは、同じ魂の仲間だと思っています。

 

 

 

さて、「初代天照(アマテル)」の時代から、何百万年も経った後、新しい時代が始まったそうです。

 

その時代は、それまでの平和な時代ではなく、動乱の時代になったようです。

 

きっかけは、大和地方に、「神武天皇」がやってきたのが、始まりだったようです。

この天皇のグループは、権力志向だったようです。

 

何度か書いているように、「神武天皇」は、シュメール文明の神様の中では、「アヌ王」の生まれ変わりだと、私は思っています。

 

 

ここでは、「38人の子供」の子孫を、仮に、「天照派」と呼ぶことにします。

 

このグループは、「平和」が何よりも大切だと思っていて、「自由」や「知恵」、それから、「愛」のグループだったと思います。

 

シュメール文明の神様では、「エンキ(イザナギ)」が、「自由」と「知恵」の神様です。

その妹で妻でもあった神様が、「ニンフルサグ(イザナミ)」で、「愛」の神様です。

 

この二人は、愛や徳によって、人々を包み込むような世の中を目指したようです。

 

 

そして、後から、日本の歴史に登場した神様が、「アヌ王」で、「平等」を大切だと思っている神様だったようです。

ある時代には、「エンキ(イザナギ)」と「ニンフルサグ(イザナミ)」の父親でもあったのです。

 

さらに、「力」の崇拝者でもあったようです。

権力によって、人々を、平等に統治するという考え方ですね。

 

この神様は、「エンリル(モーセ)」の魂も、混じっていたような気がします。

もう一人の息子ですね。

 

これらの推測は、私個人の感覚的なもので、科学的な根拠があるわけではありありません。

 

 

わかりやすくまとめると、この頃からは、シュメール文明の時代の親子喧嘩や兄弟喧嘩が、再来したような出来事が、日本の土地で、再現されたようなのです。

 

〇「天照派」=「エンキ(イザナギ)」と「ニンフルサグ(イザナミ)」

「自由」、「知恵」、「愛」のグループ

 

〇「神武派」=「アヌ王(神武天皇)と「エンリル(モーセ)」

「平等」、「力」のグループ

 

 

私は、どのグループがいいとか、悪いとかの判断は、やらないほうがいいというスタンスです。

 

国政というのは、世の中の状況によって、穏やかに統治したほうがいいこともあれば、多少は荒っぽく、人々を弾圧しなくては、治まらない時もあるからです。

 

 

この二つのグループを、さらに、わかりやすく表現すると、

 

〇「天照派」=「理想主義」

〇「神武派」=「現実主義」

 

こうなると思います。

 

現在の日本でも、これは、引き継がれていて、目まぐしく変化する国際情勢の中で、常に、「理想」と「現実」の問題で、政治は論争されますね。

 

具体的には、「平和憲法」と「自衛隊」の問題なのです。

 

これも、いろいろな見方ができるので、

 

「どの意見が正しいか?」

 

というのは、とても難しい問題なのです。

 

 

 

私が面白いと思ったのは、前述したように、「天照派」の人々は、古事記の「天照大神」とは、直接は関係ないと思いますが、やはり、性格が似ているのです。

 

つまり、このグループは、

 

「絶対に戦わない」

 

という共通の姿勢があるのです。

 

 

古事記には、「アマテラス」が、弟の「スサノヲ」の乱暴ぶりに、腹を立てる場面がありますが、その怒り方が、ユニークなのです。

 

ご存知のように、天岩戸に隠れるのです。

要するに、「引きこもった」ということです。

 

本来の日本人の怒りの表現は、これなのです。

 

たとえば、江戸時代なども、「鎖国」をやっていますが、あれは、当時の日本人たちが、西洋人たちが、「大航海時代」などと言って、世界中を植民地化して、残酷で酷い行いをしているのを見て、怒ったのだと思います。

 

「あんな野蛮な人たちとは、お付き合いできません」

 

こう思って、国内に引きこもったのが、あの時代だったのだと思います。

 

おそらく、現代の日本でも、「ニート」や「引きこもり」をやっている若者は、世の中に対して、怒っているのだと思います。

 

生粋の日本人の怒りの表現は、「引きこもる」のです。(笑)

 

 

 

それに対して、「神武派」は怒ると、相手を殺したり、殴ったり、怒鳴ったり、場合によっては、戦争をしたりします。

 

怒りの表現の仕方が、ストレートで、わかりやすいのです。

 

 

この視点から見ると、現在の日本人にも、「天照派」と「神武派」の二つのタイプの日本人がいるような気がします。

 

現代の日本の社会では、やはり、「天皇家」は、「天照派」だと思います。

そして、「内閣」に代表されるような政治家たちは、「神武派」が多いような気がします。

 

私は、完全に、「天照派」ですね。

あなたは、どのタイプですか?(笑)

 

 

 

それから、また悠久の時が流れました。

 

そして、ある時代に、日本の歴史に、とても重要な人物が登場したのです。

それが、「泰澄大師」だったのです。

 

 

重大な歴史の秘密、つまり、

 

「人祖は、イザナギとイザナミであり、38人の子供が、その子孫である」

 

これを知った「泰澄大師」は、当時の権力者たちに、わからないように、仏像の中に秘密を隠したそうです。

 

さらに、後に世に出た、「空海」は、密教として暗号のようにして伝えたそうです。

堂々と公にすれば、「神武派」に、命を狙われるおそれがあったからです。

 

 

 

ここでもう少し、「泰澄大師」の話をしておきますね。

 

 

「空海」は有名ですが、「泰澄大師」は、あまり知られていないようです。

私も、去年、初めて知りました。

北陸地方では、有名な方らしいですね。

 

 

調べてみました。

 

 

第二十五代の「武烈天皇」は、若くして天皇になったそうですが、皇后を娶る前に、崩御されたそうです。

 

それで、子供がいなかったので、

 

「次の天皇は、誰にしようか?」

 

と、当時の権力者たちが、会議をした時に、前回話したように、天皇を補佐するグループである、「丹生家・十八家」の一族だった、福井県の「越丹生家」から、「継体天皇」を迎えたそうです。

 

「継体天皇」は、その頃、一番の勢力だった、「神武派」のグループが、あまり好きではなかったらしく、「神武派」が幅を効かす都には、一度も行かなかったそうです。

 

 

日本人の始祖である、「イザナギ」と「イザナミ」、それから、「38人の子供」の子孫は、あれから、長い年月が経っても、やはり、ある程度の力は、持っていたようです。

 

天皇を迎える程の力のある「丹生家」が、北陸に存在していたということです。

 

 

「38人の子供」の痕跡は、「越前」には、たくさん残っています。

 

その最たるものが、前回紹介した、福井市の「三十八社町」なのです。

これは、720万年前の歴史が、町名となって残っているという、凄い町なのです。

 

 

 

そして、この「三十八社町」に、飛鳥時代(七世紀末)に生まれたのが、「秦澄大師」なのです。

 

神童と言われた大師は、14歳の時、夢のお告げで、「越知山」に登り、難行苦行の末、21歳の時、仏の教えを悟ったそうです。

 

実は、彼は、本当は、「越丹生家」の出身だったそうです。

 

しかし、その前の時代から、純粋な日本人の始祖になる、「丹生家」への弾圧が、「神武派」のグループから始まっていたので、「秦澄大師」は、自分の出身を隠していたと言われています。

 

表向きは、

 

「高句麗からの亡命帰化人の子」

 

ということになっていたそうです。

 

彼の名声は、都まで響き、西暦では、702年、「文武天皇」の時代、朝廷は、彼を、「鎮護国家法師」に任じたそうです。

 

その後、36歳の時、2人の弟子である、「臥(ふせり)行者」、それから、「浄定(きよさだ)行者」と共に、「霊峰白山」を開いたそうです。

 

 

 

去年の夏、どうしても、この人物が気になり、「泰澄大師」のお墓があるお寺を訪ねました。

場所は、福井県の鯖江駅から、車で30分くらいの所でした。

 

 

場所は、福井県丹生郡越前町です。

やはり、「丹生」がつきますね。

 

「大谷寺(おおたんじ)」読むそうです。

これは、「丹」が、後に、「谷」になったそうです。

 

そいえば、沖縄県の地名にも、「読谷(よみたん)」や「北谷(ちゃたん)」がありますね。

これも、もともとは、「丹」の意味だったようです。

 

{FB68F121-4361-4189-A77C-126BDBF3F60C}

 

 

 

「大谷寺」は、宇宙考古学的には、

 

「星から来た丹の寺」

 

という意味ですね。

 

そして、「丹」の文字は、「エンキ=イザナギ)」のシンボルでもあります。

 

そうです。

「プロビデンスの目」の象形文字です。

気が付いていましたか?

 

150819_180722.jpg

 

 

 

拝殿で参拝していると、住職さんの奥様が現れて、中に入れてくださり、いろいろなお話を聴かせてくださいました。

とても勉強になりました。

 

建物の中には、いろいろな仏像も置かれていました。

記念撮影しました。

 

{BAD0FD2A-A88D-45B4-970C-B2EBE9031429}

 

 

真ん中が、「秦澄大師」で、両脇が、お弟子さんだそうです。

 

{BCE7EC31-EF01-4795-9295-0A01D42F752E}

 

 

 

大切なことなので、再度書きますね。

 

 

宇宙には、生命を創る元のエネルギーのようなものがあり、それは、「丹(に)」と呼ばれているそうです。

太陽で創られ、「植物」と「動物」と「人間」の三つの生命の元になっているそうです。

 

そして、宇宙空間にあり、目に見ない、「障壁賀」という、宇宙の子宮のような所があり、ここに、「生(しょう)」と呼ばれる別のエネルギーのようなものが、充満しているそうなのですが、ここで、二つが合体するそうです。

 

そして、「丹生(にしょう)」というエネルギーが、生まれるそうです。

 

 

このお寺の中には、なんと、上記の宇宙における、「植物」と「動物」と「人間」の三つの生命の元を表現している仏像が、置かれているのです。

 

 

本当は、実物が見たかったのですが、普段は、非公開だそうです。

頻度は、わかりませんが、定期的に、御開帳しているのだそうです。

 

 

その秘仏の写真が飾ってあったので、その写真を紹介しますね。

 

最初のものは、「十一面観世音菩薩」で、「太陽の真光」であり、「人間」を表現しているそうです。

 

そして、「人間」とは、具体的には、「人祖」である、「イザナギ」と「イザナミ」の二人のことなのだそうです。

 

{94D97A62-DB48-4E94-9A0B-7FEC97B0A1A5}

 

 

次のものは、「聖観世音菩薩」で、「芒種のエネルギー」であり、「植物」を現しているそうです。

 

{0619E6A6-9897-454C-8DFF-E36C7CA45050}

 

 

最後のものは、「阿弥陀如来」で、「丹」であり、「動物」を現しているそうです。

 

{C0A2242B-902D-495F-8F6C-15677812122A}

 

 

宇宙における、「人間」と「植物」と「動物」の生命の根源を、「泰澄大師」は、深く理解していたそうです。

 

そして、その深い意味を、当時の権力者たちに、気づかれないように、そっと、この秘仏たちの形の中に、紛れ込ませて、後世に伝えたようなのです。

凄いですね~!

 

 

 

お寺の裏庭のあたりに、「泰澄大師」のお墓があるというので、そこにも行きました。

 

{3321C119-D19B-4AFE-8BFD-64F5C3E17737}

 

 

{8E227D98-12F7-4F44-9507-5C42675C7706}

 

 

「泰澄大師」のお墓の前で、

 

「長い間、お疲れ様でした。現代では、私も、この真実の歴史を広げるために、お手伝いをさせていただきます。よろしくお願いします」

 

と言って、手を合わせました。

 

 

 

「天照派」の話を、続けます。

 

 

「エンキ&ニンフルサグ」の魂を持ち、ツインレイとして、丹後半島に生まれ、38名の子供を産んで育てた二人は、「初代」の「イザナギ&イザナミ」だそうです。

 

それから、1500代も、この系統は、続いたそうです。

 

そして、最後である、1500代目の「イザナギ&イザナミ」の子供が、「天照派」の初代になる、「天照天皇(アマテルカミ尊)」という男性だったそうです。

 

繰り返しますが、「古事記」の話とは、別の話です。

 

 

そして、その弟が、「速素佐之男尊(ハヤスサノオウ尊)」という男性だったそうです。

 

もしかしたら、この二人も、「エンリル」と「エンキ」の生まれ変わりだったかもしれませんね。

 

世界史の中の兄弟喧嘩の話は、だいたい、この二人が、転生した先で起こっているみたいです。

 
 
当時、兄の「天照天皇(アマテルカミ尊)」の拠点は、「伊雑宮」だったそうです。
ここは、去年の夏に行きました。
 
{300C15B3-8B9B-49B4-BFB0-CB88BBD41B62}
 
 
そして、弟の「速素佐之男尊(ハヤスサノオウ尊)」の拠点は、愛知県名古屋市の「洲崎神社」だったそうです。
ここにも、行ってきました。
 
{010469A8-DE78-44A8-A9F7-AE1FA78FE2C6}
 
 

この二人の兄弟は、ある時、岐阜県大垣市のあたりにある、「金生山」の鉱石の権利をめぐって、争っていたそうです。

 
そして、一触即発の大戦争になろうとした時に、その間に入って、仲介役をしたのが、「猿田彦命」だったそうです。
 
ちなみに、「猿田彦命=キリスト」です。
 
そうです。
 
シュメールの文明の時代、「エンリル」と「エンキ」の争いを、「イナンナ(聖母マリア)&キリスト」が、間に入って、和解させた歴史が、ここでも繰り返されていたのです。
 
面白いですね~!
 
 
その和解の場所は、当時の北伊勢国桑名郡多度邑の小山だったそうです。
おそらく、そこは、現在の「多度大社」のあたりだと思います。
 
多度大社です。
 
{554B69ED-7265-4443-AF0D-5B025EA53F9C}
 
 
去年の12月に、「多度大社」に行った時、その入口に、本物の「白馬」がいて驚きました。
 
{588FA63B-E5E4-490A-8843-E21D7A264099}
 
 
ちなみに、ここでも、「白馬=キリスト」でもあります。
 
{5CAE48B1-18ED-4D33-A853-525B24D542A1}
 
 
 
それにしても、「神武派」の弾圧は、いろいろな理由から、徹底的に酷くやったようで、「天照派」のグループは、ある時期は、生きていくのに最低限必要な、土地や仕事も奪われて、「ホームレス」のような身分になってしまったそうです。
 
部落差別の問題も、このあたりの歴史も関係しているそうです。
 
 
去年の12月には、「酒見神社」にも行きました。
場所は、愛知県一宮市です。
 
鳥居の前で、記念撮影しました。
 
{CD29B6E9-59ED-4300-84B8-480F7029DDC5}
 
 
「酒見神社」という名前は、もともとは、
 
「逆身神社」
 
という名前だったそうです。
 
この意味は、
 
「天皇が逆さの身分である流人となった」
 
この酷くて残酷な歴史を忘れないようにするまえに、建造されたそうです。
 
とても奥深い古代史が隠されている場所みたいです。
 
 
拝殿で参拝しました。
 
{EA1BD2EC-464D-40FC-912A-89E3E5B53D71}
 
 
「天王社」と書かれた摂社がありました。
意味深ですね。
 
{4951C73E-722A-4C64-9A94-11B57B626DC7}
 
 
 

もう少し、「天皇家」の始祖である、「天照派」のグループの話を書きますね。

 

古事記の「天照大神」に代表されるように、生粋の日本人というのは、本来、争ったり、喧嘩したりすることが、とても苦手な民族みたいです。

 

とても愛に満ちていて、平和が好きな民族なのです。

 

何かに腹を立てて、怒っても、相手に仕返ししたり、怒鳴ったりせずに、静かに、その場を立ち去ったり、無言になったり、無視するという態度をとります。

 

本当に頭にきた時も、天岩戸に隠れるように、「引きこもる」という行動で、抗議するのです。

 

{0F7FEC63-B4A3-41A4-BF5E-41012CA667B9}

 

 

何かに対する怒りが、頂点に達しても、頭にきた相手を、殺すのではなく、その怒りを、自分に向けたりして、自殺という抗議行動を選択する人も多いのです。

 

現代の日本において、多くの人々、特に感性が豊かで、敏感な若者たちが、引きこもったり、ニートになったり、登校拒否や出社拒否、それから、すぐに職場を辞めて、転職を繰り返したりするのも、静かな怒りの表現なのだと思います。

社会に対して、無言の抗議をしているのです。

 

 

ストレートな感情表現に慣れている大人たちは、これらの行動が、わかりません。

 

「どうして、学校に来なくなったんだろう?」

 

「どうして、入社したばかりの会社を、すぐに辞めたりするんだろう?」

 

「どうして、いつまでも親元にいて、社会に出て働かないんだろう?」

 

こう思っていると思います。

 

 

これが、彼らの怒りの表現の仕方なのです。

口に出して、反論したり、抗議したりしないのです。

 

「静かな怒り」

 

なのです。

 

 

これは、政府に対してもそうです。

 

あまりにも酷い政治をしても、生粋の日本人の多くは、大規模なデモなどの行動はしません。

 

ただ単に、

 

「投票に行かない」

 

という無言の抗議行動をします。

 

 

 

引きこもってしましまった人々が、世の中に出てくるようにするには、怒ってもダメだし、なだめたり、おだててもダメです。

 

「天照大神」を、天岩戸から出そうと思ったら、皆で、裸踊りをするくらいの宴会を、やらなくてはいけないのです。

 

つまり、

 

「ワクワクすること」

 

これが、世の中に、たくさん出てきた時に、引きこもっている人たちも、隙間から、外の世界を覗きこみ、岩戸から出たくなるのです。

 

{9DF41723-52C2-4903-BBBD-D7450073DC45}

 

 

「世の中は面白い! ワクワクすることで溢れている!」

 

私の旅行記は、一貫して、そう主張しているのです。

 

だから、天岩戸の中に、引きこもっているような人たちに、特に読んでいただきたいのです。

 

 

 

次回、「古代日本オリジナルツアー」、感動のフィナーレです。
 
 
 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

 

 

トーマ

 
 
toma_atlas@yahoo.co.jp

 


☆私のメインサントです。 

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス